• もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【4月4日】スクラッチアート(大人の本格的な絵画!) [2024年04月04日(Thu)]
今日のプログラムは、スクラッチアート(大人の本格的な絵画)でした。
スクラッチアートB.jpg
スクラッチアートは、誰でもなぞって削るだけでカラフルな美しい絵を描くことができ、無心で削って描くかわいい模様や動物の絵に心がやすらぎ癒されるスクラッチアートです。

作品を制作している時は、日頃の悩みやストレスを忘れるぐらい集中してしまうので、気分転換に効果的なプログラムです。

今日は、利用者の方が来所されましたが、スクラッチアートではなく自主プログラムを実施されました。

通常、スクラッチアートは、色々な題材の中から好みの素材を選んで製作します。

ペンで削っていく内にデザインが浮かび上がってくる様子がとても面白く、見ていると癒しを与えてくれ、悩み事や考え事も忘れさせてくれます。
2-16.jpg
製作中は、手を動かしながら疲れたらしゃべって情報交換をしたりして、生活するうえで助かる情報をお互い提供し合うスクラッチアートの時間です。

利用者の方で、夜寝れないときにスクラッチアートをすることで手先に集中することによって心身が疲れることで眠くなってくるので寝れないときの処方箋と話されていました。

不得意な方には自主プログラムということで、好みのプログラムやスキルアップなどのプログラムを実施してもらいました。

<スクラッチアートの効果>
スクラッチアートは絵の線に沿ってゆっくり削っていくことで集中力と忍耐力が身につき、そして「この線は細く削ってみよう」とか「ここの部分はたくさん削って色を出してみよう」などの想像力や表現のセンスも磨かれます。 
イライラしている時などにスクラッチアートをすることで、だんだんと落ち着き自律神経を整えることができ、ストレスを解消することができます。
自律神経.jpeg
| 次へ