CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2015年02月 | Main
プロフィール

Gakuvo支援担当さんの画像
Gakuvo支援担当
プロフィール
ブログ
2012_v1.gif
リンク集
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
チームながぐつプロジェクト第108陣(早稲田大学アメフト部) 福島県いわき市行き 活動報告 [2015年03月06日(Fri)]

2015年2月25日から27日にかけて、福島県いわき市でチームながぐつプロジェクト108陣として
早稲田大学米式蹴球部員91名が参加してくださいました!

〜1日目〜
前回7月の派遣時に行ったフラッグフットボール教室を今回も江名小学校にて行いました。
前回は希望者のみの参加でしたが、今回は全校生徒112名の子どもたちが参加してくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

午前中はなんとか天気がもち、校庭いっぱいに広がりグループ毎に分かれて
ボール慣れなどの練習を行いました。
お昼前にはミニゲームも行い、子どもたちも学生も元気に走り回っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

午後は雨が降りだしたため、体育館にてミニゲームを行いました。
すっかり大学生のお兄さん、お姉さんと仲良しになった子どもたちは
一緒にプレイの作戦を確認したり、甘えたりとても微笑ましい場面にあふれていました。

学生たちが学校を後にするときは、「さようならー!!!」と大きな声で
見送ってくれました。
江名小学校のみなさん、ありがとうございました!

写真はないのですが、夕方には幹部学生らがいわき市市長に表敬訪問を行いました。
また毎回受け入れていただいているいわき湯本温泉「新つた」さんにて、日中の活動の疲れを癒やしました。

夜は地元いわきの方々と懇親会を飯野八幡宮の会館をお借りして行いました。
10407316_775069872576122_3860690109810495463_n

貴重なお話を聴かせていただく、学生たちにとって学び多き時間となったと思います。

〜2日目〜
今回、宿坊として学生たちを受入ていただいた長源寺の栗山副住職様より
震災当時のお話を伺う時間を設けていただきました。
原発がもたらす影響や当時の状況について学生たちは真剣に耳を傾けていました。

朝食後、こちらも毎回受け入れていただいているNPOいわきオリーブプロジェクトのお手伝いに伺いました。
今回で4度目の活動になり、今後も継続した活動が行われるようオリーブ畑に看板を建てました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、ビニールハウスに移動し
オリーブの苗木の世話をお手伝いしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

ご指導いただいた、舟生さん、木田さんありがとうございました。
オリーブ畑を後にし、最後に学生たちがいつも楽しみにしている
浜風商店街にお邪魔しました!
おいしいメンチカツと味噌田楽を差し入れていただき、学生たちも大喜びでした。
商店街のみなさんと楽しそうに過ごす姿がとても印象的でした。

IMG_0791-300x225

今回お世話になったみなさん、本当にありがとうございました。
そして早稲田大学米式蹴球部のみなさん、お疲れ様でした**
チームながぐつプロジェクト第107陣 宮城県石巻市行き 活動報告 [2015年03月06日(Fri)]

「大学生ボランティア隊」派遣【第107陣】
期間:2015年2月13日〜2月16日
場所:宮城県石巻市
活動内容:
2月13日 日本財団にてオリエンテーション。炊き出し体験
2月14日 高台移転のためのお手伝い。
2月15日 高台移転のためのお手伝い。
2月16日 視察。掃除。

2月13日
107-13-1
日本財団でオリエンテーション後新幹線で仙台へ。
仙台よりバスで石巻。16時45分石巻駅着。

107-13-2

107-13-3 

107-13-4

 107-13-5

 107-13-6

現地スタッフの矢野さんから拠点の使い方など説明していただきました。
その後炊き出し体験ということで、みんなでうどんを作り食べました。
食事後黒澤さんより石巻の被害状況、明日以降の活動内容の説明を受けました。

2月14日
107-14-1

107-14-2

107-14-3

雄勝町にて高台移転されるかたのお手伝い。
もみの木の枝を急斜面の上まで運ぶ作業。

107-14-4

107-14-5

107-14-6

バケツリレー方式で10人で声を掛け合い助けあいながら運びました。
午後は大きなもみの木の伐採の補助を行いました。ワイヤー、滑車、スリング、チルホール等普段の生活では使う事のない道具を使用しての作業となりました。危険の伴う作業でしたが無事終える事ができました。

