CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【3月26日】ビーフシチュー 野菜サラダ [2020年03月26日(Thu)]
【支えあう支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、ビーフシチュー、野菜サラダ、ご飯でした。

ビーフシチュー.jpg

メイン食材である牛肉は、鉄やビタミンB12が豊富で、これらはどちらも
血液の生成に関わる栄養素のため、貧血の予防効果が期待でき、
たんぱく質も多く含まれているため、筋肉づくりに励む人にもおすすめです。

そのほか、ビーフシチューといえばトマトベースのルーだが、トマトも
非常に栄養価が高く、中でもカロテン量は全野菜の中でも比較的多く、
抗酸化作用によって細胞のサビつきを防ぎ、エイジング効果も期待でき、
脂質、糖質、たんぱく質の代謝に関わるナイアシンも比較的多く含まれており、
皮膚や胃腸の健康維持に役立ちます。

今日も大きなテーブルで、リラックス効果も高く、心地よい睡眠効果もある
ビーフシチューを、皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

調理.jpg

午後のプログラムは、みんなdeエクササイズ(運動を楽しく)でした。
あまり体を動かさない生活によって生活習慣病になる可能性があるのと、
体を動かすことで身体の新陳代謝を促進して、気分転換を図ることになり、
穏やかな心になるのを目的に実施しています。

今日は、足ヨガと、サーキットトレーニングと、ベッドヨガでした。

足ヨガでは、まず、足の指を1本ずつほぐして、足の裏のツボを刺激して、
ふくらはぎから太ももまで血流をよくしました。
いろんな疲れがとれて、スッキリしました。

サーキットトレーニングは、スクワット、腕立て伏せ、背筋、腹筋も
メニューに入っていて、これだけでも十分だねという感想が出るほど、
しっかり身体を動かしました。



ベッドヨガは、実際にベッドの上で行われる画像で、
ゆったりした動作で身体を伸ばして横になって、手足を伸ばし、
いつのまにか眠ってしまうような、心地よさでした。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント