CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
chabin
お久しぶりです (06/16) tu-ta
今年もNたまが開催されます!! (11/07) tu-ta
今年もNたまが開催されます!! (11/07) K、H
【報告】チャリティ バレンタイン コンサート (06/15) うぐいす・いろ
体験出勤 (04/28)
最新トラックバック
「外国人ヘルプライン東海」さんのことなど[2020年12月16日(Wed)]
みなさま、こんにちは雪
とても寒くなりましたね。コロナ禍の深刻化が心配です。

コロナ禍で生活が苦しくなった在住外国人の方からの
お困りの相談が「外国人ヘルプライン東海」さん
(名古屋NGOセンターの同居団体の1つ&加盟団体)
には増えているようです。
http://nangoc.org/ngo/tabunka/post-31.php

事務所には、いま食べるものがないという方にお渡しする
お米やレトルト食品などが積み上げられています。
言葉や法律等の問題もあり、公的機関で対応しきれない
複雑なケースを抱えた方が駆け込み寺のように利用されて
います。

また、日本の方で生活に苦しんでいらっしゃる方には、
「ささしまサポートセンター」さんをご紹介すること
もあります。
(ささしま共生会さんは定期的に炊き出しをされています)
https://www.sasashima.info/activity/

名古屋NGOセンターの創設者である、
故ステファニ・レナトさんは、日常的に生活に困窮された
在住外国人の方々の相談に乗っていました。
それをいつも隣で見ていたのですが、25年ほど経った今
外国人ヘルプライン東海さんが相談対応されているのを
隣で見せてもらっています。

今回で最後となる、ステファニ・レナト賞の本賞は、
「外国人ヘルプライン東海」さんが受賞されました。
ステファニさんがされていた活動のうち、在住外国人
の方のサポートを受け継ぐかのようにされている方々が
ここにもいらっしゃるんだと尊敬しています。
(私たちの団体は性格上、団体さんへのサポートを
通じて支援するという間接的なサポートに留まってしまい
ますが、同居しているので現場を目の当たりにしています)

ステファニ・レナト賞の授賞式では、ヘルプラインさん
はじめ、他の受賞者の方のお話を聞くこともできますぴかぴか(新しい)
http://nangoc.org/information/19.php

近くにお困りの方がいらっしゃったら、孤立されないよう
ぜひ声をかけて、支援団体などにつないで下さい。
困っている方のために、何かしたいという方は上記の団体などで
ボランティアをされたり、寄付をするという方法もあります。

それよりなにより、このような状況にならないよう、
社会の仕組みや政策等を改善していくことに関心を持つことも
同様に大切なことだと思っています。

職員 S井
Posted by 名古屋NGOセンター at 14:44 | 加盟団体情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
冬の募金キャンペーン実施中です。[2020年12月04日(Fri)]
スタッフのたぐちです。

現在、名古屋NGOセンターでは冬の募金キャンペーンを実施中です。
ぜひ、ご協力をお願いします。

寒い日が続きますが、ご自愛くださいませわーい(嬉しい顔)

fuyu.jpg

■□ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー□■
  名古屋NGOセンター「冬の募金」に ご協力下さい!

  ◆期限:2020年11月1日〜2021年3月31日
  ◆目標金額:30万円  

■□ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー□■
  
日頃は名古屋NGOセンターへのご支援・ご協力を賜りまして、
厚くお礼申し上げます。

新型コロナウィルス感染拡大の防止に尽力されている皆さまに感謝申し上げます。

当センターでは、2020年度は新型コロナウィルス感染拡大の影響により、
主力事業であるNたまの開催を見送ることとなり
(年度末にむけてNたまに関連する事業を開催予定)、
通常通りの事業実施が困難となりました。

