CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【11月9日】音楽鑑賞(音楽を聴いて交流!) [2020年11月09日(Mon)]
午後のプログラムは、音楽鑑賞(音楽を聴いて交流)でした。

音楽鑑賞.png

好きな音楽を紹介して、なぜ好きなのか、好きになった経緯な
どを話して交流するプログラムです。
それぞれが選んだ曲に対して、選んだきっかけや思い出などを
話してもらうことで、その人の人柄や好みなどが理解できて、
お互いを理解することのできる音楽交流になっています。

今日は、世界の終わり、フィフスアヴニューバンド、野口五郎、
ピチカート・ファイブ、竈門炭次郎のうた、ジミーヘンドリッ
クス、リサ、サザンオールスターズ、山下達郎、ビートルズ、
アクアタイムズ、などの曲を選んで聞きました。

image_6487327 (2).JPG

参加者それぞれが選んだ思い出の曲が、聞き覚えのある曲だっ
たり、初めて聞く曲だったり、楽しく聞いて、曲やミュージシ
ャンの好みなどを知ることになりました。
それぞれに思い出の曲としてのきっかけを聞くことで改めて知
ることにもなりました。

image_6487327 (1).JPG

<音楽鑑賞の効果>
音楽を聴いた人は、「精神の張りつめが緩んだ」「不安感が薄
れた」「疲れが軽減した」と答える割合が多かったのです。
また、「勢力がみなぎってきた」「生き生きしてきた」などの
ような、プラスの変化がみられた人も多かったという統計が出
ています。
反対に、マイナスの反応である「かっとしやすい」「不機嫌で
ある」「落ち着かない」などのようなマイナスの感情を持つ人
は大きく減少しました。
特に、「精神の張りつめが軽減した」「怒りの感情が軽減した」
「生き生きとした気持ちになった」は、音楽使用群は音楽未使
用群に比べて2〜5倍もその結果が高かったとされています。

音楽鑑賞1.jpg
【11月8日】パソコン講座(初心者向け!) [2020年11月08日(Sun)]
午後のプログラムは、パソコン講座(初心者向け)でした。

Inkedパソコン1_LI.jpg

パソコンを通じて世界とつながるという時代に精神障害者であ
ろうが、その恩恵を受けて自分の可能性を開花させていくこと
をサポートするためのパソコン講座を毎月1回開催することに
なりました。

今日は、「今年こそは年賀状をパソコンで作ろう」ということ
で、まず、日本郵便が提供しているアプリ「はがきデザインキ
ット2021」をインストールします。

MZ_かふぇらて20201108.key_page-0002.jpg

アプリを起動して、年賀はがきの縦・横を選び、裏面のデザイ
ンをしますが、テンプレートがあるので、その中から好みのデ
ザインを選んで構成し、文字も選んで貼り付けます。
裏面ができたら、宛名面の編集をします。

住所録が編集してあれば印刷する方の住所にチェックを入れて、
プレビューボタンを押し画面を見ながらレイアウトを確認して
修正するという流れになります。
問題なければ、印刷して出来上がりを確認して、再度、裏面・
宛名面のデザインなどの訂正や修正があれば直して、最終出来
上がりになります。

MZ_かふぇらて20201108.key_page-0005.jpg

今日は、参加者が一人だったのでワンツーマンで、じっくり教
えてもらうことになり、印刷までやって、来年の年賀状の出来
上がりを確認することができました。

image_6487327.JPG

パソコンを利用することのメリットは、知りたい、学びたいこ
とを直ぐ検索して情報を得ることができます。何事も学んで知
識を身につけることで、おのずとそのジャンルに対する視野も
広がるものです。
つまり、自分が知りたかった知識を身につけることで、その知
識を通してそれまでは気づかなかった新しい発見をすることが
できるわけです。
【11月7日】お菓子作り(簡単に作れるお菓子!) [2020年11月07日(Sat)]
午後のプログラムは、お菓子作り(簡単に作れるお菓子)で
した。

20160417_4285322.png

お菓子作りの好きな利用者の方たちに積極的に作業をしていた
だくプログラムで、自分の出来る役割をすることで自信につな
がり、気持ちが積極的になることを目指しています。
今日は、炊飯器で作る簡単ホットケーキを作りました。
いつものように参加者が、まず、ホットケーキミックス、卵、
牛乳をボールに入れ混ぜるととろみが出てきた後、さらに混ぜ
るととろみは少なくなりサラッとした感じになるまで混ぜます。

image_123927839.JPG

その後、炊飯器に油を塗って生地を入れて、通常の白米をたく
時間にセットしてスイッチを入れます。出来上がったケーキに
竹串を刺したら生地が付いてきたので、再度炊きました。炊き
上がったら、炊飯釜の口に皿をのせひっくり返して、ホットケ
ーキの出来上りでした。

