CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【1月15日】ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル!) [2021年01月15日(Fri)]
午後のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支える
スキル)でした。

かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互い
に支え合うことができる関係を築いてもらうことが地域生活
するうえで重要な課題だと考えています。
参加者にガイドブックの目次を見て、どの項目がよいか選ん
でもらって読みながら体験を踏まえて進めています。

ピアサポートガイド.jpg

今日は、「コミュニケーション」の項目を読みながら体験を
踏まえて進めていきました。
人は語ることで、緊張が和らいだり、安心感が得られたり、
気持の整理がついたりすることがよくあります。そして、信
頼できる人に話すことで、気持ちが整理され、状況の見直し
を受け入れ、発想の転換が促進されることがあります。その
結果、自分自身で問題を解決できるようになりますし、自信
がついて、自分を肯定的に考えられるようになります。悩ん
でいる人が話をしやすいようにするには、傾聴が大事です。

傾聴とは、相手の言うことに耳を傾け、理解し、相手を尊重
することなので、そのような信頼できる話し相手(ピア・友
達・専門職)がいることが、地域生活するうえでとても大事
なので、どれだけそのような人が周りにいるか、が生きやす
さのバロメーターではないかという話になりました。

image_6487327.JPG

<ピアサポートの意義>
精神疾患を経験している当事者がピアサポートとして、他者
を勇気付け希望を持てるように支援するという価値ある活動
をすることによって、お互いが支え合うことで、お互いが自
立できる可能性が開かれます。
積極的にピアサポートを実践することにおいて、自分自身及
びピアの精神疾患とその影響を理解し、その対処方法を学ん
だ上で、悩んでいる課題を共に歩んでいくことで道が開ける
可能性が生まれるピアサポート活動です。

利用者の方が、飲み物を提供してくれました。
image_6487327 (1).JPG
| 次へ