CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

Gakuvo支援担当さんの画像
Gakuvo支援担当
プロフィール
ブログ
2012_v1.gif
リンク集
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
(はじめてのかたへ)Gakuvoって、、、。(Gakuvoのホームページへ)

チーム『ながぐつ』プロジェクト 大学生ボランティア派遣
※募集を開始いたしました。お申し込みはホームページをご覧ください ⇒ Gakuvo


Gakuvo


日本財団 広報グループ発行 ボランティア奮闘記―若い力が未来を変える

[問い合わせ先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com

≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンターⓔ傘
【(石)ボランティア募集!】第85陣 チーム『ながぐつ』プロジェクト<石巻市> [2013年10月31日(Thu)]

【ボランティア募集!】チーム『ながぐつ』プロジェクト<石巻市>

■実施要項(詳細)
[日程及び募集人員]
10名前後 (最少催行人数2名)

第85陣: 5/9(金)〜 5/12(月)

[集合時間] 5/9 (金) 11時
[解散時間] 5/12 (月) 18時頃(道路状況で前後します)
[集合場所]  日本財団(東京都港区赤坂1丁目2番2号)1階ロビー
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html

○地下鉄銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分
  出口より前方、歩道橋の向こうに日本財団の看板が見えます。
○地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」9番出口より徒歩5分
  外堀通りを虎ノ門方面へ直進右手ガソリンスタンドの先の8階建てのビルです。
○地下鉄丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」 3番出口より徒歩6分
  国会記者会館を左折、内閣府下の交差点を越え、外堀通りを渡った正面の8階建てのビルです。
[解散場所]東京駅

[活動場所] 宮城県石巻市
※なお、活動場所及び内容は現地との調整により変更となる場合があります。
※現地との調整によっては2か所以上での実施となる場合があります。
その際は当方で振り分けさせていただきます。ご了承ください。

[宿泊場所] 現場近辺を手配しています。
      <石巻市>
      住所 〒986-0826石巻市鋳銭場3‐7

※石巻駅前の為、お店や食べる所がいくつかあります。
■近くの銭湯に行きます。(シャンプー等の用意をお願い致します。)
 ※1回400円程度かかります。
■朝夕は食事用のお湯を準備
■自炊は出来ません。
■寝袋をお持ち下さい。


■募集要項
[応募条件]※原則として以下の条件に合致する方
・終了後、800文字程度の報告書を提出していただきます。
・心身ともに健康な20歳以上の男女(未成年の方は、ご両親の承諾を経てからの参加をお願い致します。)
・被災者の立場にたって、被災者を助けようという心掛けを持つ方
・高い意識をもって参加できる方
・生活上のルールを守れる方
・寝袋など下記必要なものを持参出来る方
・お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方
・出発場所(日本財団ビル)まで来られる方
・下記の必要な持ち物を持参出来る方

※破傷風など、現地で注意しなくてはならない病気に対しては、予防接種などを必要な対策を講じることが望ましい。

[参加費及びボランティア保険]
参加費: 1,000円
ボランティア保険:1,400円(ボランティア保険料実費)

当日徴収いたします。
※ボランティア保険は2015年3月31日まで有効です。
保険は出発2日前に加入します。加入後の参加キャンセルの方は保険料徴収となりますので、何らかの事情で不参加の場合は遅くとも2日前にご連絡ください。)
※基本的に上記以外は徴収いたしません。
※移動費(東京〜現地)はこちらで負担いたします。
※食費や銭湯代等は自己負担となります
※Gakuvo会員の方は参加費無料とさせて頂きます。
※Gakuvo会員登録された方は参加費が免除になります。
登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いただきます。)
参加者全員、東京都社会福祉協議会のボランティア保険(天災Cプラン)に加入します。本保険は、加入手続き完了日の翌日0時から平成27年3月31日24時まで有効です。主な補償内容は下の通りです。
傷害補償
死亡・後遺傷害保険金額:19,121千円
入院保険金日額:11,000円
通院保険金日額:7,000円
詳細は、こちらでご確認ください。
http://www.ita-vc.or.jp/pdf/volunteer-hoken23.pdf

※2014年3月31日以前に入ったボランティア保険はすべて無効となるため、新たにご加入頂きます。
2014年4月1日以降にご加入された場合や他団体等で既にご加入されている場合はお知らせください。(全社協のボランティア保険ではない場合は当方で用意している上記の保険に加入して頂きます。)

※事前に申し出がない場合、当日申告されても必ず1400円いただきます。
出発日の前々日までにご申告ください!!


[Gakuvo会員登録について]
Gakuvo会員の方は参加費1,000円が無料となります。
受付にてGakuvo会員登録された方は参加費免除となり、以降年度内も参加費は無料です。(登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いいただきます。)
有効期限は2015年3月31日まで。会員カードを発行しています。


[活動内容]
景観再生のお手伝い、お祭りのお手伝い、漁師さんたちのお手伝いなど

※2年以上が経過し大人数での作業でなく、少人数での作業がまだたくさんあります。

※現地での調整のため活動内容は前日もしくは当日まで確定しません。
※日々活動内容が変わりますので、がれき撤去のみの可能性もあります。


[持ち物(必須)]☆どんな作業にも耐えられる準備をしてきてください☆

□長ぐつ→鉄板の入ったもの。なければ安全靴(足首をカバーする長さのもの)か、鉄板のインソール。
(危険物が混ざっている場合があります。誤って踏み抜いてしまうとケガをしてしまいます。)(Gakuvoでは貸し出せません)


□寝袋(ロールマットなどがあると快適です。)

□カップラーメン・日持ちするパン、果物など現地で食べる食糧(非常用2〜3食分)
   ※お湯はこちらで用意します。
   ※宿泊施設の水道は利用できます(発生する余震により、使用できなくなる可能性もあります。)
   ※万が一の備えとして、日数分の非常食はご持参いただきます。

□懐中電灯(万が一災害が起きたときのため)

□着替え(動きやすく汚れてもよい服装)

□作業着(汚れてもいい長そで、長ズボン)
 ※屋外での作業のため、紫外線対策の長そでは必須です。

□羽織るもの(雨などで気温が下がることもあります。)

□合羽(上下、雨が降ったとき使用)

□軍手

□ゴム手袋(厚手の作業用のもの、キッチン用のゴム手袋は使えません)

□作業用の小さなナップサックやウェストポーチがあると便利。
(各自貴重品の管理をお願い致します。)

□保険証のコピー

□常備薬

以上のものを各自必ず準備して下さい。

※gakuvoで用意できるもの
□ヘルメット

やむを得ない事情があった場合のみGakuvoで用意する備品を貸し出すことがあります。
また作業場所によっては使用しない場合もありますが、どの作業場でも対応できる準備をしてのぞんで下さい。

[申込み方法]

<<お申込みはコチラをクリック>>

申込みは締切りました。ありがとうございました。



※お申し込みいただいて5営業日以内にメールでの返信がない場合、トラブルの可能性がありますので下記連絡先までご連絡ください。
※定員に達し次第締切させていただきます。
※ボランティア活動参加者には、活動参加証明書を発行いたします。


[問い合わせ先、及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com

≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンター


■詳細スケジュール_石巻

出発日
 11:00 集合
 11:15 オリエンテーション
*オリエンテーションは必須です。       
   大学生のための災害ボランティア講習/被災地の現状報告
 12:00 班分け、各班リーダーに関する説明、休憩
 12:10 日本財団ビル出発
       東京駅出発〜新幹線〜仙台乗り換え高速バスにて石巻へ
 18:00 宿泊場所に到着予定
       作業についての説明及び準備 夕食等
 23:00 消灯

作業日
  7:00 宿泊場所を出発
  8:00 現場着
       準備
  9:00 活動開始
 12:00 休憩
 13:00 活動開始
 16:00 終了
       片づけ
       宿泊場所へ移動
       夕食及びミーティング
 23:00 消灯

到着日
       宿泊場所等清掃
 13:00 宿泊場所出発
        高速バスにて仙台〜新幹線にて東京駅まで
 18:00 東京駅 着予定
ボランティア活動証明書受け取りの後、解散。
※到着時間は道路状況等によって変わります。

