CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「わくわく実験day 2月の回」を開催しました [2021年02月08日(Mon)]
2/7(日)の午後は朝陽公民館で「わくわく実験day 2月の回」を開催しました。未就学児から大人まで7名の方が参加してくれました。

ブートストラップ少年団朝陽支部のScratch体験コーナーではScratchを動かすPCを2台用意して、過去に作った猫が動くプログラムなどをいじってもらいました。プログラムをゴリゴリいじくるというよりは、マウスやキーボードをいじくりたい年頃の小さなお友達もいて、一心にマウスを動かしていました。何事に対しても興味を持つのは大切と悟らされた瞬間でした。その後は、インターネットにつないで他の人のScratch作品を眺めたりしました。他の人の作った作品から、どんなことができるのか、どのようなプログラムになってるのか知るのも大切なことだと思います。

Scratchコーナーの他には、黙々とプログラミングで少し悩みつつも取り組む人や、ブロックやセンサーなどを使って乗り物を組み立てて、タブレットからプログラムを送り込んで動かす人達がいたりとめいめいが興味あることに打ち込んでいて、主催者側も、もう少しソフトウェア寄りの世界へ続く扉を開ける必要があるのかもしれません。たまには新しいことにチャレンジせねばと実感した日でした。
20210207_1_P1500127.JPG
20210207_2_P1500130.JPG
20210207_3_P1500131.JPG
20210207_4_P1500135.JPG

あと、ながの電気クラブ主催のイベントではないのですが、2/14(日)午後は県立長野図書館の3階で、月いちで開催されている、モノづくりラボ・オープンデーの日です。クラブ員も遊びにゆく予定です。
https://www.knowledge.pref.nagano.lg.jp/now/news/opendaylabo_202102.html

ラボ・モノづくりCommunitiesの方達が集う場所です。活動内容は次のページから。(facebookアカウントがなくても眺めることができます)
https://www.facebook.com/groups/1955735327863845
モノづくりやプログラム、電子工作に興味がある方、モノづくりやプログラムを作っているものの壁に直面している方は参加してみてはいかがでしょうか?壁を越えるヒントが見つかるかもしれません。
2月のわくわく実験Dayに向けた準備やお知らせなど [2021年02月01日(Mon)]
1月のわくわく実験Dayで、参加者の方が持ち込まれたステッピングモーターのドライバ基板と、基板を取り付けるArduinoのCNC shieldに触発されて、モータードライバ基板等を取り寄せてみました。
ドライバICはA4988ではなくHR4988という互換IC?でした。動くのか?と一瞬不安が頭の中をよぎりましたが、STEP端子にパルスを入れると手持ちのミニミニステッピングモーターが動き出しました。
電流検出用抵抗の定数がわからなかったので、ケルビンクランプを入手して4端子測定をしようかと一瞬思いつつも面倒だったので、モーター用電源の電流値を確認しながら基板上の半固定抵抗を調整しました。そして、ドライバ基板の制御端子を次の状態にすることで手持ちのモーターが動きました。
nEN(nEnable):lowになっていること(highでは動作しない)
nRST(nReset):highになっていること(lowでリセット状態)
nSLP(nSleep):highになっていること(lowで動作停止)

STEP端子に入れるパルスは、手持ちのLTC1799モジュール基板(秋月電子)で数Hz〜約300kHzのパルスを作って入れてます。周波数が高くなるとモーターは回らなくなりますが、モーターがうなる音がシンセサイザーっぽい電子音で時々聴き入ってしまいます。(笑)
20210201_A4988_driver_evaluation_board.jpg

続きは2/7(日)午後に開催のわくわく実験day2月の回で実験する予定です。
https://www.facebook.com/naganodenkiclub/
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ながの電気クラブさんの画像
https://blog.canpan.info/naganodenkiclub/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/naganodenkiclub/index2_0.xml