CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【1月29日】ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル!) [2021年01月29日(Fri)]
午後のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支える
スキル)でした。

ピアサポートガイド.jpg

かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互い
に支え合うことができる関係を築いてもらうことが地域生活
するうえで重要な課題だと考えています。
参加者にガイドブックの目次を見て、どの項目がよいか選ん
でもらって読みながら体験を踏まえて進めています。

今日は、いつものように気分調べと近況を話してもらいまし
た。
・人に尋ねることが苦手な面があるのですが、大事な資料を
どこにやったかわからなくなり、どこか行ったとこに忘れた
のかもという事で、どうしても行ったとこの方に聞かなけれ
ばならなくなり苦手を克服するきっかけになった。
・栄養講座でマグネシウムが脳に効果があるという事で、食
材として「あおさ」も挙げられていたので日々食べることに
したらとても安定した生活ができるようになった。

TOP-3.jpg

その後、ピアサポートガイドの「自分自身の偏見と世間の偏
見について」という項目を読みながら進めました。
偏見の元凶は、新聞やテレビなどのニュースと、メディア等
によって、人々に「危険・怖い」というイメージが刷り込ま
れてきた。

統合失調症という病名であるのに、その人自体を統合失調症
であるかのように思われて決めつけられてしまうことに「一
人の人間であるという見方」を促すことや、人は知らないか
ら怖がるので、学校、職場、市民グループなどで、精神疾患
の正しい知識について話しをしたり、当事者と直接ふれあう
機会を作ることによって、危険・怖いというイメージを払拭
することになり、特別な人ではないという事を知ってもら機
会を積極的に企画することが大事という意見でした。

2015jinken.jpg
| 次へ