現在、2020年度は約230万円の赤字が見込まれております。
この苦境を打開するには、皆様一人ひとりのご支援に頼るほかありません。

頂いたご寄付は、中部地域のNGOを通じて社会・地球
規模の課題解決のために使わせて頂きます。

皆様からの温かいご支援をどうぞよろしくお願いします。
特定非営利活動法人名古屋NGOセンター 

代表理事 中島隆宏、八木巌
理事・事務局長 戸村京子

【3つの活動の成果】

@ 人財(人材)
育成活動 Nたま研修は2002年から始まり、17回の開催で研修を受けた方は250名。
NGO/NPOスタッフの担い手として羽ばたきました。
また、これまでにセンターで受け入れたインターンは50名以上。
インターン修了生は現在も多くの NGO/NPOで活躍しています。

A 組織強化
2009年からはじまった東海地域NGO活動助成金は、
12年間でのべ71団体に総額1,200万円の支援を実施しました。
また、NGOからの組織運営・事業運営に関する相談に対応し、
2019年度はNGOから461件の相談を受け付け、NGOの組織強化に貢献しました。

B 政策提言
2019年、外務省はNGOが開発途上国・地域で行う開発活動
に対するODA(日本NGO連携無償資金協力)において、
一般管理費を現在の5%から最大で15%まで引き上げることを発表しました。

名古屋NGOセンターがメンバーの一員として参加しているNGO・
外務省定期協議会「連携推進委員会」において、
NGOから具体的な提言を行ってきた成果が実を結びました。

●お振り込みの場合
(郵便振替・ゆうちょ銀行・ゆうちょダイレクト) 
  
@郵便振替口座  
*通信欄に、「寄付キャンペーン」と明記して下さい。
【口座名】特定非営利活動法人名古屋NGOセンター 
【口座番号】00860-5-90855

Aゆうちょ銀行  
0八九店  
【口座番号】当座:0090855 
【口座名】特定非営利活動法人名古屋NGOセンター 

*領収証発行のため別途、ご住所をお送り下さい。

なお、ゆうちょの口座をお持ちの方は、「ゆうちょダイレクト」にて
ネットを通じ、手数料無料(条件あり)にて、お振込み頂けます。

●クレジット決済の場合(VISA、MASTER のみ)   
名古屋NGOセンターWEBサイト「ご支援のお願い」より
「募金キャンペーン」をクリックの上、ご入金ください。
http://www.nangoc.org/membership/shien.php

<注1:領収証の発行のため、ご住所の明記をお願いします。
また匿名希望の方はお知らせください。>
<注2:現在、当団体は認定NPO法人ではないため、寄付控除はございません>

●チラシは次のURLからダウンロードください(PDF:270KB)
http://nangoc.org/information/nangoc/2020fuyu-bokin.pdf

特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター 
HP: http://www.nangoc.org/
住所:〒460-0004名古屋市中区新栄町2-3 YWCAビル7F   
メール:info@nangoc.org  
TEL&FAX:052-228-8109(火〜金:13時〜17時)
※土曜日は予約制
Posted by 名古屋NGOセンター at 12:11 | 徒然日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
東海地域NGO活動助成金[2020年12月01日(Tue)]
こんにちはわーい(嬉しい顔)
あっという間に今年も東海地域NGO活動助成金の募集の季節となりました。

本助成金の助成資金は宗教法人真如苑からの寄付によるものです。
名古屋NGOセンターはこの寄付が有効に生かされるよう、助成団体を公募します。

NGOのみなさん、ぜひ、応募をご検討くださいるんるん

◆応募受付期間:2020年12月22日(火)〜2021年1月19日(火)15:00必着
◆助成対象期間:2021年4月1日から2022年3月31日の間に実施する事業を対象とします。
◆採択予定件数:5〜6件程度
◆助成金額:1件あたり20万円以内、かつ対象事業経費の80%以内。助成総額100万円を上限に配分します。

詳細につきましては、NGOセンターのホームページに掲載しております公募要項をご参照ください。
申請書様式もあわせてホームページに掲載しております。
⇒ http://nangoc.org/information/ngo20210119.php

何かご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。
また、募集に該当する適当な団体をご存知でしたら、助成金をご紹介いただけますと幸いです晴れ

どうぞよろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
Posted by 名古屋NGOセンター at 13:41 | 事業案内・お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
12/19(土)国際協力カレッジ2020 初のオンライン開催![2020年11月10日(Tue)]
お待たせしました!
12/19(土)「国際協力カレッジ2020」開催!
〜国際協力で働く人・団体に出会うオンライン無料イベント

