CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【9月30日】ロールキャベツ オクラのバター炒め [2019年09月30日(Mon)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、ロールキャベツ、オクラのバター炒め、
ご飯でした。

ロールキャベツ.jpg

キャベツには、ビタミンCが豊富に含まれ、肝臓の解毒作用を助け、
疲れた肝機能を助け、さらに、皮膚や骨などの組織を作るコラーゲンの
強化には欠かせません。

また、体の成長に不可欠で、血液の酸性化を防ぐ、リジン、トリプトファンを
含んでいて、胃腸障害に効果ありと言われるビタミンUも含まれています。

今日も大きなテーブルでトリプトファンを含んでいるロールキャベツを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

午後のプログラムは、ペーパークラフト(紙で作る世界)でした。

ペーパークラフトは、手先を使って紙を切ったり、貼ったりして
自分の好きな世界を作り上げるために集中することを身につけるプログラムです。

季節に応じた素材など選んで制作することで、季節感を持ち続けることができ
感性を失わないことにもなるのではないか、と実施しています。

今日は、ハロウィンギフトと10月の花ダリアを印刷して、
好みの素材を選んで製作してもらいました。

クラフト.jpg

花びらなど細かな模様をハサミでカットしたりして糊でつけていく作業は、
集中力が求められる作業になります。

クラフト2.jpg

そのような作業が不得意な方には、自主プログラムを実施してもらって
自分の得意な分野に特化してもらっています。
【9月29日】書き方スキル(広報誌掲載) [2019年09月29日(Sun)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

午後のプログラムは、書き方スキル(広報誌掲載)でした。

自分の体験などに関して書くことを通じて伝えることを
考えてもらうプログラムです。

それぞれ興味のあるプログラムに参加して感じたことを
書いてもらった文章を広報誌に掲載する予定になっています。

今日が9月の最終日曜日だったので、プログラムに参加したことを
振り返って、文章にまとめてもらいました。

施設外活動の猫カフェやカラオケ活動などで気分転換ができるので
楽しく参加しているとか、ハンドメイドの日程が早く来ないか

待ち遠しいとか、パソコン講座に参加してスキルを高めているとか、
食育のメニューを自宅でも作って家族に喜ばれたとか、

記載されているのを読むとプログラムを利用して
自分の生活の質を高めるために利用していることを確認できるので、
ふりかえることの利点を再認識できます。

昨日の夜に、支援者の方から野菜などを提供していただきました。

野菜.jpg
【9月28日】とり天 ピーマンとナスのみそ炒め 味噌汁 [2019年09月28日(Sat)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、とり天、ピーマンとナスのみそ炒め、味噌汁、
ご飯でした。

鶏天.jpg

先日、支援者の方からピーマンとナスを提供していただいたので
みそ炒めを作りました。

とり天の鶏肉には良質のたんぱく質やビタミンAが豊富で、
疲労に効果があるというイミダゾールジペプチドも豊富です。

ビタミンAは粘膜を健康な状態に保つほか、免疫力アップに役立つとされる
栄養素で、風邪予防にも最適なビタミンAもばっちり含まれていて、
ビタミンAは油と一緒に摂ると吸収率が上がるので、天ぷらはぴったりです。

今日も大きなテーブルで免疫力アップのとり天を、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

午後のプログラムは、栄養講座(脳に効果のある栄養)でした。

県立看護大の川村准教授のライフワークである食事の栄養素が
脳に働きかける効能を講座として実施しています。

精神疾患の原因は、脳の働きが通常とは違う働きをしていることが
疾患の原因であるのであれば、脳の働きを正常に回復させるのに
服薬以外の方法として栄養学での試みも可能なのではないかということで
講座を実施してもらうことになりました。

今日は4回目で、今回は初めての方もおられたので、今までの振り返りを
して、ストレス解消にお酒に関わるナイアシンという栄養素の講座でした。

栄養講座2.jpg

ナイアシンは、トリプトファンから合成されて作られるのですが、
もっと大事なセレトニン(心と体のバランスを安定させる)に
影響するという講座でした。

ナイアシンは、アルコールの分解に対する補酵素の働きをはじめ、
分解後に生じるアセトアルデヒトという二日酔いを起こす成分の分解を
助ける補酵素の働きがあり、お酒をよく飲む方はナイアシンが不足気味になり、
倦怠感や食欲不振、うつ状態にもなり、赤い発疹ができる皮膚症状、
口舌炎や下痢などの消化管症状、神経障害などの症状が現れます。

お酒を飲むときには、ナイアシンを含む食べ物を一緒に食することが、
セレトニンに悪い影響を与えず正常に機能することになるということでした。

栄養講座.jpg



【9月27日】ちゃんぽん マカロニサラダ [2019年09月27日(Fri)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、ちゃんぽん、マカロニサラダ、ご飯でした。

ちゃんぽん.jpg

ちゃんぽんの具に使用されることの多いキャベツには、食物繊維という
栄養が豊富に含まれていて、身体に蓄積された老廃物や毒素などを
排出することができるため、痩せやすい身体を作ることにつながります。

豚肉には、たんぱく質が含まれていて、わたしたちの体の筋肉や臓器、肌、
髪、爪、体内のホルモンや酵素、免疫物質などを作ったり、
栄養素の運搬を行うなど生きていくエネルギーの素になります。

今日も大きなテーブルでエネルギーの素になるちゃんぽんを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

午後のプログラムは、ハンドメイド(リサイクル素材で小物づくり)でした。

リサイクル布を利用して布用のクレヨンで絵を描き、描いたとこを
刺繍用の糸で縫ってオリジナルの小物を作ったり、バックやポーチを作るのを
教えてもらったりしながらハンドメイドのプログラムを実施しています。

今日は、前回のワンピースをリメイクしたバッグ製作の続きを完成させたり、
今日の制作は、ペンケース、巾着、小物入れを、それぞれ好みのリサイクルの
布を使って講師に習って完成させて喜ばれています。

ハンドメイド.jpg

ミシンをかけたり、生地を縫ったり細かな作業ですが、女性の方は
楽しみに参加していただくので、手を動かしながら口も動かされるので
女子会になってしまい、いい意味でストレス解消になっている面もあります。

ハンドメイド2.jpg
【9月26日】サバの塩焼き オクラの胡麻和え 味噌汁 [2019年09月26日(Thu)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、サバの塩焼き、オクラの胡麻和え、味噌汁、
ご飯でした。

サバ.jpg

サバには健康にも美肌作りにも必要となってくるたんぱく質や、
青魚の脂に含まれているとされるDHA・EPAなどといった人間の体内では
作ることができない必須脂肪酸、ミネラル成分の一種であるセレンなどと
いった栄養素が多く含まれています。

必須脂肪酸であるDHAやEPAには、血液中の悪玉コレステロールを
減少させて、善玉コレステロールを増やしていく効果があります。

今日も大きなテーブルで善玉コレステロールを増やすサバの塩焼きを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

午後のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル)でした。

かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互いに支え合う
ことができる関係を築いてもらうことが、地域生活するうえで重要な
課題だと考えています。

今日は、参加者にガイドブックのどの項目がよいか選んでもらったら、
「何のために働くのか・・・働くことの意義」「働くための準備は
できているのか」というページをやることになりました。

なぜ働くのか、病気になる前となってからの意見を参加者に聞くことで、
「お金を得るため」から「社会の役に立ちたい」というふうに変わった
ことを確認しました。

働くための準備はできているのか、という項目の「体調管理」「技術・知識」
「心構え」「企業が求めること」という項目に沿って、参加者の意見を
聴きながら話を進めていきました。

かふぇらてを利用するにあたり、一番大事なことは「体調管理」だし、
「生活の質を高める」ためにプログラムを積極的に自主的に選択することが
自立することにつながることだとお互い話し合いました。

昨日の夜に支援者の方から野菜などを提供していただき、
今日は別の方からお菓子を提供していただきました。

野菜.jpg

お菓子.jpg
【9月25日】煮付け ニラの卵とじ 味噌汁 [2019年09月25日(Wed)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、煮付け、ニラの卵とじ、味噌汁、
ご飯でした。

