CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【1月17日】とり天&野菜天 酢の物 味噌汁 [2020年01月17日(Fri)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、とり天&野菜天、酢の物、味噌汁、ご飯でした。

鶏天.jpg

鶏肉自体の栄養素はほとんどがたんぱく質と脂質で構成され、炭水化物(糖質)は
ゼロで、パントテン酸やビタミンK、ナイアシンなどの栄養が含まれています。

たんぱく質は3大栄養素の1つで、身体の細胞を作るために欠かせない栄養素です。
山盛りの千切りキャベツやレタスなど、ボリュームのある野菜と一緒に食べるのが
おすすめです。

今日も大きなテーブルで、たんぱく質を多く含んだとり天を、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

午後のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル)です。

かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互いに支え合うことが
できる関係を築いてもらうことが地域生活するうえで重要な課題だと考えています。

お互いを支えるにはどうしたらよいか、自分の体験を生かして支えることができる
にはどうすればよいか、などを話し合ってピアサポートを学んでいます。

通常は、参加者に ガイドブックの目次を見てどの項目がよいか選んでもらって
体験を踏まえて進めています。

ピアサポート.jpg

今日は、雨が降り寒い天気だったので、午後1時半からの講座に参加者がいない
状況だったので講座は中止になり、3時過ぎから食育に参加の方々が来所されました。

プログラムの内容によって参加する、しないを決めるのは利用者なので、
参加者0人という場合もあるし、その日の天気や気分などの要因で
体調に影響して来所できないということもあります。

無理することが一番の調子を崩す原因になるので、できるだけスケジュールに
余裕を持って利用してもらっています。

利用者の方が、飲み物を提供してくれました。

飲み物.jpg
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント