CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
東日本大震災で大きな被害を受けた福島県、岩手県、宮城県。千葉県には、東北3県から多くの人たちが避難し、暮らしています。千葉を第二の故郷に感じてもらえたら…そんな思いで進めている支援事業をご紹介します。 
<< 2022年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
情報紙「縁joy」4月号発行しました。 [2022年03月25日(Fri)]
width="15" height="15" border="0" />かわいい東北と千葉の出逢いが広がりますようにぴかぴか(新しい)
発行:認定特定非営利活動法人
ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
連絡先:〒261-0011 千葉市美浜区真砂5-21-12
電話1(プッシュホン)043-303-1688
E-mail npo-club@par.odn.ne.jp
発行部数:2,000部
福島県から千葉県へ避難されている方の数:2,015名
(令和4年2/8現在)

東日本大震災、福島第一原子力発電所事故から11年。千葉県での暮らしに少し慣れてきたものの、避難元に帰れるなら帰りたいと思っておられる方は少なくないかと思います。そうした思いを持ちつつも、今の暮らしを大事にしていただけたらと。「千葉の見どころ・楽しみどころ」ご紹介します。

ひらめきひらめき「千葉の見どころ・楽しみどころ」ひらめきひらめき

伊藤博夫さん千葉県在住31年目2015年〜2018年の3年間
浪江町復興支援員として支援の経験もおありになる伊藤さんに
「千葉の見どころ・楽しみどころ」を教えていただきました。目
IMG_0223.JPG

上空から見た千葉市の海岸線
4 稲毛海岸 航空写真(広報広聴課).jpg

千葉市の工場夜景
8 工場夜景クルーズ コークス(千葉ポートサービス).jpg

千葉中央港客船桟橋
IMG_8313.jpg

千葉市のベイサイドエリアは、人工海浜や千葉ポートパークなどがあり、とても魅力的なエリアです。特に千葉市の人工海浜(幕張の浜、検見川の浜、いなげの浜)の総延長は、4,320mで人工海浜としては、日本一の長さを誇っているそうです。
海浜エリアは、釣りやジョギング、テニスなどのスポーツ、バーベキューなども楽しめるほか、花の美術館があり、こちらは特に女性に人気があります。駐車場も完備しているので、皆さん、お気軽にお出かけ下さい。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

*今後、縁joyをご覧になった皆さまから「千葉の見どころ・楽しみどころ」を教えていただきたいと思います。色々教えてください。鍋嶋、石井が取材に参りますわーい(嬉しい顔)
電話連絡先043-303-1688  お待ちしておりますハートたち(複数ハート)


写真展開催致しましたカメラ
Inkedスクリーンショット 2022-03-25 142638_LI.jpg

開催時期:令和4年3月8日(火)〜3月15日(月)
開催場所:そごう千葉店 地下フォトギャラリー
展示内容 
【福島民報社】「福島の記憶」
【フォトボイス】被災当事者が撮った写真と声
【千葉県内の支援団体活動紹介】パネル展示
主催:福島県県外避難者相談センターちば
協力:福島民報社、NPO法人フォトボイス・プロジェクト、千葉県内支援団体

DSC03451.JPG

DSC03453.JPG

写真展では、今もなお、自宅を離れ、遠く千葉で避難し暮らす人たちが約2,000名いらっしゃることや震災当時の様子、今現在、復興に向かっている様子などの写真や支援団体のパネルなどを展示。通路を通りかかった方々が足を止めて、じっくり観てくださっていました。

スクリーンショット 2022-03-25 144127.png

スクリーンショット 2022-03-25 144351.png
4月表裏.pdf
4月中面.pdf
Posted by 縁joy東北プロジェクト at 13:21
情報紙「縁joy」2月号発行しました。 [2022年01月19日(Wed)]
東北と千葉の出逢いが広がりますように
情報紙「縁joy」2月号 vol.83
発行:認定特定非営利活動法人
ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
連絡先:〒261-0011 千葉市美浜区真砂5-21-12
電話1(プッシュホン)043-303-1688
E-mail npo-club@par.odn.ne.jp
発行部数:2,000部
福島県から千葉県へ避難されている方の数:2,058名
(令和3年12/9現在)

今年度も残りわずかとなりました。皆さま、コロナ禍でどのようにお過ごしになっていらっしゃいますか?
昨年11月のイベント「縁joy・東北」2021のアンケートなどでは、コロナ禍中でも参加してみたらみんなに会えて元気が出た。参加して良かった。また、企画を考えてほしいなどの嬉しい声もいただきました。
そのようなことからも今後、私共としてはコロナの状況を確認しつつ、コロナ感染防止対策を実施する上で交流会・展示会などの開催を予定しておりますのでご案内させていただきます。
なお、今後の感染状況によっては中止になる場合もございますのでご了承ください。
(参加申込みして下さった方には前もって電話ご連絡させていただきます。)
皆さまのご参加連絡お待ちしております。あわせて、相談電話も随時受け付けております。

