CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
子どもも大人も楽しく「かがく」にふれてみよう!! [2014年09月25日(Thu)]
8月24日(日)、那珂市中央公民館で「親子deかがく実験教室」が開催されました。
この催しは、かがくの知識を持つボランティア(かがくのたまごサポーター)が、小学生とその保護者を対象に身近なかがくにふれ、体験できる機会を提供しようと開催したものです。
当日の会場には、ドライヤーで物体を浮かせる実験や顕微鏡を使った生物の観察、クリップと電池でつくる手作りモーターなど、さまざまな体験が用意されていました。
参加した小学生からは、「かがくはおもしろいとかんじた」、「むずかしいけど、考えたらできるってことがわかった」など、いろいろな実験に興味を惹かれていたようです。また保護者からも「家でもう一度、子ども達とやってみたい」、「来られなかった下の子にも見せたいと思った」などの意見があり、家族の交流を深めるきっかけにもなったようです。

かがくのたまごサポーターは、市内の学童保育や子ども会など、子どもたちの集まる場に出向き、遊びを通してかがくの楽しさを伝えています。
活動に興味のある方は、ぜひ那珂市社会福祉協議会までご連絡ください。
DSC01261.JPGIMG_2329.JPG
Posted by 那珂市社会福祉協議会 at 09:17
ギターとフルートの音色で、癒しのひとときを 〜五台小学校でふれあいコンサートが開催されました〜 [2013年10月15日(Tue)]
平成25年9月26日(木)五台小学校において、市内在住の村上守さん真理子さんご夫妻(視覚障がい・盲導犬ユーザー)を招いて、全校児童を対象としたふれあいコンサートが開催されました。ギターとフルートの優しい音色に全校生徒が聴き入っていました。曲の合間には視覚障がいや盲導犬についてのお話しがあり、視覚障がいを持つ方の生活を垣間見ることができました。1.jpg
 また、コンサート終了後には4年生の総合的学習の一環として行われた交流会では、児童たちからの様々な質問があり、予定された時間では足りないほど充実した時間を過ごしていました。お別れの時には、村上さんのガイドを自主的に手伝うなど、児童の優しさがより成長した瞬間を見ることができました。2.jpg

村上さんのコンサートは、「身近な暮らしの出前講座」でご利用いただけるほか、交流や学習の機会について開催のお手伝いすることが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
Posted by 那珂市社会福祉協議会 at 10:40
2013夏のボランティア体験へのたくさんのご協力・ご参加ありがとうございました!! [2013年09月24日(Tue)]
那珂市社会福祉協議会では、8月1日〜8月31日の期間に夏のボランティア体験を実施しました。
今年度のテーマは「出会い」。参加者は希望する施設、サークルのボランティア体験での、さまざまな人との出会いと交流を通じて、新しい自分にも出会えたようです。2.jpg
高齢者施設のボランティア体験へ参加した小学生からは「ボランティア体験をして、お年寄りの方々ともっと交流をしてみたいと思った」、「おばあちゃんと話ができて、とても嬉しかった」という意見があり、高齢者とのふれあいを楽しく感じていたようです。
また、学童保育所のボランティア体験へ参加した中学生にとっては「児童たちと一緒に楽しく缶蹴りやサッカーをしました。将来こういった仕事も楽しいかもしれないと感じることができました」という将来の仕事について考える機会にもなったようです。
体験の場を提供してくれた市内施設・ボランティアサークルのご協力により、今年度も400人を超える参加者が普段できない活動を体験することができました。
たくさんのご協力・ご参加ありがとうございました。
1.jpg
Posted by 那珂市社会福祉協議会 at 15:55
企業のチカラが地域のチカラに〜イシンホーム森島建設工業(究仕事道繁栄会)が五台小でボランティア活動を行いました〜  [2013年09月02日(Mon)]
 8月31日(土)那珂市後台の森島建設工業と協力企業でつくる「究仕事道繁栄会」が、地元の五台小学校の環境整備ボランティア活動を行いました。1.jpg
 6月に「企業として仕事をこなすだけでなく、企業の持つ力を地域に還元していきたい」というご相談を社会福祉協議会で受け、地元の五台小学校につなぎました。ふだん学校では、先生が休みの日などに環境整備を行っているとのことで、学校として非常に助かるのでぜひお願いしたいとのことでした。特に、校庭にある「二宮金次郎の像」が震災で動いてしまい、危険であったためぜひ修理に協力していただきたいとのことでした。2.jpg
 当初は20名弱の活動と聞いていましたが、取材に伺うと40名を越える方が草刈りや重機を持ち込み像の修理などの活動を行っていました。
五台小学校の加倉井校長先生は、これだけ多くの方に活動していただき本当に助かる。新学期がきれいな校庭で迎えられることに感謝申し上げたいとおっしゃっていました。3.jpg