image_6487327 (1).JPG

出来上がったホットケーキを切ってみんなで食べました。

image_6487327.JPG

「お菓子作りの効果」
作業に集中することで不安と戦い、幸福感を高めることができ
るという。「お菓子作りは、材料を計量したり生地を均一に伸
ばしたり、単純ですが集中して行わなければならない工程がた
くさんあります。香りや味に注意を払い、作っているものと向
き合い、目の前の作業に気を配ることで、結果的にストレスが
発散できているのです」とボストン大学のピンカス准教授は語
っています。
また、自分の心の状態を意識する“マインドフルネス”の訓練に
もなるそうです。
【11月6日】ハンドメイド(リサイクル素材で小物づくり!) [2020年11月06日(Fri)]
午後のプログラムは、ハンドメイド(リサイクル素材で小物づ
くり)でした。

ハンドメイド.jpg

リサイクル布を利用してオリジナルの小物を作ったり、バック
やポーチを作るのを教えてもらったりしながらハンドメイドの
プログラムを実施しています。

今日は、クリスマス用のタペストリーのツリー作りでした。
季節柄、年に1度の貴重なクリスマスが近づいてきたので、ク
リスマスツリーは飾れなくても、小物のツリーなどを置いてク
リスマスの雰囲気を出せればということで、クリスマスツリー
のタペストリーを作ることになりました。

IMG_1615.jpeg

見本の作品があったので、それを手本に好みの布やフェルトを
材料にして三角形の袋に縫って、その中に綿などを詰めたのを
つなぎ合わせてツリーにして飾るという工程でした。
製作が途中までになったので、次回に引き続き完成を目指すこ
とになりました。

IMG_1616.jpg

制作しながらお互い情報交換したりして楽しくハンドメイドの
時間を過ごされていました。

<ハンドメイドの効果>
手先を使った単純な作業が脳内のリフレッシュにつながると言
われています。
何か大きな問題に直面してストレスを抱えているとき、人はど
うしても頭の中がそのことでいっぱいになってしまいがちです
が、ときには全く別なことで気持ちをそらして、心の安定を図
ることも大切です。
脳を落ち着かせるには、できるだけ余計なことを考えずに集中
できるシンプルな作業が良いそうです。
手を動かしながら心を空っぽにできるハンドメイドに癒し効果
を感じている人は多いようで、ハンドメイドの時間を「ハンド
メイドセラピー」としての効果があるそうです。

利用者の方が、飲み物とお茶のテーバックを提供してもらいま
した。

IMG_1607.jpg

IMG_1602.jpg
【11月5日】ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル!) [2020年11月05日(Thu)]
午後のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支えるス
キル)でした。

ピア2.jpg

かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互いに
支え合うことができる関係を築いてもらうことが地域生活する
うえで重要な課題だと考えています。
参加者にガイドブックの目次を見て、どの項目がよいか選んで
もらって読みながら体験を踏まえて進めています。

今日は、利用者の方の参加がなかったのでピアサポートガイド
は休止になりました。

ピアサポートの重要な面は、お互いがリカバリーを目指すうえ
で必要な支援を提供できることになりますが、ピアサポートガ
イドにリカバリーに必要なものとして記載されているので写真
で掲載します。

IMG_1589.jpg

リカバリーとは、「人々が生活や仕事、学ぶこと、そして地域
社会に参加できるようになる過程であり、またある個人にとっ
てはリカバリーとは障害があっても充実し生産的な生活を送る
ことができる能力であり、他の個人にとっては症状の減少や緩
和である」と定義されます。

201611illust02.jpg

リカバリーの目的は、症状をなくすことではありません。治療
によって症状を和らげることはもちろん必要ですが、何より大
切なのは、本人が、こういう生活がしたいという夢や希望を持
ち、それを周囲が支えることです。たとえ統合失調症の症状が
残っていても、症状とうまくつきあいながら、学校に通ったり、
働いたりしている人は少なくありません。結婚・子育てをして
いる人もいます。誰にでもリカバリーは可能なのです。

Change.orgに「義務教育で精神疾患を教えて偏見を無くして
ほしい」というテーマのキャンペーンを息子が統合失調症の母
親の方が訴えています。
賛同をお願いします。

IMG_1591.jpg

https://www.change.org/p/%E7%BE%A9%E5%8B%99%E6%95%99%E8%82%B2%E3%81%A7%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%96%BE%E6%82%A3%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E5%81%8F%E8%A6%8B%E3%82%92%E7%84%A1%E3%81%8F%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BB%E3%81%97%E3%81%84?redirect=false
【11月4日】みんなdeエクササイズ(運動を楽しく!) [2020年11月04日(Wed)]
午後のプログラムは、みんなdeエクササイズ(運動を楽しく)
でした。