煮付け.jpg

煮付けの食材の里芋は、カリウムを多く含んでいてナトリウム
(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があり、
動脈硬化の予防に効果があります。

ニンジンには、カロテンが含まれていて体内でビタミンAに変換され、
発育を促進したり、肌の健康を維持したり、暗いところでも
目が慣れて見えるようになる機能があり、また、鼻や喉の粘膜を
強化する事で風邪のような細菌感染を防ぐ効果もあります。

厚揚げは、栄養価がとても高い食材で、特にタンパク質やカルシウム、
マグネシウム、イソフラボンが豊富に含まれています。
そのため、生活習慣病や肥満予防、ダイエットや美肌に効果的だと
言われています。

今日も大きなテーブルで豊富な食材を使った煮付けを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

午後のプログラムは、脳トレ講座(脳を活性化しよう)でした。

精神疾患及び障害を持つことで、入院や薬や引きこもったりすることで、
会話がなくなり、脳の機能が衰えてくるので、その不全を防ぐために
脳を刺激するクロスワードなどのパズルによって、刺激を与え、
心身の活性化につながればとプログラムに取り入れました。

今日は、パズルの中に漢字を埋めていくクロスワードや数字の順を追って
点と点をつないで線を引いていくパズルゲームをやりました。

漢字や数字を思い出す作業をすることで、脳を刺激することになり、
日常での生活に支障をきたすことなく過ごすことにつながります。

漢字の読み書きをすると脳の広い範囲で活性化が見られ、記憶力UP、
物忘れ防止、認知症予防などの効果があることが知られています。

脳トレ.jpg

点つなぎパズルは、シンプルで簡単なゲームですが、数字の順を
追っていくことで、集中力が高められ脳が活性化されます。

利用者の方が、飲み物を提供してくれました。

飲み物.jpg

【目次】食育(9/18〜9/23) [2019年09月24日(Tue)]
日付をクリックすると、その日の活動の記事にリンクします。

クリームコロッケ.jpg
9月23日】クリームコロッケ わかめの酢の物 味噌汁

スケジュール.jpg
9月22日】利用者全体会議

お好み焼き.jpg
9月21日】お好み焼き 野菜サラダ

野菜炒め.jpg
9月20日】野菜炒め 大根の酢の物 味噌汁

鮭.jpg
9月19日】鮭の塩焼き オクラの胡麻和え そうめんの吸い物

ヒレカツ.jpg
9月18日】ヒレカツ ナスのみそ炒め 味噌汁
【9月23日】クリームコロッケ わかめの酢の物 味噌汁 [2019年09月23日(Mon)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより】

今日の食育のメニューは、クリームコロッケ、わかめの酢の物、味噌汁、
ご飯でした。

クリームコロッケ.jpg

クリームコロッケに使用される主な食材は、牛乳・生クリーム・バター・
薄力粉・玉ねぎなどで、牛乳から薄力粉までを混ぜて作られるホワイトソースは、
乳製品が豊富なためカルシウムやリンといった栄養価が比較的多い料理です。

不足しがちなカルシウム、成長ビタミンといわれるB2が特に豊富に含まれ、
良質なたんぱく質も摂取でき、栄養バランスを改善できる食材です。

主原料は生クリームで、摂取カロリーが体脂肪になりにくくカロリー
コントロールができるのでダイエット中の食事としては向いています。

今日も大きなテーブルで栄養バランスを改善できるクリームコロッケを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

調理.jpg

午後のプログラムは、クロスロードゲーム(違いを認め合う)でした。

身近な問題をクイズ形式にして、答えをイエスかノーか、という2択にして、
それぞれが選んだ意見を言って、違いを知るというゲームです。

自分の考えを伝えるということが大事だし、他の参加者の意見も聞いて
自分の意見の修正など参考になる意見を聞くことができることが、
参加者には好評なプログラムになっています。

