CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【10月16日】ハンドメイド(リサイクル素材で小物づくり!) [2020年10月16日(Fri)]
午後のプログラムは、ハンドメイド(リサイクル素材で小物づ
くり)でした。

リサイクル布を利用してオリジナルの小物を作ったり、バック
やポーチを作るのを教えてもらったりしながらハンドメイドの
プログラムを実施しています。

6bdfbed3e766f9cdd4a747ad980e37e7.jpg

今日は、マスクをつけることが日常となった今、予備のマスク
を持ち歩いたり、外食などでマスクを外した時などにマスクケ
ースがあると便利だということが話し合いの中で出てきました。

そのような社会的な生活の変化に合わせてマスクケースが必要
なことと洗えるので衛生的で良いということで、製作が決まり
ました。
その他に、ブックカバーや巾着袋、バネ口ポーチも製作しまし
た。

IMG_20201016_152254.jpg

マスクケースに使う好みの布を選んで、型に合わせて折ってカ
ットして、ミシンや手縫いで縫って完成させました。

制作しながらお互い情報交換したりして楽しくハンドメイドの
時間を過ごしました。

IMG_20201016_152232.jpg

ハンドメイドの効果は以下です。
◆ストレス解消
もくもくと手作業に没頭できるハンドメイド。何もかも忘れて無心になれるので、気持ちがスッキリする癒し効果があります。ストレス解消になること間違いなしです。
◆脳を活性化
自分で考え、手先を使って作るハンドメイドは脳を活性化させます。ただお金を出して既製品を購入するのとは違い、ハンドメイドなら集中力も増し、知能もアップ、認知症予防にもなります。
◆コミュニケーション
ハンドメイドは自宅で1人もくもくと作業するイメージですが、仲間といっしょに作ると楽しさは倍増します。定期的に集まって、互いに技術やアイディアを交換し合ってスキルアップしたり、何より同じ趣味をもった仲間とおしゃべりしながら楽しむのは至福の時間です。

何より手先が器用になり、技術が身についたり、脳が活性化したり、それらは全て自分自身の財産になります。

利用者の方が、飲み物を提供してくれました。

IMG_20201016_140803.jpg
【10月15日】クロスロードゲーム(違いを認め合う!) [2020年10月15日(Thu)]
午後のプログラムは、クロスロードゲーム(違いを認め合う)
でした。

身近な問題をクイズ形式にして、答えをイエスかノーか、とい
う2択にして、それぞれが選んだ意見を言って、違いを知ると
いうゲームです。

クロスロード2.jpg

自分の考えを伝えるということが大事だし、他の参加者の意見
も聞いて自分の意見の修正など参考になる意見を聞くことがで
きることが、参加者には好評なプログラムになっています。

いつものように気分調べと近況を聞きました。
調子は安定しているということで、新しくなった宮崎駅に行っ
て新しくできた店など覗いて楽しんで来たということでした。

クロスロード.png

今日は、生活するうえで大事なテーマの質問になりました。
金銭管理する、体調管理する、彼氏をつくる、目標を持つ、仕
事を得るために努力する、感謝する気持ちを持つ、など色々な
問題を出して、それぞれ自分でイエスかノーを表明して、その
表明した意見をお互い伝え合いました。

今日は、就労移行支援事業所「ディーキャリア」宮崎オフィス
のスタッフの方が来所され事業所の内容を説明されました。

IMG_20201015_160319.jpg

只今、開設準備中ということで、就労移行支援事業所ディーキ
ャリアは「やりがい」を感じながら、活き活きと働き豊かな人
生を目指したい。そんなあなたを全力でサポートすることを目
指しているそうです。

ディーキャリアが最も大事にしているのが「ディーキャリアポ
リシー」だそうです。
<なりたい>をともに探し
<できる>を後押しし
<やるべき>を伝える
<やりがい>を目指すための支援を提供します
人生を豊かにするための
「あなたらしい働き方の実現」を目指すお手伝いをします。

