CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【9月18日】ハンドメイド講座(リサイクル素材で小物づくり!) [2020年09月18日(Fri)]
午後のプログラムは、ハンドメイド(リサイクル素材で小物づく
り)でした。

リサイクル布を利用してオリジナルの小物を作ったり、バックや
ポーチを作るのを教えてもらったりしながらハンドメイドのプロ
グラムを実施しています。

今日は、簡単にできて、ちょっとしたお出かけや普段使いにも重
宝するトートバッグとブックカバーを制作しました。

いろんな大きさやカラーのトートバッグがありますが、案外ちょ
っとしたサイズ感や、自分にしっくり来るデザインの物を見つけ
られなかったりしませんか、そのようなときに簡単にできて、自
分好みのオリジナルのトートバックを作ってみました。

IMG_20200918_155639.jpg

生地を選び、サイズに合わせて裁断して、持ち手を縫い、本体に
持ち手を付け、本体を縫うことで完成しました。

IMG_20200918_155422.jpg

来所された方で季節の変わり目で体調が思わしくなく、家にいる
よりかふぇらてでみんなと話したりして過ごした方が気分転換に
なると来所される方もいます。

利用者の方が、飲み物を提供してくれました。

IMG_20200918_142416.jpg

書籍「治したくない」より、〜応援は質より量で〜
「しっかりした人が一人や二人じゃダメなんです。しっかりして
いない人たちがいっぱいいるとこに、多少、ちょっとしっかりし
た人がポツン、ポツンと入っている。すると温かみが出てくるの
です。」
「(支援者の)質が上がってから援助するわけじゃなくて、いま
しなきゃならないわけだから。その時に質を求めない。で、みん
ながつながってれば、量でいけば、っていうのが、ひじょうに現
実的な方法なわけですよ」
「しっかりしていない人がたくさん集まってする援助というより
応援だろう。そういう形の支援なら誰にでもできる。」
浦河ひがし町診療所に浸透している考え方だ。

【9月17日】脳トレ講座(脳を活性化しよう!) [2020年09月17日(Thu)]
午後のプログラムは、脳トレ講座(脳を活性化しよう)でした。

精神疾患及び障害を持つことで、入院や薬や引きこもったりする
ことで、会話がなくなり、脳の機能が衰えてくるので、その不全
を防ぐために脳を刺激するクロスワードなどのパズルによって、
刺激を与え、心身の活性化につながればとプログラムに取り入れ
ました。

IMG_20200618_191344.jpg

いつものように、気分調べと近況を話してもらいました。
来所者の方は、調子は普通で問題なく過ごせているという事で、
近況としては、明日が職場の給料日で楽しみにしているというこ
とでした。宮崎障害者職業センターに行って就労のことで相談し
てから来たという事でした。

今日の来所者は、あまり脳トレには興味がないという事で、自分
の好きな自主プログラムを実施してもらいました。

昨日、利用者の方がコーヒー寒天を作ってくれていたので、
今日来られた方に食べてもらいました。

IMG_20200917_151720.jpg

宮崎障害者職業センターは、就職の希望等を把握した上で職業適
性を評価し、必要な相談・指導を行い、これらを基に就職して職
場に適応するために必要な支援内容・方法等を含む個々人の状況
に応じた「職業リハビリテーション計画」を策定して、就労につ
なげる支援をする施設です。

IMG_20200917_152501.jpg

宮崎障害者職業センターは、以下のページです。
https://www.jeed.or.jp/location/chiiki/miyazaki/45_miyazaki_service1.html
案内リーフレット [2020年09月17日(Thu)]
地域活動支援センターかふぇらてのリーフレットを掲載します。
実際は、三つ折りでできていますが、表面と裏面の画像です。
画像をクリックすると拡大します。

かふぇらて04_0322_page-0001.jpg


かふぇらて04_0322_page-0002.jpg
【9月16日】みんなdeエクササイズ(運動を楽しく!) [2020年09月16日(Wed)]
午後のプログラムは、みんなdeエクササイズ(運動を楽しく)
でした。