初のオンラインでの開催になります。詳しくはHPをご覧ください。
http://nangoc.org/information/20201219.php

講義の3人のゲストはみなさん、海外経験豊富な素敵な方々です。
特に、クラタペッパーの倉田さんは、以前も何度かゲスト依頼
させて頂きましたが、例年この時期はカンボジアにいらっしゃって
断念してました。しかし、ようやく念願叶って今回は初めてご出演
頂けることになりました。
WAFCAの熊澤さん、JICAの吉田さんからも
有意義なお話がきけそうですね。

また、コロナ禍でも活躍している7団体のNGOの活動を
聞くこともできますよ!

今回、一方的な形式にならないよう、ZOOMの機能を使って、
グループワークをしようなどとなかなか大変なこと考えており、
リハーサルを重ねる予定です。
ZOOMの機能はかなりの頻度でアップデートされたりして
混乱気味で当日うまくいくか、本当に心配ですが。。。
(前例がないので、いろいろと調べたりしているうちに
時間が過ぎ、対面イベントよりも準備に時間がかかってます、)

でも、きっと集まる人たちは魅力的な活動をされている方々
ばかりなので、とても良い機会だと思います。

ぜひとも関心のある方にもお知らせください!
*******************************************
●日 時:2020年12月19日(土)13:00〜17:30
●方 法:オンライン(ZOOM)
●参加費:無 料

・「国際協力で働く」ってどういうこと?
・「NGO」や「JICA」って何をしているの?
・世界にある課題の中で私に「できること」ってある?

そんな疑問を「カレッジ」で解決しよう!
「いま」動かなくて、いつ動く? さあ、一歩前へ踏み出そう!
世界のために。そして、自分のために。

年に一度の機会。カレッジに参加して、あなたに合った
国際協力との関わり方、働き方を見つけよう。

カレッジ2020表紙のみ.jpg
Posted by 名古屋NGOセンター at 15:32 | 事業案内・お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ウォーカソンの目録贈呈式に参加してきました。[2020年10月30日(Fri)]
スタッフのたぐちです。

ウォーカソンは中部地域最大規模のチャリティイベントです。

毎年5月にモリコロパークで開催しているのですが、今年はオンラインでの開催となりました。

ウォーカソンについては、こちらよりご覧ください。

名古屋NGOセンターは継続して出展者・寄付先の立場でさせていただいていますが、ウォーカソンのスタッフのみなさん、ボランティアみなさん、来場者のみなさんで創り上げるこのイベントは、堅苦しくなく、気軽に参加して楽しむことがチャリティになるとっても気持ちのいいイベントです。

ということで、10/27(火)にウォーカソンの目録贈呈式に参加してきました。この目録寄贈式は、名古屋国際学園で開催しているのですが、名古屋国際学園の生徒と先生を中心に毎年素敵な場を用意してくださいます。

名古屋国際学園の生徒が司会を務め進行してくれるのですが、これが!とてもよいんです!!学生の視点で寄付先のことを紹介してくれたり、学生と交流する時間があったり、ただの寄贈式ではない、おもてなしの気持ちがとても伝わってくるあたたかい場です。(今年は、参加者同士距離を空けながら寄贈式でした)

47425.jpg

47423.jpg

無題.jpg

次年度は30周年!どのような開催になるかは決まってないそうですが、楽しみです〜!

スタッフたぐち
Posted by 名古屋NGOセンター at 17:39 | 徒然日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
10/3(土)無料オンライン学習会[2020年09月30日(Wed)]
今週末、10/3(土)に無料オンライン学習会「コロナ禍に脅かされるアジアの市民社会と私たち」を開催します。詳細はこちら⇒ http://nangoc.org/information/103.php