IMG_20201015_160437.jpg
【10月14日】COLORING講座(色で作る世界!) [2020年10月14日(Wed)]
午後のプログラムは、COLORING講座(色で作る世界)でし
た。

1590649280297.jpg

COLORING講座は、自分の好きな色鉛筆を使って色の世界を
作り上げるプログラムです。
その日の心理的な面から使う色に注視することで、その人の状
態をお互い理解することになるし、好みの色を塗ることに集中
することで気分転換になったりするので、色を使った交流をし
ています。

IMG_20201014_135234.jpg

今日は、秋のテーマで食べ物とお月見や今までに印刷した素材
の中から選んで実施しました。
素材の中から好みの素材を選び、好みの色を塗ってもうことで、
その人の感性を画面に表してもらいました。 

IMG_20201014_160136.jpg

世界で一つだけの色の創造の世界を制作することをメインに気
軽に楽しくCOLORINGをやっています。

楽しく手を動かしながら色鉛筆で好みの色を塗り、口を動かし
ながら色々な話題を話して、情報交換したりして過ごせるCOL
ORING講座でした。

IMG_20201014_155923.jpg

今日の午後、相談支援事業所おおきな木のスタッフと利用者
さんがかふぇらての利用について聞きたいという事で来所され
ました。
リーフレットと広報誌を渡して利用条件やプログラムの内容な
ど説明して、今は家で過ごされているという事だったので日中
の過ごし方や体調管理に関して聞いたり、以前、人と関わった
ときの人間関係などの問題を話してもらいました。

現状を変えたいという意思を持って利用していただくことが、
自分自身の生活の質を高めることになるので、そのことを支援
センターとして支援できればと伝えました。
【10月12日】音楽鑑賞(音楽を聴いて交流!) [2020年10月12日(Mon)]
午後のプログラムは、音楽鑑賞(音楽を聴いて交流)】

好きな音楽を紹介して、なぜ好きなのか、好きになった経緯な
どを話して交流するプログラムです。

gahag-0059966562-2.png

それぞれが選んだ曲に対して、選んだきっかけや思い出などを
話してもらうことで、その人の人柄や好みなどが理解できて、
お互いを理解することのできる音楽交流になっています。

今日は、玉置浩二、ヴァンヘイレン、坂本冬美、稲垣潤一、
BZ、epo、堀内孝雄、堺正章、菅田将暉、ビートルズ、南沙織、
TRF、backnumber、デレク&ドミノス、宇多田ヒカル、
安全地帯、ポルノグラフィティ、ジミーヘンドリックス、
敏いとうとハッピー&ブルー、大黒摩季、wands、などの曲を
選んで聞きました。

IMG_20201012_163601.jpg

参加者それぞれが選んだ思い出の曲が、聞き覚えのある曲だっ
たり、初めて聞く曲だったり、楽しく聞いて、曲やミュージシ
ャンの好みなどを知ることになりました。

それぞれに思い出の曲としてのきっかけを聞くことで改めて知
ることにもなりました。

IMG_20201012_163202.jpg

<音楽が与える脳への効果>
音楽を聴くだけでストレスや不安の改善ができることは広く知
られています。
心を無にして音楽を楽しむことができれば、余計な心配事や考
え事をしなくて済みます。
音楽は脳内にドーパミンの分泌を促すのですが、このドーパミ
ンが快楽や興奮といったものに直結するので、ストレスホルモ
ンを減少させる効果があります。

07_music_stress_eyecatch.jpg
【10月11日】パソコン講座(初級から始める!) [2020年10月11日(Sun)]
午後のプログラムは、パソコン講座(初心者向け)でした。

パソコンを通じて世界とつながるという時代に精神障害者であ
ろうが、その恩恵を受けて自分の可能性を開花させていくこと
をサポートするためのパソコン講座を毎月1回開催することに
なりました。

