CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
東日本大震災で大きな被害を受けた福島県、岩手県、宮城県。千葉県には、東北3県から多くの人たちが避難し、暮らしています。千葉を第二の故郷に感じてもらえたら…そんな思いで進めている支援事業をご紹介します。 
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
情報紙「縁joy」6月1日号を発行しました [2020年06月01日(Mon)]
情報紙「縁joy」6月1日号を発行しました

東北と千葉の出逢いが広がりますよう
発 行:認定特定非営利活動法人
    ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
連絡先:〒261-0011 千葉市美浜区真砂5-21-12
    電話1(プッシュホン) 043-303-1688
    E-mail npo-club@par.odn.ne.jp
発行部数:2,000部
福島県から千葉県へ避難されている方の数:2,158
               (R2. 4/9現在)




演劇東日本大震災で被災し、千葉県内で暮らす皆様へ

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い4月7日に発令された緊急事態宣言は、5月末まで延長されました。長引く自粛規制で生活リズムが急変しました。各地での交流会等が中止となり寂しい思いをされていませんか?会話や運動が減るなど、生活の変化に伴い体調を崩していませんか?困っていることはありませんか?お気軽にお電話ください。

福島県県外避難者相談センターちば 
080-5418-7286
※10時〜17時(土・日・祝祭日は、休み)

新型コロナウイルス感染症の拡大に関して、支給が見込まれる特別定額給付金について、「給付金の申請書が届かない」といった場合には、住民票(住民基本台帳)がある市町村までご確認ください。



演劇開催報告
写真展
忘れない東日本大震災―あれから9年


令和2年3月10日(火)〜16日(月)の期間中に、そごう千葉店にて、福島民友の写真40枚、福島県から「復興のあゆみ」パネル、千葉県内の支援団体の活動紹介パネルを展示しました。

会場内に設置した「感想ノート」に書かれていた「応援メッセージ」をご紹介します(以下抜粋

・私は福島出身です。今も苦しい生活をしている人たちがたくさんいます。でも「負けないでがんばっぺ」と毎日をひたむきに生きています。風化させずに、心のどこかに置いてほしいです。そして、いつどこでその災害が自分にふりかかってくるかもしれないということを常に頭の片隅に置いています。            
・あの時は、小3でした。がんばろう日本!!机の下でパニックになった時を思い出します。あれから9年。        
・今も大変ですよね!でも前を見て一緒に進みたいですね。“がんばべーよ”会津出身です。
・頑張って、きっと住み良い東北にしょう!!





演劇福島で暮らすママの声」を集めた2020年の記録集
『めぐるしずく〜希望〜』のご案内

この度「復興交流拠点みんなの家セカンド」では、東日本大震災から9年が経過した今、ふくしまで暮らす「子育て世代」や「生活者」の声を、記録集『めぐるしずく〜希望〜』という形で一つの冊子にまとめました。
ふくしまで暮らす人々の声を伝え、それぞれの願う未来・それぞれの願うふるさと「ふくしま」を考え、話していけるきっかけとなればと願って作成いたしました。

発行元:NPO法人ビーンズふくしま
内容についてのお問合せは、
復興交流拠点みんなの家セカンド
TEL:024-573-7072
住所:〒960-0241 福島市笹谷字道場24-9


送付をご希望の方は、福島県県外避難者相談センターちばから、郵送いたします。下記までご連絡ください。
電話:080-5418-7286 (風間・鍋嶋)





表裏面6月.pdf
中面6,7月.pdf





Posted by 縁joy東北プロジェクト at 22:21
プロフィール

縁joy東北プロジェクトさんの画像
縁joy東北プロジェクト
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/nabe/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nabe/index2_0.xml