CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【5月31日】書き方スキル(広報誌掲載) [2020年05月31日(Sun)]
【支えあう支援センターかふぇらてFBより転載

午後のプログラムは、書き方スキル(広報誌掲載)でした。

自分の体験などに関して書くことを通じて伝えることを
考えてもらうプログラムです。

広報誌1.jpg

それぞれ、かふぇらてで過ごす中での出来事や興味のあるプログラムに
参加して感じたことなどを書いてもらった文章を広報誌に掲載する
予定になっています。

今日は、来所された方に、5月のプログラムに参加したことや
人とのふれあいなど、かふぇらてで感じたことを振り返って、
文章にまとめてもらいました。

これで、広報誌6月号が出来上がりました。

広報誌2.jpg

ふりかえりから
・コロナの影響で、猫カフェやカラオケの施設外活動が出来ず、
 少し寂しい感じはしましたが、今の現状ではしかたがないと、
 今こそ耐える時期だと感じる日々でした。

・SSTのプログラムでは、今コロナ禍という事に関して、
 仕事が自宅ワークになっているとか、特別給付金の10万円を
 どう使うか、話しました。

・音楽ライブに久しぶりに参加して、気分をリフレッシュする
 ことができました。

・地域散策で、宮崎港の近くまで遊歩道を散策したので運動になり
 楽しい時間を過ごしました。

・ハンドメイドに参加してリサイクル布で個性的な手提げバック
 が出来上がり使っています。

広報誌3.jpg

 久しぶりに、以前利用していた利用者の方が、体調が悪くなったので
入院していて退院したので、と訪ねて来られました。

地域で元気に過ごされていると思っていたので、入院していたという事を
聞いてビックリして、色々と話をしている中で、コロナの影響で入院中も
最初の2週間は経過観察ということで個室での隔離生活だったので、
より調子を悪くしたという話をされていました。

広報誌4.jpg
【5月31日】書き方スキル(広報誌掲載) [2020年05月31日(Sun)]
【支えあう支援センターかふぇらてFBより転載】

午後のプログラムは、書き方スキル(広報誌掲載)でした。

自分の体験などに関して書くことを通じて伝えることを
考えてもらうプログラムです。

それぞれ、かふぇらてで過ごす中での出来事や興味のあるプログラムに参加して
感じたことなどを書いてもらった文章を広報誌に掲載する予定になっています。

今日は、来所された方に、5月のプログラムに参加したことや人とのふれあいなど、
かふぇらてで感じたことを振り返って、文章にまとめてもらいました。

これで、広報誌6月号が出来上がりました。

ふりかえりから
・コロナの影響で、猫カフェやカラオケの施設外活動が出来ず、少し寂しい感じは
 しましたが、今の現状ではしかたがないと、今こそ耐える時期だと感じる日々でした。
・SSTのプログラムでは、今コロナ禍という事に関して、仕事が自宅ワークになって
 いるとか、特別給付金の10万円をどう使うか、話しました。
・音楽ライブに久しぶりに参加して、気分をリフレッシュすることができました。
・地域散策で、宮崎港の近くまで遊歩道を散策したので運動になり楽しい
 時間を過ごしました。
・ハンドメイドに参加してリサイクル布で個性的な手提げバックが出来上がり
 使っています。

 久しぶりに、以前利用していた利用者の方が、体調が悪くなったので
入院していて退院したので、と訪ねて来られました。

地域で元気に過ごされていると思っていたので、入院していたという事を
聞いてビックリして、色々と話をしている中で、コロナの影響で入院中も
最初の2週間は経過観察ということで個室での隔離生活だったので、
より調子を悪くしたという話をされていました。

【5月30日】ハンバーグ&野菜 味噌汁 [2020年05月30日(Sat)]
【支えあう支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育は、ハンバーグ&野菜、味噌汁、ご飯でした。

ハンバーグ.jpg

合い挽き肉を使ってハンバーグを作ったので、牛ひき肉は、
たんぱく質と鉄を含み、栄養価も高いし、豚ひき肉は、
良質なたんぱく質、脂肪、ビタミンB1を含んでいます。

ハンバーグに欠かせない、タマネギのみじん切りには、
栄養成分「アリシン」を細かく刻むことでより発生するので、
実はハンバーグにぴったりの素材です。

アリシンには、血流改善や血糖値上昇を抑制する効果に加え、
お肉のビタミンB1と結合すると、吸収率を10倍に上げる働きもあります。

今日も大きなテーブルで、血流改善の効果があるハンバーグを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

午後のプログラムは、音楽ライブ講座(歌って叩いて楽しむ!)でした。

講師の県看護大助教の葛島慎吾氏に生のギターの弾き語りを実施してもらって、
生の音楽に触れることと参加者の思い出の曲などをリクエストしてもらって
一緒に歌ったりして楽しく音楽の時間を過ごすという音楽ライブ講座です。