IMG_20201011_142418.jpg

今日は、今月と来月で「今年こそは年賀状をパソコンで作ろう」
ということで、日本郵便の「はがきデザインキット」で年賀状
を作成することを課題にしています。

今日は、「今年こそは年賀状をパソコンで作ろう」その1で、
「はがきデザインキット」のセットアップ、
「はがきデザインキット」の使い方、
裏面のデザイン、宛名の登録、スマホ版の「はがきデザインキ
ット」の紹介、コンビニプリントの紹介でした。

IMG_20201011_134946.jpg

今日は、利用者の方で8月に体調を崩して2ヵ月ぶりに来所さ
れ、パソコン講座に参加されました。

夏バテで体調を崩した以後、眠れなくなったりしたことでより
体調を崩してしまい自宅で療養しながら病院の主治医に眠剤を
調整してもらったりしながら徐々に回復してきたので、今日来
所できた次第です、と話される。

体調管理には、睡眠が重要な役割を果たしていて、利用者の
方々は皆さん眠れない経験をされて、色々な方法で改善されて
きています。

0201000512.png

睡眠は脳にとって特に重要であり、睡眠不足のときに感じる不
愉快な気分や意欲のなさは、体ではなくて脳そのものの機能が
低下し、脳が休息を要求していることを意味します。

睡眠が不足すると、精神的に不安定になり、さらにはうつ病な
どの精神疾患になることもあります。
脳はとても脆弱(ぜいじゃく)な組織で、脳を休息させるだけ
でなく、翌日に備えて修復・回復させることができるのも睡眠
の役割です。

支援者の方から、流行り病の収束祈願のお菓子を提供して頂き
ました。

IMG_20201011_135049.jpg
【10月10日】動画鑑賞(動画を観て交流!) [2020年10月10日(Sat)]
午後のプログラムは、動画鑑賞(動画を見て交流)でした。

自分の好きな動画(映画・スポーツ・音楽)を紹介して参加者
と交流をするプログラムです。
今日は、利用者の方の要望で映画「スウィングガールズ」を観
ました。

517VNAFVZPL._AC_.jpg

ジャズに魅了され、ビッグバンドを結成した田舎の女子高生た
ちの奮闘と成長を描いた青春群像コメディ。
東北地方の田舎町。野球部の応援の為にビッグバンドを結成す
ることになった彼女たちは猛特訓を開始するが、やっと演奏の
楽しさを知った矢先、吹奏楽部が復活。17人の夏休みは、不完
全燃焼のまま終わっていくのだった。だが、一度知ったスウィ
ングの楽しさは忘れられるものではない。途中、脱落者は出た
ものの、大奮闘の末に楽器をゲットした彼らは、隠れジャズマ
ニアだった数学の小澤先生の指導の下、演奏も徐々に様になっ
ていく。そして、一度は去ったメンバーたちも戻って、ビッグ
バンド“Swing Girls and a Boy”は“東北学生音楽祭”にも出場。
満員の会場で、みごとな演奏を披露するのであった。
<感想>
・甥が中学生の時に吹奏楽の全国大会に出場したので、厳しい
練習などを映画で見て考え深いものを感じました。
・上野樹里が東北の高校生役で出ているとこが魅力的で方言が
味を出していた。

昨日の夕方、知り合いの江原氏から電話があり、新しい就労支
援事業所に勤めたので事業所の説明に伺いたいのですが、とい
うことで来所される。

IMG_20201010_165758.jpg

江原氏は、以前木城の「茶臼原自然芸術館」で障害者の支援に
携わっておられましたが、新たなステージを求めてカウンセリ
ングを習得して、今回、IT関係の親会社が障害者就労支援事業
所を都城と宮崎市にも開設されたので、務めることを決心した
ということでした。
彼も思いを持って福祉の世界に身を置いている支援者なので、
忌憚のない意見交換ができるし、新しいステージで障害者の方
達が持っている力を発揮させることが可能な事業所であると確
信を持っているので、着実に実績を積み重ねていけたらよいと
話される。
支援センターと就労支援事業所が連携して、障害者の方達の持
ってる力をメインに支援できることを目指しましょう、と意見
交換しました。

