CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人しあわせなみだ 
代表 Happy Tear 中野宏美のブログです。 
しあわせなみだの活動から、女性や福祉に対する
想いまで、色々発信しています。

« 性暴力被害:情報 | Main | 政治:セミナー »

プロフィール

中野宏美さんの画像
ブログ閉鎖のご案内[2011年11月04日(Fri)]
本ブログは12月末を持って閉鎖します。

今後は
【「しあわせなみだ」ブログ】 (火・金更新)
【「しあわせなみだ」代表中野宏美のブログ】 (月・木更新)
をご覧ください

「しあわせなみだ」ウェブサイトはこちら

Posted by 中野宏美 at 05:35 | しあわせなみだ:活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

今後のブログ更新について[2011年11月01日(Tue)]
まず「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」活動終了報告です。

皆さんに応援していただきました震災プロジェクトは、「震災後の性暴力の予防啓発」というミッションを終了し、10月末を持ってプロジェクトとしての活動を終了しました。
東日本大震災への関心とともに、たくさんの方に「震災後に性暴力が起こりやすい環境が生まれる」こと、そして「平時にも性暴力がある」ということを、伝えることができました。
これからはプロジェクトを構成していた各団体が、それぞれの立場から、「震災と性暴力」について取り組んでいきます。
「しあわせなみだ」では、テレビパープル「震災と女性・子ども」シリーズの作成を中心に、性暴力をゼロにする活動を継続していきます。
これからもよろしくお願いいたします。

次に今後のブログ更新についてです。
11月から、
canpan「しあわせなみだ」ブログ
*火・金更新
*「しあわせなみだ」公式ブログとして、「しあわせなみだ」の活動や性暴力に関する情報を発信
アメブロ
*月・木更新
*「しあわせなみだ」代表中野宏美の個人ブログとして、中野個人の活動や想いを発信
と、役割を明確化します。
これにともない
canpan「中野宏美ブログ(このブログです)は更新終了、11月末をめどに閉鎖します。

そんなわけで、本日火曜はcanpan「しあわせなみだ」ブログを更新します。
是非ご覧ください。
【更新ブログはこちら】

===================================
*「しあわせなみだ」ウェブサイトはこちら

Posted by 中野宏美 at 08:04 | しあわせなみだ:活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【明日10/29:東京】被災地で生きる女性の声を聴く[2011年10月28日(Fri)]
被災地で生きる女性の言葉を聴く
10/29「東日本大震災 私たちだからできること」開催!

本ブログは毎週火・金更新!
「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」も是非ご覧下さい!
↓ブログはこちらです↓
http://ssv311.blogspot.com/
↓Twitterはこちらです↓
https://twitter.com/stopsv311

====================================

被災地で生きる女性、被災地で活動してきた女性の声を聴くことのできる貴重な機会
【東日本大震災 私たちだからできること】
いよいよ明日となりました!

被災地で生き、250もの支援団体・個人とのつながりを築いてきた女性、門間尚子さん。
性的搾取を始めとする人身売買問題から女性に寄り添い、ポルノ問題にも造詣の深い藤原志帆子さん。
阪神・淡路大震災で性暴力が起こったことを機に立ち上がった「インパクト東京」を運営する森山奈央美さん。
SANE(性暴力被害者支援看護師)として「災害後のDV・性暴力防止ネットワーク」で活動してきた山本潤さん。

女性・子どもへのあたたかいまなざしを持ち、被災地に足を踏み入れたからこそ紡ぎだされる言葉。
是非お聴きください!


