CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ながの電気クラブは、長野市を中心に活動しています。
電気や機械が好きな人が集まるコミュニティを運営する他、電子工作教室、プログラミング教室などを開催しています。
2019年9月以前の活動についてはfacebookページをご覧下さい。
https://www.facebook.com/naganodenkiclub/
木材の穴あけ治具(今回も木工ネタです) [2022年05月14日(Sat)]
2021年の初夏から始めたゲーム機の作製で、木材に穴をあける機会が増えましたが、板を垂直に組みたい部分が垂直にならないことが多々あります。板を直角にカットする時の精度も傾く要因ですが、それ以外にも、木材同士を組む時に使う木ネジの傾斜も要因の一つであると考え、いかに木ネジ用の下穴を垂直にあけることができるか検討してます。今回はそんなネタです。

ボール盤などの機械があればだいぶ精度が上がると思われますが、ボール盤の購入には何となく踏み切れない状態です。また、もし購入したとしても、大きな板の中央部など、穴あけ場所によっては対応できない場面もあります。他にもドリルスタンドやドリルガイドと呼ばれる穴あけアダプタも使ってみましたが、細い材木に使う場合は、固定する台座が必要になったりと、個人的にはうまく使いこなせていない状態です。(これはこれで斜めの穴あけなどには威力を発揮しますが。)
1_木材の穴あけ.JPG
 ↑垂直に開けられたように見えても、ネジをつけてみると意外と曲がってささっているものです。

そこでちょっとした治具の作製を思いつき、手持ちの檜材で下穴用のドリルが通る穴をあけて使ってみました。この基準となる穴を垂直にあけるのは卵が先かニワトリが先かという問題がありますが、なるべく垂直を狙ってあけて、スコヤを使って直角になっているか確認し、直角にならない角度分は治具の木材を削るという原始的な方法で対応しました。さっそく試しにこの治具を使って穴あけをしてみると、穴あけの精度がかなり高まった感じがしました。しかし、しばらく使っていると、この治具自身がドリルで削れてしまい、次第に斜めの穴あけが増えてしまいました。

2_檜材の治具.JPG
 ↑上側の小さな木が穴あけ治具(檜で作製)です。すでに穴の部分がだいぶ広がっています。

そこでもっと堅さをということで、ホームセンターで売っていた4種類の堅そうな木材(メープル、ホワイトオーク、チェリー、ウォールナット)を買ってみました。現在はとりあえずメープルを使っていますが、檜材よりはだいぶ長持ちしそうです。(理想は堅い金属で治具を作ることですが、作る手間を考えると躊躇してしまう...)
3_4種類の木材で作製.JPG
 ↑4種類の木で作ってみました。
4_メープルの治具.JPG
 ↑しばらくはメープルを使ってみます。


今回も電気を使わないネタになってしまいました。しばらく木工ネタ路線になるかもしれませんが次回をお楽しみに。
季節は春に [2022年04月17日(Sun)]
久しぶりの更新となりました。
こちら長野市は昼と夜の寒暖差や天候による日々の寒暖差が大きな日が続いていますが、皆さまの地域ではいかがでしょうか?
公園の桜も先週満開になったと思ったら、既に散り始めていますが、遠くから眺める分にはまだまだ満開気分です。
20220417_ブログup用_桜の花.JPG

クラブ員の家の工作環境でも、ようやく手がかじかむことなく木を切ったり穴をあけたりと工作できるようになりました。
冬の間に忘れかけていた木を切る感覚を思い出しつつ、工具類を置く場所を作ってみました。
パイプラックの端に木の板を引っかけて、工具のサイズに合わせて穴をあけた木片をボンドでペタペタ貼っただけですが、多少は工具を探す時間が短くなったかな?という感じです。
20220417_工具ホルダー作製1.JPG
20220417_工具ホルダー作製2.JPG

