CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【1月23日】栄養講座(脳に効果のある栄養!) [2021年01月23日(Sat)]
午後のプログラムは、栄養講座(脳に効果のある栄養)
でした。

job_eiyoushi.png

県立看護大の川村准教授のライフワークである食事の栄養素
が脳に働きかける効能を講座として実施しています。
精神疾患の原因は、脳の働きが通常とは違う働きをしている
ことが疾患の原因であるのであれば、脳の働きを正常に回復
させるのに服薬以外の方法として栄養学での試みも可能なの
ではないかということで講座を実施してもらうことになりま
した。

今日は、「マグネシウム」について、メンタルにどのような
影響があるのか、という内容でした。

講座前に「マグネシウム欠乏チェックリスト」を実施して、
身体にどのような影響があるのか確認しました。

IMG_20210123_142314.jpg

マグネシウムの低下がうつ病や情動障害に関与していること
や、うつ症状の代表的な症状である自殺企図が現れている患
者の脳脊髄液においてマグネシウムが低下しているなどが報
告されています。

精神的ストレスにより生体内のマグネシウムが量的に低下す
ることが知られていて、ストレス社会といわれる現代は、マ
グネシウムの低下を起こしやすい環境であり、基礎的研究に
おいても、マグネシウムの低下が精神障害の成因に関わって
いる可能性が考えられています。

IMG_20210123_142335.jpg

マグネシウムを含む食品として、
大豆製品(大豆もやし、大豆、豆腐、納豆など)
魚介(魚の缶詰、いわしの丸干し、食べる煮干し、干しえび、
スルメなど)
ナッツ(アーモンド、カシューナッツ、ごまなど)
| 次へ