いよいよ、開催がせまってきて、ちょっぴりドキドキ。
実は名古屋NGOセンターが実施するオンラインイベントはこれがはじめてとなるからです。

現在、参加申込は40人ちょっと。
みなさん、お申込みありがとうございます。

当日は、スリランカからもゲストをお迎えします。
スリランカの市民社会の現状をハーマン・クマラ(スリランカ全国漁民連合代表)さんに伝えていただきます。

無事、スリランカとオンラインでうまくつながりますように。
もちろん、日本の参加者のみなさんとも。

まだ、申し込みは受付中ですので、参加を希望される方は、http://nangoc.org/information/103.php よりお申込み下さい。
お待ちしています。

20201003.jpg
Posted by 名古屋NGOセンター at 16:37 | 事業案内・お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
コロナ禍のこと、在宅勤務のこと[2020年09月15日(Tue)]
こんにちは。久しぶりの投稿、職員S井です晴れ

コロナ禍で、名古屋NGOセンターも在宅勤務の割合が多くなっています。
事務所の面積が限られており、換気もなかなか良いとは言えない上、
4団体でシェアしており、しかも繁華街にあり、公共交通機関を
乗り継いでの職員が2/3いるためです。

というわけで、職員同士ですら会えず、毎週、ZOOM会議で情報
共有や話し合いをしています。
名古屋NGOセンターはこれまで、さまざまなインターンの方々が
事務局に多様なカラーを与えてくれていたのですが、
こんな状況なのでインターンの方々も募集できず活気がありません。
そうですね、いまはグレー一色という感じでしょうか。。。
(私の心の状態がそうなだけかもしれませんが)

在宅勤務については、実のところ1年半ほど前から準備をしていて、
わりとスムーズに移行できました。(予知??たらーっ(汗)
2年くらい前に、某職員が「事務所に来るのは週3くらいでいいかな
、、と思って」とつぶやいたことが気になり、
本格的に在宅勤務に向けて提案し、みんなで動き始めました。
(在宅用のPCの準備やデータの共有化、会員・寄付者管理の一元化、
金融機関・会計のオンライン化、カレンダーのオンライン共有など。
office365は元スーパー高校生のS平さんのおかげで既に導入済みでした)

しかし、いったいこの状況がいつまで続くんでしょう。。。もうやだ〜(悲しい顔)
これまでの活動を続けることが厳しいというNGOの声も聞きますし、
事務所近くでお世話になっている飲食店はみなさん、一生懸命に
対策されていらっしゃいますがギリギリの状況です。
(こんな世界的な危機的状況で、自助・共助を中心に乗り切るのは
困難ですよね)

東京のとあるNPOさんは、コロナ禍は2年続き、今回定着した
オンライン文化が戻ることはないが、リアルの価値は高まる
という予測のもと、2、3年先のビジョンを考えていらっ
しゃいました。なるほどなあと参考になりました。
その場しのぎではどうにもこうにもならなさそうですね、、、。

冬にかけてくると言われているコロナの大きな波もどうなるのか
世界中の予測をかき集めても、実際のところ誰にもわかりません。
ただ根拠のない楽観論を基に、備えなくて何かあっては
命に関わり、取り返しがつかないので、備えだけは十分にして
おいた方がいいですね。

というわけで、12/19(土)開催の「国際協力カレッジ2020」は
今年度は初の全面オンラインで実施します。11月には受付開始予定です。
また11月にホームページのトップをご覧くださいねexclamation
(規模の大きなオンラインイベントの運営は経験がないので、
かなり心配ですが、、、。)
NGO活動を通じて、国内外問わず、コロナ禍で困っている人に
なにか行動ができるきっかけを提供できればという思いで実施します。

とりとめもなく話が長くなりましたが、皆さまもどうぞお気を付けに
なってお過ごしください。
Posted by 名古屋NGOセンター at 16:19 | 徒然日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Nたま2020の通常プログラムを中止することとしました。[2020年06月26日(Fri)]
スタッフのたぐちです。

既にウェブサイトなどでもお知らせしていますが、Nたま2020の通常のプログラムでの開催を中止することとしました。次の文章は公式サイトに掲載したものと同じです。

-------------------------------
2020年6月説明会を開催、7月から本格開講を予定していました「NGOスタッフになりたい人のためのコミュニティカレッジ(通称:Nたま)」は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症を拡大させないため中止とさせていただきます。

