• もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【4月18日】生活機能訓練SST(地域生活の困りごと!) [2024年04月18日(Thu)]
今日のプログラムは、生活機能訓練SST(地域生活の困りごと)でした。
kazokusst.jpg
生活するうえでの困りごとを、お互いの経験を踏まえて話すことで、改善のヒントになったり、参考になるような話し合いを実施しています。

参加者にそれぞれ地域生活で困っている課題を出してもらい、参加者の方達で話し合うことをメインに実施しています。

今日は、利用者の来所があったので生活機能訓練SST講座を実施しました。

いつものように来所者に気分調べと近況を話していただきました。
・アパートを引っ越すことになり、相談支援専門員の方に相談して色々と紹介と同伴して物件を見に行ったりして探しているとこで、自分なりには気に入ったとこがあったので決めようと思っています。
・母親が一人で暮らしているので心配なのですが、地域包括支援センターの担当の方に会って色々と相談して一人暮らしを支援して頂けたらと思っています。

SST講座では、地域生活での困りごとを題材にして、お互いの意見を言って、話し合うことで解決の参考につながることをテーマにやっています。
SST8.png
今までの人生で困ったことを話していただきました。
困りごとの中で、仕事が続かないことに困り感を感じていた方が多く、そのことの原因を聞いたら、指示待ちが癖になっていたので適応が難しかったとか、疾患の症状によって仕事を続けることが難しくなった、などの気づきを話してもらいました。

今は、周りのサポートや症状に対する理解や対応ができるようになったことで継続して勤めることができるようになったそうです。

<SST・生活技能訓練の効果>
生活技能訓練は、利用者の関心と問題意識に対応して主として対人関係の問題、服薬や症状の自己管理、基本会話、余暇の過ごし方、金銭自己管理、職業リハビリテーションなど、それぞれの生活上での困りごとを解決や処方箋などのスキルを身に付けることになります。
SST14.png
| 次へ