CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【1月1日】かふぇらて案内! [2022年01月01日(Sat)]
かふぇらて.jpg

支援センターかふぇらての案内と内容などに関してカテゴリアーカイブにページを記載したり、地域生活するうえで役に立つページをリンクしたりして、多くの方にポータルサイトとして必要と思えるブログとして支持されること、また、支援センターを利用するために参考になる情報を掲載しています。
・かふぇらて利用に関するページは以下です、
「リーフレット」
「利用について」
「アクセス」
【9月26日】利用者全体会議(居心地のよい居場所づくり!) [2021年09月26日(Sun)]
今日のプログラムは、利用者全体会議でした。
ふりかえり1.jpg
利用者全体会議は、かふぇらての目的である居心地のよい居場所として過ごすために利用者同士の問題及び改善すべきことはないか、などを話し合う会議です。
また、10月のプログラムに関して、利用者に検討と提案してもらうための話し合いでもあります。

いつもの通り、気分調べと近況を話してもらいました。

その後、10月のプログラムに関して、日付順に講座名を確認してもらって、それぞれの講座に参加したことでの気づきなどを話して頂きました。

9月は、コロナ感染拡大に伴い国のまん延防止重点措置が30日まで延長されたので予定のプログラムが中止になったり、リモートを利用して開催することになったり、コロナ禍のなか色々な方法を利用して実現することになりました。
10月プログラムJPG.jpg
10月もコロナ禍のなか講座を実現できるように工夫して実施するのと感染を広げないためにも感染予防に注意しながら生活することを確認しました。

その後、雑談でコロナ禍の中で色々と規制や自粛を強いられていますが、特別困っていることはありますか、と聞いたら日頃から自分の体調を安定させるために規制した生活をしているので、特別コロナ禍で規制されていることによる不都合はあまり感じないという意見でした。

日頃から経済的にもスケジュール的にも人間関係において負担にならないために自らを律した生活を強いた過ごし方をしているのが精神障がい者の日常生活なのかもしれまいと話し合いました。

会議終了後、食事会のカレーを作って皆で食べました。
IMG_20210926_154051.jpg
【9月25日】メンタルヘルスマネジメント講座(心の健康を管理する!) [2021年09月25日(Sat)]
今日のプログラムは、メンタルヘルスマネジメント講座(心の健康を管理する!)でした。
IMG_20210925_1336551.jpg
県立看護大の川村教授に「メンタルヘルスマネジメント講座」を新たに実施して頂いています。

メンタルヘルスは、「心の健康」を意味していて、世界保健機関(WHO)では「自身の可能性を認識し、日常のストレスに対処でき、生産的かつ有益な仕事ができ、さらに自分が所属するコミュニティに貢献できる健康な状態」と定義されています。
日常生活や仕事するうえで心の健康を安定した状態で維持するには、如何にストレスや悩みといったメンタルをマネージメントできるか、講座として実施して頂くことになりました。

今日は、県立看護大の感染対策で教師の学外での活動は自粛という事で、講師との対面での講座は中止ということ で看護大とリモートで繋いで講座を開催しました。
IMG_20210925_133655.jpg
タイトルは「自己肯定感とメンタルヘルス」という内容で実施しました。

最初に自己肯定感チェックリストにチェックを入れてもらって自己肯定感が高いか低いか確認してもらいました。

・0個〜7個 自己肯定感が高い
自己肯定感は比較的高い状態です。ただ、チェックした項目は自己肯定感が低下している分野。@・Aは自尊感情、B・C・Dは自己受容感、E・Fは自己効力感、G・Hは自己信頼感、I・J・Kは自己決定感、L・Mは自己有用感を表します。

・8個〜14個 自己肯定感が低い
自己肯定感が低い状態です。特に、12個以上に〇がついた場合はかなり低い状態なので対処法を学ぶことで自分への理解が深まります。
IMG_20210925_135201.jpg
自己肯定感が低い場合の対処法としての事例などを紹介され講座を進められました。
【9月24日】ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル!) [2021年09月24日(Fri)]
今日のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル)でした。
ピアサポートガイド.jpg
かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互いに支え合うことができる関係を築いてもらうことが地域生活するうえで重要な課題だと考えています。
参加者にガイドブックの目次を見て、どの項目がよいか選んでもらって読みながら体験を踏まえて進めています。

今日は、「ピアとつく言葉の定義」という項目を選ばれたので読みながら進めていきました。

ピアって何ができるのかを考えながらこのテキストを読み進めて頂けると幸いです。またピアにとって大切なことは何でしょう、ピアが上から目線や専門家とまるで同じ目線でものを考えないようにするためには、どんなことができるのだろうかと、考えながらこのテキストを読んでほしい思いで編集を進めています。
IMG_20210924_154211.jpg
ピアとつく言葉は、巷(ちまた)にあふれるようになりましたね。詳しい言葉の定義は、次の表で説明しますが、精神疾患を経験したピアであるという大くくりは一緒です。精神疾患の経験をどのように生かしているかでその呼び名が異なっているようですが、果たす役割や資格の有無など異なる部分もあります。