通常の半年間の研修は開催しませんが、2021年1月〜3月の間でプレ研修を開催する予定です。また、2021年度は通常通りNたま研修を開催させていただく予定です。詳細が決まり次第発表させていただきます。

研修の開催を楽しみにしてくださったみなさまには大変申し訳ありませんが、また次年度の開催をお待ちいただければ幸いです。
-------------------------------

3月の時点では、研修開催を少し後ろにずらしての開催を模索していました。ただ、夏には収まるかもしれないという当初感じていた安易な考えは少しずつ薄れていき、中止という2文字が頭をよぎりました。その中でオンラインでの開催も検討しました。実際に巷では、色々なイベントがオンラインでの開催されていました。Nたまのプログラム自体もオンラインでの開催は可能か?とも何度も考えました。しかし、Nたまは受講生同士の対話が大きなポイントになるプログラムです。すでに知り合っている人たち同士の対話はオンラインでも上手くいきますが(もちろん多くの工夫は必要です)、初対面の人同士の対話が中心となるNたまをオンラインで開催することに大きな不安がありました。

最終的に、一年休んでみるのもありか!と考えて、2005年以降毎年欠かさずに開催していたNたまをお休みすることに決めました。実際に休むことを決めると「しょうがないよね!」という意見を多くいただく中で「開催したら参加しようと思ってた」という声もありました。このような声をいただくと、あー本当に中止してよかったのかと考えてしまいます。今年じゃないと参加できない人がいることは分かっていましたが、、、、、、、決断したものの悩ましいです。

そして、更に時が経ち、来年もNたまが通常通り対面して開催できるかどうか分からない状況が続いています。う〜ん。こうなったら次年度はオンラインの開催を視野に入れて、対面並みのクオリティを目指した対話の仕掛けなども練っていこうと考えています。
Posted by 名古屋NGOセンター at 17:23 | 徒然日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「ステファニ・レナト賞」の候補者・団体を募集します[2020年06月16日(Tue)]
こんにちは、名古屋NGOセンター事務局です。

大変お待たせしておりました「ステファニ・レナト賞」の募集要項ができあがりましたのでご案内いたします。

この賞は、国の内外を問わず、弱者の側に立ち、人間としての尊厳を守るための活動をしている個人や団体を表彰し、故ステファニ・レナトさんの精神に基づく活動の裾野を広げることを目的としています。2020年度はステファニ・レナト賞(本賞)のほかに、小規模ながらも有意義な活動を続けている団体や、地域のNGOネットワークの発展や市民参加の拡大に貢献している団体などを対象に、ステファニ・レナト「奨励賞」「特別賞」を数団体選考する予定です。

すでにご案内しておりますが、今年度が「ステファニ・レナト賞」の最後の募集となります。

ぜひご応募ください。みなさまからのご応募を心よりお待ちしております。

--------------------------------------------------------------------------
   「ステファニ・レナト賞」の候補者・団体を募集します
  受付期間:2020年6月16日(火)〜7月16日(木)必着

  ◎詳細はこちらからご覧ください。
   http://nangoc.org/information/2020616716.php
  ◎募集要項はこちらからダウンロードできます。
   http://nangoc.org/information/01_2020boshuyoukou.pdf
--------------------------------------------------------------------------

★募集のポイント

(1)候補の対象は「東海地方の団体、個人」です。

 「愛知、岐阜、三重、静岡を拠点に活動する団体または個人」を対象とします(個人の場合は過去において当該地域で活動経験のある方を含む)。

(2)本賞のほか、NGOセンター加盟団体を対象とする「奨励賞」「特別賞」を数団体選びます。

ステファニ・レナト賞(副賞30万円)1件のほかに、選外となった団体の中から奨励賞または特別賞(副賞10万円)を数団体選考します。名古屋NGOセンターの加盟団体で、小さいながらも地道に活動をつづけている団体や、地域のNGOネットワークの活動に積極的に参加し貢献している団体、市民参加の拡大に貢献している団体を表彰します。

(3)推薦(応募)は簡単です。

第一次審査にご提出いただくのは、A4用紙1枚に最低限の情報と推薦理由を記入した「エントリー・シート」と簡単な資料のみ。メール添付で応募できます。公募要項とエントリー・シートは名古屋NGOセンターのHP(http://nangoc.org/information/2020616716.php)からダウンロードできます。1枚のエントリーシートでステファニ・レナト賞(本賞)と奨励賞・特別賞の両方の審査対象となります。提出締切は7月16日(必着)です。

(4)審査の段階ごとに結果を通知します。

第一次審査の結果については7月末までに推薦者にお知らせします。通過した候補のみ、最終審査用に正式な推薦書類を9月1日までご提出いただきます。最終審査の結果(受賞者)は10月5日頃までに推薦者および候補者にお知らせします。

--------------------------------------------------------------------------
★応募にあたってのQ&A

Q1. 過去にステファニ・レナト賞を受賞した団体も応募できますか。
A1. 同一団体としては応募できません。ただし、そのメンバーが個人として推薦されることは妨げません。

Q2. 名古屋NGOセンターにこれから加盟申請します。審査対象になりますか。
A2. 奨励賞や特別賞の対象は、エントリーシート提出時点で加盟団体として認められている(NGOセンター理事会で承認手続きを終えている)団体です。ただし、これに間に合わなくてもステファニ・レナト賞(本賞)の審査対象にはなります。

Q3. 年間予算が5000万円を超えるような団体でも応募できますか。
A3. 地域のNGOネットワーク活動に積極的に貢献している団体に贈られる「特別賞」の選考対象になりえます。

Q4. 法人格のない任意団体で、メンバー数名で続けているボランティア組織も対象となりますか。
A4. はい。法人格の有無は問いません。ただし、会の目的や議決方法等を定めた規約等があり、事業報告や会計報告が適切に行われているなど、組織として適切かつ公正に運営されている必要があります。

--------------------------------------------------------------------------
<故ステファニ・レナト氏>

 ステファニ・レナト氏(イタリア出身、1937−2003)は、1964年に来日して以来、神父としての教会活動のかたわら、日本国内で40年間近くにわたり、一貫して社会的弱者の立場にたち、人間の尊厳を守る活動を続けてこられました。特定非営利活動法人名古屋NGOセンターの初代理事長として、東海地方におけるNGO活動の発展、市民レベルでの他者理解および国際協力の推進のため、多大な貢献をしてこられたことは広く知られています。
 2003年10月、レナト氏は東ティモールの地で活動中に不慮の交通事故で亡くなりました。その知らせは、東海地方だけでなく全国、さらに海外のNGO関係者にも大きな衝撃と深い悲しみを与えました。

Posted by 名古屋NGOセンター at 11:16 | 事業案内・お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クリックするだけで団体の支援に!「シーテック クリック募金2020」スタート[2020年06月05日(Fri)]
今年度も、「ハートリレーキャンペーン シーテッククリック募」が実施されることになりましたるんるん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    環境NGOを「おうえん」しよう!
      ハートリレーキャンペーン
     シーテック クリック募金2020
<開設期間:2020年6月1日〜2021年1月31日>
      ★目標:20,000クリック★ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★参加方法★
 Webサイト http://www.ctechcorp.co.jp/bokin2020/ 
 のページから「応援します」をクリックするだけ。
 期間中、何度でもクリックすることが可能です。
 ※クリックして下さった皆さまに経済的負担はかかりません。(インターネットにアクセスする通信料は必要です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさまのクリック数に応じて、(株)シーテック様より環境活動に取り組むNGO5団体に寄付されます。1クリック10円となりますので、上記期間中、20,000クリックの達成をめざしています。

Webサイトでは、各環境NGOの活動内容が分かるビデオレターを掲載しています。
ぜひチェックしてみてください!

また、各団体の現地で撮られた写真等を用いた「カレンダー付き壁紙」のダウンロードができます。
かわいらしい子ども達の笑顔や、現地の様子を是非ご覧ください☆
  
ご協力、どうぞよろしくお願いいたします晴れ
Posted by 名古屋NGOセンター at 13:26 | 事業案内・お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

特定非営利活動法人 名古屋NGOセンターさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nangoc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nangoc/index2_0.xml