*オリエンテーションに間に合わない方は参加をお断りいたします。

[生活上のルール]
 ・喫煙は指定の場所で。
 ・飲酒は禁止。
 ・夜の外出はしない。(外は真っ暗です)
 ・1日1回掃除をする。

[ボランティア活動上のルール]
 ・体調の管理を各自できちんとして下さい。(睡眠・食事をきちんと取って下さい。)
 ・被災した方々に心良い対応をお願い致します。


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       【大切なお知らせ−Gakuvoのメンバーになりませんか!?】
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本財団学生ボランティアセンターは、災害支援ボランティア以外の事業も、学生インターンとともに行っています。
また、学生会員制度を設け、学生のみんなにむけて、学生ボランティアを支援する事業を行っています。
これを機に、Gakuvoの会員になりませんか。

Gakuvoの会員になると次の特典があります。


□Gakuvoでは本震災の学生派遣にあたりさまざまなNPO等と協働して事業を行っています。受け入れ先の関係で費用が発生する場合においては、Gakuvoで負担いたします。
(※チーム『ながぐつ』プロジェクトのプログラムのみ)

□災害復興もフェーズが変わり、ボランティアの募集人数も少なくなります。その際も、Gakuvo学生会員は、優先してチーム「ながぐつ」プロジェクトに参加できます。

□Gakuvoでは、災害救援以外にも、学生ボランティア向けのセミナーやコンテストなどを実施しています。その際の参加費も学生会員の方は無料でご参加いただけます。

□会員限定特別企画(合宿等)にご参加いただけます。

Gakuvo学生会員費用は、入会金3000円、年会費2000円です。チーム「ながぐつ」プロジェクト参加者が学生会員になる際は、入会金を免除します。

何かご不明な点などありましたら下記までご連絡ください。
[問い合わせ先、及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com


≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンター

チームながぐつプロジェクト第68陣 福島県いわき市行き 活動報告 [2013年10月18日(Fri)]

チームながぐつプロジェクト第68陣 福島県いわき市行き 活動報告

2013年10月4日〜10月7日

いわきの休眠耕地を利用し、オリーブを育てて六次産業を目指すオリーブプロジェクトさまの活動、そして、『第45回 いわき市民文化祭 参加行事 いわき市茶道市民合同茶会』の撤収のお手伝いをさせていただきました。

※毎回、北関東空調工業株式会社様の社員寮をご提供いただき、活動させていただいております。
 北関東空調工業株式会社は、震災後すぐ地元の復旧にいち早く尽力されてきた会社です。

薄磯復興協議委員会
いつものように、薄磯復興協議委員会の鈴木さん、鳥居さんのお話をうかがいました。
被災した時のお話、現在の復興状況や街づくりなど多岐にわたりご説明頂き、みんな真剣なまなざしで聞いています。

薄磯の供養塔
薄磯にある供養塔。みんなで手を合わせます。

五楽さん
いつものように、いわき駅すぐの『夜明け市場』の五楽さんにて。おいしいものをたくさんいただきました!

オリーブプロジェクト
いわき市平にある、オリーブ畑・ビニールハウスで活動させていただいてます。
オリーブプロジェクト

オリーブプロジェクト活動
育ってきた苗木を大きなポットに移し替えます。コツを教わり、みんなでしっかりと植え替えます。ただ植え替えるだけじゃないんです。

オリーブプロジェクト活動終了
できあがった苗を囲んで、達成感!
畑の所有者の舟生さんも一緒に。

いわき市文化センター
いわき市文化センターで、これから活動開始です。

安藤家
いわき平藩藩主であった、安藤家の御子孫の方から貴重なお盆を見せて頂きました。
やはりお殿様の風格です。

有賀さま
いつもお世話になっている有賀さまと。

夏休みも終わり、今回から3泊での活動に戻りました。
それでもまだまだ、復興にかけて大学生ボランティアの皆さんは必要とされているようです。

被災地、改め復興地へ大学生のみんなの笑顔を届けよう。



チームながぐつプロジェクト第67陣 福島県いわき市行き 活動報告 [2013年10月17日(Thu)]

チームながぐつプロジェクト第67陣 福島県いわき市行き 活動報告

2013年9月27日〜10月1日

いわきの休眠耕地を利用し、オリーブを育てて六次産業を目指すオリーブプロジェクトさまの活動を手伝わせていただきました。
※毎回、北関東空調工業株式会社様の社員寮をご提供いただき、活動させていただいております。
 北関東空調工業株式会社は、震災後すぐ地元の復旧にいち早く尽力されてきた会社です。

豊間小学校
あの日、被災したみなさんが避難して過ごした豊間小学校。今日はたまたま、土曜日でしたが活動していたため、中に入れさせていただきました。

薄磯
2011年3月11日のままのアパート。現実をそのまま目に焼き付けます。

豊間中学校
津波をかぶるも、犠牲者を出さなかったという豊間中学校。体育館の鉄骨がむき出しです。

被災した家屋の片づけ
いつもお世話になっている、北関東空調工業株式会社の社長さまの本家。

夜明け市場
いわき駅すぐの、夜明け市場で!
被災した方々が奮起して美味しい食事処がたくさん。いつもお世話になっている「五楽」さんと。

オリーブプロジェクト
オリーブプロジェクトさまから作業の説明を、真剣に聞いています。

オリーブ畑
オリーブの木の周りには、びっしりと雑草が!
みんなでがんばってこんなにキレイになりました!

久ノ浜
東京へ戻る日、午前中は被災した「久ノ浜」を訪ねます。

久ノ浜 浜風商店街
みんなで当時の写真を見させていただきました。

視察したり、片づけたり、活動したり、お祭りもちょっと見たり、盛りだくさんのあっという間の5日間でした。

みなさん、お疲れ様でした!

【(石)ボランティア募集!】第87陣 チーム『ながぐつ』プロジェクト<石巻市> [2013年10月11日(Fri)]

【ボランティア募集!】チーム『ながぐつ』プロジェクト<石巻市>

■実施要項(詳細)
[日程及び募集人員]
10名前後 (最少催行人数2名)

第87陣: 5/30(金)〜 6/2(月)

[集合時間] 5/30 (金) 11時
[解散時間] 6/2 (月) 18時頃(道路状況で前後します)
[集合場所]  日本財団(東京都港区赤坂1丁目2番2号)1階ロビー
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html

○地下鉄銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分
  出口より前方、歩道橋の向こうに日本財団の看板が見えます。
○地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」9番出口より徒歩5分
  外堀通りを虎ノ門方面へ直進右手ガソリンスタンドの先の8階建てのビルです。
○地下鉄丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」 3番出口より徒歩6分
  国会記者会館を左折、内閣府下の交差点を越え、外堀通りを渡った正面の8階建てのビルです。
[解散場所]東京駅


[活動場所] 宮城県石巻市
※なお、活動場所及び内容は現地との調整により変更となる場合があります。
※現地との調整によっては2か所以上での実施となる場合があります。
その際は当方で振り分けさせていただきます。ご了承ください。

[宿泊場所] 現場近辺を手配しています。
      <石巻市>
      住所 〒986-0826石巻市鋳銭場3‐7

※石巻駅前の為、お店や食べる所がいくつかあります。
■近くの銭湯に行きます。(シャンプー等の用意をお願い致します。)
 ※1回400円程度かかります。
■朝夕は食事用のお湯を準備
■自炊は出来ません。
■寝袋をお持ち下さい。


■募集要項
[応募条件]※原則として以下の条件に合致する方
・終了後、800文字程度の報告書を提出していただきます。
・心身ともに健康な18歳以上の男女大学生(未成年の方は、ご両親の承諾を経てからの参加をお願い致します。)
・被災者の立場にたって、被災者を助けようという心掛けを持つ方
・高い意識をもって参加できる方
・生活上のルールを守れる方
・寝袋など下記必要なものを持参出来る方
・お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方
・出発場所(日本財団ビル)まで来られる方
・下記の必要な持ち物を持参出来る方

※破傷風など、現地で注意しなくてはならない病気に対しては、予防接種などを必要な対策を講じることが望ましい。

[参加費及びボランティア保険]
参加費: 1,000円
ボランティア保険:1,400円(ボランティア保険料実費)

当日徴収いたします。
※ボランティア保険は2015年3月31日まで有効です。
保険は出発2日前に加入します。加入後の参加キャンセルの方は保険料徴収となりますので、何らかの事情で不参加の場合は遅くとも2日前にご連絡ください。)
※基本的に上記以外は徴収いたしません。
※移動費(東京〜現地)はこちらで負担いたします。
※食費や銭湯代等は自己負担となります
※Gakuvo会員の方は参加費無料とさせて頂きます。
※Gakuvo会員登録された方は参加費が免除になります。
登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いただきます。)
参加者全員、東京都社会福祉協議会のボランティア保険(天災Cプラン)に加入します。本保険は、加入手続き完了日の翌日0時から平成27年3月31日24時まで有効です。主な補償内容は下の通りです。
傷害補償
死亡・後遺傷害保険金額:19,121千円
入院保険金日額:11,000円
通院保険金日額:7,000円
詳細は、こちらでご確認ください。
http://www.ita-vc.or.jp/pdf/volunteer-hoken23.pdf

※2014年3月31日以前に入ったボランティア保険はすべて無効となるため、新たにご加入頂きます。
2014年4月1日以降にご加入された場合や他団体等で既にご加入されている場合はお知らせください。(全社協のボランティア保険ではない場合は当方で用意している上記の保険に加入して頂きます。)

※事前に申し出がない場合、当日申告されても必ず1400円いただきます。
出発日の前々日までにご申告ください!!