あまり体を動かさない生活によって生活習慣病になる可能性が
あるのと、体を動かすことで身体の新陳代謝を促進して、気分
転換を図ることになり、穏やかな心になるのを目的に実施して
います。

今日は、12分間全身ストレッチ、11分間の痩せるダンス、体幹
を鍛えるヨガでした。

ストレッチは、20秒ずつ身体を伸ばしながら、わかりやすい
メッセージを見ながら、しっかり身体を伸ばしました。

IMG_20200916_135151.jpg

ダンスは、身体を動かしっぱなしで汗をかきましたが、体幹を使
うダンスは上級者向きで、すぐにできない動きもありました。

目一杯動いた後は、休憩タイムで、YouTubeでジャズを流しなが
ら、横になって身体を休めました。

ヨガは、体幹を鍛えるポーズは強度が高いので、各自、できる
範囲でやりました。

IMG_20200916_134956.jpg

終了後、それぞれ、家でやっている運動を紹介しました。
エクササイズ講座に参加しなければ、家でも運動しないという話
が出ました。
ひとりでは続かないことでも、みんなで取り組むと続けられます。
講座に参加される方は、家でも運動を続けています。

利用者の方が、コーヒー寒天を冷蔵庫に作って保存してくれました。
明日から来られる利用者の方に召し上がってくださいとメモがあ
りました。

IMG_20200916_170341.jpg
【9月14日】音楽鑑賞(音楽を聴いて交流) [2020年09月14日(Mon)]
午後のプログラムは、音楽鑑賞(音楽を聴いて交流)でした。
好きな音楽を紹介して、なぜ好きなのか、好きになった経緯
などを話して交流するプログラムです。

それぞれが選んだ曲に対して、選んだきっかけや思い出などを
話してもらうことで、その人の人柄や好みなどが理解できて、
お互いを理解することのできる音楽交流になっています。

IMG_20200914_172800.jpg

今日は、クリスハート、テレサテン、epo、湘南乃風、
米津幻師、アースウィンドウ&ファイヤ、あいみょん、
BOOOST、テディ・ペンダーグラス、コブクロ、イーグルス、
ドゥービーブラザーズ、古内東子、デルフォニックス、
GReeeeN、などの曲を選んで聞きました。

IMG_20200914_172548.jpg

参加者が選んだ思い出の曲が、聞き覚えのある曲だったり、初め
て聞く曲だったり、楽しく聞いて、曲やミュージシャンの好み
などを知ることになりました。

それぞれに思い出の曲としてのきっかけを聞くことで改めて知る
ことにもなりました。

書籍「治したくない」から、
『治すより、町での暮らしには何が必要か、どういうくふうが
いるかを考えた方がいい。そこに笑いと楽しさがあるなら、彼ら
の暮らしはよほどゆたかなものになるだろう。「治療」を超えた
意味を、そこに見出せるかもしれない。』

『金欠ミーティングはその後も続いている。解決するのではなく
語る場として、ミーティングに出たいという仲間がその後もあと
を絶たなかったからだ。』

718TiBDw9EL.jpg
【9月13日】パソコン講座(初級から始める) [2020年09月13日(Sun)]
午後のプログラムは、パソコン講座(初心者向け)でした。

パソコンを通じて世界とつながるという時代に精神障害者で
あろうが、その恩恵を受けて自分の可能性を開花させていく
ことをサポートするためのパソコン講座を毎月1回開催する
ことになりました。

今日は、インターネットサービス(SNS)についての講座で
した。
SNS(Social Networking Service=ソーシャル・ネットワー
キング・サービス)とは、友人どうしのつながりから、
コミュニティを広げるための集まりなどがあり、それを実行
するために色々なツールがあることを紹介してもらいました。

