CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人しあわせなみだ 
代表 Happy Tear 中野宏美のブログです。 
しあわせなみだの活動から、女性や福祉に対する
想いまで、色々発信しています。

« 応援団となり本人を理解する | Main | 性暴力は深い傷を残す、それでも相談できない »

プロフィール

中野宏美さんの画像
犯罪である虐待に連携して対応し子どもを守る[2010年11月22日(Mon)]
★「みんなの夢アワード」エントリーしました!応援してください!★
https://blog.canpan.info/nakanohiromi/archive/422
====================================

私が運営に携わってきた東京社会福祉士会主催
http://www.tokyo-csw.org/
性暴力被害者対応社会福祉士育成講座
http://www.tokyo-csw.org/comittee/kenriyogo_2010_0225.html

5月から全6回の講座。
↓過去の講座の一部です↓
https://blog.canpan.info/nakanohiromi/archive/285
https://blog.canpan.info/nakanohiromi/archive/309
https://blog.canpan.info/nakanohiromi/archive/397
https://blog.canpan.info/nakanohiromi/archive/409
https://blog.canpan.info/nakanohiromi/archive/410
https://blog.canpan.info/nakanohiromi/archive/423

今回が最終回。
テーマは多機関連携チーム&子どもの権利擁護センター
講師は山田不二子さん(山田内科胃腸科クリニック副院長)でした。
http://www.sangenkai.com/

子ども虐待防止に向けて積極的に活動されている山田さんの講義に、大いに刺激を受けました。

1.子ども虐待は犯罪
2.子どもの特性に応じた対応が不可欠
3.多機関連携で子どもを守る

【子ども虐待は犯罪】
子ども虐待には「児童虐待の防止等に関する法律」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv22/index.html
等、児童福祉関連法で対応することが多く、「児童福祉」の問題として捉えられていることが多いです。また、加害者が親である場合、「親は子どもを叩いていい」等と、甘く判断されることも、少なくありません。しかし「身体的虐待」「精神的虐待」「性的虐待」「ネグレクト」すべてに、医療的・犯罪的要素があります。他人に暴力を振るえば犯罪になるのと同様、子ども虐待も犯罪なのです。

【子どもの特性に応じた対応が不可欠】
子どもは、大人と異なる特性を持っています。例えば、何度も同じことを質問されると、「自分の言っていることが信じられていない」と感じ、言うことを変えます。このため、虐待に遭ったことを裁判で立証しようとしても、裁判までに何度も虐待について質問されることから、言うことを変えてしまい、信ぴょう性が疑われます。また大人同様の「時」の概念を持てるようになるのは10歳程度であることから、虐待に遭った時を特定することが難しいです。さらに傷の回復が早いため、虐待の証拠が残りづらいです。こうした特性を理解し、「虐待の状況は1回の面接ですべて把握する」「虐待が疑われたらすぐに対応する」といった対応が不可欠です。

【多機関連携で子どもを守る】
子ども虐待に1か所で対応できる機関はありません。「児童相談所」「警察・検察」「医療機関」すべてが等しく機能することが不可欠です。例えば骨折した子どもがいた時、児童相談所は「なぜ骨折したのか」を把握し、今後の親子への関わり方を考えます。警察は「いつ」「どこで」「なぜ」骨折したのかを明らかにし、加害者を特定しようとします。事件であった場合、検察は罪名を検討します。医療機関は骨折治療に専念します。それぞれの専門性を活かして連携し、子どもを守ることが求められています。

それぞれの専門機関が「役に立たないから」ではなく「視点や機能が違うから」こそ、連携しなければならない。
専門性を活かすからこそ、「子どもを守る」ことを最優先にした連携が必要だと、改めて感じました。

社会福祉が性暴力に対して何もできていないという思いが「しあわせなみだ」立ち上げのきっかけ。
http://ameblo.jp/nakanohiromi/entry-10203035393.html
この講座が社会福祉士の性暴力への対応を促進するものになったら嬉しいと思い、運営に携わってきました。
これからも関われること、できること、やっていきたいです。

====================================
*「しあわせなみだ」ウェブサイトはこちら
http://shiawasenamida.org/
*twitter nakano_hiromi
https://twitter.com/nakano_hiromi

Posted by 中野宏美 at 07:01 | 性暴力被害:情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/nakanohiromi/archive/442

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事