[Gakuvo会員登録について]
Gakuvo会員の方は参加費1,000円が無料となります。
受付にてGakuvo会員登録された方は参加費免除となり、以降年度内も参加費は無料です。(登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いいただきます。)
有効期限は2015年3月31日まで。会員カードを発行しています。


[活動内容]
景観再生のお手伝いなど
※2年以上が経過し大人数での作業でなく、少人数での作業がまだたくさんあります
※現地での調整のため活動内容は前日もしくは当日まで確定しません。
※日々活動内容が変わりますので、がれき撤去のみの可能性もあります。


[持ち物(必須)]☆どんな作業にも耐えられる準備をしてきてください☆
□長ぐつ→鉄板の入ったもの。なければ安全靴か(足首をカバーする長さのもの)、鉄板のインソール。
(危険物が混ざっている場合があります。誤って踏み抜いてしまうとケガをしてしまいます。)(Gakuvoでは貸し出せません)


□寝袋(ロールマットなどがあると快適です。)

□カップラーメン・日持ちするパン、果物など現地で食べる食糧(非常用2〜3食分)
   ※お湯はこちらで用意します。
   ※宿泊施設の水道は利用できます(発生する余震により、使用できなくなる可能性もあります。)
   ※万が一の備えとして、日数分の非常食はご持参いただきます。

□懐中電灯(万が一災害が起きたときのため)

□着替え(動きやすく汚れてもよい服装)

□作業着(汚れてもいい長そで、長ズボン)
 ※屋外での作業のため、紫外線対策の長そでは必須です。

□羽織るもの(雨などで気温が下がることもあります。)

□合羽(上下、雨が降ったとき使用)

□軍手

□ゴム手袋(厚手の作業用のもの、キッチン用のゴム手袋は使えません)

□作業用の小さなナップサックやウェストポーチがあると便利。
(各自貴重品の管理をお願い致します。)

□保険証のコピー

□常備薬

以上のものを各自必ず準備して下さい。

※gakuvoで用意できるもの
□ヘルメット

やむを得ない事情があった場合のみGakuvoで用意する備品を貸し出すことがあります。
また作業場所によっては使用しない場合もありますが、どの作業場でも対応できる準備をしてのぞんで下さい。



[申込み方法]

<<お申込みはコチラをクリック>>


お申し込みは締め切りました。ありがとうございました。


※お申し込みいただいて5営業日以内にメールでの返信がない場合、トラブルの可能性がありますので下記連絡先までご連絡ください。
※定員に達し次第締切させていただきます。
※ボランティア活動参加者には、活動参加証明書を発行いたします。


[問い合わせ先、及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com

≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンター


■詳細スケジュール_石巻

出発日
 11:00 集合
 11:15 オリエンテーション
*オリエンテーションは必須です。       
   大学生のための災害ボランティア講習/被災地の現状報告
 12:00 班分け、各班リーダーに関する説明、休憩
 12:10 日本財団ビル出発
       東京駅出発〜新幹線〜仙台乗り換え高速バスにて石巻へ
 18:00 宿泊場所に到着予定
       作業についての説明及び準備 夕食等
 23:00 消灯

作業日
  7:00 宿泊場所を出発
  8:00 現場着
       準備
  9:00 活動開始
 12:00 休憩
 13:00 活動開始
 16:00 終了
       片づけ
       宿泊場所へ移動
       夕食及びミーティング
 23:00 消灯

到着日
       宿泊場所等清掃
 13:00 宿泊場所出発
        高速バスにて仙台〜新幹線にて東京駅まで
 18:00 東京駅 着予定
ボランティア活動証明書受け取りの後、解散。
※到着時間は道路状況等によって変わります。

*オリエンテーションに間に合わない方は参加をお断りいたします。

[生活上のルール]
 ・喫煙は指定の場所で。
 ・飲酒は禁止。
 ・夜の外出はしない。(外は真っ暗です)
 ・1日1回掃除をする。

[ボランティア活動上のルール]
 ・体調の管理を各自できちんとして下さい。(睡眠・食事をきちんと取って下さい。)
 ・被災した方々に心良い対応をお願い致します。


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       【大切なお知らせ−Gakuvoのメンバーになりませんか!?】
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本財団学生ボランティアセンターは、災害支援ボランティア以外の事業も、学生インターンとともに行っています。
また、学生会員制度を設け、学生のみんなにむけて、学生ボランティアを支援する事業を行っています。
これを機に、Gakuvoの会員になりませんか。

Gakuvoの会員になると次の特典があります。


□Gakuvoでは本震災の学生派遣にあたりさまざまなNPO等と協働して事業を行っています。受け入れ先の関係で費用が発生する場合においては、Gakuvoで負担いたします。
(※チーム『ながぐつ』プロジェクトのプログラムのみ)

□災害復興もフェーズが変わり、ボランティアの募集人数も少なくなります。その際も、Gakuvo学生会員は、優先してチーム「ながぐつ」プロジェクトに参加できます。

□Gakuvoでは、災害救援以外にも、学生ボランティア向けのセミナーやコンテストなどを実施しています。その際の参加費も学生会員の方は無料でご参加いただけます。

□会員限定特別企画(合宿等)にご参加いただけます。

Gakuvo学生会員費用は、入会金3000円、年会費2000円です。チーム「ながぐつ」プロジェクト参加者が学生会員になる際は、入会金を免除します。

何かご不明な点などありましたら下記までご連絡ください。
[問い合わせ先、及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com


≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンター
【大学生ボランティア募集!】第75陣チーム『ながぐつ』プロジェクト<福島県いわき市> [2013年10月11日(Fri)]

【大学生ボランティア募集!】第75陣チーム『ながぐつ』プロジェクト<福島県いわき市>

仙台発の詳細についてはこちらをご覧ください。


【いわき市の放射線量について】
詳しくはいわき市で公表されているページをご覧ください。
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/13223/13225/014069.html
食については、これらのページをご覧ください。
http://www.pref.fukushima.jp/eisei/syokuan/syokuhin1/syokuhinRIkensa/index.html
http://misemasu-iwaki.jp/data/index.php



■実施要項(詳細)
[日程及び募集人員]
15名前後 (最少催行人数2名)

第75陣: 1/17(金)〜 1/20(月)

[集合時間] 1/17(金) 11時
[解散時間] 1/20(月) 17時〜18時(道路状況等で前後します)
[集合場所]  日本財団(東京都港区赤坂1丁目2番2号)1階ロビー
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html

○地下鉄銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分
  出口より前方、歩道橋の向こうに日本財団の看板が見えます。
○地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」9番出口より徒歩5分
  外堀通りを虎ノ門方面へ直進右手ガソリンスタンドの先の8階建てのビルです。
○地下鉄丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」 3番出口より徒歩6分
  国会記者会館を左折、内閣府下の交差点を越え、外堀通りを渡った正面の8階建てのビルです。
[解散場所]  上野駅、または東京駅

[活動場所] 福島県いわき市
※なお、活動場所及び内容は現地との調整により変更となる場合があります。
※現地との調整によっては2か所以上での実施となる場合があります。
その際は当方で振り分けさせていただきます。ご了承ください。

[宿泊場所] 現場近辺を手配しています。
      住所   福島県いわき市平字柳町3番地

※コンビニや食べる所がいくつかあります。
■銭湯または温泉に行きます。(シャンプー等の用意をお願い致します。)
 ※1回220円〜400円程度かかります。
■朝夕は食事用のお湯を準備
■自炊は出来ません。
■寝袋を必ずお持ち下さい。
※禅寺で坐禅体験をしていただきます。何らかの理由で参加できない方は事前にお申し出ください。