エクササイズ.png

あまり体を動かさない生活によって生活習慣病になる可能性が
あるのと、体を動かすことで身体の新陳代謝を促進して、気分
転換を図ることになり、穏やかな心になるのを目的に実施して
います。

今日は、ストレッチ、ボクササイズ、ヨガストレッチでした。
ストレッチは、朝起きて代謝を高めるプログラムで、全身を伸
ばす動きから始め、毎朝の習慣にしたら、痩せるみたいです。
ボクササイズは、リズムにのって楽しく身体を動かすプログラ
ムで、3ラウンドした後、カッコよくパンチを出すアドバイス
がありました。

IMG_1565.jpg

ヨガストレッチは、身体が超硬い人向けのプログラムで、息を
吐きながら力を抜くと、気持ちよく伸ばせました。
プログラム終了後、参加者が毎日している運動について情報交
換し、ふくらはぎの曲げ伸ばしで、血流をよくする運動などを
披露してもらいました。

IMG_1564.jpg

運動による「心の健康効果」
運動が好きな人は、運動によって気分が高揚したり、スッキリ
感を覚えることも多いと思います。運動があまり得意ではない
人も、運動する前は少し気分が重かったけれど、運動を終えた
頃には「なんだかスッキリした、気持ちいい」と感じたことが
あるのでは。これは、偶然起こった現象ではなく、必然の現象
です。

article20-a-img01-s.png

体を動かすと交感神経が活発化し、物事を前向きにとらえやす
くなります。また、β-エンドルフィンの作用で気持ちが高まり、
幸せな気持ちになります。
さらに、運動を継続することでドーパミンの分泌が盛んになり、
ワクワク感も増加します。そのほか、セロトニンの作用で心身
が安定するため、ストレス解消にもつながるでしょう。このよ
うに、運動は身体だけでなく、心にも良い影響を及ぼす効果が
たくさんあるのです。
【11月2日】ペーパークラフト(紙で作る世界!) [2020年11月02日(Mon)]
午後のプログラムは、ペーパークラフト(紙で作る世界)で
した。

ペーパークラフト.png

ペーパークラフトは、手先を使って紙を切ったり、貼ったりし
て自分の好きな世界を作り上げるために集中することを身につ
けるプログラムです。
季節に応じた素材など選んで制作することで、季節感を持ち続
けることができ感性を失わないことにもなるのではないか、と
実施しています。

今日は、季節に応じたペーパークラフトの中から収穫祭という
テーマのデータを印刷しました。

ペーパークラフト1.jpg

そもそも日本は、稲作が盛んな農耕民族主体の国です。お金の
代わりに米を使用していた文化は、世界広しといえど日本以外
にそう例はありません。収穫祭がなぜ秋なのか、秋は言わずと
知れた「収穫の秋」ともいわれるほどの恵みの季節であるため
です。恵みを受けて、感謝の気持ちがこみ上げるまさにそのタ
イミングで祈りを捧げる、そんな点にこそ重要な意味が込めら
れているのでしょう。新嘗祭・神嘗祭はじめ、実際収穫した稲
穂を用いた行事も少なくないので、もはや秋でなければいけな
いといったところでもあるかもしれません。

illust2435.png

今日は、利用者の方が夕方からの利用でしたのでペーパークラ
フトは中止になりました。
いつものように気分調べと近況を話してもらいました。

夕方の利用なので自分で有意義に過ごすために自分流のプログ
ラムを考えて過ごすことができるので、重宝した利用をしてい
ると話される。

午前中に広報誌11月号を中央郵便局から関係者や関係機関へ
発送しました。

中央郵便局2.jpg
【11月1日】施設外活動(猫カフェ体験!) [2020年11月01日(Sun)]
午後のプログラムは、施設外活動(猫カフェ体験)でした。

施設外活動の目的は、地域生活するうえで生活機能を少しでも
回復することと、生活を楽しむことを積極的に試みるきっかけ
になればよいと実施しています。
猫カフェに行って、日常生活での人との関係を訓練したり、ア
パートでは飼うことができない方に直接、猫に触れることで癒
されたりするのを目的に実施しています。

ねこ4.jpg

今日は、天気があまり良くなかったのですが、猫カフェに行っ
たら休みでした、ということで利用者の方から連絡があり、か
ふぇらてに来所されました。
月に1回の猫とのふれあう機会なのでとても楽しみにしている
利用者の方にとっては店が休みだったことで、癒し効果の幸せ
感を感じることができなかったのですが、かふぇらてに来所し
て他の利用者の方と話すことで、心身がリラクゼーション状態
になることで、幸せホルモンが活性化されるという事です。