社会福祉協議会では、企業の社会貢献活動についてのご相談も受けておりますので、お気軽にご相談ください。
Posted by 那珂市社会福祉協議会 at 16:06
ふれあい給食サービス 調理ボランティア講習会開催しました  [2013年08月28日(Wed)]
那珂市社会福祉協議会では、ひとり暮らしの高齢者や障がい者のお宅に、月2回(第一・三水曜日の昼食)手づくりのお弁当をお届けする「ふれあい給食サービス事業」を行っています。
8月21日(水)、ひだまり栄養指導室にてお弁当の調理を担う調理ボランティアの講習会を開催しました。
はじめに市健康推進課の管理栄養士和田さんより『健康な体をつくるための食事〜献立づくりの基礎〜』をテーマにお話しをいただきました。夏バテや塩分の取りすぎなどについて身近な話題にもふれ、野菜や肉・魚・果物などの役割・バランスなど・・・分かりやすく楽しいお話しとなりました。“楽しみに、おいしく食べてほしい”と毎回献立づくりに頭をひねっている調理ボランティアさん達は、「彩りはもちろんおいしそうで、食材もバランスよく入っていますね」と言われてにっこり。体格・年齢にあった塩分やご飯の量なども教えていただきご家庭でも役に立つ内容となりました。
つづいて『あったか手づくりお弁当メニュー』として新しい赤いエプロンを着けてテキパキと調理実習を行いました。(メニューはコロッケ、サツマイモの天ぷら、鶏の柔らか煮、オクラとえのきのレモン風味、蛇腹きゅうりの酢味噌和え、プリン、抹茶かん)
給食サービスでは、調理を行っていただく「調理ボランティア」と、お弁当をお届けする「配達ボランティア」を随時募集しています!

お問い合わせ
那珂市社会福祉協議会 地域福祉グループ
(市役所瓜連支所分庁舎内)
рQ29―0309
1.jpg2.jpg3.jpg
Posted by 那珂市社会福祉協議会 at 10:20
2013夏のボランティア体験実施中!! [2013年08月12日(Mon)]
8月1日から31日まで、市内の福祉施設やボランティアサークル61カ所で、ボランティア体験が行われています。下は小学1年生から60歳代までの方が、施設での介助体験や子どもの施設でいっしょに遊んだり、様々なボランティア活動へチャレンジしています。
 今年のテーマは「ボランティアで出会う夏」。いろいろな人と出会い、学び、そして新たな自分に出会ってもらえるとうれしいです。
P1000588.JPGP8013161.JPGP8013221.JPG
Posted by 那珂市社会福祉協議会 at 08:56
もう一度、災害ボランティアを考える 〜那珂市災害時ボランティア養成研修〜  [2013年03月11日(Mon)]
平成25年3月2日(土)に総合保健福祉センター ひだまり において那珂市災害時ボランティア養成研修を那珂市赤十字奉仕団との共催で開催しました。
参加者は災害ボランティアに興味のある方や既に登録されている方など64名でした。

