CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【3月31日】書き方スキル(広報誌掲載) [2019年03月31日(Sun)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

午後のプログラムは、書き方スキル(広報誌掲載)でした。

自分の体験などに関して書くことを通じて伝えることを考えてもらう
プログラムです。

それぞれ興味のあるプログラムに参加して感じたことを書いてもらった文章を
広報誌に掲載する予定になっています。

今日は、3月のかふぇらてのプログラムに参加したことを振り返って、
文章にまとめてもらいました。

明日から新しい年号及び年度になり、新たな気持ちで利用してもらうためにも、
楽しく過ごすことができるか、スキルアップにつながるか、生活の質を高める
ことができるか、それぞれの目的で利用してもらうことが狙いであり、
利用することで気づいたり、自分を成長させることができるプログラムを
提供できるようお互い話合っています。

かふぇらてのリーフレットができたので画像を掲載します。
多くの方に周知して、地域生活を不安なく生活するためにかふぇらてを
利用して頂ければと制作しました。

リーフレット.jpg

リーフレット2.jpg

リーフレット3.jpg
【3月30日】麻婆豆腐 餃子&もやし炒め 味噌汁  玄米ご飯 [2019年03月30日(Sat)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、麻婆豆腐、餃子&もやし炒め、味噌汁、
玄米ご飯でした。

麻婆豆腐.jpg

食育活動も平成30年度最後の日になり、4月1日から新たな年号で、
かふぇらての食育活動も3年目を迎えることになりました。

調理.jpg

支援者の方達に米や食材の提供をしてもらうことで、
今まで継続できてきたのが現実なので、とても感謝しています。
これからも変わらないご支援をお願いする次第です。

配膳.jpg

午後のプログラムは、音楽鑑賞(音楽を通して交流)でした。

好きな音楽を紹介して、なぜ好きなのか、好きになった経緯などを
話して交流するプログラムです。

それぞれの好きな曲を選んで、聴いてから、この曲を選んだ理由や
曲の好きになった経緯などを話してもらいことで、お互いを理解する
ことのできる音楽交流になっています。

今日は、以下のミュージシャンの曲を選んで聴きました。
ガドロ、ビートルズ、モロハ、坂本冬美、スタイリスティックス、
福山雅治、ポールモーリア、大滝詠一、石原裕次郎、五木ひろし、でした。

それぞれ、曲に対しての物語があることを知ることになりました。
【3月29日】鮭のムニエル 大根と人参の酢の物 味噌汁 玄米ご飯 [2019年03月29日(Fri)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、鮭のムニエル、大根と人参の酢の物、
味噌汁、玄米ご飯でした。

鮭.jpg

鮭は、身にも皮にもたくさんの栄養が含まれていて、ビタミンに鉄分、
タンパク質と多くの栄養を効率的に摂取することができます。

また、オメガ3脂肪酸が含まれ血液中のコレステロール値を下げたり
免疫力を上げたりして、様々な病気を予防する効果が期待できます。

今日も大きなテーブルで、免疫力を高める鮭のムニエルを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

調理.jpg

午後のプログラムは、生活機能訓練SST(地域生活の困りごと)でした。

生活するうえでの困りごとを、お互いの経験を踏まえて話すことで、
改善のヒントになったり、参考になるような話し合いを実施しています。

日中生活で困っていることがありますか、と聞いたら潔癖症で困っている
という話になり、机の上などがきれいに片付いていないと落ち着かないし、
几帳面な性格から過剰に意識すると不安になり生き辛いこともある
という話になりました。

このような生き辛さとして強迫症状や抑うつ、強い不安感があるのであれば、
まず主治医に相談して、抗うつ薬で状態を安定させてから、認知行動療法に
よって不安を少しづつ解消する方法を指示してもらうことで、日常生活を
安心して過ごすことができることになるという意見でした。

厚労省の「みんなのメンタルヘルス」のページに
色々な障害&疾患についての記載があります。
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/index.html

メンタルヘルス.jpg
【3月28日】ミートスパゲティ、小松菜の胡麻和え、 スープ、玄米ご飯 [2019年03月28日(Thu)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、ミートスパゲティ、小松菜の胡麻和え、
スープ、玄米ご飯でした。

ミートソース.jpg

ミートスパゲティは、かふぇらてでは珍しいメニューで、ナポリタンの方が
多くメニューとして選ばれています。

利用者の方で、ミートスパゲティがどうしても食べたいという要望も出たので、
今回決まりました。

今日も大きなテーブルで、ミートソースの美味しいミートスパゲティを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