スクリーンショット 2022-01-19 114622.png

スクリーンショット 2022-01-19 114900.png

2月表裏.pdf
2月中面.pdf
Posted by 縁joy東北プロジェクト at 11:32
情報紙「縁joy」12月号発行しました。 [2021年11月19日(Fri)]
東北と千葉の出逢いが広がりますように
縁joy12月1日 Vol.82
発行:認定特定非営利活動法人
ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
連絡先:〒261-0011 千葉市美浜区真砂5-21-12
電話1(プッシュホン)043-303-1688
E-mail npo-club@par.odn.ne.jp
発行部数:2,000部
福島県から千葉県へ避難されている方の数:2,053名
(令和3年10/8現在)

ぴかぴか(新しい)イベント 縁joy・東北2021 11/2〜11/5 千葉市きぼーるにてぴかぴか(新しい)
コロナ禍のため、展示物を中心に4日間の連続開催となりました。11/3交流企画として、福島市在住の矢口洋子さんによる【やさしさの種は「綿毛にのって」】講演に始まり、散り散りの避難先より結集よさこい踊りWonderなみえさん、双葉町より千葉に避難しふるさとへの思いを熱唱千代田信一さん、双葉町から関東に避難し箏に出会った大川義秋さんによる演奏で締めくくりました。(期間中の来場者は延べ400人)

縁.png

スクリーンショット 2021-11-19 100540.png


【参加者の皆さまからの声】
 コロナ禍で出かける機会が少なくなっていた中で、今回、出かけるきっかけを頂き、福島を感じることが出来ましたし、久しぶりに会った方と話をすることができて嬉しかったです。
などの声を頂きましたひらめき

12月表裏 最新.docx.pdf

12月中面 最新.docx.pdf
Posted by 縁joy東北プロジェクト at 09:34
「縁joy」10月号発行をいたしました。 [2021年09月17日(Fri)]
8月中面.pdf東北と千葉の出逢いが広がりますように

発行:認定特定非営利活動法人
ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
連絡先:〒261-0011 千葉市美浜区真砂5-21-12
電話1(プッシュホン)043-303-1688
E-mail npo-club@par.odn.ne.jp
発行部数:2,000部
福島県から千葉県へ避難されている方の数:2,062名
(令和3年8/11現在)

東日本大震災被災者支援・復興応援イベント
「縁joy・東北」2021
令和3年11月2(火)13:00から3(水)、4(木)、5(金)15:00まで
開催場所 千葉市きぼーる 1Fアトリウム 
住所:千葉市中央区中央4-5-1   会場オープン時間9時〜18時

スクリーンショット 2021-09-17 101638.png

スクリーンショット 2021-09-17 101755.png

どなたでもお気軽にご来場いただけます。
新型コロナ感染拡大防止につき、マスク着用をお願いいたします。
感染状況によっては、プログラムの変更・中止をすることがあります。

10月表裏.pdf

10月中面.pdf


Posted by 縁joy東北プロジェクト at 10:10
情報紙「縁joy」8月号発行しました。 [2021年07月30日(Fri)]
東北と千葉の出逢いが広がりますよう

Vol.80 R3.8.1
発 行:認定特定非営利活動法人
ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
連絡先:〒261-0011 千葉市美浜区真砂 5-21-12
電話1(プッシュホン)043-303-1688
E-mail npo-club@par.odn.ne.jp
発行部数:2,000 部
福島県から千葉県へ避難されている方の数:2,069 名
(令和 3 年 6/9)

富岡町県外避難者支援拠点事務所
 連絡先048-832-0600
≪令和3年度事業計画≫
コロナ禍の影響により、昨年度は当初計画の支援事業がほとんどできませんでした。
今年度も今のところ目途が立ちません。
コロナ禍が一段落後、例年同様の支援事業を開始する予定です。
【支援事業内容】
 ・戸別訪問 ・電話訪問
 ・避難先NPOとの連携確立
 ・交流会、サロンの開催
 ・富岡町行事への参加
 ・避難者による町民旅行開催
【支援員体制】
5名体制で今年度も活動してまいります。
富岡支援員.png

特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
連絡先043-303-1688
≪令和3年度事業内容≫
・お住まい、健康、仕事のことなど、
暮らしの中で困っていることなどのお悩み相談は
TEL080―5418―7286
相談名刺.png

地図.png
・情報紙「縁joy」隔月2000部発行
・交流会 第1回目9月13日(月)開催予定 
ADR.png

ADR地図.png
・ミニ交流会を地域ごとに開催
・イベント「縁joy・東北2021」11月開催予定
・写真展3月開催予定
顔写真.JPG

8月表裏.pdf
8月中面.pdf
Posted by 縁joy東北プロジェクト at 14:17
| 次へ
プロフィール

縁joy東北プロジェクトさんの画像
縁joy東北プロジェクト
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/nabe/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nabe/index2_0.xml