もう少し整理整頓したいところです。
20220417_工具ホルダー作製3.JPG

また、出展を予定していた、「第51回うえだこどもまつり」ですが、上田地域の新型コロナウイルス感染警戒レベルが下がらないため、5/5から秋頃に開催時期が延期になりました。新しい情報が入り次第案内しますのでお楽しみに。

うえだこどもまつりのページ
http://comich.net/kodomo/

延期の案内(上田市のページ)
https://www.city.ueda.nagano.jp/soshiki/shogaku/62214.html
ラジオの修理 [2022年02月11日(Fri)]
時の流れはとどまることなく、気がつけば1月も過ぎて2月も中旬になりつつあります。
ということで久しぶりのしばらく投稿を休んでいましたが、更新していきます。
そして遅ればせながら今年もよろしくお願いします。

わくわく実験day 1月の回も新型コロナウイルス感染拡大防止措置の影響により中止となりイベントネタがないので、今回はクラブ員手持ちのラジオをネタに書いてみます。

20200209_ラジオ分解修理_01.jpg
このラジオを買ったのが1990年頃で30年以上経つためか、ボリュームのガリにより音が急に変化したり、電池を押さえるスポンジが溶けたりしてます。電解コンデンサも弱っているかもしれません。
またアルカリ電池の液漏れによりマイナス極側がダメージを受け、マイナス極につながっている銅箔テープが腐食により断線してしまいました。SW、MW、FMともに受信はできるのですが、感度でも上がらないかなー?という軽い感じでこの部分を修理してみることにしました。

銅箔が腐食した部分
20200209_ラジオ分解修理_02.jpg

電池のマイナス極側はこの銅箔テープを介して、表側カバー内側に貼ってあるりん青銅板のような色の板2枚と、裏側カバー内側にある板1枚に接触する構造になっています。

表側カバー内側
20200209_ラジオ分解修理_04.jpg
裏側カバー内側
20200209_ラジオ分解修理_03.jpg

今回は腐食した銅箔テープをはがせる範囲ではがして、手持ちの銅箔テープを貼り、カバー側の板についた酸化物のような残渣をカッターナイフで削り落としました。

銅箔テープ交換後
20200209_ラジオ分解修理_05.jpg
20200209_ラジオ分解修理_06.jpg

組み立てて動作を確認したところ、FMの受信感度があがりました。修理前は外に出ないと受信できなかった局も室内で受信できたりし、感覚的には3dB以上あがった感じです。グランド側もアンテナとして重要な役目を持っていることを実感した日でした。


今後のわくわく実験dayの情報など入手でき次第案内しますので、お楽しみに。
St. Media X'masにて工作教室を行いました [2021年12月18日(Sat)]
12月18日 上田市マルチメディア情報センターにて開催された St.Media Xmasにて工作教室を行いました。
この日、みんなで作ってもらったものは「カオスな振り子」
磁石の力を使ってフラフラと不思議な動きをします。
この日は積雪があって参加者が来られるか心配でしたが、7名のお申込みがありました。
全員、無事に完成し持ち帰ってもらえました。細かい調整をすると、しっかりとユラユラ揺れるようになるので、色々試してみてください。

IMG_20211218_113819958.jpg

IMG_20211218_113806908.jpg

カオスな振り子_完成写真1.jpg

第50回うえだこどもまつりに出展しました(11/21) [2021年11月23日(Tue)]
11/21(日)は上田市マルチメディア情報センターで開催された第50回うえだこどもまつりに出展しました。
例年は5月連休に上田城址公園で開催しているようですが、今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、場所も季節も変わっての開催でした。
20211121_うえだこどもまつり_1.JPG
20211121_うえだこどもまつり_4.JPG
ながの電気クラブは自作ゲーム機を持ち込んで子ども達に遊んでもらいました。半数以上の子がゴールエリアにボールを飛ばすことができたみたいで、そろそろゴールに到達するか否かではなく、到達した回数を表示するなど、違う遊び方に変えたほうがいいかも?と思いました。
あと、ごくたまに、フリッパー部の構造に興味を示す子がいたりしたのも良かったです。
この先しばらく出展はないので、コツコツ改造してゆく予定です。