転送大歓迎!
◇◆━━━━━━━━
◆ 【10/29:東京】東日本大震災 私たちだからできること 
◇   〜Pray and Action〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜今、“私たちだからできること”って、なんだろう〜

3月11日に起こった東日本大震災から半年経ち、復興に向けた力強い動きがあちこちで見られるようになりました。
経済再生、エネルギー資源の見直しなどが進められる中、忘れてはならない存在があります。

それは、女性です。

あらゆる人々が安心して暮らせる社会の実現には、女性の視点が欠かせません。
このシンポジウムでは、被災地で女性を応援する活動を手がけてきた団体の方に、お話を伺います。
被災地で女性はどのような状況にあったのか。
これからのまちづくりに女性はどのように関わることが求められるのか。
そして今、“私たちだからできること”を考えます。

おかげさまで「しあわせなみだ」は、7月に特定非営利活動法人として認証されました。
皆様への感謝の気持ちと、性暴力ゼロへの想いをこめて、このシンポジウムを開催します。


*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜
 東日本大震災 私たちだからできること 
 〜Pray and Action〜
【シンポジウム詳細はこちらです】
【チラシはこちらです(PDFファイルが開きます)】
*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜

★日時
*2011年10月29日(土)14:00−16:30

★場所
*女性就業支援センター(旧女性と仕事の未来館)第一セミナー室
JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分
都営浅草線・三田線三田駅A1出口から徒歩1分
【地図はこちらです】

★内容
【基調講演】
センダイポデロサ日記 門間尚子さん
「“私たちだから”できること」

【シンポジウム】
震災後の女性・子ども応援プロジェクト 藤原志帆子さん
「“女性や子どもが主体”になれる復興のかたち」
インパクト東京 森山奈央美さん
「震災を通じて考える“私を守れる、私”」
災害時の性暴力・DV防止ネットワーク 山本潤さん
「“震災後の社会”が性暴力を許さない社会になるために」

★定員
80名(先着順)

★参加費
*1500円
※高校生以下無料、お子様連れ大歓迎です
※参加費は運営費を除き、「センダイポデロサ日記」
に寄付します

★参加申込
*メールにてお申し込みください
info@shiawasenamida.org 
※件名を「10月29日シンポジウム申込」
※本文に申込者名を記入し、送信してください

★お問い合わせ
特定非営利活動法人しあわせなみだ
info@shiawasenamida.org 


===================================
*「しあわせなみだ」ウェブサイトはこちら
http://shiawasenamida.org/
*twitter nakano_hiromi
https://twitter.com/nakano_hirom

Posted by 中野宏美 at 06:11 | しあわせなみだ:活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【11/13】親のためのデートDV講座を開催します[2011年10月21日(Fri)]
10/29「東日本大震災 私たちだからできること」開催!

本ブログは毎週火・金更新!
「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」も是非ご覧下さい!
↓ブログはこちらです↓
http://ssv311.blogspot.com/
↓Twitterはこちらです↓
https://twitter.com/stopsv311

====================================

昨年「しあわせなみだ」初となる講座を開催した「江東区男女共同参画フォーラム」
【昨年の様子はこちらです】
今年も講座を実施することになりました!
今年のテーマは「デートDV」
「自分の子どもが恋人からの暴力に巻き込まれたらどうすればいいのか」を考えます。
現役大学生からの報告もあります。
是非お越しください!


転送大歓迎!
*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*

“親が知らない”若者世代の恋愛事情
〜こどもがDVに巻き込まれないために〜
【チラシはこちらです(PDFファイルが開きます)】

*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*

今、若い人の間で増えている「デートDV〜恋人間の暴力〜」。
高校生・大学生に対する調査では、親密な交際をしたことがある人の中で、デートDVの被害経験のある女性は5人に1人、男性でも11人に1人にのぼっています。
「うちの子に限って」と見ないフリをしている間に、あなたの大切な子どもが、暴力に遭っているかもしれません。
でも、すべての人は、暴力に巻き込まれない、「相手との対等な関係」を実現する力を待っています。
そして、暴力関係から抜け出すために、最も身近にいる家族の存在は、とても大きいです。
講座では、現役大学生からの報告もあります。
若者世代の声に耳を澄ませてみることで、子どもと向き合い、今よりもっと分かり合うきっかけを作りませんか。
子どもが小さい方も、”ちょっと前の自分“を思い出し、「自分の子どもにはどう生きて欲しいか」一緒に考えましょう!


☆日時
2011年11月13日(日)13:00-15:00

☆場所
江東区男女共同参画推進センター
(パルシティ江東)3階 第一会議室
・江東区扇橋3-22-2
・新宿線・半蔵門線「住吉駅」下車A4出口徒歩12分
 都バス扇橋2丁目徒歩6分・扇橋3丁目徒歩3分
【地図はこちらです】

☆内容
◆生まれ変わるなら男?女?
・“生きづらさ”“羨ましさ”の背景にあるジェンダー
・ジェンダーとDVの関係性
◆“今の若い子たち”って?
・若者世代の性に対する意識
・現役大学生の声を聴いてみましょう
◆「うちの子DV?」と思ったら
・”ケンカ“と”DV“の境界線
・やってはいけないこと
・私たち“親にはこんな風に接してもらいたい”
◆ずっと一緒にいたいから
・大学生が製作したデートDVのDVD鑑賞

☆講師
・中野宏美(「しあわせなみだ」代表)
・卜澤彩子(現役大学生/「しあわせなみだ」副理事長)
・西村知夏(現役大学生)

☆定員
・20名(先着順)

☆参加費
・無料

☆申し込み
・電話もしくはe-mailでお申し込みください
※保育(1歳6か月〜就学前児童 保育料無料)を
希望される方は、電話にてお申し込みください

◆電話の場合
【江東区男女共同参画センター】
03(5683)0341(第2・4月曜休館 受付時間 9:00〜17:00)

◆e-mailの場合
info@shiawasenamida.org
※件名を「11月13日講座申込」
 本文に申込者名を記入し、送信してください

===================================
*「しあわせなみだ」ウェブサイトはこちら
http://shiawasenamida.org/
*twitter nakano_hiromi
https://twitter.com/nakano_hirom

Posted by 中野宏美 at 06:30 | しあわせなみだ:活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

イケメンが多いから[2011年10月18日(Tue)]
10/29「東日本大震災 私たちだからできること」開催!

本ブログは毎週火・金更新!
「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」も是非ご覧下さい!
↓ブログはこちらです↓
http://ssv311.blogspot.com/
↓Twitterはこちらです↓
https://twitter.com/stopsv311

====================================

「しあわせなみだ」が手掛ける「Beautiful Tears」
性暴力等に遭った方を美容の力で輝かせる事業です。
今は、「1人で暮らすことが難しい女性・子どもをヘアサロンのカットモデルとして紹介する」ことを展開しています。

【「Beautiful Tears」チラシや紹介TVはこちらです】
【共同通信配信「美容で癒す心の傷」に掲載されました!】

9月末までで7施設7ヘアサロンとご縁を頂き、実施人数は50名を超えました。

もともとは「髪型を整えることで自分に自信を持つ」ことを目的に始めたのですが、実施してみて、改めて実感した効果があります。

【自分の話を聞いて、自分をきれいにしようとしてくれる存在の温かさ】
カットモデルに施術をしてくれる、ヘアサロンのアシスタントさんは、女性・子どもからヘアスタイルのニーズをきき、希望に沿えるよう努力を惜しみません。また、施術の最中は、仕事の中で養ったコミュニケーションスキルで、どんな話でも受け止めてくれます。
この事業を利用している皆さんは、自分の話を聞いてもらえなかったり、きれいになることが許されない体験をしてきた方も少なくありません。そんな皆さんにとって「自分を大切に扱ってくれる」ヘアサロンの時間が、とても大きな力になっています。

【男性に対する信頼の回復】
ヘアサロンで働く男性は、その職業柄もあって、オシャレで、人当たりが良い方ばかりです。そして、どうずれが目の前にいる女性や子どもがもともと持っている美しさを引き出すことができるか、真剣に考えてくれます。
この事業を利用している皆さんは、暴力的な男性と接してきたことで、男性に対する信頼を失っていることが少なくありません。ヘアサロンのアシスタントさんと接することが、「暴力を振るわない男性像」となり、男性、そして人、社会への信頼を回復する力になっています。

「イケメンが多いから行ってみようという声もあるんです」
「(高校生以上がこの事業を利用できる施設で)中学生がとても羨ましがっているんです」
こうした声、本当に嬉しく思っています。

Beautiful Tears もっと多くのところで実施して、一人でも多くの方が自分に自信を持ち輝いて欲しいと思っています。
関心がある方、是非ご連絡ください!
【お問い合わせはこちらから】

===================================
*「しあわせなみだ」ウェブサイトはこちら
http://shiawasenamida.org/
*twitter nakano_hiromi
https://twitter.com/nakano_hirom

Posted by 中野宏美 at 07:46 | しあわせなみだ:活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

最高の女子会♪[2011年10月07日(Fri)]
10/29「東日本大震災 私たちだからできること」開催!

本ブログは毎週火・金更新!
「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」も是非ご覧下さい!
↓ブログはこちらです↓
http://ssv311.blogspot.com/
↓Twitterはこちらです↓
https://twitter.com/stopsv311

====================================

最高の女子会開催♪

・・・実は開催の趣旨は「関西ミニ総会」だったんです。

「しあわせなみだ」の事業年度は10月1日から9月30日まで。
というわけで、NPO法人化後、2期目に突入しました。

NPO法人には、総会の開催が義務付けられています。
前年度の事業ならびに収支を報告し、了承を得る場です。

正式な総会は今月開催するのですが、その前哨戦(笑)が、この「関西ミニ総会」でした。
正式な総会を関東で開催するため、関西でご縁を頂いている方々にも報告の場を設けたい
ということ。
そして「しあわせなみだ」を応援してくださっている方同士をつなげて、性暴力ゼロの新たな輪を拡げたい、ということがありました。

「総会」さらに「性暴力」がテーマとなると、どうしても暗く重たくなりがちですよね。

ところが!
参加された皆さんの素敵なお人柄のおかげで、終始あたたかくなごやかな雰囲気で進めることができました。
性暴力をゼロにするにはどうすればいいか。
初めて会ったとは思えないほどの盛り上がり。
これってまさに“最高の女子会”ですよね♡

↑なんて美人揃いなんでしょう♡何かに対する熱い想いを持って生きている人たちだから、こんなに輝いてるんですね↑

こちらがパワーをもらえました。
本当にありがとうございました。
また是非開催しましょう!

最後にちょっとまじめな話も。
女性だけでなく、男性やセクシュアル・マイノリティの方にも、性暴力ゼロに関心を持ってもらい、「性暴力はあってはならない人権侵害だ」と思ってもらうことが不可欠です。
今回も、女性だけに声をかけたわけではなかったのですが、結果として女子会になったという経緯があります。
女子会だけでなく、男子会やセクマイ会も開催できるように、活動の幅をいかねばと思います。

====================================
*「しあわせなみだ」ウェブサイトはこちら
http://shiawasenamida.org/
*twitter nakano_hiromi
https://twitter.com/nakano_hiromi

Posted by 中野宏美 at 06:04 | しあわせなみだ:活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【10/29:東京】被災地の性暴力を考える[2011年09月27日(Tue)]
10/29「東日本大震災 私たちだからできること」開催!

本ブログは毎週火・金更新!
「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」も是非ご覧下さい!

↓ブログはこちらです↓
http://ssv311.blogspot.com/
↓Twitterはこちらです↓
https://twitter.com/stopsv311

====================================

ついにこの情報を皆さんにお届けできることを、本当に嬉しく思います。

「しあわせなみだ」特定非営利活動法人認証記念を兼ねた、東日本大震災関連イベントを開催します。
被災地の性暴力を考える内容です。
是非遊びに来てください!