IMG_20201010_165529.jpg

ガルヒ就労支援サービスは、以下のページに掲載されています。
https://garhish.com/
【10月9日】生活機能訓練SST(地域生活での困りごと!) [2020年10月09日(Fri)]
午後のプログラムは、生活機能訓練SST(地域生活の困りごと)
でした。

生活するうえでの困りごとを、お互いの経験を踏まえて話すこ
とで、改善のヒントになったり、参考になるような話し合いを
実施しています。
参加者にそれぞれ日中生活で困っていることを出してもうこと
にしています。

SST9.jpeg

今日は、大きい台風の影響があるという天気予報で強風が吹い
たりする天気だったので、利用者の方も用心して来られなかっ
たので、生活機能訓練SSTは中止になりました。

地域で生活するうえでの困りごとに関して、一人暮らしや家族
との同居なので、悩んだりしたときに相談する人や場所がなく
て困っていたという方達が、かふぇらての利用につながってい
ます。

SST7.jpg

悩みの内容は、人間関係で職場や事業所での職員や利用者との
関係の中での言動によるトラブル、体調管理が悪くて規則正し
い生活ができない、睡眠や服薬の問題、スケジュールを守るた
めにはどうするか、経済的に金銭管理がまずくて困窮したり、
ストレス解消に買い物をしたりして金銭管理が上手くいかない、
地域での近所付き合いが苦手、ゴミの仕分けが苦手、など他に
も色々ありますがそのような悩みを気軽に話せて相談できる仲
間がいることが地域生活するうえでは必要不可欠な条件だと思
えます。

publicdomainq-0046225vma.jpg

一人で悩んでいては、堂々巡りでプラスな考えは浮かばず、悲
観的になってしまう経験をしてきているからこそ、悩みを話す
ことがいかに大事なことか、わかっているし、話をすることで
気分的に楽な気持ちになり、参考になるアドバイスであればよ
り解決につながるというなかで、気軽に話せる仲間を作ること
が一人で悩まなくてすむ術だと思えます。

medical_jijo_group_serious.png
【10月8日】お互いを支えるスキル(ピアサポートガイド) [2020年10月08日(Thu)]
午後のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支えるス
キル)でした。

かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互いに
支え合うことができる関係を築いてもらうことが地域生活する
うえで重要な課題だと考えています。
参加者にガイドブックの目次を見て、どの項目がよいか選んで
もらって読みながら体験を踏まえて進めています。
いつものように気分調べと近況を話してもらいました。

ピア2.jpg

今日は、「コミュニケーションの手法」という項目を読みなが
ら進めていきました。
・会話によらないコミュニケーションということで、誰かが話
しているときにあくびをしたり、遠くを眺めていたり、時計を
見たら、相手に退屈であることを伝えることになりますが、話
をよく聴いていると、示す最もよい方法は、うなずくことです。
・会話によるコミュニケーションとして、何を言うかも大切で
すが、どのように言うかも大切ですね。言葉を慎重に選ぶこと
を学びましょう。
・「私」を主語にすることで、他人のせいにしない性質があり、
言い争いを避けることができ、お互いの理解は深まり、信頼が
増すでしょう。
・効果的な聴き取りの技術として、効果的な促しと質問で相手
が自分の考えをまとめる手助けをしましょう。質問することで、
より多くのことを話してもらいましょう。  例えば、当事者が
自問し、自分で発見できる様に問い掛ける「どうしてあなたは
そのように考えるので しょうか?」「何故、そのように感じま
したか?」「それは、どう言うことでしょうか、もう少し詳し
く教えてください。」

ピア9.jpg

昨日、就労移行・継続支援A型事業所フレンズの施設長・河野
さんとスタッフの黒田さんが来訪されて、お互いの事業の内容
や支援の在り方など忌憚のない話をする中で、支援の狭間の
方々を支援するために連携した活動をやりませんかという事で
した。