当日は午前中にハイゼックス(炊き出し用の特殊な袋)による白米の炊き出し体験、市防災課職員による那珂市の防災計画についての説明、社協職員による 市の災害ボランティアセンター設置についての説明を行いました。
その後、被災を想定し、炊き出しのご飯で昼食となりました。
休憩をはさみ、午後からは
講演「東日本大震災から2年、長期避難者のいま」 
積(せき)小為大(しょういだい)の会 浅野秀蔵氏
            (茨城県在住(避難)福島県大熊町民コミュニティ)
講演「避難者への支援、当事者支援活動について」
ふうあいねっと事務局 天井(あまい) 優志氏
の2つの講演で、茨城に長期避難している方の現状やその支援活動についてお話頂きました。その後、ワールドカフェ「被災して想う、災害ボランティア活動、あのとき-いま-これから」のテーマで、参加者どうしで意見交換を行いました。ワールドカフェは、リラックスした雰囲気の中でテーマに集中した話し合いができるように工夫された方法です。他のテーブルの意見を聞く時間もあり、参加者どうしが活発に話し合いを行いました。

盛りだくさんの一日でしたが、参加者からは
・他の方の意見をきくことができて良かった
・県外避難の方の現状を知ることができた
・自分なりに出来る事を考えさせられた
・災害時の情報共有の必要性を感じた
などの感想をもらいました。また、
・年2回くらい開催して欲しい
・実技を交えた研修希望
などの要望も伺いましたので、今後の参考にさせて頂きたいと思います。
東日本大震災から今月で丸2年となります。那珂市内では、以前とほぼ変わらない暮らしが戻ってきている方が多いかと思います。しかしながら今でも避難生活が続いている方が県内にいらっしゃるなかで、私たちが被災した経験を踏まえて、今できること・今後に向けて備えること・これから出来る事を考える一日になりました。

no-title

no-title

no-title

no-title

no-title
Posted by 那珂市社会福祉協議会 at 10:30
菅谷西小学校で点字・手話体験を行いました。 [2012年11月20日(Tue)]
11月9日(金)、那珂市立菅谷西小学校において、小学4年生を対象に点字体験と手話体験を行いました。
 体験に協力していただいたのは、市内のボランティアサークルとして活動している「点訳サークルしずく」のみなさんと「那珂市手話の会かぼちゃ」のみなさんです。
 点字体験では、点字板を使って50音字や自分の名前を点字で打ったり、実際に点訳された本をみたりして点字の読み書きを体験しました。体験した子どもたちは、「目が見えなくても、点字で本が読めるんだね。」「点字表を持って帰って覚えてみたい!」と話していました。
また、手話体験では、みんなで「おはようございます」「ありがとう」などのあいさつや、お礼の言葉を覚えたあとに、自分の名前を手話で教えてもらいました。「那珂市手話の会かぼちゃ」では聴覚に障がいを持つ方も講師として来ており、子どもたちはいろいろな質問をしました。手話を通して互いにコミュニケーションがとれることを学び、終わった後は「自分の名前を手話でできてうれしい。もっと知りたい。」「聴覚障がいの方の話がきけてよかった。」と話していました。
今回の点字・手話体験では、みなさん楽しみながら点字や手話を学んでいる姿が印象的でした。この体験を通して障がいへの理解を深め、障がいを持つ方のくらしを知るきっかけになればうれしいと思います。

 社会福祉協議会では、学校に限らず福祉体験のお手伝いをしております。点字に使う点字板の貸出なども行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

