CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

難病ソリューションズ

単に医療・福祉の受け手ではなく、難病・希少疾患患者の持つ価値を社会に発信し、人材活用・就労支援をプロデュースします。働きたい難病患者と、人材を求める企業や団体、教育・研究機関などをマッチングするネットワークづくりの拠点となります。

HTLV-T関連脊髄症の治療 medical tribune より

[2016年01月11日(Mon)]
medical tribune より、記事を転載いたします。

HTLV-1関連脊髄症に対するモガリズマブ,治験で安全性確認
第 T/Ua相で重篤な副作用見られず
学会レポート | 2015.10.14


 ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)関連脊髄症(HAM)は,HTLV-1感染で発症する神経疾患で,根治療法のない難病である。HAMに対するヒト化CCR4抗体製剤(モガムリズマブ)を用いて第T/Ua相医師主導治験を実施している聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター病因・病態解析部門・部門長の山野嘉久氏は,治験の進捗状況を報告,現在Ua相に移行し重篤な副作用は認められていないと第27回日本神経免疫学会学術集会(9月15〜16日,会長=岐阜大学大学院神経内科・老年学分野教授・犬塚貴氏)で報告した。

感染細胞の制御が有用

 HTLV-1感染者に発症するHTLV-1関連疾患としては,HAMが0.3%,成人T細胞白血病(ATL)が5%とされ,ともに発症予防法は未確立である。HAMでは両足の麻痺,痛み,排尿障害などの症状が進行し,悪化すれば寝たきりとなる。またHAM患者はATLの発症リスクも持つ。
 HAMでは,長期軽症例から急速進行例まで症状や進行度が多彩で,経過における個人差が大きい。山野氏によると,一般的にHAMはとても緩徐に進行するため,治療の有効性を評価するには長時間を要し,そのことがHAMに有効な新薬の開発を困難にしているという。
 現在,HAMの治療には,主にステロイドやインターフェロンαが用いられるが,治療効果が不十分であることが多い。HTLV-1は,感染細胞を増やすことで増殖するため,その制御には,感染細胞を特異的に攻撃する抗体療法などの開発が考えられる。
 同氏らは,HAM患者でHTLV-1が主にCCR4陽性T細胞に感染し,細胞機能が炎症促進的になっていることなどから,CCR4抗原を標的として抗体依存性細胞障害活性を示すモガムリズマブに着目した。同薬はATLに対して既に承認されている。同氏らは,モガムリズマブのHAM患者由来細胞における感染細胞殺傷効果,抗炎症効果などを証明,CCR4がHAMの有用な治療標的分子であることを突き止めた。
ATL発症予防薬の可能性も

 山野氏らは,モガムリズマブがHAMの感染細胞を標的とした根本的な治療薬になりうると判断し,HAMに対する抗CCR4抗体の安全性と有効性に関する第T/Ua相医師主導治験を2013年11月に開始した(図)。


 対象は既存治療で効果不十分なステロイド維持療法中のHAM患者。主要評価項目は安全性,副次評価項目は第T相で抗感染細胞効果,第U相で抗感染細胞効果の持続時間,歩行時間の非増悪期間とされた。付随研究として,髄液中のプロウイルス絶対量,血清・髄液の炎症マーカー,各種免疫系への影響などが解析されている。
 同氏によると,2014年2月に第1例目に投与を開始,2015年2月には最終症例への投与が終了し,順次第Ua相に移行,重篤な副作用の発生もなく進捗しているという。試験は来年(2016年)1月まで予定されている。
 同氏は「HAM患者において抗CCR4抗体療法の安全性,クローナルに増殖したリンパ球の消失効果が証明されれば,HAMの治療だけでなく,ATL予備群に対するATL発症予防薬として,HTLV-1関連疾患への飛躍的な推進となる」と展望した。
(鈴木志織)

重度心身障害児の医療費窓口無料化の復活、山梨県

[2015年12月23日(Wed)]
読売新聞12月9日、山梨県のニュースです。

 県は8日、重度心身障害児の医療費の支払いについて、窓口無料化を検討していることを明らかにした。県内の市町村は県の呼びかけで、昨年、いったん窓口で医療費を支払った後に還付される制度に変更していたが、現行で窓口無料となっている健常児との不均衡を是正するため、上野原市と甲斐市で9月に条例を改正するなど、窓口無料に戻す動きが相次いでいる。早ければ来春にも県下一斉に窓口無料が復活する見込み。

 後藤知事がこの日の12月定例県議会代表質問で答弁した。

 県障害福祉課によると、県内では重度心身障害児の医療費は窓口無料だったが、国が安易な受診を招くとして、実施自治体への国庫支出金を減らすペナルティーを設けたため、県が市町村に理解を求め、各市町村は昨年11月、一時支払い制度に変更していた。

 ところが、国の検討委で現在、ペナルティーの見直しを含めた議論を進めており、来春には結論が出る見込み。同課では「県もペナルティーの解消を国に要望してきており、本来、住民にとっては窓口無料が望ましい。市町村との協議次第だが、できれば来年4月に足並みをそろえて実施したい」としている。

 県内の市町村は現在、重度心身障害児の医療費は一時支払いとしている。しかし、上野原市と甲斐市では9月議会で窓口無料にする条例改正案が可決され、両市とも来年1月から窓口無料に。甲府市、笛吹市、甲州市、市川三郷町、身延町でも窓口無料とする条例改正案を12月議会に提出しているほか、中央市でも提出を検討しているといい、窓口無料に戻す動きが広がっている。

 笛吹市の雨宮絵里香さん(32)は、脳に先天的な障害を持つ8歳と5歳の男の子を育てている。医療費は月に2万円を超えることもあり、一時的とはいえ支払いは大変だといい、「何歳まで窓口無料になるのかなど、まだ分からないことも多いが、県の動きはとてもうれしい」と話した。

 コメント:障害児者の医療費は公費助成があっても償還払いだと利用する側の負担は大変です。なぜ、窓口無料化にしなかったのか、の理由が「安易な受診を招く」というのは発想がお粗末すぎます。 
親になってみればわかることですが、子供を連れて病院に行くのはものすごく大変なこと。心身ともに親はくたくたになります。好き好んで病院に行くはずがありません。定期的な診療と、あとはよほど切羽詰まった状況です。
 すべての子供医療費の無料化が、全国平等に進んでほしいですね。義務教育終了までの窓口無料化を実現させて、子供たちの健康を守っていくのが私たち大人の責任です。