IMG_20201008_163346.jpg

河野さんは、以前、ほほえみの会でホームレスや生活困窮者の
方達の生活支援に力を入れておられて、その時から支援者の中
に精神疾患を持った方がおられることで相談されたのがきっか
けで知り合った次第で、その後、継続した支援として就労支援
の事業所を2016年に立ち上げ現在に至っておられます。

IMG_20201008_163735.jpg
【10月7日】みんなdeエクササイズ(運動を楽しく!) [2020年10月07日(Wed)]
午後のプログラムは、みんなdeエクササイズ(運動を楽しく)
でした。

あまり体を動かさない生活によって生活習慣病になる可能性が
あるのと、体を動かすことで身体の新陳代謝を促進して、気分
転換を図ることになり、穏やかな心になるのを目的に実施して
います。

E382A8E382A2E383ADE38393.png

今日は、ドローインと痩せるストレッチ、痩せるダンス、基礎
代謝を高めるヨガでした。
ドローインは、手の動きに合わせてお腹を引っ込める、わかり
やすい動きでした。その後の仰向けになって転がる腹筋が、
意外に難しく、うまく転がらない人もいました。
ダンスは、腰を下げ続ける地獄のスクワットもありましたが、
キツいスクワットの後では、普通のスクワットが簡単にできる
ようになりました。
ヨガは、わりと簡単なポーズでしたが、それをキープするのが
キツく、効いている感じで、汗がにじんできました。

IMG_20201007_142504.jpg

全部終わってから、もう一度、転がる腹筋をしたら、できるよ
うになった人もいます。
エクササイズ講座に参加して、筋肉が動くようになったみたい
です。
みんなでエクササイズをすると、運動習慣を身につけるキッカ
ケになります。

1治したくない.jpg

書籍「治したくない」〜すみれハウス〜
浦河以外の町であれば、鈴木さんはきっと精神科病院に再入院
させられていただろう。けれどそうならず、すでに5年町で暮
らしている。それはなにがよかったのだろうか。本人の力、仲
間の存在、ワーカーや看護師や世話人の努力と工夫、診療所の
デイケアという受け皿、「なんで病院に入れておかないんだ」
という地位からの「苦情」への粘り強い抵抗、様々なことが考
えられ、すべてが要因だったというしかない。

ほんとうに安心して地域で暮らせるようになるには、地域も鍛
えられなければならない。けれど地域を鍛える、あるいは地域
を変えるなどという事は、疑いもなく困難な課題であり、そん
なことができるかどうか、どうすればできるかは誰にもわから
ない。「健常者支援」こそがそこに至る道筋だと、ほとんど
妄想ともいえる思いを抱いている。
【10月5日】ペーパークラフト(紙で作る世界!) [2020年10月05日(Mon)]
午後のプログラムは、ペーパークラフト(紙で作る世界)でし
た。

ペーパークラフトは、手先を使って紙を切ったり、貼ったりし
て自分の好きな世界を作り上げるために集中することを身につ
けるプログラムです。

CP_FB_CAT-ST01-0071.png

季節に応じた素材など選んで制作することで、季節感を持ち続
けることができ感性を失わないことにもなるのではないか、と
実施しています。

今日は、季節に応じたペーパークラフトの中からハロウィンの
つるし飾りを印刷しました。

IMG_20201005_150855.jpg

10月といえばハロウィンというぐらい日本でも定番化してきた
ので、ペーパークラフトの提供先に掲載されています。

ハロウィンは、キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「万聖
節」の前夜祭として行われるヨーロッパ発祥のお祭りで、秋の
収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払
うお祭りで、日本でいえばお盆にあたる行事になります。

IMG_20201005_135221.jpg

細かな図柄をハサミでカットしたりして糊でつけていく作業は、
集中力が求められる作業になりますので、得意・不得意なプロ
グラムになりますが、得意な方には楽しんで制作してもらって
います。

今日の午後、広報誌10月号を中央郵便局から関係機関や関係者
に発送しました。

中央郵便局.jpg