CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«W取材「住む。」&ドイツ国営放送 | Main | 「自休自足」の取材»
プロフィール

小山美佳江さんの画像
小山美佳江
プロフィール
ブログ
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
小林一紀&恵里奈
新しい家族 (03/26)
小崎公平&美恵
新しい家族 (03/21)
ena
新しい家族 (01/27)
ゆうこ
新しい家族 (01/20)
かずのり&えりな
新しい家族 (01/06)
Troy
新しい家族 (12/29)
一紀&恵里奈
新しい家族 (12/12)
潟純塔Yライフ
12月4日現場の状況その1 (12/11)
潟純塔Yライフ
12月4日現場の状況その1 (12/09)
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/nagaya/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nagaya/index2_0.xml
大人の社会科見学〜森林の仕事〜 [2011年04月22日(Fri)]
雑誌「住む。」の取材2日め。

長屋作りに関わった地元の職人さんたちを取材するというので

池竹さんと山田家が同行しました。

藤野の山に入り、清水林業さんの伐採の現場を見学。

30度のものすごーい斜面で

立派なもみの木がずらっと倒されていました。

藤野にもみの木の自然林があることが意外で

「今年のクリスマスツリーは、本物でしたいなあ」

などとのんきに下から眺めてたら

ごろんごろん!と丸太が転がってきて

ずいぶん離れていたはずなのに、思わず逃げてしまう迫力。

どんなにベテランが扱っていても、木は、はねることがあるそうで

「この仕事は保険料が高いんだよ」との言葉が妙にリアルに響きました。

こ、こわい・・・。

プロは年輪を見るだけで、その木の枝払いの時期や

どんな斜面に立っていて

どの方角からの風が受けていたか、その「生い立ち」が全てわかるそう。

手相を見るように、年輪を見ながら説明してくれる職人さんの話が面白く

関心することしきり。

それから午後は、藤商木材さんの製材の現場を見学。

何度かおじゃまさせて頂いていたけれど

実際に丸太が板状に製材されるのを見るのは初めてで

これがまだ面白く!!

ちんちん電車のようなもの?(藤商さん曰く『佐野川線だよ〜』)に

乗りながら、次々と木がスライスされていく様に

みんな目が釘付けでした。

藤商さんのすばらしい仕事ぶりと、人生訓にも通ずる木のお話は

6月21日発売の「住む。」でぜひどうぞ(笑)。

せっかくの機会だからと一緒に見学した藤野在住40年の方も

「いや〜、森や木のことって本当に勉強になる。製材も初めて見た」

と感動していて

わたしたちも移住2ヶ月で、このような体験ができてとてもラッキーでした。

大人の社会科見学、ぜひシリーズ化したい!

人や自然という、みじかな所にすばらしい資源がたくさんあって

それをひとつひとつ発見していくのが、とても楽しい毎日です。

(ai)

追伸:
我が家のmacだとなぜか画像がアップできず、ただいま原因究明中です。
画像が見たい方はお手数ですが、個人blog「白ひつじ野良り暮らり」の方をご覧ください。
http://ameblo.jp/nora-hitsuji/
【長屋の日々の最新記事】
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント