CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

メディアランドUEDAのクリスマスイベント St. Media Xmas 2020に出展しました(12/19午後) [2020年12月21日(Mon)]
メディアランドUEDA(上田市マルチメディア情報センター)で開催されたSt. Media Xmas 2020に工作教室で出展させていただきました。
今回、ちょっと難易度高めの半田付けを入れてしまったため、半田付けに難儀した子ども達もいましたが、どうにか全員が組み立てて、ピカピカ光らせることができました。

部品を購入してから分かったのですが、今回使用した自己点滅イルミネーションLEDが意外と電流を消費するため(最大120mA程度)、昇圧型DC/DCコンバータの変換効率も加わり、単四電池1本で9時間程度の点灯時間となっています。(その後も赤青緑のみは光り続けますが...)
次回も同じようなものを作るとしたら、消費電力の低い素子を選んだり、光らせ方を考えてゆくことになると思います。
20201219_工作教室1.JPG
20201219_工作教室2.JPG
20201219_工作教室3.JPG

次の写真は試作時のものです。
20201221_XmasBall_2.JPG
20201221_XmasBall_1.JPG

次回のイベントは2021/1/10(日)のわくわく実験Dayです。長野市のWakaho-Meワカホーム(長野市若穂保科2886-1)で開催します。参加希望者は事前にLINEやメッセンジャー、イベントページのコメント欄に希望人数を書いて連絡をお願いします。
https://www.facebook.com/events/2839245182971665/
12/19(土)のクリスマスイベント出展に向けた準備 [2020年12月05日(Sat)]
12/19(土),20(日)は上田市マルチメディア情報センターで、メディアランドUEDAクリスマスイベント St. Media Xmas 2020 〜プログラミング&工作に挑戦!〜 が開催されます。
詳細は次のサイトをご覧ください。
http://www.white.umic.jp/xmas2020/

ながの電気クラブは12/19の午後に工作教室を開催させていただきます。クリスマス用の飾り物を電子部品を半田付けして組み立てる教室です。
本日はその教材の準備として、プラスチックのケースに穴を開けていきました。その加工の過程をメモがてら書いてみます。

部品を取り付ける穴をケースに開ける準備として、ケースに油性ペンで切り取る線を書いていきます。
XmasBall_CaseHole_1.JPG

続いてその線に沿って半田ごてで穴を開けていきます。半田ごては温度調節器を使って温度を下げてあります。プラスチックから煙は出ないけど溶けてゆく温度を狙うのがポイントです。念のため換気もします。
XmasBall_CaseHole_2.JPG
XmasBall_CaseHole_3.JPG

穴が開いたら余計な部分(バリ)をニッパーで切っていきます。外側、内側ともに盛大にバリがでてます。
XmasBall_CaseHole_4.JPG
XmasBall_CaseHole_5.JPG

ケースが勘合している部分も一緒に溶けているので、カッターで切れ込みを入れます。これを忘れると割れてしまう場合があります。
XmasBall_CaseHole_6.JPG

とりあえず穴があいて部品が入るようになりました。4時間弱で13個仕上げて、今日の作業は終了です。
XmasBall_CaseHole_7.JPG
XmasBall_CaseHole_8.JPG

この後はやすりを使って断面周辺のデコボコやザラザラをなくしていきます。プラスチックがスチロール系?の樹脂で割れやすく傷もつきやすいため、やすりがけは優しく丁寧にかけることになりそうです。

穴を開ける方法は、他にもカッターを使ったりドリルで穴を開ける方法がありますが、今回は割れやすく傷つきやすい材料だったため、半田ごてで溶かしてみました。他にも良い方法があったら教えてください。レーザーカッターとかで球面切れるかな?
まんぷく食堂3周年イベントに出展しました [2020年11月01日(Sun)]
10/31の午後はまんぷく食堂の3周年イベントに参加しました。
久しぶりに会う子ども達の中にはマスクをしていても顔を覚えてくれている子もいたりして、ちょっと嬉しい土曜日でした。
今回は、電源不要のラジオ、電源が必要なラジオ、キットを組み立てたゲーム機とハンドスピナー、ScratchのPC、リモコンプラレール試作品などを展示しました。

電池のいらないラジオは、建物の関係か室内での受信は微妙な感じで、今後の研究課題の一つとなりました。
Scratchではモーションキャプチャ機能を使って画面に参加者の姿を映し出して動きの動作で猫を動かしたりしてみました。家でも試してみたい家族向けにScratchの始め方みたいな資料を作った方がいいかも、と思えた日でした。
先週まで畳の上を走っていたプラレールはようやく敷かれたレールの上を走れるようになりました。子ども達がいじるのを見ていて、いろいろ改善する部分や目標も見つけました。引き続き市場や需要をリサーチしながら改造していきます。

Scratchは次のサイトで動かすことができます。ソフトをパソコンにダウンロードすればネットワークにつながっていなくてもプログラミングできます。
https://scratch.mit.edu/

1_800_P1480805.JPG
準備完了。

2_800_P1480806.JPG
3_800_P1480807.JPG
4_800_P1480809.JPG
5_800_P1480810.JPG
6_800_P1480811.JPG
7_800_P1480812.JPG
第二回ながの子ども・子育てフェスティバルに出展しました [2020年09月23日(Wed)]
9月22日に長野市役所の横にある桜スクエアなどで開催された「第2回子ども・子育てフェスティバル」に出展しました。

IMG_20200922_094021589_HDR.jpg

ながの電気クラブでは、ブースの中に次のようなコーナーをもうけました。

・マイコンIchigoJam体験コーナー
 小型のコンピューターIchigoJamを使った装置を多数展示して、来場者に触れてもらったり実際に操作して体験やゲームをしてもらいました。
今回、このコーナーの運営は 十勇士パソコンクラブ/PCN上田の斎藤史朗さんに多大なご協力頂きました。本当にありがとうございました。

・Scratch体験コーナー
教育ようプログラミング言語、Scratchの体験コーナーを設け、自由にコンピューターを操作してもらいました。長野ブートストラップ少年団(略してブースト団)朝陽支部としてのコーナーになりました。

IMG_20200922_093434754_HDR.jpg

・電気を通す粘土体験
小麦粉や塩を材料に作った電気を通す粘土遊びコーナーを設けました。実際に電気を流して電子オルゴール鳴らしたり、LEDを点けたりしました。電線を使った回路ではなく、子どもに親しみやすい粘土を使った回路にすることで、より電気の基本的な部分を覚えてもらいやすくなる事をねらったものです。
今回、このコーナーの運営には、 NPOながの協働ねっと の事業である「地域まるごとキャンパス」を通じて、市立長野中学の生徒さんお二人が、粘土の試作から行ってくれました。お疲れ様でした。

IMG_20200922_093414911.jpg

・電子機器分解デモンストレーション
ながの電気クラブメンバーの中学生が、動かなくなったVTRを分解するデモを行いました。
業務用のVTRなので作りがしっかりしていました。
中にはその様子を食い入るように見ている子や、そのお父さんもいらっしゃいましたよ。機械いじりが好きな人の心には何かが届いたように思いました。
IMG_20200922_105126843_HDR.jpg


天気にもめぐまれて、このイベントには沢山の来場者がありました。
ながの電気クラブのブースにおいで下さった皆さん、本当にありがとうございました!

クリスマスイベントに出展しました(12/15) [2019年12月18日(Wed)]
12/14,15に上田市マルチメディア情報センターで開催されたクリスマスイベントに出展しました。(出展は12/15のみです)
「KAGURAでdancing」というブース名のとおり、KAGURAというソフトを使い、踊って音楽を奏でようというブースです。青の背景も用意していただき、子ども達もノリノリで踊ってました。
KAGURAの他には、ゲーム機やハンドスピナー、デカ顔ボックスを用意して子ども達に遊んでもらいました。
20191215_1_P1420637.JPG
20191215_2_P1420639.JPG
ロボット展示でイベント出展(二日目) [2019年09月23日(Mon)]
本日9月23日 ながの子ども・子育てフェスティバル の二日目が終了しました。
今日は...

ロボットATOM
Scratchによるプログラミング体験
デカ顔ボックス体験
途中から、上田からいらっしゃった斎藤さんの「ichigoJamを使ったゲーム機」
などを展示しました。

今日も。プログラミングは安定した人気。結構、Scratchを知っている子もいてッ知名度がかなりあるなぁという印象を受けました。

二日間の出展は大変でしたが「ウチの子がこういうの好きで」とか「ぜひ参加したい!」と色々なつながりができてとても良かったです。
IMG_20190923_145926367.jpg

そして、デカ顔ボックスの撮影にご協力頂いた皆さま、感謝の気持とともに、こちらに皆さまのお写真を掲載させて頂きます!
長野市民だったらほとんどの方がご存じのあの方も、このイベントの実行委員長も、赤い車椅子のあの方も、いつもは撮る専門の方も、燻製売ってる方も、取材にいらして逆に写真とられちゃった方も、出展されていた方も..皆さま、本当にありがとうございました!!
ちなみに最後の画像は、私です...私のも載せておきます。