<ピアサポートの意義>
精神疾患を経験している当事者がピアサポートとして、他者を勇気付け希望を持てるように支援するという価値ある活動をすることによって、お互いが支え合うことで、お互いが自立できる可能性が開かれます。
IMG_20210924_154202.jpg
【9月23日】ペーパークラフト(紙で作る世界!) [2021年09月23日(Thu)]
今日のプログラムは、ペーパークラフト(紙で作る世界)】
ペーパークラフト.png
ペーパークラフトは、手先を使って紙を切ったり、貼ったりして自分の好きな世界を作り上げるために集中することを身につけるプログラムです。
季節に応じた素材など選んで制作することで、季節感を持ち続けることができ感性を失わないことにもなるのではないか、と実施しています。

今日は、9月にちなんでお月見と実りの果物シリーズのスターフルーツを印刷したのですが、今日が祭日なのと週末にかけて来所の予定を入れておられて、本日は参加者がいなかったのでペーパークラフトは中止になりました。
1809.jpg
いつもは、細かな図柄をハサミでカットしたりして糊でつけていく作業で、集中力が求められる作業になりますが、得意・不得意なプログラムになりますので、得意な方には楽しんで制作してもらっています。

製作中は、手を動かしながら口は情報交換をしたりして生活するうえで助かる情報をお互い提供し合うペーパークラフトの時間になります。

不得意な方には、自主プログラムを実施してもらって自分の得意な分野に特化してもらっています。

<ペーパークラフトの効果>
ペーパークラフト自体、平面である紙から立体のオブジェを作る行為は空間認識を司る右脳に大きな刺激となりますし、作業手順の思案は論理的思考を司る左脳をフル活用する事となります。
指先での細かな作業は集中による適度な緊張感を精神に与えますし、逆にそれが日常の雑事から開放してくれる気分転換ともなります。
右脳左脳1.jpeg
【9月22日】COLORING講座(色で作る世界!) [2021年09月22日(Wed)]
今日のプログラムは、COLORING講座(色で作る世界)でした。
カラーリング.jpg
COLORING講座は、自分の好きな色鉛筆を使って色の世界を作り上げるプログラムです。
その日の心理的な面から使う色に注視することで、その人の状態をお互い理解することになるし、好みの色を塗ることに集中することで気分転換になったりするので、色を使った交流をしています。

今日は、今までの素材の中から選んで製作してもらいました。
印刷した素材の中から好みのものを選び、好みの色を塗ってもうことで、その人の感性を画面に表してもらいます。
IMG_20210922_154428.jpg
世界で一つだけの色の創造の世界を制作することをメインに気軽に楽しくCOLORINGをやっています。

楽しく手を動かしながら色鉛筆で好みの色を塗り、口を動かしながら色々な話題を話して、情報交換したりして過ごせるCOLORING講座でした。

<COLORINGの効果>
実際に手を動かして塗る作業は、脳全体を活性化させるそうです。
色を塗ることに集中していると、雑念が吹き飛び無心になりストレスから解放されることから、ストレス解消の効果があり、自然と呼吸が整って自律神経のバランスを整える効果もあるそうです。
IMG_20210922_154503.jpg

支援者の方から、アイスを提供して頂きました。
【9月20日】スクラッチアート(大人の本格的な絵画!) [2021年09月20日(Mon)]
今日のプログラムは、スクラッチアート(大人の本格的な絵画)でした。
スクラッチアート.jpg
スクラッチアートは、誰でもなぞって削るだけでカラフルな美しい絵を描くことができ、無心で削って描くかわいい模様や動物の絵に心がやすらぎ癒されるスクラッチアートです。
作品を制作している時は、日頃の悩みやストレスを忘れるぐらい集中してしまうので、気分転換に効果的なプログラムです。

いつものように、気分調べと近況を話してもらいました。

今日は、スクラッチアートのコーナーの中から好きなテーマを選んで実施しました。

選んだ素材をスクラッチアート用のペンで削ると色が浮き出てくることで、絵が描ける心地よさと、少しずつ削っていく作業を続けることで出来た後の達成感を味わえる魅力があります。また、ペンで削っていく内にデザインが浮かび上がってくる様子がとても面白く、見ていると癒しを与えてくれ、悩み事や考え事も忘れさせてくれます。
IMG_20210920_145938.jpg
参加者で苦手な方には、自主プログラムを実施してもらって自分の得意な分野に特化してもらいました。

<スクラッチアートの効果>
スクラッチアートをすると脳に様々な効果があることがわかります。まずは絵の線に沿ってゆっくり削っていくことで集中力と忍耐力が身につき、そして「この線は細く削ってみよう!」とか「ここの部分はたくさん削って色を出してみよう!」などの想像力や表現のセンスも磨かれます。
また、イライラしている時などに少しの時間だけでも集中してスクラッチアートをすることで、だんだんと落ち着き自律神経を整えることができ、ストレスを解消することができます。