調理.jpg

午後のプログラムは、みんなdeエクササイズ(運動を楽しく)でした。

あまり体を動かさない生活によって生活習慣病になる可能性があるのと、
体を動かすことで身体の新陳代謝を促進して、気分転換を図ることになり、
穏やかな心になるのを目的に実施しています。

今日のプログラムは、
・体が硬い人の簡単ヨガ・ストレッチ
・夏のカラダをつくるキックボクシングダイエット!
・夜寝る前のベッドヨガ、
でした。

ヨガ.jpg

最初に、身体の硬い人のためのヨガストレッチで、
気持ちよく伸ばしました。

次のキックボクシングダイエットでは、腹筋に力を入れて行い、
体幹を鍛えました。ストレッチをしてから、パンチとキック、
コンビネーションを行いました。

最後は、寝たままできるヨガで、無理なポーズはなく、
深い呼吸で、心地よく身体をほぐしました。

参加者の感想は、
・ボクシングが気持ちよかった。
・キックは、前回、実施した後に、家でやっていたので、しやすかった。
【3月27日】ヒレカツ、新玉ねぎの野菜サラダ、味噌汁、 玄米ご飯 [2019年03月27日(Wed)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、ヒレカツ、新玉ねぎの野菜サラダ、味噌汁、
玄米ご飯でした。

ヒレカツ.jpg

今日のヒレカツは、利用者の要望で決まりました。
ヒレ肉は、ビタミンB1や鉄分、リンなどのミネラルが豊富な
ヘルシーミートです。

ビタミンB1はご飯やパンなどの糖質の代謝を助け、効率良くエネルギーに
変えてくれますので、米を主食にする日本人には欠かすことができません。

また、吸収の良い動物性のヘム鉄やリンなどのミネラルも豊富に含まれて
いて、貧血予防や骨粗鬆症予防にもおすすめな食材です。

ヒレ肉.jpg

今日も大きなテーブルで、ビタミンB1が豊富なヒレカツを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

午後のプログラムは、脳トレ講座(脳を活性化しよう)でした。

精神疾患及び障害を持つことで、入院や薬や引きこもったりすることで、
会話がなくなり、脳の機能が衰えてくるので、その不全を防ぐために
脳を刺激するクロスワードなどのパズルによって、刺激を与え、
心身の活性化につながればとプログラムに取り入れました。

今日は、それぞれの好みの脳トレに関するテキストを選んでやりました。
パズルの中に言葉を埋めていくので、言葉を思い出したり、周りの方に聞いて
覚えたりすることで、脳を刺激することになり、言葉を忘れることなく
日常での会話に支障をきたすことがなくなります。

利用者の方が、飲み物を提供してくれました。

飲み物.jpg
予告【3月28日】みんなでエクササイズ [2019年03月26日(Tue)]
ヨガマット.png

@体が硬い人の簡単7分ヨガ・ストレッチ(8分37秒)

A全身シェイプ! 夏のカラダをつくるキックボクシングダイエット!(12分59秒)

B夜寝る前のベッドヨガ(16分57秒)
【目次】食育活動(3/20〜3/25) [2019年03月26日(Tue)]
日付をクリックすると、その日野活動の記事にリンクします。

生姜焼き.jpg
3月25日】鶏の生姜焼き セロリとベーコン炒め  味噌汁 玄米ご飯

オードブル.jpg
3月24日】誕生会

ソーメン.jpg
3月23日】そうめんチャンプルー 生野菜 玉子スープ 玄米ご飯

さば味噌煮.jpg
3月22日】サバ味噌煮 豚汁 玄米ご飯

クリームシチュー.jpg
3月21日】クリームシチュー キュウリの酢の物  玄米ご飯

八宝菜.jpg
3月20日】八宝菜 インゲンとカニフライ 玄米ご飯
【3月25日】鶏の生姜焼き セロリとベーコン炒め  味噌汁 玄米ご飯 [2019年03月25日(Mon)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、鶏の生姜焼き、セロリとベーコン炒め、
味噌汁、玄米ご飯でした。

生姜焼き.jpg

利用者で豚肉が苦手という方がいるので鶏のムネ肉を薄切りして
生姜焼きにしました。

以前、そのようにして焼いたら美味しかったので、今回も同じ材料で
調理することを利用者に了解を得たので決まりました。

生姜焼きのしょうがの効能は、抗炎症作用・鎮痛作用・血液サラサラ効果・
血行促進作用・殺菌作用・健胃・整腸作用など、とにかく体に良さそうな効能ばかりです。

今日も大きなテーブルで、効能の多い生姜焼きを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

配膳.jpg

午後のプログラムは、スクラッチアート(大人の本格的な絵画)でした。

スクラッチアートは、誰でもなぞって削るだけでカラフルな美しい絵を
描くことができ、無心で削って描くかわいい模様や動物の絵に
心がやすらぎ癒されるスクラッチアートです。

作品を制作している時は、日頃の悩みやストレスを忘れるぐらい集中して
しまうので、気分転換には効果的なプログラムです。

今日もいろいろなテーマの素材があるので、その中から好きな素材を
選んでもらって制作してもらいました。

スクラッチ.jpg

参加した利用者さんの中にスクラッチアートが苦手という方もおられてので、
自主プログラムをやってもらいました。

それぞれ好みもあるし苦手なものもあるのでプログラムを無理にやることよりも
居心地のよい居場所として、自分がやりたいプログラムをやってスキルをアップさせ、
心地よく過ごしてもらうことも支援の在り方だと考えています。

利用者の方が、インスタントコーヒーとポテトチップを提供してくれました。
【3月24日】誕生会 [2019年03月24日(Sun)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育は、誕生会だったので、オードブルを取って祝いました。

オードブル.jpg

今月の誕生月の方が3名おられたので、参加者でそれぞれお祝いのコメントを
伝えたり、誕生者からお礼のコメントを伝えてもらったりして和気あいあいと
過ごすことができました。

食事をしながら希望を語ったり、困りごとを話したりすることが自然にできる
居場所になっていることが、開設以来丸2年の利用者同士の支え合いから
生み出されているのではないかと思えます。

ピザ.jpg

午後のプログラムは、利用者全体会議でした。

利用者全体会議は、かふぇらての目的である居心地のよい居場所として過ごす
ために利用者同士の問題及び改善すべきことはないか、などを話し合う会議です。

また、4月のプログラムに関して、利用者に検討と提案してもらうための
話し合いでもあります。

今日の会議では、4月から新講座として県看護大助教の葛島慎吾氏が
ギターを通じた音楽講座を実施することになり、ソロで歌われたり
参加者のリクエストをみんなで歌ったり、叩く楽器で一緒に演奏したり
して参加者みんなで楽しむ音楽講座を実施する予定です。

H30年度が今月で終わり、4月から新年度が始まり、かふぇらてが3年目を
迎えるので、気持ちも新たに利用者のストリングスを高める講座を充実させ、
生活の質(QOL)を高めるためにプログラムを大いに利用してもらうことを
振り返りました。
【3月23日】そうめんチャンプルー 生野菜 玉子スープ 玄米ご飯 [2019年03月23日(Sat)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、そうめんチャンプルー、生野菜、
玉子スープ、玄米ご飯でした。

ソーメン.jpg

今日は、そうめんを提供して頂いたのでそうめんチャンプルーに
決まりました。

あまり馴染みがないというか、かふぇらてでは初めてのメニューですが、
「簡単・早い・旨い」の三拍子が揃った万能メニューなのだそうです。

どんな具材にも合うので、アレンジも無限大でスタミナ抜群の
そうめんチャンプルーだそうです。

今日も大きなテーブルで、初めて食べるそうめんチャンプルーを、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

午後のプログラムは、自分を守る法律講座でした。

社会生活での色々な問題も法律を知らないことで泣き寝入りすることに
なったり、被害者なのに加害者的の立場になったりということを避ける
ためにも法律をしっかり理解することが自分の権利を守ることにつながるし、
トラブルに巻き込まれないための最大の予防的な効果があると考えて
プログラムに取り入れました。

今日の前半は、道路上での自転車と歩行者の事故に関する事例を
参加者で検討しました。

事故を起こした時の状況によって罪や責任が変わることを
4つの違った状況を通して、それぞれの意見を通して検証しました。

法律講座.jpg

後半は、講師が法律上での責任の種類や損害の賠償などを
具体的に説明されながら進めてもらいました。

誰もが「加害者」「被害者」になる可能性はあるので、お互い
権利や利益を侵害しないように気をつけて行動することが大事です、
という結論でした。

レジメ.jpg

支援者から素麺を提供して頂きました。



| 次へ