107-14-7

作業中や昼食時、高台移転されるかたから震災時の体験などのお話を伺いました。

2月15日
107-15-1

107-15-2

107-15-3
前日同様枝を運ぶ作業。

107-15-4

107-15-5
杉の木の伐採。

107-15-6
昼食後雄勝町オーリンクハウス会議室で行われていた写真展「いしのまきのあさ」に連れていっていただきました。

2月16日
107-16-1
拠点掃除。3階のマットはがし、倉庫の荷物仕分け等行いました。
その後市内視察。
11:30のバスに乗り仙台駅。
14:44の新幹線で東京へ。
ボランティア参加証授与
17:00解散。
107-16-2

参加者に日程終了時に書いて頂いている報告書の中から抜粋したものをご紹介します。
※掲載した文章は全文でないため、ご本人の意図と若干異なる場合がございます。ご了承ください。

■報告書からの抜粋
*2012年にGakuvoで行った時に出会った家族が今どうしているか聞いてみた。お仕事が軌道にのっているおとや赤ちゃんが生まれて家族が増えている事を聞いた。悲しい事だけでなく、小さな幸せもたくさん4年あkんであったことがわかって嬉しかった。

*大切な人を亡くされたことを「“つらい”という訳ではないけれど、“やるせない”」と言っていたのが印象的だった。深い深い悲しみに落ち込むことは乗り越えたのかもしれないけれど、そのやるせなさはずっと続いていくのかもしれないという気がした。

*消灯時間になって電気が消えても、大川小学校の事が頭から離れず、ずーと考えていました。きっとそれぞれに夢もあっただろうに、こんなことにあうなんて思ってもいなかっただろうし、まだ幼い命が多く奪われてしまったことがとてもショックで仕方がありませんでした。

*見たもの聞いたものが多すぎて、この事を自分の中に落とし込むのに、少し時間がかかると思います。発信していく事はもちろんですが、この“震災”を4年もたった今、まずは私が現実を“うけとめる”というのはおかしいですが、見つめ、自分の中で向き合っていくことが第一だと思います。このまま終わりではなく震災を見つめて向き合った中で自分にできること、再びこの地を訪れる事をしたいと思いました。

*大川小学校を訪れ、生徒が逃げていれば助かったであろう山や校舎を見た事によって、強く印象に残りました。それと同時に災害時における一瞬の判断によって、こうも簡単に生きるか死ぬかが左右されるのかと思いました。マニュアルに従うことを第一として迅速に対応できないことや、正しい知識がないことによって脱げる方向を間違えることは非常に恐ろしいことだと感じました。

*震災から4年経った今も現地では「目に見える復興」以外に、「目に見えない復興」に向かって頑張っています。そうした方々を支援するのに、ボランティア活動というものは、たとえ小さな力だとしても、いつかは、その積み重ねで被災者の方々を元気づけることができると私は信じています。

*他のメンバーが震災やボランティアについて、ここまで深く考えているのかと思い、驚きました。同じ学生として、いい刺激を受けることができました。

*4日間という短い活動期間でしたが、色々な人との会話、街の風景、雰囲気、そういったおのを自分の肌、目、耳で感じることができ、ネットなそで調べても感じ取れないものを現地で体感することができました。

*復興という言葉は、迅速だけが求められがちになり、被災者自身の心の復興というものは忘れがちです。これは確実に復興していく事は不可能ですが、人と触れ合い少しでも気持ちを考えていくことを想像し行動していくことで和らげていくことは可能であると思いました。

*実際に自分で訪れて、自分の肌で感じなければ分からないこともあるのだと、改めて思いました。

このボランティアは、これからであり、こうして考えさせていただいた機会をもとに、自分の中でどうおとしこむのか、得た知識や知った世界を視野に入れて何をしていくのか。ここで終わらせることなく、今回の経験を元に、これから自分がどう震災に関わっていくのかをしっかりと考えようと思います。

石巻の皆さん、ありがとうございました。
107陣の皆さんお疲れ様でした。