今日は、冷蔵庫とテレビはどちらが必要か、俳優とミュージシャンは
どちらになりたいか、政治家にはなりたいか、洋食と和食はどちらが好きか、
春と秋はどちらが好きか、魚は刺身か塩焼きか、など問い合わせて、
参加者にも問題を出してもらいました。

それぞれ選んだ答えに対して、自分の意見を伝えることが目的なので、
楽しくクロスロードゲームを実施しました。

利用者の方から、米を提供していただきました。
主食の米を提供していただくことで、食事代を200円で維持できます。

米.jpg
【9月22日】利用者全体会議 [2019年09月22日(Sun)]

午後のプログラムは、利用者全体会議でした。

利用者全体会議は、かふぇらての目的である居心地のよい居場所として
過ごすために利用者同士の問題及び改善すべきことはないか、
などを話し合う会議です。

また、10月のプログラムに関して、利用者に検討と提案してもらう
ための話し合いでもあります。

スケジュール.jpg

今日は、台風の影響で風雨が強くて参加者が少なかったけど、
予定通り全体会議は行いました。

いつものように10月の日付順に講座名を確認してもらって、
講座に参加しての意見などを聞きました。

かふぇらてのミッションとしては、利用者が今の生活のQOL(生活の質)を
高めることにつながるためのプログラムであることを目指して、話し合っています。

利用者に最低月6回利用することが市への利用者登録条件になっているので、
月のプログラムから6日を選んで、その月の計画を立ててもらうことに
していますが、その計画で6回を達成する方、達成できない方がいますが、

計画を立てることで、なぜ達成できなかったかを考えてもらうことで、
原因を知ることになり、生活の改善につながり、日々の生活リズムを守ることで、
次のステージに進むことが出来ることを話してもらいました。

生きがい.png

計画を立てないで過ごしていたら生活を改善することもなく、
今の生活スタイルでよいということになり、行き当たりばったりの
日々を過ごしてしまう生活はしたくない、という意見でした。

利用者の方が、飲み物を提供してくれました。

飲み物.jpg
【9月21日】お好み焼き 野菜サラダ [2019年09月21日(Sat)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、お好み焼き、野菜サラダ、ご飯でした。

お好み焼き.jpg

先日、支援者の方から提供していただいた山芋を使ったメニューとして、
お好み焼きになりました。

お好み焼きに含まれる野菜のキャベツには、栄養素であるビタミンUは、
胃壁の粘膜を丈夫にし、ダメージを受けた胃壁の回復を助けたり、
潰瘍を抑えるといわれています。そのパワーは、胃薬にも用いられている
ことからも証明済みで、ミネラルには、胃腸の中で脂肪、たんぱく質、
糖分などの消化吸収を助け、消化不良によるむかつきを
防いでくれる役割もあります。

山芋は、古くから滋養強壮の野菜として広く知られていて、独特のネバネバした
成分は、血糖値を下げ、糖尿病の改善にも役立つといわれていて、
ジアスタ−ゼに代表されるでんぷん分解酵素は胃腸の消化を助け、
サポニンという成分は胃痛などの胃の炎症をやわらげてくれます。

今日も大きなテーブルで滋養強壮の効果のある山芋を使ったお好み焼きを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

配膳.jpg

午後のプログラムは、動画鑑賞(動画を見て交流)でした。
自分の好きな動画(映画・スポーツ・音楽)を紹介して参加者と交流をするプログラムです。

今日は、映画「ぶどうのなみだ」を鑑賞しました。
この映画は、北海道・空知で暮らす男性アオと、ひとまわり年の離れた弟のロク。
アオは父親が残したぶどうの木でワインをつくり、ロクは小麦を育てている。

アオは「黒いダイヤ」と呼ばれるピノ・ノワールの醸造に挑んでいるが、
なかなか上手くいかずにいた。そんなある日、アオとロクの前に、
キャンピングカーに乗った旅人の女性エリカが現れ、彼女の持つ不思議な魅力が、
兄弟の穏やかな日常に変化をもたらしていくという物語でした。

北海道の広大な自然の風景が、宮崎の風景とは違った魅力を感じながら
登場人物のそれぞれの生き方が風景の中で描かれている映画でした。

動画.jpg
| 次へ