今日は、緊急事態宣言が解除されましたが、まだ感染予防を注意しながら、
3密にならないように間をあけて座り、マスクを付け、
換気のための窓を開けて実施しました。

いつものように講師及び参加者の気分調べと近況を話して始まりました。

今回は、梅雨の時期に入るということで、雨にちなんだ曲を30曲ほど
選んだ冊子を作って提供していただきました。

講師のギターの演奏や歌を聴いたり、参加者に雨の曲をリクエストしてもらって、
一緒に歌ったり、途中講師の語りがあったりするなかで、叩きものとして、
タンバリンとカスタネットを準備して、曲によって叩いてリズムを取ったり
しながら、楽しく笑い声のする音楽ライブ講座でした。
【5月29日】ハンドメイド(リサイクル素材で小物づくり) [2020年05月29日(Fri)]
【支えあう支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育は、利用者の参加がなかったので中止になりました。

このような状況の時もあることは、想定内なので
利用者の体調の回復や問題の解決を願っています。

午後のプログラムは、ハンドメイド(リサイクル素材で小物づくり)でした。

ハンドメイド.jpg

リサイクル布を利用してオリジナルの小物を作ったり、バックやポーチを作るのを
教えてもらったりしながらハンドメイドのプログラムを実施しています。

今日は、前回の「変わり手提げバック」の制作を引き続きしました。

前回、説明書で理解できない部分がありましたが、今回は前回の経験を
生かしてスムーズに上手くできました。

ハンドメイド2.jpg

リサイクル布の中から好みの生地で色やデザインの生地を2枚選んで
組み合わせて作るということで、生地を選んで、裁断するサイズを
物差しで印をつけて裁断して、ミシンで縫って、アイロンをかけてから
またミシンで縫って出来上がりました。

布の生地などを上手く組み合わせることでデザインのセンスを感じる
バックになりました。

ハンドメイド3.jpg

バック以外に素材のフェルトを使って、可愛らしい動物を手縫いで
制作しました。
【5月28日】広報誌制作 [2020年05月28日(Thu)]
【支えあう支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育と午後のプログラムは、利用者の参加がなかったので
中止になりました。

5月も末なので、6月の広報誌制作をしました。

広報誌.jpg

広報誌のレイアウトに沿って画像を選んだり、説明の文章を書いたり
しながら明日のハンドメイドで制作したバッグなども広報誌に掲載するので、
まだ完成には至りませんでした。

途中、入院している利用者の方からある治療に関して問い合わせがありましたが、
効果のある方もいるし、効果のない方もいるので、どちらがよいと、
判断できない問い合わせだったので、主治医に治療の効果とリスクを聞いて、
最終的には自分で比較検討して決めるのが最善です、と伝えました。

午後のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル)でした。

ピアサポート.jpg

かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互いに支え合うことが
できる関係を築いてもらうことが地域生活するうえで重要な課題だと考えています。

参加者にガイドブックの目次を見て、どの項目がよいか選んでもらって
読みながら体験を踏まえて進めています。

ハートネットTVでは、精神障害のある方々に新型コロナウイルスの
影響で生じた、暮らしの変化や心への負担、医療への影響など、
精神障害当事者ならではの困りごとや悩みごとを募集しています。

只今、124件の声が掲載されています。

「日中の居場所が閉鎖され、生活のリズムが狂ってしまった」
「人との関わりが途絶え、孤立感が日々積もっていく」
「報道で様々な情報が錯綜し、気持ちが不安定になる」
「感染が怖くて、病院にも通えない日々を送っている」

など、自分たちの生き辛さを発信することが、
社会的に改善へつながると思います。

ハートネットTV
https://www.nhk.or.jp/heart-net/new-voice/28/
【5月27日】COLORING講座(色で作る世界) [2020年05月27日(Wed)]
【支えあう支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育は、利用者の方の参加がなかったので中止になりました。

利用者の方の個人的な事情だったり、体調が悪かったりということで、
利用を控えるということが、利用者の方々に重なって食育の参加がない
ということになった次第です。
当分、続くかもしれません。

午後のプログラムは、COLORING講座(色で作る世界)でした。

COLORING講座は、色鉛筆を使って自分の好きな色鉛筆を使って
色の世界を作り上げるプログラムです。

その日の心理的な面から使う色に注視することで、その人の状態を
お互い理解することになるし、好みの色を塗ることに集中することで
気分転換になったりするので、色を使った交流をしています。

今日は、外国の名所の風景を表現した素材の中から好みの素材を選び、
好みの色を塗ってもうことで、その人の感性を画面に表してもらいました。 

カラーリング.jpg

世界で一つだけの色の創造の世界を制作することをメインに
気軽に楽しくCOLORINGをやっています。

楽しく色を塗りながら手と口を動かして、色々な話題を話して、
情報交換したりして過ごせるCOLORING講座でした。

カラーリング2.jpg

支援者の方から、鶏の手羽とお菓子を提供していただきましお菓子.jpg
【目次】食育活動(5/20〜5/25) [2020年05月26日(Tue)]
日付を「クリックすると、その日の活動の記事にリンクします。

5月25日】これだけは知ってほしい!