■募集要項
[応募条件]※原則として以下の条件に合致する方
・終了後、800文字程度の報告書を提出していただきます。
・心身ともに健康な20歳以上の男女大学生(未成年の方は、ご両親の承諾を経てからの参加をお願い致します。)

・被災者の立場にたって、被災者を助けようという心掛けを持つ方
・高い意識をもって参加できる方
・生活上のルールを守れる方
・寝袋など下記必要なものを持参出来る方
・お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方
・出発場所(日本財団ビル)まで来られる方
・下記の必要な持ち物を持参出来る方

[参加費及びボランティア保険]
参加費: 1,000円
ボランティア保険:1,400円(ボランティア保険料実費)

当日徴収いたします。
※ボランティア保険は2014年3月31日まで有効です。
保険は出発2日前に加入します。加入後の参加キャンセルの方は保険料徴収となりますので、何らかの事情で不参加の場合は遅くとも2日前にご連絡ください。)
※移動費(東京〜現地)はこちらで負担いたします。
※食費や銭湯代等は自己負担となります。(銭湯代1回220円〜400円)
※Gakuvo会員の方は参加費無料とさせて頂きます。
※Gakuvo会員登録された方は参加費が免除になります。
登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いただきます。)
参加者全員、東京都社会福祉協議会のボランティア保険(天災Cプラン)に加入します。本保険は、加入手続き完了日の翌日0時から平成26年3月31日24時まで有効です。主な補償内容は下の通りです。
傷害補償
死亡・後遺傷害保険金額:19,121千円
入院保険金日額:11,000円
通院保険金日額:7,000円
詳細は、こちらでご確認ください。
http://www.ita-vc.or.jp/pdf/volunteer-hoken23.pdf

※2013年3月31日以前に入ったボランティア保険はすべて無効となるため、新たにご加入頂きます。
2013年4月1日以降にご加入された場合や他団体等で既にご加入されている場合はお知らせください。(全社協のボランティア保険ではない場合は当方で用意している上記の保険に加入して頂きます。)

※事前に申し出がない場合、当日申告されても必ず1400円いただきます。
出発日の前々日までにご申告ください!!


[Gakuvo会員登録について]
Gakuvo会員の方は参加費1,000円が無料となります。
受付にてGakuvo会員登録された方は参加費免除となり、以降年度内も参加費は無料です。(登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いいただきます。)
有効期限は2014年3月31日まで。会員カードを発行しています。


[活動内容]
被災した家屋の片付け、農業支援、被災した沿岸部の視察

※2年以上が経過し大人数での作業でなく、少人数での作業がまだたくさんあります。

※現地での調整のため活動内容は前日もしくは当日まで確定しません。

その他にも、被災者からお話を伺う機会を頂いたり、
被災地を案内して頂くこともあります。
(これらは、メディアでは伝わらない生の声を学生のみなさんに伝えたいという被災者の方の思いが詰まっています。
ながぐつから帰ったあとも
・このとき聞いたこと
・自分で感じたこと
・経験したこと

を周りに広めることで震災が風化することに対するボランティアになります。)

75陣の活動予定
18日(土):津波の被害を受けた薄磯地区を視察しながら、被災された方のお話を伺ったのち、福島第1原発のある大熊町からいわき市に避難しておられる方のお話を伺います
19日(日):休眠耕地を活用したいわき市地域活性化プロジェクト「オリーブプロジェクト」の農業支援。
20日(月):津波で火災が発生し街並みが消えた久ノ浜地区の仮設商店街「浜風商店街」を訪問。

土曜日は、地震と津波による被災者の方と同時、原発事故による被災者の方からお話を伺います。活動終了後も、メディアでは伝わらない生の声を聞いて、学び感じたことを周りの人たちに伝えてください。それも大切なボランティア活動です。そして、日曜日のオリーブプロジェクトは、休耕地を利用して、いわきの復興のシンボルとしてオリーブを植えることで、いわきの復興を目指すというプロジェクトです。



[持ち物(必須)]☆どんな作業にも耐えられる準備をしてきてください☆

□長ぐつ、または汚れても良いスニーカーや作業靴
(Gakuvoでは貸し出せません)

□寝袋(ロールマットなどがあると快適です。)

□カップラーメン・日持ちするパン、果物など現地で食べる食糧(非常用)
   ※一食分で結構です。 
   ※お湯はこちらで用意します。
   ※宿泊施設の水道は利用できます(発生する余震により、使用できなくなる可能性もあります。)
   ※万が一の備えとして、数食の非常食はご持参いただきます。

□着替え(動きやすく汚れてもよい服装)

□作業着、帽子(汚れてもいい長そで、長ズボン)
 ※屋外での作業もあるため、紫外線対策の長そでは必須です。

□羽織るもの(雨などで気温が下がることもあります。)

□合羽や傘などの雨具(上下、雨が降ったとき使用)

□軍手

□作業用の小さなナップサックやウェストポーチがあると便利。
(各自貴重品の管理をお願い致します。)

□保険証のコピー

□常備薬

以上のものを各自必ず準備して下さい。

※gakuvoで用意できるもの
□ヘルメット

やむを得ない事情があった場合のみGakuvoで用意する備品を貸し出すことがあります。
また作業場所によっては使用しない場合もありますが、どの作業場でも対応できる準備をしてのぞんで下さい。

[申込み方法]

<<お申込みはコチラをクリック>>




※お申し込みいただいて5営業日以内にメールでの返信がない場合、トラブルの可能性がありますので下記連絡先までご連絡ください。
※定員に達し次第締切させていただきます。
※メールアドレスは間違いのないようご記入ください。
 必ず、gakuvo.shien@gmail.com からのメールを受け取れるよう受信設定をお願いします。

※ボランティア活動参加者には、活動参加証明書を発行いたします。


[問い合わせ先、及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com

≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンター


■詳細スケジュール_いわき市

出発日
 11:00 集合
 11:05 オリエンテーション
*オリエンテーションは必須です。       
   大学生のための災害ボランティア講習/被災地の現状報告
 12:00 班分け、各班リーダーに関する説明、休憩
 12:10 日本財団ビル出発
       上野駅出発〜いわきへ
 16:00 宿泊場所に到着予定
       作業についての説明及び準備、夕食
 23:00 消灯

作業日
  8:00 宿泊場所を出発〜朝食
  9:00 活動開始
 12:00 休憩
 13:00 活動開始
 16:00 終了
       片づけ
       宿泊場所へ移動
       夕食及びミーティング
 23:00 消灯
       ※坐禅体験があります。(2回)
       ※土曜日の午前中に、薄磯地区の視察をします。

到着日
  8:00 朝食、宿泊場所清掃等
  9:00 沿岸部視察へ出発
 12:30 活動終了
 14:00 いわき駅出発
 16:30 上野駅、または東京駅着 解散       
ボランティア活動証明書受け取りの後、解散。
※到着時間は道路状況等によって変わります。

*オリエンテーションに間に合わない方は参加をお断りいたします。


[生活上のルール]
 ・喫煙は指定の場所で。
 ・飲酒は禁止。
 ・夜の外出はしない。(外は真っ暗です)
 ・1日1回掃除をする。

[ボランティア活動上のルール]
 ・体調の管理を各自できちんとして下さい。(睡眠・食事をきちんと取って下さい。)
 ・被災した方々に心良い対応をお願い致します。


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       【大切なお知らせ−Gakuvoのメンバーになりませんか!?】
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本財団学生ボランティアセンターは、災害支援ボランティア以外の事業も、学生インターンとともに行っています。
また、学生会員制度を設け、学生のみんなにむけて、学生ボランティアを支援する事業を行っています。
これを機に、Gakuvoの会員になりませんか。

Gakuvoの会員になると次の特典があります。


□Gakuvoでは本震災の学生派遣にあたりさまざまなNPO等と協働して事業を行っています。受け入れ先の関係で費用が発生する場合においては、Gakuvoで負担いたします。
(※チーム『ながぐつ』プロジェクトのプログラムのみ)

