CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【9月24日】クロスロードゲーム(違いを認め合う) [2020年09月24日(Thu)]
午後のプログラムは、クロスロードゲーム(違いを認め合う)
でした。

身近な問題をクイズ形式にして、答えをイエスかノーか、と
いう2択にして、それぞれが選んだ意見を言って、違いを知
るというゲームです。

E382AFE383ADE382B9E383ADE383BCE38389-E8B387E69699.png

自分の考えを伝えるということが大事だし、他の参加者の意
見も聞いて自分の意見の修正など参考になる意見を聞くこと
ができることが、参加者には好評なプログラムになっていま
す。

クロスロード2.jpg

今日は、季節柄彼岸の中日やお月見の時期なので、お墓参り
には行きますか、お願い事しますか、お月見の飾りを知って
いますか、団子は食べますか、今の仕事は合っていますか、
職場での人間関係は上手くいっていますか、仕事のストレス
の解消法はありますか、服薬の大事さは知っていますか、服
薬の副作用は知っていますか、など色々な問題を出して、そ
れぞれ自分でイエスかノーを表明して、その表明に対して意
見をお互い伝えました。

『どんな困りごとも、“研究志向”で捉えたら貴重な宝。「当
事者研究」をべてるの家・向谷地生良さんと考える』という
記事が掲載されていたので紹介します。

IMG_20200924_170506.jpg

あなたにとって、自分の「弱さ」や「苦労」とは、どんな意
味を持つものですか?
「弱さ」とは、恥ずかしいもの、隠さなきゃいけないもの、
克服するべきもの。「苦労」とは、つらいもの、できれば避
けたいもの、乗り越えるべきもの。

これらの言葉から一般に連想されるイメージは、どこか後ろ
向きで、うつむきがちだと感じますが、どうでしょうか。
私も、弱さとか苦労とかって、しんどいものだよなって思っ
ていました。そう、べてるの家の「当事者研究」の考え方に
出会うまでは。
https://soar-world.com/2020/05/06/ikuyoshimukaiyachi/
| 次へ