CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

わくわく実験Day 6月の回 開催しました [2021年06月21日(Mon)]
昨日6月20日 長野市朝陽公民館にて、わくわく実験Day6月の回を開催しました。
昨日はお二組という少人数での開催でしたが、その分、深い話ができたかと思います。
まずは、前回の宿題から。フォトリフレクターの動作がこれでいいのか? という問題から。プラレールの列車通過にフォトリフレクターを使用しているけれども、その動作が安定しないという事でした。

澤本研究員が同じフォトリフレクターを入手し(というか、たまたま手元にあったらしい)回路を組んで抵抗値を色々変えながらその変化をオシロスコープで確認しました。
フォトリフレクターは、赤外線LEDとフォトトランジスタがセットになった素子なのですが、赤外線は目に見えない光のハズ。
でも、参加者の中で光がうっすらと見える派と全然見えない派に分かれるのは面白いところでした。見える波長にも結構、個人差があるんですね。
※直接は目で見えない赤外線ですが、デジカメの画面を通してだと光っている事が確認できます。ご家庭のテレビなどのリモコンの送信部をスマホやデジカメを通して見てみてください。

その後は、こたぽんさんが持ちこんだ、完成したばかりのリアクションホイール。これを動かして、その様子や動かす条件を変えてみたりして観察しました。
自分でバランスをとりながら、ケースの角の部分で器用に立つ様子は見ていてとても面白いものです。
このリアクションホイールの製作記事は、こたぽん編集室でご覧頂けます。

こたぽん編集室
https://kenaka.xsrv.jp/kotapon/

フォトリフレクターのLEDが光っている様子(右側の紫色に光っているものがそうです。赤く光っているのは普通のLED)
IMG_20210620_133759626.jpg
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ながの電気クラブさんの画像
https://blog.canpan.info/naganodenkiclub/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/naganodenkiclub/index2_0.xml