IMG_20200913_134430.jpg

前回、ライン、インスタグラム、ツイッターの登録などを学び
ましたが、今日はフェイスブック、ピンタレスト、ティック
トックに関して、それぞれの特徴を知って自分に合ったツール
を選んで登録する方法などを教わりました。

講師が、ティックトックのアプリの動画編集フィルタを利用して
動画を制作するとこを見て参加者も実際に動画を制作してみました。

IMG_20200913_153913.jpg

書籍「治したくない」から
「他の地域」はとにかく病気を治すことが目標で、そのために何
をするかを考える。けれどひがし町診療所は治すのではなく
「まったくちがう質のこと」をしている。
診断より田んぼの草取りが先だ。

必要に応じて診断し、病名をつけ、薬も出す。そうしたことに
熱意を示さない。多くは目の前の「問題」の対処にすぎないから
だ。目の前の問題ではなく、その奥の何に患者は苦労している
のか、そこを自分たちは見たいと思う。

023bbbac8992855ea2f66610a2a96569.jpg
【9月12日】法律講座(自分を守る法律) [2020年09月12日(Sat)]
午後のプログラムは、自分を守る法律講座でした。

社会生活での色々な問題も法律を知らないことで、泣き寝入りす
ることになったり、被害者なのに加害者的な立場になったりとい
うことを避けるためにも法律をしっかり理解することが自分の権
利を守ることにつながるし、トラブルに巻き込まれないための最
大の予防的な効果があると考えてプログラムに取り入れました。

今日は、「LGBTと人権」というタイトルでLGBTとは(用語解
説)LGBT の人びとを取り巻く環境、LGBTの人びとに対する人
権侵害、国際法と国連の声明・決議、LGBTの人びとを取り巻く
日本の状況、アムネスティの取り組み、多様性を認め合う社会
をめざして、という項目で話してもらいました。

宮崎市広報-LGBT_page-0001.jpg

性的マイノリティに対する無関心や誤った認識が偏見や差別を生
み、当事者が学校や職場で生きづらさを感じている現実です。性
的指向や性自認、性別表現にかかわらず、誰もが自分らしく生き
られる社会の実現が求められています。

アムネステイ日本-LGBTと人権_page.jpg

【職場や学校での差別的発言】
15,064人のうち、職場や学校で差別的発言を聞いたことのある
当事者は71.7%

【職場や学校でのカミングアウト】
15,064人のうち、職場や学校でカミングアウトしている
当事者は27.6%

【偏見や差別の例】
・「ホモ」「オカマ」「男らしくない」「女らしくない」
などとからかう
・「どこかおかしいのでは」「問題があるのでは」
「気持ち悪い」などとうわさ話をする
・本人の了承なく、その人の性的指向や性自認について
暴露する (アウティング)

精神障がい者であるがゆえに差別や偏見を受ける現実を通して、
LGBTの方達の生き辛さに同感できるものを感じました。

支援者の方から、お菓子を提供して頂きました。
利用者の方が、飲み物を提供してくれました。

IMG_20200912_133545.jpg

IMG_20200912_144142.jpg
【9月11日】ハンドメイド(リサイクル素材で小物づくり) [2020年09月11日(Fri)]
午後のプログラムは、ハンドメイド(リサイクル素材で小物づく
り)でした。

リサイクル布を利用してオリジナルの小物を作ったり、バックや
ポーチを作るのを教えてもらったりしながらハンドメイドのプロ
グラムを実施しています。

今日は、前回エプロン作りが途中で終わった方は引き続きエプロ
ン作りで、エプロンを完成させた方はマスクやポーチ作りになり
ました。

IMG_20200911_152809.jpg

IMG_20200911_152952.jpg

エプロンは市販のものを買うとけっこうなお値段がしますので、
自分で作ると材料の選び方によっては買うよりもずっと安くこ
のみのデザインで作ることも可能になり、さらに自分で手作り
するよさは親子や家族でおそろいにすることも簡単にできると
こが手作りのよさです。
エプロンは好みの布を選んで、講師の方が準備された型紙を布
に当てて、印をつけてカットしてからミシンで縫って制作する
と完成します。マスクやポーチも好みの布を選んでから以前チ
ャレンジしているので段取りよく完成させられました。