そう、今回は小さいお友達にまざって、上田のご当地ヒーロー 六文戦士ウェイダーもゲーム機を体験してくれました。ZUKUパワーで見事ゴールエリアにボールを飛ばしていました。
20211121_うえだこどもまつり_2.JPG
20211121_うえだこどもまつり_3.JPG
いくしない市に出展しました(11月6日) [2021年11月09日(Tue)]
11/6(土)は須坂市の田中本家博物館駐車場で開催された"いくしない市"に出店しました。
今回も天候に恵まれ絶好のゲーム日和(笑)ということで、子ども達を中心にゲームを楽しんでもらいました。
また数人の大人の方とゲーム機やプログラミングについて話をすることができました。
20211106_いくしない市_1.JPG
20211106_いくしない市_2.JPG
20211106_いくしない市_3.JPG

今回の本体故障は、フリッパーと操作ボタンをつなぐ樹脂製のジョイント破損と、輪ゴム2本が切れた程度でした。
20211106_いくしない市_4.JPG
20211106_いくしない市_5.JPG

また、翌日11/7の午後は、長野市の朝陽公民館で"わくわく実験day 11月の会"に1台持参して何人かの人に体験してもらいました。また極秘裏に開発中のボール検出回路のデザインレビューを4歳のお友達とおこない、いくつかヒントや修正点を得ました。
20211107_実験day.JPG


次回のゲーム機の出動は、11/21(日)開催の"うえだこどもまつり"です。興味ある方は次のサイトをご覧ください。
http://comich.net/kodomo/
参加希望の方は上記サイトからの申し込みが必要でます。(参加人数制限のため)
ゲーム機の修理 [2021年11月04日(Thu)]
そろそろ壊れる時期かも?と思っていたところ、先日フリッパーの駆動部が壊れたので、強度を高めた構造にしました。
壊れた部品は木工用ボンドで修理して予備用としました。他の駆動部も順次改造してゆく予定です。
2021104_フリッパー修理_1.jpg
2021104_フリッパー修理_2.jpg

ゲーム機の次の出番は11/6(土)のいくしない市です。10月の開催よりも時間が前後にのびているので、ゲーム機の耐久テストの場になりそうです。輪ゴムとか切れそう...

あと、他のブースでは須坂の味噌が登場するようです。食いしん坊さんは見逃せないかも?
https://ikushinai.drsp.jp/\次回開催は11-6(土)いくしない市//

表示できない場合は次のアドレスからご覧ください。
https://ikushinai.drsp.jp/%ef%bc%bc%e6%ac%a1%e5%9b%9e%e9%96%8b%e5%82%ac%e3%81%af11-6%ef%bc%88%e5%9c%9f%ef%bc%89%e3%81%84%e3%81%8f%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e5%b8%82%ef%bc%8f/
まんぷく食堂に出展しました [2021年11月01日(Mon)]
10月30日 地元で定期的に開催されている、コミュニティー食堂「まんぷく食堂四周年パーティー」に出展しました。

この日持っていったのは、今ブームの(電気クラブ的に(笑))スマートボール。澤本研究員の手作りです。

IMG_20211030_151658013.jpg

私たちの年代だと、レトロ感はあるものの誰でも知っているゲーム機ではないかと思っていましたが、ほとんどの子が初めて見るそうで、もちろん遊び方も分からず。時代の違いをまざまざと感じました。お母さんもご存じ無い方チラホラ。

夢中になって遊んでもらったので、力を入れすぎて途中で1台が壊れちゃいましたが、概ね皆さんに楽しめてもらえたんじゃないかと思います。

このゲーム機、澤本研究員が更にバージョンアップを重ねてもっと面白いものにしていきます。

IMG_20211030_153613069.jpg


お知らせ
次回の、わくわく実験Dayは11月7日(日)13:30〜 長野市朝陽公民館で開催します。参加費無料でどなたでもご参加頂けますが、何か見せたい物、分解したいもの、組立てたい物をお持ち下さい。
10/24(日)のイベント(綿内秋まつり)報告 [2021年10月27日(Wed)]
ながの電気クラブ ゲーム部員からの報告です。
10/24(日)は長野電鉄綿内駅跡地の綿内中央広場で開催された綿内秋まつりに出た時の写真を何枚か載せてみます。

20211024_綿内秋まつり_1.JPG
綿内駅の跡地が会場です。綿内駅は100年前にできたようですが、その痕跡はほとんど残っていないようです。

20211024_綿内秋まつり_2.JPG
ブースの飾りつけはもう少しキラピカさせたりして、屋台のゲーム屋感を出したほうが雰囲気でるカモ?と今回も思いました。来年へ向けた課題でしょうか。ゲーム機の置き方もまだまだいけてない感じです。未就学児や小学生を考えるとなるべく低い位置に置くのがベストなのですが...

20211024_綿内秋まつり_3.JPG20211024_綿内秋まつり_4.JPG20211024_綿内秋まつり_5.JPG20211024_綿内秋まつり_6.JPG
今回も、初めて触れる子ども達がほとんどと思われるので、気が済むまで試したり練習してもらうお試し方式を導入しました。
ただただボールをフリッパーではじき飛ばすだけの遊びですが、一部の子どものハートを一瞬ですがワシヅカミできたかもしれません。(笑)
次は子ども達自身がゲーム機を作る方向へ誘導していきたいところです。

ゲーム機も3時間の間、ほぼ休むことなくガシガシといじらるフィールドテストで、そろそろどこかしら壊れるか?と思っていたけど意外と大丈夫でした。木が適度に衝撃を吸収してくれているのかもしれません。
あと、ゲーム機そのものに興味を示した子も数人いたので、フリッパー部の構造やゴール部のセンサーなどについて少し説明しつつ、すかさず電気クラブの名刺を渡しておきました。


次回のイベント出店は11/6(土)に長野県須坂市の田中本家博物館駐車場で開催される「いくしない市」の予定です。イベントの詳細がわかったら連絡しますのでお楽しみに。
あと、開発が順調にゆけば、ゲーム機のギミックが少し増えているかもしれません。こちらもお楽しみに。
10/24(日)のイベントに出店します(綿内秋まつり) [2021年10月17日(Sun)]
ながの電気クラブ ゲーム部員からのお知らせです。
来たる10/24(日)は長野市若穂地区の長野電鉄綿内駅跡地の綿内中央広場で開催される「綿内秋まつり」にアナログでレトロ風なゲーム機を出店します。9:00から12:00まででの開催予定です。ネット上の情報はまだ見つかりませんが、見つかり次第更新します。
20211024開催の綿内秋まつりのチラシか?.jpg

レトロでアナログっぽい感じのゲームが好きな猛者達は100円玉を握りしめて集いましょう。ゲーム機は2台用意しますが、手作りのため微妙にフリッパーの動きや盤のレイアウトが違っていたりします。

このゲーム機を10/2(土)に長野県須坂市の田中本家博物館駐車場で開催された「いくしない市」に初出店した時は、ボールがゴールに入っても直射日光の影響でゴールを認識しないというトホホなバグが露見しましたが、今回は板で光を遮断したので今度はたぶん大丈夫はずです。

改造前
20211017_ModifyingGameMachine_1.jpg
改造後
20211017_ModifyingGameMachine_2.jpg
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ながの電気クラブさんの画像
https://blog.canpan.info/naganodenkiclub/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/naganodenkiclub/index2_0.xml