CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ながの電気クラブは、長野市を中心に活動しています。
電気や機械が好きな人が集まるコミュニティを運営する他、電子工作教室、プログラミング教室などを開催しています。
2019年9月以前の活動についてはfacebookページをご覧下さい。
https://www.facebook.com/naganodenkiclub/
8月のわくわく実験Dayお休みのお知らせ [2021年08月22日(Sun)]
8/29に開催予定の「わくわく実験Day 8月の回」ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止としました。楽しみにしていた方ごめんなさい。
9月の回の日程が決まったら案内するのでお楽しみに。

クラブ員は引き続きゲーム機の作製にとりかかっていきます。ようやくフリッパーの動きがスムーズになりました。フリッパーが動く動画はこちらからどぞー。

長野県立図書館で開催の「モノコトベース オープンデー#19」に行ってきました(2021/8/8) [2021年08月08日(Sun)]
クラブ員からのお出かけ報告です。
8/8の日曜午後は長野県立図書館 3階で開催されているモノコトベース オープンデー#19に行ってきました。
20210808_モノコトベース オープンデー_0.JPG

会場ではVRやARゴーグルが集まっていて、夏らしく?、見えないものが見える世界が広がっていました。どのようにあのコンテンツを作るのかも聞き忘れて没入していました。
20210808_モノコトベース オープンデー_1.JPG
モノコトベース オープンデーは毎月第2日曜日の午後に開催されます。次の場所に案内が出ます。
https://www.knowledge.pref.nagano.lg.jp/now/news/kannai.html

あと、クラブ員が興味を持ったのは、カタチは昔の初期のワープロ専用機を彷彿とさせる謎のマシンです。小林さんがこっそり組み立てたようです。次回はこっそりと野イチゴ模様のキーを押してみたいかも。
20210808_モノコトベース オープンデー_2.JPG

あと、ながの電気クラブのわくわく実験day 8月の部ですが、8/29午後に開催予定です。
クラブ員も子ども達のこころをわしづかみ?できるアイテムをこしらえていきます。
"わくわく実験day 7月の会"を開催しました [2021年07月20日(Tue)]
梅雨もあけた7/18(日)の午後は朝陽公民館で"わくわく実験day 7月の会"を開催しました。
(クラブ員の記憶が確かなら)ながの電気クラブ史上、おそらく最多の方々に参加いただいた会でした。

動きがいささか怪しくなったリモコンカーを持参した子(解決できずスマヌ)や、micro:bitで音楽を奏でる子(ついていけない...)、Scratchで猫を上下左右に動かしたり色を変えたりする子(amazing!)、そして昔の業務用VHSテープレコーダの中身を確認したりと、それぞれが興味あるコトに向かい合った夏の午後でした。クラブ員もマイIchigoJamを展示しつつも、文法を忘ていることに気が付いて背中に妙な涼しさを感じた夏でした。(汗)

8月の会の日程も決まり次第、お知らせしますのでお楽しみに。

20210718_実験day_P1520357_1.JPG
20210718_実験day_P1520360_2.JPG
20210718_実験day_P1520361_3.JPG
20210718_実験day_P1520362_4.JPG
わくわく実験Day 6月の回 開催しました [2021年06月21日(Mon)]
昨日6月20日 長野市朝陽公民館にて、わくわく実験Day6月の回を開催しました。
昨日はお二組という少人数での開催でしたが、その分、深い話ができたかと思います。
まずは、前回の宿題から。フォトリフレクターの動作がこれでいいのか? という問題から。プラレールの列車通過にフォトリフレクターを使用しているけれども、その動作が安定しないという事でした。

澤本研究員が同じフォトリフレクターを入手し(というか、たまたま手元にあったらしい)回路を組んで抵抗値を色々変えながらその変化をオシロスコープで確認しました。
フォトリフレクターは、赤外線LEDとフォトトランジスタがセットになった素子なのですが、赤外線は目に見えない光のハズ。
でも、参加者の中で光がうっすらと見える派と全然見えない派に分かれるのは面白いところでした。見える波長にも結構、個人差があるんですね。
※直接は目で見えない赤外線ですが、デジカメの画面を通してだと光っている事が確認できます。ご家庭のテレビなどのリモコンの送信部をスマホやデジカメを通して見てみてください。

その後は、こたぽんさんが持ちこんだ、完成したばかりのリアクションホイール。これを動かして、その様子や動かす条件を変えてみたりして観察しました。
自分でバランスをとりながら、ケースの角の部分で器用に立つ様子は見ていてとても面白いものです。
このリアクションホイールの製作記事は、こたぽん編集室でご覧頂けます。