※転送大歓迎!

〜今、“私たちだからできること”って、なんだろう〜

3月11日に起こった東日本大震災から半年経ち、復興に向けた力強い動きがあちこちで見られるようになりました。
経済再生、エネルギー資源の見直しなどが進められる中、忘れてはならない存在があります。
それは、女性です
あらゆる人々が安心して暮らせる社会の実現には、女性の視点が欠かせません。
このシンポジウムでは、被災地で女性を応援する活動を手がけてきた団体の方に、お話を伺います。
被災地で女性はどのような状況にあったのか。
これからのまちづくりに女性はどのように関わることが求められるのか。
そして今、“私たちだからできること”を考えます。

おかげさまで「しあわせなみだ」は、7月に特定非営利活動法人として認証されました。
皆様への感謝の気持ちと、性暴力ゼロへの想いをこめて、このシンポジウムを開催します。


*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*
 東日本大震災 私たちだからできること 
 〜Pray and Action〜
http://shiawasenamida.org/3794
*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*・゜・*:.:*

【チラシはこちらです(PDFファイルが開きます)】
↑デザインがとってもかわいいので是非見てください♪↑

★日時
*2011年10月29日(土)14:00−16:30

★場所
*女性就業支援センター(旧女性と仕事の未来館)第一セミナー室
JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分
都営浅草線・三田線三田駅A1出口から徒歩1分
【地図はこちらです】

★内容
【基調講演】
センダイポデロサ日記 門間尚子さん
「“私たちだから”できること」

【シンポジウム】
震災後の女性・子ども応援プロジェクト 藤原志帆子さん
「“女性や子どもが主体”になれる復興のかたち」
インパクト東京 森山奈央美さん
「震災を通じて考える“私を守れる、私”」
災害時の性暴力・DV防止ネットワーク 山本潤さん
「“震災後の社会”が性暴力を許さない社会になるために」

★定員
80名(先着順)

★参加費
*1500円
※高校生以下無料、お子様連れ大歓迎です
※参加費は運営費を除き、「センダイポデロサ日記」「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」「災害時の性暴力・DV防止ネットワーク」に寄付します

★参加申込
*メールにてお申し込みください
info@shiawasenamida.org 
※件名を「10月29日シンポジウム申込」
※本文に申込者名を記入し、送信してください

★お問い合わせ
特定非営利活動法人しあわせなみだ
info@shiawasenamida.org 

====================================
*「しあわせなみだ」ウェブサイトはこちら
http://shiawasenamida.org/
*twitter nakano_hiromi
https://twitter.com/nakano_hiromi

Posted by 中野宏美 at 20:40 | しあわせなみだ:活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

東日本大震災から半年、性暴力を取り巻く状況を振り返る[2011年09月06日(Tue)]
本ブログは毎週火・金更新!
「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」も是非ご覧下さい!

↓ブログはこちらです↓
http://ssv311.blogspot.com/
↓Twitterはこちらです↓
https://twitter.com/stopsv311

====================================

「しあわせなみだ」代表中野宏美が共同代表を務める「震災と女性・子ども応援プロジェクト」がブースを出展することになりました。
出展するのは、9月10日に開催される、江東ボランティアまつり。
被災地の写真の展示や、「自分をたいせつにやくそくカード」を配布します。

詳細は「震災プロジェクト」のブログをご覧ください

是非遊びに来てください!

東日本大震災から半年が経ちます。
被災地では、以下の理由によって、性暴力が起こりやすい環境が生まれます。
【ハード面】
・街灯が消え、建物が倒壊し、死角が増える
・避難所など生活の場が男女共同になる
【ソフト面】
・慣れない避難所生活などによるストレスが弱いものに向かう
・物資の不足や将来が見えない不安が人の弱いところを加速し、それが暴力になる

そこで、ご縁をいただいていた団体と震災プロジェクトを立ち上げ、被災地の性暴力をなくすために、できることに取り組んでました。

半年の活動を通じて感じたことを、少しまとめてみます。

【良かったこと】

■1.被災地での性暴力が取り上げられたこと
阪神・淡路大震災の時にも、残念ながら性暴力が起こっていました。
[詳細はこちらをご覧ください]
しかしこうした事実が取り上げられることは、ほとんどありませんでした。大変な困難を抱えた人たちが、声を上げ続けた結果、震災から何年も経ってはじめて、その事実が明らかになりました。
東日本大震災では、性暴力をはじめとする暴力が起こらない、安全な環境の整備や、女性・子どものニーズにが対応する大切さが、様々なところで取り上げられました。また、震災に関連して起こった性暴力が報道されました。これは、「隠されていたこと」が「見えるようになった」という意味で、本当に大きな前進です。

■2.政府が性暴力に対応したこと
阪神・淡路大震災を踏まえ、今回の東日本大震災では、政府が、地震発生当初から、性暴力に対応しました。
[詳細はこちらをご覧ください]
政府が、被災地で性暴力が起こる危険性を認識し、対応の必要性を伝えたことは、とても素晴らしいことです。

【改善が必要なこと】

■1.残念ながら性暴力が起こったこと
こうした取り組みにも関わらず、東日本大震災でも性暴力が起こりました。
たとえば、以下が報道されています。
・被災地の女性の自宅に見知らぬ男が侵入する
 (2011年4月8日『読売新聞』)
・女子中学生が見知らぬ男に避難所トイレ近くで羽交い絞めにされる
 (2011年4月24日付「読売新聞」)
・被災地から避難してきた女性に風俗店で働くことを強要する
 (2011年6月3日付『毎日新聞』)
・被災地にボランティアに行った女性に、ボランティアに行った男性が避難所でわいせつな行為をする
 (2011年7月27日『共同通信』)
・内縁の妻に夫がDV
 (2011年8月19日読売新聞)

■2.政府の対応が必ずしも被災地で実現されたわけではないこと
東日本大震災を通じて政府が出した「男女別の避難所」「女性・子どもが安全に過ごせる配慮」などは、すべての避難所で実現されたわけではありませんでした。避難所リーダーの裁量により、プライバシーを確保できる仕切りや、女性にとってはかかせない物資が「不要」と判断され、手元に届かないことも多々ありました。

■3.性暴力ゼロに取り組んだ団体が、決して多くはなかったこと
震災プロジェクトは、おかげさまで数多くのメディアに取り上げていただきました。でも、私たちは、震災後に立ち上がった小さなプロジェクト。共同代表が所属する元々の団体も、立ち上げて10年以下、まだまだこれからです。それでも、これだけ取り上げていただけたというのは、それだけ、性暴力ゼロに取り組んだ団体が少なかったことの表れでもあります。

天災に人災が加わることがあってはならない。
日頃から性暴力を許さない風土を醸成することが、被災地での性暴力をなくします。

これからも、あなたが、性暴力ゼロに関心を持ってくれたら、とても嬉しいです。

====================================
*「しあわせなみだ」ウェブサイトはこちら
http://shiawasenamida.org/
*twitter nakano_hiromi
https://twitter.com/nakano_hiromi

Posted by 中野宏美 at 07:02 | しあわせなみだ:活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

「Whose real is it?」に掲載されました[2011年09月02日(Fri)]
本ブログは毎週火・金更新!
「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」も是非ご覧下さい!

↓ブログはこちらです↓
http://ssv311.blogspot.com/
↓Twitterはこちらです↓
https://twitter.com/stopsv311

====================================

ソーシャルとビジネスをつなぐ「あたらしいカタチ」をアーカイブする「Whose Real is it?誰かのリアルを自分のリアルに・・・」に、「しあわせなみだ」が掲載されました!