利用者の方が、アイスを提供してくれました。
image_6487327.jpg
【9月19日】施設外活動(カラオケでの交流!) [2021年09月19日(Sun)]
今日のプログラムは、施設外活動(カラオケでの交流)でした。
カラオケ1.png
施設外活動の目的は、地域生活するうえで生活機能を少しでも回復することと、生活を楽しむことで、積極的に試みるきっかけになればよいと実施しています。
カラオケ活動によって、好きな歌を歌って気分転換したり、利用者同士の交流で嗜好や理解を深める機会になり、人間関係の良好なあり方として、お互いが配慮したり、対応できる関係を作って、施設外活動でのふれあい交流を活かしています。

今日は、まん延防止重点措置が延長になったので施設外活動としてのカラオケ交流は中止になりました。

通常、色々と感染対策で規制もされますが、そのような中でも支援センターとして最善を尽くしてカラオケ交流を楽しむことで気分転換を図っていくことが精神衛生上大事な活動と実施しています。
それぞれ好きな曲を選択して歌うことで気分転換を図ることと参加者の好みを知る交流活動になっているし、歌ったら上手い下手は関係なく拍手で讃えて、歌を通じてみんなで楽しい時間を過ごすことが目的になっています。
カラオケ効果.jpg
今回、カラオケ交流が中止になったので利用者の方に希望を聞いたら動画鑑賞を希望されたので映画「記憶にございません」を観ました。

国民から全く支持されていない総理大臣が記憶喪失になったことから起こる騒動を描いた物語で、他国首脳、政界のライバル、官邸スタッフ、マスコミ、家族、国民を巻き込んで、記憶を失った男が、捨て身で自らの夢と理想を取り戻す!果たしてその先に待っていたものとは…。
d63f4e892870a3e1.jpg
利用者の方が、飲み物とお菓子を提供してくれました。
【9月18日】音楽ライブ講座(歌って叩いて楽しむ!) [2021年09月18日(Sat)]
今日のプログラムは、音楽ライブ講座(歌って叩いて楽しむ!)でした。
IMG_20210918_151937.jpg
講師の県看護大助教の葛島慎吾氏に生のギターの弾き語りを実施してもらって、生の音楽に触れることと参加者の思い出の曲などをリクエストしてもらって一緒に歌ったりして、楽しく音楽の時間を過ごすという音楽ライブ講座です。

先月の講座は中止になりましたが、今月も宮崎県のまん延防止重点措置が延長に伴い、看護大も教師の学外での活動に関して自粛の延長になったので中止というとこでしたが、音楽ライブを楽しみにしている利用者の為に講座としては初めてリモートで開催しました。

今日は、モニターの向こうから講師が話しかけて、いつものように気分調べと近況を話してから、「そろそろ秋ですね」というテーマで、講師と利用者の要望を聞いて29曲ほどの曲を冊子に作って提供して頂きました。
IMG_20210918_134842.jpg
モニター越しに講師のギターの演奏や歌を聴いたり、参加者に冊子の中からリクエストしてもらって、一緒に歌ったり、途中講師の語りがあったりするなかで、叩きものとして、タンバリンとカスタネットを準備して、曲によって叩いてリズムを取ったりしながら、楽しく笑い声のする音楽ライブ講座を実施しました。

<声を出して歌う効果>
歌うことで感情や思いを形にして表現することにもなり、声を出すことで心にたまっていた思考や感情が発散されて、リフレッシュする効果が期待できます。
楽しく歌うことで脳内ホルモンの「エンドルフィン」が分泌され、エンドルフィンは「幸せホルモン」とも呼ばれており、精神安定や幸福感に効果があります。
音楽ライブ効果.jpg
【9月17日】ハンドメイド(リサイクル素材で小物づくり!) [2021年09月17日(Fri)]
今日のプログラムは、ハンドメイド(リサイクル素材で小物づくり)でした。
ハンドメイド.jpg
リサイクル布を利用してオリジナルの小物を作ったり、バックやポーチを作るのを教えてもらったりしながらハンドメイドのプログラムを実施しています。

今日は、糸かけ曼荼羅を作りました。
糸かけ曼荼羅とは、糸を釘にひっかけて作る曼荼羅アートの一種で、シュタイナー教育で使われていた糸かけが発祥と言われています。
そこから糸かけ曼荼羅はアートとして独自に発展し、今や大人の趣味のひとつになっています。
マンダラ塗り絵と同じく、無心にできるので瞑想効果が期待できます。
IMG_20210917_160850.jpg
最初に型紙を板にのせくぎを打つ場所に印をつける、頭の丸井釘を打つ、釘の高さを1センチにそろえる、好みの色の糸を選んでスタート位置に結ぶ、指定の数字のくぎに糸をかけていき、1週したら糸の色を変えて2段目をかけていき、自分の思っている模様になるまで何段でもやっていくことができます。
今日、完成した方もおられましたが、次回も続けられる方がおられます。

制作しながらお互い情報交換したりしながら楽しくハンドメイドの時間を過ごすことによって「ハンドメイドセラピー」として楽しんでいます。

不得意な方には、自主プログラムを実施してもらって自分の得意な分野に特化してもらっています。
IMG_20210917_145230.jpg
| 次へ