こたぽん編集室
https://kenaka.xsrv.jp/kotapon/

フォトリフレクターのLEDが光っている様子(右側の紫色に光っているものがそうです。赤く光っているのは普通のLED)
IMG_20210620_133759626.jpg
わくわく実験Day 4月の回を開催しました [2021年04月23日(Fri)]
4月18日午後 長野市朝陽公民館にて、わくわく実験Day4月の回を開催しました。参加者は9名でした。
新学期が始まって、まだ新しい環境に慣れないというのもあるのでしょうか、少なめの参加者でした。
この日も、プログラミング体験教室 ブートストラップ団 朝陽支部も同時開催。

自分で持ってきたキットを組立てる子、プログラミングをする子などめいめいに楽しみました。

IMG_20210418_153017057.jpg
キットを組立てる子

IMG_20210418_155706482 (1).jpg
Scratch プログラミングをする子

次回は5月16日(日)13:30〜 長野市朝陽公民館にて開催します。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、人数を制限しての開催となります。
そのため、かならず事前のお申込みをお願いいたします。
申込みメールアドレス info@denkiclub.com

尚、参加費は無料です。 
「わくわく実験day 2月の回」を開催しました [2021年02月08日(Mon)]
2/7(日)の午後は朝陽公民館で「わくわく実験day 2月の回」を開催しました。未就学児から大人まで7名の方が参加してくれました。

ブートストラップ少年団朝陽支部のScratch体験コーナーではScratchを動かすPCを2台用意して、過去に作った猫が動くプログラムなどをいじってもらいました。プログラムをゴリゴリいじくるというよりは、マウスやキーボードをいじくりたい年頃の小さなお友達もいて、一心にマウスを動かしていました。何事に対しても興味を持つのは大切と悟らされた瞬間でした。その後は、インターネットにつないで他の人のScratch作品を眺めたりしました。他の人の作った作品から、どんなことができるのか、どのようなプログラムになってるのか知るのも大切なことだと思います。

Scratchコーナーの他には、黙々とプログラミングで少し悩みつつも取り組む人や、ブロックやセンサーなどを使って乗り物を組み立てて、タブレットからプログラムを送り込んで動かす人達がいたりとめいめいが興味あることに打ち込んでいて、主催者側も、もう少しソフトウェア寄りの世界へ続く扉を開ける必要があるのかもしれません。たまには新しいことにチャレンジせねばと実感した日でした。
20210207_1_P1500127.JPG
20210207_2_P1500130.JPG
20210207_3_P1500131.JPG
20210207_4_P1500135.JPG

あと、ながの電気クラブ主催のイベントではないのですが、2/14(日)午後は県立長野図書館の3階で、月いちで開催されている、モノづくりラボ・オープンデーの日です。クラブ員も遊びにゆく予定です。
https://www.knowledge.pref.nagano.lg.jp/now/news/opendaylabo_202102.html

ラボ・モノづくりCommunitiesの方達が集う場所です。活動内容は次のページから。(facebookアカウントがなくても眺めることができます)
https://www.facebook.com/groups/1955735327863845
モノづくりやプログラム、電子工作に興味がある方、モノづくりやプログラムを作っているものの壁に直面している方は参加してみてはいかがでしょうか?壁を越えるヒントが見つかるかもしれません。
2月のわくわく実験Dayに向けた準備やお知らせなど [2021年02月01日(Mon)]
1月のわくわく実験Dayで、参加者の方が持ち込まれたステッピングモーターのドライバ基板と、基板を取り付けるArduinoのCNC shieldに触発されて、モータードライバ基板等を取り寄せてみました。
ドライバICはA4988ではなくHR4988という互換IC?でした。動くのか?と一瞬不安が頭の中をよぎりましたが、STEP端子にパルスを入れると手持ちのミニミニステッピングモーターが動き出しました。
電流検出用抵抗の定数がわからなかったので、ケルビンクランプを入手して4端子測定をしようかと一瞬思いつつも面倒だったので、モーター用電源の電流値を確認しながら基板上の半固定抵抗を調整しました。そして、ドライバ基板の制御端子を次の状態にすることで手持ちのモーターが動きました。
nEN(nEnable):lowになっていること(highでは動作しない)
nRST(nReset):highになっていること(lowでリセット状態)
nSLP(nSleep):highになっていること(lowで動作停止)

STEP端子に入れるパルスは、手持ちのLTC1799モジュール基板(秋月電子)で数Hz〜約300kHzのパルスを作って入れてます。周波数が高くなるとモーターは回らなくなりますが、モーターがうなる音がシンセサイザーっぽい電子音で時々聴き入ってしまいます。(笑)
20210201_A4988_driver_evaluation_board.jpg

続きは2/7(日)午後に開催のわくわく実験day2月の回で実験する予定です。
https://www.facebook.com/naganodenkiclub/
わくわく実験day 1月の回を開催しました [2021年01月11日(Mon)]
1/10(日)の午後は長野市若穂にある Wakaho-Me ワカホーム でわくわく実験day 1月の回を開催しました。新型コロナウイルスがあちこちで幅をきかせる中、適度に疎な感じで交流していきました。