□災害復興もフェーズが変わり、ボランティアの募集人数も少なくなります。その際も、Gakuvo学生会員は、優先してチーム「ながぐつ」プロジェクトに参加できます。

□Gakuvoでは、災害救援以外にも、学生ボランティア向けのセミナーやコンテストなどを実施しています。その際の参加費も学生会員の方は無料でご参加いただけます。

□会員限定特別企画(合宿等)にご参加いただけます。

Gakuvo学生会員費用は、入会金3000円、年会費2000円です。チーム「ながぐつ」プロジェクト参加者が学生会員になる際は、入会金を免除します。

何かご不明な点などありましたら下記までご連絡ください。
[問い合わせ先、及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com


≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンター

【(石)ボランティア募集!】第95陣 チーム『ながぐつ』プロジェクト<石巻市> [2013年10月11日(Fri)]

【ボランティア募集!】チーム『ながぐつ』プロジェクト<石巻市>

■実施要項(詳細)
[日程及び募集人員]
10名前後 (最少催行人数2名)

第95陣: 8/8(金)〜 8/11(月)

[集合時間] 8/8 (金) 11時
[解散時間] 8/11 (月) 18時頃(道路状況で前後します)
[集合場所]  日本財団(東京都港区赤坂1丁目2番2号)1階ロビー
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html

○地下鉄銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分
  出口より前方、歩道橋の向こうに日本財団の看板が見えます。
○地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」9番出口より徒歩5分
  外堀通りを虎ノ門方面へ直進右手ガソリンスタンドの先の8階建てのビルです。
○地下鉄丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」 3番出口より徒歩6分
  国会記者会館を左折、内閣府下の交差点を越え、外堀通りを渡った正面の8階建てのビルです。
[解散場所] 東京駅 

[活動場所] 宮城県石巻市
※なお、活動場所及び内容は現地との調整により変更となる場合があります。
※現地との調整によっては2か所以上での実施となる場合があります。
その際は当方で振り分けさせていただきます。ご了承ください。

[宿泊場所] 現場近辺を手配しています。
      <石巻市>
      住所 〒986-0826石巻市鋳銭場3‐7

※石巻駅前の為、お店や食べる所がいくつかあります。
■近くの銭湯に行きます。(シャンプー等の用意をお願い致します。)
 ※1回400円程度かかります。
■朝夕は食事用のお湯を準備
■自炊は出来ません。
■寝袋をお持ち下さい。


■募集要項
[応募条件]※原則として以下の条件に合致する方
・終了後、800文字程度の報告書を提出していただきます。
・心身ともに健康な20歳以上の男女(未成年の方は、ご両親の承諾を経てからの参加をお願い致します。)
・被災者の立場にたって、被災者を助けようという心掛けを持つ方
・高い意識をもって参加できる方
・生活上のルールを守れる方
・寝袋など下記必要なものを持参出来る方
・お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方
・出発場所(日本財団ビル)まで来られる方
・下記の必要な持ち物を持参出来る方

※破傷風など、現地で注意しなくてはならない病気に対しては、予防接種などを必要な対策を講じることが望ましい。

[参加費及びボランティア保険]
参加費: 1,000円
ボランティア保険:1,400円(ボランティア保険料実費)

当日徴収いたします。
※ボランティア保険は2015年3月31日まで有効です。
保険は出発2日前に加入します。加入後の参加キャンセルの方は保険料徴収となりますので、何らかの事情で不参加の場合は遅くとも2日前にご連絡ください。)
※基本的に上記以外は徴収いたしません。
※移動費(東京〜現地)はこちらで負担いたします。
※食費や銭湯代等は自己負担となります
※Gakuvo会員の方は参加費無料とさせて頂きます。
※Gakuvo会員登録された方は参加費が免除になります。
登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いただきます。)
参加者全員、東京都社会福祉協議会のボランティア保険(天災Cプラン)に加入します。本保険は、加入手続き完了日の翌日0時から平成27年3月31日24時まで有効です。主な補償内容は下の通りです。
傷害補償
死亡・後遺傷害保険金額:19,121千円
入院保険金日額:11,000円
通院保険金日額:7,000円
詳細は、こちらでご確認ください。
http://www.ita-vc.or.jp/pdf/volunteer-hoken23.pdf

※2014年3月31日以前に入ったボランティア保険はすべて無効となるため、新たにご加入頂きます。
2014年4月1日以降にご加入された場合や他団体等で既にご加入されている場合はお知らせください。(全社協のボランティア保険ではない場合は当方で用意している上記の保険に加入して頂きます。)

※事前に申し出がない場合、当日申告されても必ず1400円いただきます。
出発日の前々日までにご申告ください!!


[Gakuvo会員登録について]
Gakuvo会員の方は参加費1,000円が無料となります。
受付にてGakuvo会員登録された方は参加費免除となり、以降年度内も参加費は無料です。(登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いいただきます。)
有効期限は2015年3月31日まで。会員カードを発行しています。


[活動内容]
景観再生のお手伝い、高台移転のお手伝い、漁師さんのお手伝いなど

※2年以上が経過し大人数での作業でなく、少人数での作業がまだたくさんあります。

※現地での調整のため活動内容は前日もしくは当日まで確定しません。
※日々活動内容が変わりますので、がれき撤去のみの可能性もあります。


[持ち物(必須)]☆どんな作業にも耐えられる準備をしてきてください☆

□長ぐつ→鉄板の入ったもの。なければ安全靴か、鉄板のインソール。
(危険物が混ざっている場合があります。誤って踏み抜いてしまうとケガをしてしまいます。)(Gakuvoでは貸し出せません)


□寝袋(ロールマットなどがあると快適です。)

□カップラーメン・日持ちするパン、果物など現地で食べる食糧(非常用2〜3食分)
   ※お湯はこちらで用意します。
   ※宿泊施設の水道は利用できます(発生する余震により、使用できなくなる可能性もあります。)
   ※万が一余震が起きた時などの備えとして、日数分の非常食はご持参いただきます。

□懐中電灯(万が一災害が起きたときのため)

□着替え(動きやすく汚れてもよい服装)

□作業着(汚れてもいい長そで、長ズボン)
 ※屋外での作業のため、紫外線対策の長そでは必須です。

□羽織るもの(雨などで気温が下がることもあります。)

□合羽(上下、雨が降ったとき使用)

□軍手

□ゴム手袋(厚手の作業用のもの、キッチン用のゴム手袋は使えません)

□作業用の小さなナップサックやウェストポーチがあると便利。
(各自貴重品の管理をお願い致します。)

□保険証

□常備薬

以上のものを各自必ず準備して下さい。

※gakuvoで用意できるもの
□ヘルメット

やむを得ない事情があった場合のみGakuvoで用意する備品を貸し出すことがあります。
また作業場所によっては使用しない場合もありますが、どの作業場でも対応できる準備をしてのぞんで下さい。

[申込み方法]

<<お申込みはコチラをクリック>>


※申込み人数が定員に達したため、申込みは締め切りました。ありがとうございました。


出発日
 11:00 集合
 11:15 オリエンテーション
*オリエンテーションは必須です。       
   大学生のための災害ボランティア講習/被災地の現状報告
 12:00 班分け、各班リーダーに関する説明、休憩
 12:30 日本財団ビル出発
       東京駅出発〜新幹線〜仙台乗り換え高速バスにて石巻へ
 20:00 宿泊場所に到着予定
       作業についての説明及び準備
 23:00 消灯

作業日
  7:00 宿泊場所を出発
  8:00 現場着
       準備
  9:00 活動開始
 12:00 休憩
 13:00 活動開始
 16:00 終了
       片づけ
       宿泊場所へ移動
       夕食及びミーティング
 23:00 消灯

到着日
       宿泊場所等清掃
 13:00 宿泊場所出発
        高速バスにて仙台〜新幹線にて東京駅まで
 18:00 東京駅 着予定
ボランティア活動証明書受け取りの後、解散。
※到着時間は道路状況等によって変わります。

*オリエンテーションに間に合わない方は参加をお断りいたします。

[生活上のルール]
 ・喫煙は指定の場所で。
 ・飲酒は禁止。
 ・夜の外出はしない。(外は真っ暗です)
 ・1日1回掃除をする。

[ボランティア活動上のルール]
 ・体調の管理を各自できちんとして下さい。(睡眠・食事をきちんと取って下さい。)
 ・被災した方々に心良い対応をお願い致します。


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       【大切なお知らせ−Gakuvoのメンバーになりませんか!?】
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本財団学生ボランティアセンターは、災害支援ボランティア以外の事業も、学生インターンとともに行っています。
また、学生会員制度を設け、学生のみんなにむけて、学生ボランティアを支援する事業を行っています。
これを機に、Gakuvoの会員になりませんか。