IMG_20200911_140448.jpg

制作しながらお互い情報交換したりして楽しくハンドメイドの
時間を過ごされていました。

書籍「治したくない〜ひがし町診療所の日々〜」が届きました。
興味を引く文章を時々、記載します。

『「幻聴があっても元気に」暮らせるよう、「生活だけはちゃ
んと」する、それが浦河の患者、当事者の身につけた「わきま
え」だった。』『患者は、生活課題のところでほんとはつまず
いている、そして最終的には病状の悪化として入院するんだけ
ど、病気じゃなくて生活だと。』

kawamura5-1024x768.jpg
【9月10日】お互いを支えるスキル(ピアサポートガイド) [2020年09月10日(Thu)]
午後のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支えるスキ
ル)でした。

かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互いに支
え合うことができる関係を築いてもらうことが地域生活するうえ
で重要な課題だと考えています。

参加者にガイドブックの目次を見て、どの項目がよいか選んで
もらって読みながら体験を踏まえて進めています。

ピア2.jpg

いつものように気分調べと近況を話してもらいました。
台風に関して、避難所で退屈しないで過ごしたことや家を風から
守るために取った対策など話してもらいました。

近況の中で、あるセンターの方から地域生活するうえで悩んだ時
に相談できる訪問看護を利用したらよいのではないかと勧められ
たのですが、初めての方と親しくなるのに時間がかかるので迷っ
ているという話をされたので、他の参加者の方に訪問看護に関し
たメリットなど話してもらいました。

IMG_20200910_181052.jpg

その後も相談できる相手として友達との関係や親子関係などにつ
いても話し合いました。

地域生活するうえで、相談できる友達や支援者がいてくれること
が、安心した日常生活を送ることにつながるので、時間をかけて
でも信頼できる関係を作ることが大事と話し合いました。

IMG_20200910_163557.jpg

今日は、地域生活するうえで悩んでいることなどを、お互い意見
を出し合って話し合ったことで、お互い支えあうというピアサポ
ート的な内容になったので、ピアサポートガイドは中止にしまし
た。
【9月9日】COLORING講座(色で作る世界) [2020年09月09日(Wed)]
午後のプログラムは、COLORING講座(色で作る世界)でし
た。

COLORING講座は、自分の好きな色鉛筆を使って色の世界を
作り上げるプログラムです。
その日の心理的な面から使う色に注視することで、その人の
状態をお互い理解することになるし、好みの色を塗ることに
集中することで気分転換になったりするので、色を使った交
流をしています。
IMG_20200909_155942.jpg

今日は、今までに印刷した素材の中から選んで製作しました。
素材の中から好みの素材を選び、好みの色を塗ってもうこと
で、その人の感性を画面に表してもらいました。 

世界で一つだけの色の創造の世界を制作することをメインに
気軽に楽しくCOLORINGをやっています。

楽しく手を動かしながら色鉛筆で好みの色を塗り、口を動かし
ながら色々な話題を話して、情報交換したりして過ごせる
COLORING講座でした。

IMG_20200909_142349.jpg

北海道浦河町に精神障がい者の方達の地域活動拠点「べてるの
家」(当事者達にとっては、生活共同体、働く場としての共同
体、ケアの共同体という3つの性格を有している)のメンバー
を地域生活で医療的に支えている精神科医の川村敏明氏と当事
者との日々の出来事を斉藤道雄氏が書籍「治したくない――
ひがし町診療所の日々」(みすず書房)を出版した記事が掲載
されていたので紹介します。
https://ddnavi.com/review/668323/a/

718TiBDw9EL.jpg