 那珂市社会福祉協議会地域福祉グループ 電話 (029)298−8881

西小1.jpg 西小2.jpg                 
Posted by 那珂市社会福祉協議会 at 09:29
那珂市立第一中学校で福祉体験を行いました [2012年10月30日(Tue)]
10月18日(木)、那珂市立第一中学校において、中学
一年生を対象に授業の一環としてアイマスク体験と高齢者
シニア体験を行いました。
 今回、アイマスク体験を市内のボランティアサークル
「トトロ」の方々に、高齢者シニア体験を「那珂市日赤奉仕団」の
方々にそれぞれご協力いただきました。
アイマスク体験では、目の不自由な方の日常生活を体験すると
ともに、その手引きの方法について学びました。
また、高齢者シニア体験では、装具をつけて高齢者の日常生活の
疑似体験を行いました。それぞれの体験を終えた生徒からは
「普段から慣れた学校でも怖いと感じるところがあった。今後、
目の不自由な人に出会ったら手助けしたいと思う。」「階段の
上り下りがこんなに大変だとは思わなかった。」などの感想が
ありました。年齢を重ねると体の動きが鈍くなったり、関節が
曲がりにくくなったりします。また、目も今よりも見えにくく
なっていきます。今回の福祉体験を通して、家族や身近な人を
思いやる気持ちへつなげてもらえれば幸いです。

那珂一中1.jpg

那珂一中2.jpg

那珂一中3.jpg

那珂一中4.jpg


 社会福祉協議会では、学校に限らず福祉体験等のお手伝い
 をしております。
 ご相談は、那珂市社会福祉協議会地域福祉グループまで
        電話(029)298-8881
Posted by 那珂市社会福祉協議会 at 09:30
「ママとも DE クッキング 秋の♪ランチパーティー〜親子で楽しむ“食”と“お話”〜」 [2012年10月09日(Tue)]
地域のお母さん同士の交流を深めてもらいたい、お母さんと
子どもが一緒に楽しむ時間を持ってもらいたい、との思いから
「ママともDEクッキング」を10月2日にふれあいセンター
よしので開催しました。
この企画は社会福祉協議会の「身近なくらしの出前講座」に
講師として登録してくださっている方に講師をお願いし、活用
の普及をはかる「お試し講座」でもあります。
今年は、管理栄養士・料理研究家の海野としえ先生を講師に、
調理の協力を「食の教室 ライス」さんにお願いしました。
定員を超えるお申し込みのなか、抽選で選ばれた親子17組に
参加をいただきました。一緒にお料理をするにはまだ小さい
兄弟たちは「なかファミリーサポートセンター」の「まかせて
会員」さんの保育サポートで安心して待っていてくれました。
当日は
1 お洋服を着たミートローフ 
  ミートローフがポテトのお洋服を着て、森の動物たちと
  パーティー♪ポテトアニマルランド
  ♪じゃがいもを多めに茹で、マッシュポテトで好きな
  動物を作って遊びましょう
2 キラキラおむすび
  ぱっと目をひくおむすびは子どもたちに大人気
3 ぷるるんフルーツポンチ
  懐かしのフルーツポンチがぷるぷるキラキラゼリーでおす
  ましの3品を親子で一緒に作りました。
お母さんたちは「普段はお手伝いしたい、といわれてもなかなか
一緒にできない」とのことでしたが、今日は一緒にお肉をこねた
りチーズやハムをかわいい型で抜いたり、と楽しいひとときを
過ごしていただきました。
かわいく盛りつけたあとはママ同士、子ども同士も仲良くなって
わきあいあいとおいしく食べました。楽しい会話はおいしく
食べる調味料の一つです。今回は「情熱の火星人、マーズさん
(丸山 順子さん)」が登場し、楽しい歌とお話を聞かせてくれ
ました。子どもたちもきれいな盛りつけに食欲がわいたようで、
お母さんの分までおにぎりを食べた子もいたようです。帰りには
ライスさんからきれいな折り紙作品のおみやげがあり、子ども
たちは自分の好きな色を一生懸命選んでいました。
参加した方からは「楽しかった」「また参加したい」などの声を
頂きました。
 
社会福祉協議会では「身近な暮らしの出前講座」で市民の
みなさんの自主的な活動を応援しています。
詳しくはお問い合わせください。
社会福祉協議会 029−298−8881
CIMG4607.JPG

PA024288.JPG

PA024344-2.jpg

PA024358.JPG

PA024348.JPG

PA024383.JPG
Posted by 那珂市社会福祉協議会 at 11:33
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

那珂市社会福祉協議会さんの画像
那珂市社会福祉協議会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/nakavcasc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nakavcasc/index2_0.xml