【掲載URLはこちらです】

「しあわせなみだ」立ち上げの経緯から現在の取組、性暴力ゼロへの想いまで、とてもステキにまとめてくださいました。
是非読んでください♪

取材を受け、記事を確認する中で、
「なぜしあわせなみだを立ち上げたのか」
「しあわせなみだとして大切にすべきことはなにか」
「これからしあわせなみだはどのようなことに力を入れていくべきなのか」
をあらためて考えることができました。

性暴力に遭った当事者ではないけれど、名前と顔は出せる。
カウンセラーではないけれど、情報発信はできる。
事務所はないけれど、ヘアサロンや施設とご縁をいただきサービスを提供することはできる。

まだまだ力不足でできないことがたくさんある。
でもその中でもできることがある。
それを着実に増やしていくことで、性暴力ゼロをもっともっと多くの人に伝えていきたい。
そう思っています。

これから特に力を入れていきたいことは以下です。
★Beautiful Tearsの「一人で暮らすことが難しい女性・子どもをヘアサロンのカットモデルとして紹介する」事業でご縁をいただく施設&ヘアサロンを増やすこと
★Revolutionary Tears の「自治体・公的機関に対する講義や性暴力被害ゼロコンサルティング」

「うちの施設でBeautiful Tearsをやってほしい」という方。
「うちの機関で講義をしてほしい」という方。
是非ご連絡ください!
【ご連絡はこちらから】

これからも応援よろしくお願いします!

====================================
*「しあわせなみだ」ウェブサイトはこちら
http://shiawasenamida.org/
*twitter nakano_hiromi
https://twitter.com/nakano_hiromi

Posted by 中野宏美 at 06:34 | しあわせなみだ:活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【8/31まで】デートDVに関するアンケートを実施しています [2011年08月26日(Fri)]
本ブログは毎週火・金更新!
「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」も是非ご覧下さい!

↓ブログはこちらです↓
http://ssv311.blogspot.com/
↓Twitterはこちらです↓
https://twitter.com/stopsv311

====================================

しあわせなみだでは、昨年度に引き続き、「江東区男女共同参画フォーラム」で、講座を開催することになりました。

【昨年度の様子はこちらです】

今年は11月13日に開催。
テーマは「“親が知らない”若者世代の恋愛事情〜子どもがDVに巻き込まれないために〜」。
大学生の子どもを持つ親を、主な参加対象として、若者世代のDVや性暴力を考えるきっかけをつくれればと思っています。

講座では、現役大学生である
・卜澤彩子さん(しあわせなみだ 副理事長)
・西村知夏さん(講座「オトナの恋愛」を応援)
からの報告もあります。

【6月に開催した「オトナの恋愛〜マジヤバイ関係にならないために〜」の様子はこちらです】

そして、大学生の皆さんの声を大人たちに届けるために、デートDVに関するアンケートを実施することにしました。

そんなわけで、このブログを読んでくださっているあなたに応援して欲しいことがあります。

☆1.アンケートに回答する(あなたが大学生なら是非!)
☆2.大学生の友だちや知り合いにアンケート協力を呼びかける
☆3.Twitterでつぶやく
中野のつぶやき のRT大歓迎です!
☆4.mixiで広める
☆5.Facebookで広める

などなどなどなど・・・

卜澤さん、西村さんがとっても頑張ってくれているので、1人でも多くの大学生の声を集めたいと思っています。
是非あなたの応援をよろしくお願いします。

【アンケート回答はこちらから】
※回答にかかる時間は3分程度です
※回答期限は8月31日です

====================================
*「しあわせなみだ」ウェブサイトはこちら
http://shiawasenamida.org/
*twitter nakano_hiromi
https://twitter.com/nakano_hiromi

Posted by 中野宏美 at 06:01 | しあわせなみだ:活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事