04.jpg

猫や犬などペットとの触れ合いで安心感を得ることで、幸せホ
ルモン「オキシトシン」の分泌を促す効果によって、幸せな気
分になる、脳・心が癒され、ストレスが緩和する、不安や恐怖
心が減少する、他者への信頼の気持ちが増す、社交的となり人
と関わりたいという好奇心が強まる、親密な人間関係を結ぼう
という気持ちが高まる、学習意欲と記憶力向上、など幸せホル
モン「オキシトシン」を分泌させる効果が動物との触れ合いに
よって可能という事です。

今日は、広報誌を三つ折りにして、封筒にタックシール印刷を
貼って、広報誌を入れる作業をしました。
明日、中央郵便局から関係者や関係機関に発送します。

利用者の方が、宮崎の情報誌「タウン宮崎」を提供してくれま
した。

IMG_20201101_141147.jpg
【10月31日】地域生活で助かる支援(様々な経済的支援!) [2020年10月31日(Sat)]
午後のプログラムは、地域生活で助かる支援(様々な経済的支
援)でした。

精神疾患の治療を受けている人たちへの医療費への助成、税金
の控除、また障害がある人への手当や年金、給付金など、様々
な経済的な支援があることを知ることによって、地域生活する
うえで支援制度を利用することで経済的に困窮することなく生
活を維持しながら次を目指すことを可能にしてくれることを知
りました。

経済的な支援_page-0001.jpg

・医療費を助成する制度
・生活費の保障
・税金が安くなる制度
・精神障害者保健福祉手帳
など、項目ごとに具体的に記載した資料を基に進めました。

利用者の方から、知り合いで大学の時に発症したけど年金を払
っていなかったので、障害年金をもらうことができないという
話を聞いたことがあるということで、そのような方に対して、
国民年金に任意加入していなかった方への制度として特別障害
給付金制度というのがあることを知りました。

経済的な支援_page-0002.jpg

また、精神障害者保健福祉手帳を持っていることで随分と色々
な支援サービスが受けられるようになっています。
NHK受信料の減免
所得税、住民税の控除
相続税の控除
自動車税・自動車取得税の軽減(手帳1級の方)
鉄道、航空各社、バス、タクシー等の運賃割引
※なお、JRは現時点では精神障がい者は対象になっていません。
携帯電話料金の割引
上下水道料金の割引
公共施設の入場料等の割引
ホテルや民間施設の割引
映画館の割引

経済的な支援_page-0003.jpg

このような支援サービスをうけることで、自分のQOL(生活の
質)を高めることにつながります。

今日の午前中に市民活動センターで広報誌11月号を印刷してき
ました。
【10月30日】書き方スキル(広報誌掲載!) [2020年10月30日(Fri)]
午後のプログラムは、書き方スキル(広報誌掲載)でした。

自分の体験などに関して書くことを通じて伝えることを考えて
もらうプログラムです。
それぞれ、かふぇらてで過ごす中での出来事や興味のあるプロ
グラムに参加して感じたことなどを書いてもらった文章を広報
誌に掲載する予定になっています。

広報誌2年11月号_page-0001.jpg

今日は、皆さん利用条件を達成されているので来所がありませ
んでしたが、利用スケジュールを提出しているので、月末に近
づいた時点で来られた時に振り返りの文章を書いてもらってい
ました。
・今月は、正直、かふぇらてに行かないと、外に出るのもおっ
くうになりそうな毎日でした。活動としては、猫カフェ、カラ
オケととにかく、リラックスな過ごし方をさせてもらいました。
・10月は各週1回の利用を目標に活動スケジュールから好みの
プログラムを選んで参加しました。
・土曜・日曜日のみの参加でしたが、栄養に関する講座、動画
鑑賞、パソコン講座、音楽ライブ、利用者全体会議、10月の誕
生者の茶話会と勉強になる講座があり有意義に過ごせました。
・近頃、夕方からかふぇらてを利用しています。昼間よりかは
静かに過ごせます。

広報誌2年11月号_page-0003.jpg

利用者の方は、自分のQOL(生活の質)を高めるためにプログ
ラムを選択して参加していただくのと、利用者としての条件
(月6回以上:1回3時間)を達成するために月の生活スケジュ
ールを計画的に組み立ててもらって利用してもらうことによっ
て、体調の自己管理とスケジュール管理が上手くできることで、
地域生活を安心して過ごすことが可能になり次のステージを目
指すことができます。

https3A2F2Fcdn-ak.f.st-hatena.com2Fimages2Ffotolife2Fd2Fdaiphone01132F202009042F20200904111043.jpg

11月の広報誌を制作中ですが、ふりかえりのページを制作しま
したので掲載しました。
利用者の方から、スキルやマナーの本などを提供してもらいま
した。

IMG_20201030_155411.jpg