CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【10月31日】地域生活で助かる支援(様々な経済的支援!) [2020年10月31日(Sat)]
午後のプログラムは、地域生活で助かる支援(様々な経済的支
援)でした。

精神疾患の治療を受けている人たちへの医療費への助成、税金
の控除、また障害がある人への手当や年金、給付金など、様々
な経済的な支援があることを知ることによって、地域生活する
うえで支援制度を利用することで経済的に困窮することなく生
活を維持しながら次を目指すことを可能にしてくれることを知
りました。

経済的な支援_page-0001.jpg

・医療費を助成する制度
・生活費の保障
・税金が安くなる制度
・精神障害者保健福祉手帳
など、項目ごとに具体的に記載した資料を基に進めました。

利用者の方から、知り合いで大学の時に発症したけど年金を払
っていなかったので、障害年金をもらうことができないという
話を聞いたことがあるということで、そのような方に対して、
国民年金に任意加入していなかった方への制度として特別障害
給付金制度というのがあることを知りました。

経済的な支援_page-0002.jpg

また、精神障害者保健福祉手帳を持っていることで随分と色々
な支援サービスが受けられるようになっています。
NHK受信料の減免
所得税、住民税の控除
相続税の控除
自動車税・自動車取得税の軽減(手帳1級の方)
鉄道、航空各社、バス、タクシー等の運賃割引
※なお、JRは現時点では精神障がい者は対象になっていません。
携帯電話料金の割引
上下水道料金の割引
公共施設の入場料等の割引
ホテルや民間施設の割引
映画館の割引

経済的な支援_page-0003.jpg

このような支援サービスをうけることで、自分のQOL(生活の
質)を高めることにつながります。

今日の午前中に市民活動センターで広報誌11月号を印刷してき
ました。
| 次へ