CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
東日本大震災で大きな被害を受けた福島県、岩手県、宮城県。千葉県には、東北3県から多くの人たちが避難し、暮らしています。千葉を第二の故郷に感じてもらえたら…そんな思いで進めている支援事業をご紹介します。 
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
情報紙「縁joy」8月1日号を発行しました [2020年07月27日(Mon)]
情報紙「縁joy」8月1日号を発行しました

東北と千葉の出逢いが広がりますよう

発 行:認定特定非営利活動法人
ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
連絡先:〒261-0011 千葉市美浜区真砂5-21-12
電話1(プッシュホン)043-303-1688
E-mail npo-club@par.odn.ne.jp
発行部数:2,000部
福島県から千葉県へ避難されている方の数:2,158
                (R2. 4/9現在)


わたし千葉で元気にしています!
浪江町:都築和良さん(現:茂原市)

1991年、浪江町でパン店「ブレッドハウス」をオープンし、
店の2階でレストランも開業した。忙しくても好きなことだっ
たから頑張れた。高校2年の終わりを迎えた長男が、「パン屋
を継ぎたい」と進路を決定してくれた。が、その矢先、震災が
起きた。もう店は出来ない。自分の年齢では、新たに設備投資
をして、パン屋を再開するのは無理だと思った。全てを失った。
息子も私たちもゼロから人生を考えることになった。
震災当初、郡山の親戚に身を寄せた後、新潟県佐渡市で4年
を過ごした。そして、茂原市に避難してきた。三女が里帰り出
産を希望しており、それを受け入れる病院が少ない中、茂原市
には、2件もあったことや、気候が浪江町に似て穏やかなことが
決め手となった。
 息子は、避難中に様々な人から「あのパンが食べたい」とか「いつ再開するのか」とか、ブレッドハウスを懐かしむ声を耳にして、次第に「やっぱりブレッドハウスの看板を再度出したい」との思いが強くなっていったと言う。製菓専門学校を卒業し、その後、他の店で3年間修行した。そして、昨年ここに「ブレッドハウス」をオープンさせた。以前と同じように毎朝4時前に起きてパンを焼く。当時のレシピを引き継いで、棚には懐かしいパンが並ぶと同時に、息子が作る新しいパンが、新しい店へと進化させている。こんな日が来るなんて想像さえ出来なかった。本当に有難いことだと思う。
千葉県は災害が少ないと思っていたが、昨年の台風で周辺は浸水。店はギリギリのところで免れ、店の駐車場を近隣の皆さんに使っていただいた。困った時はお互い様。店をオープンしてちょうど1年になるが、新型コロナの影響で1周年記念は自粛した。そんな折、他県に暮らす浪江町民の方から、当店のパンが懐かしいと連絡をいただくことがあり、とても励みになっている。皆さん、近くにいらしたときは、是非お寄りください。


DSC02528 - カット.jpg
DSC02534.JPG

浪江の時からの人気パン
ムーンハーフクリームは、ここでも人気NO.1

DSC02533.JPG

《ブレッドハウス》 
住 所:千葉県茂原市大芝3-1-2 
電 話:0475-36-6505  
営業時間:7:00〜19:00 
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
※営業時間・定休日は、変更になる場合があります 
※インスタグラム開設しています





イベント福島の底力
復興応援イベント
「縁joy・東北2020」  
11/4(水)、5(木)、6(金)、7(土)
  
千葉市きぼーるアトリウム


2e32bad54b81b49a8fca2695c47d05e8-500x500.jpg
丸p_noguchi顔丸.png

福島県出身 写真家 野口勝宏さん
「福島の花」シリーズの写真展開催
「福島は美しい花の島 花の力で人を元気にしたい」





member_1001863.jpg

福島県双葉町から埼玉県に避難
箏男kotomen 大川義秋さん
交流会に参加!箏の演奏も披露

詳しい内容は、次回(10/1)号で紹介します





演劇原子力損害賠償紛争解決センターでの和解事例集
20200616_151805_HDR - トリミング.jpg
《最新版》令和2年5月発行


※本資料は、令和元年12月までの和解事例の中から抜粋したものです。
※和解事例は、あくまで申立人の個別事情に基づいて和解した例であり、一般的に適用される基準ではありません。
※詳しくは、以下のホームページで、個人・事業者、所在地、業種、損害項目などにより分類した和解事例をご覧下さい

https://www.mext.go.jp/a_menu/genshi_baisho/jiko_baisho/detail/adr-senter.htm
お問合せ:原子力損害賠償紛争解決センター
フリーダイヤル0120-377-155


送付をご希望の方は、福島県県外避難者相談センターちば から郵送いたします。
電話:080-5418-7286 (風間・鍋嶋)



表裏面8月.pdf
中面8月.pdf



Posted by 縁joy東北プロジェクト at 09:29
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nabe/archive/196
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

縁joy東北プロジェクトさんの画像
縁joy東北プロジェクト
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/nabe/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nabe/index2_0.xml