IMG_20190923_103601945.jpg

IMG_20190923_112828045.jpg

IMG_20190923_122213356.jpg

IMG_20190923_125526562.jpg

IMG_20190923_130606328.jpg

IMG_20190923_134426178.jpg

IMG_20190923_135257748.jpg

IMG_20190923_135411283.jpg

IMG_20190923_141446211.jpg

IMG_20190923_142021083.jpg

IMG_20190923_134736748.jpg

71402234_493331088156028_4084095268033658880_n.jpg

イベント出展でロボット展示(1日目) [2019年09月22日(Sun)]
ながの子ども・子育てフェスティバル ながの電気クラブ出展の第一日目が終了しました!

今日は、ロボット二体を動かしたり、Scratchプログラミング体験、電子楽器KAGURA体験を行いました。

開場と同時に、子どもがやってきてすっかり張り付き状態(笑 ロボットだけでなく、プログラミング体験も一日中、希望者が切れないなど安定した人気がありました。

様子を見てると電気クラブのブースに全然興味無い子、ずーっと張り付いてる子と見事に分かれましたね。

KAGURAの体験では、他のブースの方も体験してくれました。興味を持ってパンフレットを持って行かれる方もいらっしゃいました。隣のブースの甲冑姿の方も(紙製だそうです)も体験下さいました。ありがとうございました。

明日23日は、台風接近により会場の規模が縮小され、ブースは長野市芸術館内となります。ながの電気クラブは明日も出展します。皆さまのお越しをお待ちしております。

IMG_20190922_085808412.jpg


IMG_20190922_110122479.jpg


IMG_20190922_160918949.jpg
新世代電子楽器KAGURA [2019年09月21日(Sat)]
明日22日と23日に開催の ながの子ども・子育てフェスティバルの なが電気クラブブースのご紹介です。

22日 午前11時頃から、ダンサー「軟体動物モカこさん」によるKAGURAのデモンストレーションを行います。
KAGURAは、カメラで体の動きを読取り、画面上に設定した楽器に身体が触れたときにその音が出る仕組みの新世代型電子楽器です。
設定でさまざまな楽器の音を出すことができます。

今回は、来場の皆さんにこのKAGURAを体験して頂く他、地元ダンサーによるデモがあります。
デモは22日午前11時頃からです。皆さんぜひ、このKAGURAで楽しんで下さいね。



※KAGURAの公式サイトはこちら...
https://www.kagura.cc/jp/
中国製ロボット起動 [2019年09月17日(Tue)]
9/22,23の「ながの子ども・子育てフェスティバル」出店に向けて赤い中国製ロボットの準備してます。

ようやくPC上の制御ソフトを使ってロボットの腕や足のモーターを動かせるようになったものの、かなり高い確率で通信エラーが発生する状態でした。調べてゆくとモーターが動き出す時に電流をものすごーく消費するため、ACアダプタ(8.4V 800mA)が悲鳴をあげて電圧が下がってしまい通信エラーになっていました。ACアダプタの代わりに、3A流せる外部電源を使うことで通信エラーはなくなりましたが、瞬間的には4A以上流れるようなので、できれば4A以上の電源を用意したいところです。

また、いくつかのモーターがPC画面上の表示と逆の動きだったのでモーターの向きを変えて取り付けて動かしたところ、腕があさっての方向に曲がったり、本体にガシガシ当たったりして焦りました。
モーターの軸の位置を中点にしてから取り付ける必要があったみたいです。

中華ロボ_20190917_1200_P1400323.JPG
子ども・子育てフェスティバル 顔出しパネル [2019年09月16日(Mon)]
9月22,23日 長野市役所横 桜スクエアで開催される「子ども・子育てフェスティバル」
ながの電気クラブがここに出展する事はすでにお伝えした通りですが、今回はイベントに合わせて顔出しパネルを作ることにしました。

製作してくれるのは、イラストレーターのワタヌキアヤさん(実は先日、ご紹介したデカ顔ボックスで写っている方)です。

パネルに描く絵で、結構無茶降りしましたが、いい感じに出来上がりそうです。
お越しの皆さん、ぜひ、このパネルで記念撮影をどうぞ。

IMG_20190914_133414738.jpg
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ながの電気クラブさんの画像
https://blog.canpan.info/naganodenkiclub/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/naganodenkiclub/index2_0.xml