Gakuvoの会員になると次の特典があります。


□Gakuvoでは本震災の学生派遣にあたりさまざまなNPO等と協働して事業を行っています。受け入れ先の関係で費用が発生する場合においては、Gakuvoで負担いたします。
(※チーム『ながぐつ』プロジェクトのプログラムのみ)

□災害復興もフェーズが変わり、ボランティアの募集人数も少なくなります。その際も、Gakuvo学生会員は、優先してチーム「ながぐつ」プロジェクトに参加できます。

□Gakuvoでは、災害救援以外にも、学生ボランティア向けのセミナーやコンテストなどを実施しています。その際の参加費も学生会員の方は無料でご参加いただけます。

□会員限定特別企画(合宿等)にご参加いただけます。

Gakuvo学生会員費用は、入会金3000円、年会費2000円です。チーム「ながぐつ」プロジェクト参加者が学生会員になる際は、入会金を免除します。

何かご不明な点などありましたら下記までご連絡ください。
[問い合わせ先、及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com


≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンター

【大学生ボランティア募集!】第86陣チーム『ながぐつ』プロジェクト<福島県いわき市> [2013年10月03日(Thu)]

【大学生ボランティア募集!】第86陣チーム『ながぐつ』プロジェクト<福島県いわき市>

【いわき市の放射線量について】
詳しくはいわき市で公表されているページをご覧ください。
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/13223/13225/014069.html
食については、これらのページをご覧ください。
http://www.pref.fukushima.jp/eisei/syokuan/syokuhin1/syokuhinRIkensa/index.html
http://misemasu-iwaki.jp/data/index.php


■実施要項(詳細)
[日程及び募集人員]
10名前後

第86陣: 5/23(金)〜 5/26(月)

[集合時間] 5/23 (金) 11時
[解散時間] 5/26 (月) 17時〜18時(道路状況等で前後します)
[集合場所]  日本財団(東京都港区赤坂1丁目2番2号)1階ロビー
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html

○地下鉄銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分
  出口より前方、歩道橋の向こうに日本財団の看板が見えます。
○地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」9番出口より徒歩5分
  外堀通りを虎ノ門方面へ直進右手ガソリンスタンドの先の8階建てのビルです。
○地下鉄丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」 3番出口より徒歩6分
  国会記者会館を左折、内閣府下の交差点を越え、外堀通りを渡った正面の8階建てのビルです。
[解散場所]  東京駅

[活動場所] 福島県いわき市
※なお、活動場所及び内容は現地との調整により変更となる場合があります。
※現地との調整によっては2か所以上での実施となる場合があります。
その際は当方で振り分けさせていただきます。ご了承ください。

[宿泊場所] 現場近辺を手配しています。
      住所   福島県いわき市平字柳町3番地

※コンビニや食べる所がいくつかあります。
■銭湯または温泉に行きます。(シャンプー等の用意をお願い致します。)
 ※1回220円〜400円程度かかります。
■朝夕は食事用のお湯を準備
■自炊は出来ません。
■寝袋を必ずお持ち下さい。
※禅寺で坐禅体験をしていただきます。何らかの理由で参加できない方は事前にお申し出ください。


[応募条件]※原則として以下の条件に合致する方
・終了後、800文字程度の報告書を提出していただきます。
・心身ともに健康な18歳以上の男女大学生(未成年の方は、ご両親の承諾を経てからの参加をお願い致します。)

・被災者の立場にたって、被災者を助けようという心掛けを持つ方
・高い意識をもって参加できる方
・生活上のルールを守れる方
・寝袋など下記必要なものを持参出来る方
・お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方
・出発場所(日本財団ビル)まで来られる方
・下記の必要な持ち物を持参出来る方


[参加費及びボランティア保険]
参加費: 1,000円
ボランティア保険:1,400円(ボランティア保険料実費)

当日徴収いたします。
※ボランティア保険は2015年3月31日まで有効です。
保険は出発2日前に加入します。加入後の参加キャンセルの方は保険料徴収となりますので、何らかの事情で不参加の場合は遅くとも2日前にご連絡ください。)
※移動費(東京〜現地)はこちらで負担いたします。
※食費や銭湯代等は自己負担となります。(銭湯代1回220円〜400円)
※Gakuvo会員の方は参加費無料とさせて頂きます。
※Gakuvo会員登録された方は参加費が免除になります。
登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いただきます。)
参加者全員、東京都社会福祉協議会のボランティア保険(天災Cプラン)に加入します。本保険は、加入手続き完了日の翌日0時から平成27年3月31日24時まで有効です。主な補償内容は下の通りです。
傷害補償
死亡・後遺傷害保険金額:19,121千円
入院保険金日額:11,000円
通院保険金日額:7,000円
詳細は、こちらでご確認ください。
http://www.ita-vc.or.jp/pdf/volunteer-hoken23.pdf

※2014年3月31日以前に入ったボランティア保険はすべて無効となるため、新たにご加入頂きます。
2014年4月1日以降にご加入された場合や他団体等で既にご加入されている場合はお知らせください。(全社協のボランティア保険ではない場合は当方で用意している上記の保険に加入して頂きます。)

※事前に申し出がない場合、当日申告されても必ず1400円いただきます。
出発日の前々日までにご申告ください!!



[Gakuvo会員登録について]
Gakuvo会員の方は参加費1,000円が無料となります。
受付にてGakuvo会員登録された方は参加費免除となり、以降年度内も参加費は無料です。(登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いいただきます。)
有効期限は2015年3月31日まで。会員カードを発行しています。



[活動内容]
薄磯地区の町づくり会議に出席、農業支援、被災した沿岸部の視察など。

※2年以上が経過し大人数での作業でなく、少人数での作業がまだたくさんあります
※現地での調整のため活動内容は前日もしくは当日まで確定しません。

その他にも、被災者からお話を伺う機会を頂いたり、
被災地を案内して頂くこともあります。
(これらは、メディアでは伝わらない生の声を学生のみなさんに伝えたいという被災者の方の思いが詰まっています。
ながぐつから帰ったあとも
・このとき聞いたこと
・自分で感じたこと
・経験したこと

を周りに広めることで震災が風化することに対するボランティアになります。)


[持ち物(必須)]☆どんな作業にも耐えられる準備をしてきてください☆

□長ぐつ、または汚れても良いスニーカーや作業靴
(Gakuvoでは貸し出せません)

□寝袋(ロールマットなどがあると快適です。)

□カップラーメン・日持ちするパン、果物など現地で食べる食糧(非常用)
   ※万が一の備えとして一食分ご用意ください。
   ※お湯はこちらで用意します。
   ※宿泊施設の水道は利用できます(発生する余震により、使用できなくなる可能性もあります。)

□着替え(動きやすく汚れてもよい服装)

□作業着、帽子(汚れてもいい長そで、長ズボン)
 ※屋外での作業もあるため、紫外線対策の長そでは必須です。

□羽織るもの(雨などで気温が下がることもあります。)

□合羽や傘などの雨具(上下、雨が降ったとき使用)

□軍手

□作業用の小さなナップサックやウェストポーチがあると便利。
(各自貴重品の管理をお願い致します。)

□保険証のコピー

□常備薬

以上のものを各自必ず準備して下さい。

※gakuvoで用意できるもの
□ヘルメット

やむを得ない事情があった場合のみGakuvoで用意する備品を貸し出すことがあります。
また作業場所によっては使用しない場合もありますが、どの作業場でも対応できる準備をしてのぞんで下さい。




[申込み方法]

<<お申込みはコチラをクリック>>


※申し込みは締め切りました。ありがとうございました。


※お申し込みいただいて5営業日以内にメールでの返信がない場合、トラブルの可能性がありますので下記連絡先までご連絡ください。
※定員に達し次第締切させていただきます。
※メールアドレスは間違いのないようご記入ください。
 必ず、gakuvo.shien@gmail.com からのメールを受け取れるよう受信設定をお願いします。

※ボランティア活動参加者には、活動参加証明書を発行いたします。


[問い合わせ先、及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com

≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンター


■詳細スケジュール_いわき市

出発日
 11:00 集合
 11:05 オリエンテーション
*オリエンテーションは必須です。       
   大学生のための災害ボランティア講習/被災地の現状報告
 12:00 班分け、各班リーダーに関する説明、休憩
 12:10 日本財団ビル出発
       東京駅出発〜いわきへ
 16:00 宿泊場所に到着予定
       作業についての説明及び準備、夕食
 23:00 消灯

