CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年11月06日

釧路子ども魚博士・・・

 10月の末は寒かったけれど、また持ち直してきました。最近は年のせいかあまり寒さも感じなくなってきています。もうすぐ死期がやってくるかもしれません。
 11月8日に25人の子供達をつれて、茅沼の釧路川の再生工事の現場、トウロ湖での地引網体験、岩保木水門の見学、最後に釧路の水道水についての勉強をして帰ってきます。子供たちと一日中、いろいろな体験をしてきます。
 11月3日にまなぼっとの多目的ホールで行われた、内山先生の講演を聴いてきました。自分の人生感にぴったりで、大変嬉しかったです。
かけがえのない釧路の自然、かけがえのない釧路の人間の歴史を、子供たちに教えたり、体験されることにより、釧路の独特の風土を作る事が出来るとの発言には、まったく同感でした。私の今までの人生観、流れるままに生きるを最近忘れていました。自分自身何か窮屈でした。内山先生の講演で、またその流れを取り戻しつつあります。有り難うございました。
 パスワードを忘れて打ち込みが出来ませんでした。また暇を見て打ち込みますし、写真も入れます。よろしくでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック