CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【11月29日】動画鑑賞(動画を見て交流!) [2020年11月29日(Sun)]
午後のプログラムは、動画鑑賞(動画を見て交流)でした。

自分の好きな動画(映画・スポーツ・音楽)を紹介して参加者
と交流をするプログラムです。

eef655c9b8e1cadc.jpg

今日は、利用者の方の要望で映画「いまを生きる」を観ました。
名門全寮制学校の型破りな教師と生徒たちの交流と成長を描い
たヒューマンドラマ。
1959年、アメリカの全寮制学校ウェルトン・アカデミーに、
同校のOBである英語教師ジョン・キーティングが赴任して
くる。
厳格な規律に縛られてきた生徒たちは、キーティングの型破り
な授業に戸惑うが、次第に触発され自由な生き方に目覚めてい
く。キーティングが学生時代に結成したクラブ「デッド・ポエ
ツ・ソサエティ」を再開させ、自らを語り合うことで自分が本
当にやりたいことは何かを自覚していく生徒たちだったが、あ
る日悲劇が起こり……。

IMG_20201129_161749.jpg

<映画の効果>映画を観ることで得られるもの
映画監督の押井守氏は著書「仕事に必要なことはすべて映画で
学べる」の中で、『人生を通して経験できることには限界があ
り、「人間に対する教養」を獲得していくためには他人の経験
を自分の経験として繰り込んでいくことが必要。そのために小
説や映画などの形式が存在している』と書かれています。
・ストレス発散
・感性を磨ける
・知識を学べる
・人生好転する
・人生の教科書
・話ネタになる
| 次へ