作業日
  8:00 宿泊場所を出発〜朝食
  9:00 活動開始
 12:00 休憩
 13:00 活動開始
 16:00 終了
       片づけ
       宿泊場所へ移動
       夕食及びミーティング
 23:00 消灯
       ※坐禅体験があります。(2回)
       ※土曜日の午前中に、薄磯地区の視察をします。

到着日
  8:00 朝食、宿泊場所清掃等
  9:00 沿岸部視察へ出発
 12:30 活動終了
 14:00 いわき駅出発
 17:00 東京駅着 解散       
ボランティア活動証明書受け取りの後、解散。
※到着時間は道路状況等によって変わります。

*オリエンテーションに間に合わない方は参加をお断りいたします。

[生活上のルール]
 ・喫煙は指定の場所で。
 ・飲酒は禁止。
 ・夜の外出はしない。(外は真っ暗です)
 ・1日1回掃除をする。

[ボランティア活動上のルール]
 ・体調の管理を各自できちんとして下さい。(睡眠・食事をきちんと取って下さい。)
 ・被災した方々に心良い対応をお願い致します。


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       【大切なお知らせ−Gakuvoのメンバーになりませんか!?】
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本財団学生ボランティアセンターは、災害支援ボランティア以外の事業も、学生インターンとともに行っています。
また、学生会員制度を設け、学生のみんなにむけて、学生ボランティアを支援する事業を行っています。
これを機に、Gakuvoの会員になりませんか。

Gakuvoの会員になると次の特典があります。


□Gakuvoでは本震災の学生派遣にあたりさまざまなNPO等と協働して事業を行っています。受け入れ先の関係で費用が発生する場合においては、Gakuvoで負担いたします。
(※チーム『ながぐつ』プロジェクトのプログラムのみ)

□災害復興もフェーズが変わり、ボランティアの募集人数も少なくなります。その際も、Gakuvo学生会員は、優先してチーム「ながぐつ」プロジェクトに参加できます。

□Gakuvoでは、災害救援以外にも、学生ボランティア向けのセミナーやコンテストなどを実施しています。その際の参加費も学生会員の方は無料でご参加いただけます。

□会員限定特別企画(合宿等)にご参加いただけます。

Gakuvo学生会員費用は、入会金3000円、年会費2000円です。チーム「ながぐつ」プロジェクト参加者が学生会員になる際は、入会金を免除します。

何かご不明な点などありましたら下記までご連絡ください。
[問い合わせ先、及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com


≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンター
【大学生ボランティア募集!】第70陣チーム『ながぐつ』プロジェクト<福島県いわき市> [2013年10月03日(Thu)]

※締め切らせていただきました。有り難うございました。
【大学生ボランティア募集!】第70陣チーム『ながぐつ』プロジェクト<福島県いわき市>

【いわき市の放射線量について】
詳しくはいわき市で公表されているページをご覧ください。
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/13223/13225/014069.html
食については、これらのページをご覧ください。
http://www.pref.fukushima.jp/eisei/syokuan/syokuhin1/syokuhinRIkensa/index.html
http://misemasu-iwaki.jp/data/index.php


■実施要項(詳細)
[日程及び募集人員]
10名前後

第70陣: 11/1(金)〜 11/4(月・祝)

[集合時間] 11/1 (金) 11時
[解散時間] 11/4 (月・祝) 18時くらい(活動状況で多少前後します)
[集合場所]  日本財団(東京都港区赤坂1丁目2番2号)1階ロビー
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html

○地下鉄銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分
  出口より前方、歩道橋の向こうに日本財団の看板が見えます。
○地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」9番出口より徒歩5分
  外堀通りを虎ノ門方面へ直進右手ガソリンスタンドの先の8階建てのビルです。
○地下鉄丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」 3番出口より徒歩6分
  国会記者会館を左折、内閣府下の交差点を越え、外堀通りを渡った正面の8階建てのビルです。
[解散場所]  東京駅


[活動場所] 福島県いわき市
※なお、活動場所及び内容は現地との調整により変更となる場合があります。
※現地との調整によっては2か所以上での実施となる場合があります。
その際は当方で振り分けさせていただきます。ご了承ください。

[宿泊場所] 現場近辺を手配しています。
      住所   福島県いわき市平字柳町3番地

※コンビニや食べる所がいくつかあります。
■銭湯または温泉に行きます。(シャンプー等の用意をお願い致します。)
 ※1回220円〜400円程度かかります。
■自炊は出来ません。
■寝袋を必ずお持ち下さい。

■募集要項
[応募条件]※原則として以下の条件に合致する方
・終了後、800文字程度の報告書を提出していただきます。
・心身ともに健康な20歳以上の男女大学生(未成年の方は、ご両親の承諾を経てからの参加をお願い致します。)

・被災者の立場にたって、被災者を助けようという心掛けを持つ方
・高い意識をもって参加できる方
・生活上のルールを守れる方
・寝袋など下記必要なものを持参出来る方
・お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方
・出発場所(日本財団ビル)まで来られる方
・下記の必要な持ち物を持参出来る方

[参加費及びボランティア保険]
参加費: 1,000円
ボランティア保険:1,400円(ボランティア保険料実費)

当日徴収いたします。
※ボランティア保険は2014年3月31日まで有効です。
保険は出発2日前に加入します。加入後の参加キャンセルの方は保険料徴収となりますので、何らかの事情で不参加の場合は遅くとも2日前にご連絡ください。)
※移動費(東京〜現地)はこちらで負担いたします。
※食費や銭湯代等は自己負担となります。(銭湯代1回220円〜400円)
※Gakuvo会員の方は参加費無料とさせて頂きます。
※Gakuvo会員登録された方は参加費が免除になります。
登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いただきます。)
参加者全員、東京都社会福祉協議会のボランティア保険(天災Cプラン)に加入します。本保険は、加入手続き完了日の翌日0時から平成26年3月31日24時まで有効です。主な補償内容は下の通りです。
傷害補償
死亡・後遺傷害保険金額:19,121千円
入院保険金日額:11,000円
通院保険金日額:7,000円
詳細は、こちらでご確認ください。
http://www.ita-vc.or.jp/pdf/volunteer-hoken23.pdf

※2013年3月31日以前に入ったボランティア保険はすべて無効となるため、新たにご加入頂きます。
2013年4月1日以降にご加入された場合や他団体等で既にご加入されている場合はお知らせください。(全社協のボランティア保険ではない場合は当方で用意している上記の保険に加入して頂きます。)

※事前に申し出がない場合、当日申告されても必ず1400円いただきます。
出発日の前々日までにご申告ください!!


[Gakuvo会員登録について]
Gakuvo会員の方は参加費1,000円が無料となります。
受付にてGakuvo会員登録された方は参加費免除となり、以降年度内も参加費は無料です。(登録は当日必要事項をご記入の上、年会費2,000円をお支払いいただきます。)
有効期限は2014年3月31日まで。会員カードを発行しています。


[活動内容]
イベント『イントゥアニメーション in 福島』のお手伝い、農業支援。

※2年以上が経過し大人数での作業でなく、少人数での作業がまだたくさんあります。

※現地での調整のため活動内容は前日もしくは当日まで確定しません。


[持ち物(必須)]☆どんな作業にも耐えられる準備をしてきてください☆

□長ぐつ、または汚れても良いスニーカーや作業靴
(Gakuvoでは貸し出せません)

□寝袋(ロールマットなどがあると快適です。)

□カップラーメン・日持ちするパン、果物など現地で食べる食糧(非常用)
   ※万が一の備えとして、一食分ご用意ください。
   ※宿泊施設の水道は利用できます(発生する余震により、使用できなくなる可能性もあります。)

□着替え(動きやすく汚れてもよい服装)

□作業着、帽子(汚れてもいい長そで、長ズボン)
 ※屋外での作業もあるため、紫外線対策の長そでは必須です。

□羽織るもの(雨などで気温が下がることもあります。)

□合羽や傘などの雨具(上下、雨が降ったとき使用)

□軍手

□作業用の小さなナップサックやウェストポーチがあると便利。
(各自貴重品の管理をお願い致します。)

□保険証のコピー

□常備薬

以上のものを各自必ず準備して下さい。

※gakuvoで用意できるもの
□ヘルメット

やむを得ない事情があった場合のみGakuvoで用意する備品を貸し出すことがあります。
また作業場所によっては使用しない場合もありますが、どの作業場でも対応できる準備をしてのぞんで下さい。

[申込み方法]

<<お申込みはコチラをクリック>>



※締め切らせていただきました。有り難うございました。


※お申し込みいただいて5営業日以内にメールでの返信がない場合、トラブルの可能性がありますので下記連絡先までご連絡ください。
※定員に達し次第締切させていただきます。
※メールアドレスは間違いのないようご記入ください。
 必ず、gakuvo.shien@gmail.com からのメールを受け取れるよう受信設定をお願いします。

※ボランティア活動参加者には、活動参加証明書を発行いたします。


[問い合わせ先、及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com

≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンター


■詳細スケジュール_いわき市

出発日
 11:00 集合
 11:05 オリエンテーション
*オリエンテーションは必須です。       
   大学生のための災害ボランティア講習/被災地の現状報告
 12:00 班分け、各班リーダーに関する説明、休憩
 12:10 日本財団ビル出発
       上野駅出発〜いわきへ
 16:00 宿泊場所に到着予定
       作業についての説明及び準備、夕食
 23:00 消灯

作業日
  8:00 宿泊場所を出発
  9:00 活動開始
 12:00 休憩
 13:00 活動開始
 16:00 終了
       片づけ
       宿泊場所へ移動
       夕食及びミーティング
 23:00 消灯


到着日
  8:00 宿泊場所清掃等
  9:00 活動開始
 12:00 昼食
 13:00 活動再開
 16:30 活動終了、片づけ等
 18:20 電車にて上野駅へ
 21:00 上野駅到着、解散
       ※活動内容により、多少前後します。 
      
ボランティア活動証明書受け取りの後、解散。
*オリエンテーションに間に合わない方は参加をお断りいたします。

[生活上のルール]
 ・喫煙は指定の場所で。
 ・飲酒は禁止。
 ・夜の外出はしない。(外は真っ暗です)
 ・1日1回掃除をする。

[ボランティア活動上のルール]
 ・体調の管理を各自できちんとして下さい。(睡眠・食事をきちんと取って下さい。)
 ・被災した方々に心良い対応をお願い致します。


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       【大切なお知らせ−Gakuvoのメンバーになりませんか!?】
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本財団学生ボランティアセンターは、災害支援ボランティア以外の事業も、学生インターンとともに行っています。
また、学生会員制度を設け、学生のみんなにむけて、学生ボランティアを支援する事業を行っています。
これを機に、Gakuvoの会員になりませんか。

Gakuvoの会員になると次の特典があります。


□Gakuvoでは本震災の学生派遣にあたりさまざまなNPO等と協働して事業を行っています。受け入れ先の関係で費用が発生する場合においては、Gakuvoで負担いたします。
(※チーム『ながぐつ』プロジェクトのプログラムのみ)

□災害復興もフェーズが変わり、ボランティアの募集人数も少なくなります。その際も、Gakuvo学生会員は、優先してチーム「ながぐつ」プロジェクトに参加できます。

□Gakuvoでは、災害救援以外にも、学生ボランティア向けのセミナーやコンテストなどを実施しています。その際の参加費も学生会員の方は無料でご参加いただけます。

□会員限定特別企画(合宿等)にご参加いただけます。

Gakuvo学生会員費用は、入会金3000円、年会費2000円です。チーム「ながぐつ」プロジェクト参加者が学生会員になる際は、入会金を免除します。

何かご不明な点などありましたら下記までご連絡ください。
[問い合わせ先、及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター
TEL:03-6206-1529(火〜土 10:00-20:00)
gakuvo.shien@gmail.com


≪企画≫  日本財団学生ボランティアセンター

チームながぐつプロジェクト第66陣 福島県いわき市行き 活動報告 [2013年09月19日(Thu)]

チームながぐつプロジェクト第66陣 福島県いわき市行き 活動報告

2013年9月13日〜17日

引き続き、石巻をいわき行きへ変更しての活動。
いつもお世話になっている、北関東空調工業株式会社の代表者からのご紹介で、アクアマリンパークでのイベントの手伝い(盛り上げ役)をさせていただきました!
※毎回、北関東空調工業株式会社様の社員寮をご提供いただき、活動させていただいております。
 北関東空調工業株式会社は、震災後すぐ地元の復旧にいち早く尽力されてきた会社です。


まずはお寺で坐禅から
到着後、とりあえずは坐禅でスタート。
みんな、緊張気味。

御仕舞を拝見
前回同様、伝統的な踊りと唄(御仕舞)を拝見!なかなか体験できない貴重な時間です。

交流会でお話をうかがいます
交流会で、たくさんお話をうかがい、美味しいごはんもいただいました。

朝のピアノ演奏
今回、ピアニスト(?)が出現!ゴージャスな朝を迎えました。

薄磯地区の視察
いつものように、薄磯地区視察をさせていただきました。

被災した豊間中学校の体育館
取り壊しが決まっている、豊間中学校。残したい住民の声がたくさんあるそうです。体育館の壊れ方もすさまじい。

薄磯復興協議委員会の方々からお話をうかがう
震災直後から、復興へ向かっていく薄磯復興協議委員会の方々のお話をうかがっています。
いつも、ありがとうございます。

笑顔でイベントのお手伝い!
活動初日、午後からはイベントのお手伝い。晴天に恵まれました。

バイトで培った揚げ物の技!
揚げ物をする手つきが、プロ並みです!

カジキメンチカツ、大人気!
大行列。ずっと続いていましたが、みんながんばってお手伝い!

みちのくボンガーズと一緒に
みちのくボンガーズが!

活動2日目、鈴木さんにリアルな被災話をうかがう
活動2日目は、朝からアクアマリンパークでのイベントへ。
鈴木さんからたくさんのお話を聞けました!ありがとうございました。

2日目のお昼、すごい雨!!
台風18号の影響で、ものすごい雨です。

福島大学のゼミのみなさんと!
雨の中、お客さんたちも、学生たちも、イベントを楽しみました!福島大学のゼミのみなさんとも交流!

カジキサミット(イベント)実行委員の武藤さんからお話をうかがう
カジキグルメサミットでお世話になった武藤さんのお話をうかがいます。

お世話になった有賀さんと
あっというまの5日間。恒例のあるがさんとのショット!

久ノ浜小学校にある、浜風商店街
今回は、久ノ浜小学校わきにある、浜風商店街へうかがうことができました。被災したお母さんたちががんばってお店をやっています!

久ノ浜の被災状況
久ノ浜の被災状況を視察。

暴風雨にあいながらも、楽しく、そして現地のつらく厳しいお話もたくさん聞くことができ、とても充実した活動でした。

みなさん、お疲れ様でした!



チームながぐつプロジェクト第64陣 福島県いわき市行き 活動報告 [2013年09月03日(Tue)]

チームながぐつプロジェクト第64陣 福島県いわき市行き 活動報告

2013年8月27日〜31日

引き続き、石巻をいわき行きへ変更しての活動。
取り壊しが決まった家屋の片付けを完了しました。
※北関東空調工業株式会社様の社員寮をご提供いただき、活動させていただいております。

坐禅体験
今回は到着後、すぐに坐禅体験で心を静めます。

幼稚園での活動
活動初日は、幼稚園での活動のため、キリンさんバスで送り迎えしていただきます。

園児のみなさんにご挨拶
まずは、園児のみなさんにご挨拶!

園児達と一緒にランチです
活動後には、園児達と同じお弁当をごちそうになりました。(大人は二人前いただきました。)ありがとうございます。

夜明け市場の五楽さんにて
前回に引き続き、五楽さんにて。
被災しても見事に復活した、たいへん美味しいお店です!

活動終了!
前回と今回で、しっかりとキレイに片付けさせていただきました。
活動させていただき、ありがとうございました。

交流会でのお仕舞い
最後の夜、交流会では、文武両道、お仕舞いと剣道の技をご披露いただきました。
貴重なものを拝見させていただき、ありがとうございました。

薄磯地区
今回も、薄磯地区でお話をうかがい、視察させていただきましたが、なんと、避難訓練にも参加させていただきました。
訓練とはいえども、サイレンの音はやはり怖いものです。

みなさん、お疲れ様でした。