CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
東日本大震災で大きな被害を受けた福島県、岩手県、宮城県。千葉県には、東北3県から多くの人たちが避難し、暮らしています。千葉を第二の故郷に感じてもらえたら…そんな思いで進めている支援事業をご紹介します。 
<< 2022年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
「福島の今」を見る-1泊2日バス旅行 [2015年08月28日(Fri)]
学習会「福島の今」を見る-一泊二日バス旅行
東日本大震災から4年半。
福島県から避難し、千葉県で暮らす福島県民は3,127名。(福島県ホームページより)
この後、どこで暮らすのか。震災前に暮らしていた場所に戻るのか、千葉で仕事や住まいを
求めるのか。
 …ふるさとへの思いを持ちつつ、生活再建への道を探る日々。

 復興公営住宅や仮設住宅(いわき市)の訪問、被災地(浪江町)の視察を通して、復興の状況
 や被災者の現状についての理解を深めます。
請戸.JPG

  日時:平成27年10月30日(金)〜10月31日(土)
  対象:被災者、支援者
  参加費:5,000円(ふるさとふくしま帰還支援事業の補助により) 定員:40名
  問合せ、申込先 NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
            TEL 043-303-1688 E−mail npo-club@par.odn.ne.jp
Posted by 縁joy東北プロジェクト at 14:52
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nabe/archive/92
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

縁joy東北プロジェクトさんの画像
縁joy東北プロジェクト
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/nabe/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nabe/index2_0.xml