こたつエリアにはブースト団朝陽支部としてScratchの入ったPCを用意し、PCの内蔵カメラのモーションキャプチャ機能を使って猫がニャーニャーと鳴くプログラムを仕込んでみました。(当日写真を撮り忘れたため、Scratchの写真は翌日別の場所でキャプチャしたものです)
20210111_Scratchモーションキャプチャ.jpg

ワカホームの建物は若穂紙器さんの資産ということもあり、段ボールで作られたおしゃれなテーブルエリアでは、参加者の方が持参したステッピングモーター搭載の白いクレーンを動かすべく、クラブ員がネットでArduino用のCNC shieldやモータードライブIC(A4988)の関連情報を漁る緊急クエスト?にとりかかっていきました。クラブ員のソフトウェアスキルの制約により、モーターが微動するくらいまで動かしたところで終了時刻となり、クエスト達成ならずでしたが、多少なりとも参加者の方の参考になれば幸いです。(3枚目のgrblControl画面は後日キャプチャしたものです)
20210110_わくわく実験day_1.JPG
20210110_わくわく実験day_2.JPG
20210111_grblControl.png

Arduino用のCNC shieldの関連情報を漁っている頃、別エリアでは宇宙やエネルギー、多次元世界?といった話が飛び交っていたりと、めいめいが興味あることに取り組んだ午後でした。


また、年末年始でとりかかっていた脈拍や血中酸素濃度を測定できるチップ(MAX30102)ですが、それっぽい値は表示するものの、クラブ員のスキルではそれ以上の精度アップが現状では難しい感じで、引き続きハード・ソフト両面からいじりつつ、県立長野図書館の3階で月いちで開催されている、モノづくりラボ・オープンデーで相談してゆくことになりそうです。
新年のご挨拶 [2021年01月05日(Tue)]
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末に実験エリアや部品類の片付けをしているとMAX30102というチップを使った小さな基板が出てきました。2019年の夏にメイカーフェア東京へ見学に出かけた時に、隣の会場でもイベントが開催されていて、そこで買った基板でした。
20210105_MAX30102_PulseOxilator_1.jpg

調べてみると脈拍や血中酸素濃度を非接触で測定できるチップのようでした。githubに置いてあるライブラリなどを流用して、ソフトウェアの素人でも何となくそれっぽい数値が読み出せるようになりましたが、本当に測定できているの?みたいな脈拍が表示されることもあったりして、なかなか奥が深く遊べるデバイスでした。また進展があったら書き込みます。
20210105_MAX30102_PulseOxilator_2.jpg

そして話は変わり、1/10(日)は「わくわく実験day 1月の回」です。長野市若穂にあるWakaho-Meワカホーム(長野市若穂保科2886-1)で開催します。参加希望者は事前にLINEやfacebookのメッセンジャー、イベントページのコメント欄に希望人数を書いて連絡をしてください。
https://www.facebook.com/events/2839245182971665/

今年も新型コロナを意識しつつ、できることをやっていきたいと思います。
メディアランドUEDAのクリスマスイベント St. Media Xmas 2020に出展しました(12/19午後) [2020年12月21日(Mon)]
メディアランドUEDA(上田市マルチメディア情報センター)で開催されたSt. Media Xmas 2020に工作教室で出展させていただきました。
今回、ちょっと難易度高めの半田付けを入れてしまったため、半田付けに難儀した子ども達もいましたが、どうにか全員が組み立てて、ピカピカ光らせることができました。

部品を購入してから分かったのですが、今回使用した自己点滅イルミネーションLEDが意外と電流を消費するため(最大120mA程度)、昇圧型DC/DCコンバータの変換効率も加わり、単四電池1本で9時間程度の点灯時間となっています。(その後も赤青緑のみは光り続けますが...)
次回も同じようなものを作るとしたら、消費電力の低い素子を選んだり、光らせ方を考えてゆくことになると思います。
20201219_工作教室1.JPG
20201219_工作教室2.JPG
20201219_工作教室3.JPG

次の写真は試作時のものです。
20201221_XmasBall_2.JPG
20201221_XmasBall_1.JPG

次回のイベントは2021/1/10(日)のわくわく実験Dayです。長野市のWakaho-Meワカホーム(長野市若穂保科2886-1)で開催します。参加希望者は事前にLINEやメッセンジャー、イベントページのコメント欄に希望人数を書いて連絡をお願いします。
https://www.facebook.com/events/2839245182971665/
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ながの電気クラブさんの画像
https://blog.canpan.info/naganodenkiclub/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/naganodenkiclub/index2_0.xml