5月24日】利用者全体会議

とんかつ.jpg
5月23日】とんかつ&野菜 味噌汁

5月22日】ハンドメイド(リサイクル素材で小物づくり)

鮭.jpg
5月21日】鮭のムニエル ポテトサラダ 味噌汁

手羽元.jpg
5月20日】手羽元のさっぱり煮 ホウレン草のごま和え 味噌汁
【5月25日】これだけは知ってほしい! [2020年05月25日(Mon)]
【支えあう支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育と午後のプログラムは、月の最終週で先週までに
利用の条件を達成されている利用者さんが多いので、
フリーな時間を楽しまれているみたいで、参加がありませんでした。

一応、今日の食育のメニューは、皿うどんでした。

午後のプログラムは、クロスロードゲーム(違いを認め合う)でした。

身近な問題をクイズ形式にして、答えをイエスかノーか、という2択にして、
それぞれが選んだ意見を言って、違いを知るというゲームです。

自分の考えを伝えるということが大事だし、他の参加者の意見も聞いて
自分の意見の修正など参考になる意見を聞くことができることが、
参加者には好評なプログラムになっています。

ハートネットTVでは、統合失調症の当事者が周囲の人に「これだけは知ってほしい!」
というお悩みやお困りごとについてのアンケートを実施。
その結果、245人の方が答えていただいた資料が掲載されています。

これだけは知ってほしい!統合失調症の悩み・困りごと
(前編)症状 周囲との関係
https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/335/

知ってほしい!.jpg

(後編)不安 社会に向けて
https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/347/
【5月24日】利用者全体会議 [2020年05月24日(Sun)]
【支えあう支援センターかふぇらてFBより転載】

午後のプログラムは、利用者全体会議でした。

利用者全体会議は、かふぇらての目的である居心地のよい居場所として
過ごすために利用者同士の問題及び改善すべきことはないか、
などを話し合う会議です。

また、6月のプログラムに関して、利用者に検討と提案してもらうための
話し合いでもあります。

スケジュール.jpg

参加者にいつものように今日の調子と近況及びコロナ禍の中でメリット・
デメリットを聞いて予定通り全体会議を行いました。

6月のプログラムに関して、日付順に講座名を確認してもらって、
それぞれの講座に参加したことでの気づきなど話してもらいました。

講座に参加した振り返りを聞きました。
ハンドメイドで布のバックを作って家族や知り合いに褒めてもらったことが
ミシンを買いたいねと娘と話したり、エクササイズで膝が痛くなくなったとか、
パソコン講座でステイホームでのオンライン会議やオンラインでの楽しみ方を知った、
カラーリングで色を塗ることで自己主張ができること、などを話していただきました。

パソコン講座.jpg

カラーリング.jpg

プログラムが利用者のQOL(生活の質)を高めるためになっているかどうかを
確認できる会議でもあるので、参加者の意見を聞いてフィードバックしてより
ステップアップになるよう工夫していくことが、
継続するうえで必要なことと考えています。

コロナ後に看護大や福祉専門学校の学生さんとのふれあい交流会を
企画することを提案し、賛同してもらいました。
実現するように働きかけていきたいと思っています。
【5月23日】とんかつ&野菜 味噌汁 [2020年05月23日(Sat)]
【支えあう支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育は、とんかつ&野菜、味噌汁、ご飯でした。

とんかつ.jpg

豚肉に多く含まれたビタミンB1をはじめとするビタミンB群や、鉄分、
ミネラル、又、たんぱく質を構成するアミノ酸が豊富に含まれ、身体に
必要な栄養素の高いお肉です。

疲労を感じにくくするためには、エネルギー代謝を落とさないことが
ポイントで、そこで重要な役割を果たすのがビタミンB群で、しっかり
補給することでエネルギー代謝を高め、疲労感を解消することができます。

今日も大きなテーブルで、身体に必要な栄養素の豊富なとんかつを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

午後のプログラムは、「自分を守る法律講座」でした。

社会生活での色々な問題も法律を知らないことで、泣き寝入りすることに
なったり、被害者なのに加害者的な立場になったりということを避ける
ためにも法律をしっかり理解することが自分の権利を守ることにつながるし、
トラブルに巻き込まれないための最大の予防的な効果があると考えて
プログラムに取り入れました。

今日は、今話題になっている黒川検事長の定年延長に関する問題を
法律的な視点から話をしていただきました。

法律講座.jpg

三権分立が基本であり、国民である主権者が、選んだり、審査したり、
監視することができる立場であることを話され、今回の黒川検事長の
定年延長に関して、閣議で決めるよりも国会で「検察庁法改正案」を
審議して決めるもので、内閣が勝手に決めたことに国民が異を唱えて、
SNSに「#検察庁法改正案に抗議します」という意思を表明したことで、
今国会での強行採決は見送られるという流れを生んだことに
主権者である国民の声を政治などに反映させることで変化を起こすことになり、
より身近な問題にも反映させることになりますので、声を上げることが
大事と話されました。

法律に関する資料として「檻の中のライオン」(著者:楾大樹弁護士)という
書籍の中の「法律を守らないといけないのはなぜ?」をテキストに話されました。

法律講座2.jpg
| 次へ