CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
東日本大震災で大きな被害を受けた福島県、岩手県、宮城県。千葉県には、東北3県から多くの人たちが避難し、暮らしています。千葉を第二の故郷に感じてもらえたら…そんな思いで進めている支援事業をご紹介します。 
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
【イベント報告】ハーバリウム体験教室を開催しました [2018年10月18日(Thu)]
体験近景.jpg作品.jpg製作の様子3.jpgイベント報告】ハーバリウム体験教室を開催しました

今、インテリアアイテムとして人気のハーバリウムの手作り体験を、桜工房 羽田典子さんを講師に迎えて,10/15(月) 福島県県外避難者相談センターにて行いました。羽田さんは福島市から千葉市に避難して来られ、こちらでも手作り教室をされています。

材料の到着が遅れるというハプニングがあり、1時間遅れのスタートになってしまい、参加者の皆さまには大変ご迷惑をおかけしてしまいましたが、皆さま待っていてくださり、参加者7名で、和やかに手作りの時間を楽しみました。

体験全景.jpg

体験近景.jpg

プリザーブドフラワーを瓶の中に好きなようにセットして、専用のオイルを注ぎます。
繊細な作業に、知らず知らずのうちに、皆さん集中しておられます。
製作の様子2.jpg


製作の様子3.jpg

オイルを注ぐと、だんだんお花が生き生きしてきます。
参加者皆さんの作品、色とりどりで華やかです。
製作の様子3.jpg製作の様子3.jpg製作の様子3.jpg

作品.jpg

男性お一人ながら、奮闘されていた方は、
「今回、ハーバリウムというものを初めて知りましたが、創作センスがなく、瓶にお花を入れて、後はオイル任せになってしまいました。次の機会に、また挑戦してみようかと思いました」
と感想をくださいました。

手作りの静かな時間は、集中することで日常の様々なことをしばし忘れ、リフレッシュできる貴重な時間。創作意欲を刺激され、芸術の秋を味わうことができました。
福島県から千葉県に避難された方が、ほかの方との交流をはかれるよう企画しましたが、手作りの時間を共有するなかの、何気ない会話も気分をほぐしてくれたように思います。

出来上がった作品を、和やかな時間の記憶と一緒に持ち帰っていただけたら、そんなことを思いました。
Posted by 縁joy東北プロジェクト at 09:43
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nabe/archive/161
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

縁joy東北プロジェクトさんの画像
縁joy東北プロジェクト
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/nabe/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nabe/index2_0.xml