CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【10月7日】みんなdeエクササイズ(運動を楽しく!) [2020年10月07日(Wed)]
午後のプログラムは、みんなdeエクササイズ(運動を楽しく)
でした。

あまり体を動かさない生活によって生活習慣病になる可能性が
あるのと、体を動かすことで身体の新陳代謝を促進して、気分
転換を図ることになり、穏やかな心になるのを目的に実施して
います。

E382A8E382A2E383ADE38393.png

今日は、ドローインと痩せるストレッチ、痩せるダンス、基礎
代謝を高めるヨガでした。
ドローインは、手の動きに合わせてお腹を引っ込める、わかり
やすい動きでした。その後の仰向けになって転がる腹筋が、
意外に難しく、うまく転がらない人もいました。
ダンスは、腰を下げ続ける地獄のスクワットもありましたが、
キツいスクワットの後では、普通のスクワットが簡単にできる
ようになりました。
ヨガは、わりと簡単なポーズでしたが、それをキープするのが
キツく、効いている感じで、汗がにじんできました。

IMG_20201007_142504.jpg

全部終わってから、もう一度、転がる腹筋をしたら、できるよ
うになった人もいます。
エクササイズ講座に参加して、筋肉が動くようになったみたい
です。
みんなでエクササイズをすると、運動習慣を身につけるキッカ
ケになります。

1治したくない.jpg

書籍「治したくない」〜すみれハウス〜
浦河以外の町であれば、鈴木さんはきっと精神科病院に再入院
させられていただろう。けれどそうならず、すでに5年町で暮
らしている。それはなにがよかったのだろうか。本人の力、仲
間の存在、ワーカーや看護師や世話人の努力と工夫、診療所の
デイケアという受け皿、「なんで病院に入れておかないんだ」
という地位からの「苦情」への粘り強い抵抗、様々なことが考
えられ、すべてが要因だったというしかない。

ほんとうに安心して地域で暮らせるようになるには、地域も鍛
えられなければならない。けれど地域を鍛える、あるいは地域
を変えるなどという事は、疑いもなく困難な課題であり、そん
なことができるかどうか、どうすればできるかは誰にもわから
ない。「健常者支援」こそがそこに至る道筋だと、ほとんど
妄想ともいえる思いを抱いている。
| 次へ