CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
子ども支援団体訪問記3 「ゆうゆう友の会」 [2021年02月15日(Mon)]

るんるん浜松市内の子ども支援団体を訪問してお話を伺っています。
今回は、子どもの居場所づくり活動をしている「ゆう・ゆう友の会」のレポートです。


 「ゆう・ゆう」とは、大人見町にある新興住宅地「ゆう・おおひとみ」の「ゆう」と、遊や優や勇などの「ゆう」をあわあせたものです。昔あった空き地のように、学校から帰った子ども達の居場所として公民館(名称;ゆう・おおひとみコミュニティセンター)を開放し、会のメンバーが見守りをしています。

* はじまりは
 ゆう・おおひとみ自治会にあった「老人会」が、静岡県に「シニアクラブ ゆう・ゆう友の会」として認められたことで、『せっかくある公民館を拠点にして、せっかく出来た会のマンパワーを、地域の子ども達の為にも使おう』と活動を始めました。浜松市の「放課後子どもたちの居場所づくり事業」も追い風になり、現在も続けています。

* こんな思いでやっています
 共働き時代になり、生活パターンが昔と違います。学校から帰ってひとりぼっちでいる子どもがいるのなら、地域の中にある場所で、地域の人と接すればいいと思います。現在、コミュニティセンターでは、自由に子ども同士で宿題や遊びをするだけでなく、高齢者と会話をしたり、将棋の対局をする姿がみられます。そうすると、メンバーも見守りだけでなく、凧作りや焼き芋大会等行事を企画し、子どもと一緒になって楽しみ、結果ふれあいが生まれています。

* こんな活動をしています
 公民館=コミュニティセンターの管理、運営及び子ども関連の行事企画、活動
(開催日)月曜日から金曜日
(時間)コロナ禍の為15時〜17時 (コロナ禍以前は13時〜17時)
(対象)地域の子ども

* 団体からのメッセージ
 ゆう・おおひとみ自治会には、「子ども会」「婦人会あるいは女性部」のような会はなく、自治会全体で行事の企画や活動をしています。「ゆう・ゆう友の会」では、自治会行事ほどではない、小さいイベントを大切に活動しています。「老人会」でスタートした「ゆう・ゆう友の会」ではありますが、最近では、40代、50代の人が名簿に載るようになり、出来る人が出来ることを出来る範囲で動いています。決して、子どもの為だけの活動とは思っていません。メンバーの健康維持や生きがいづくりでもあると思って活動しています。

* 参加するには
地域の子ども対象ですが、基本、自由参加の場です
地域外や複数名で参加の場合、念のため、ご連絡ください

◆こんな団体です◆
活動分野
 福祉、子どもの健全育成、社会教育
活動対象
 子ども、一般
活動地域
 浜松市西区 ゆう・おおひとみ内 ゆう・おおひとみコミュニティセンター周辺
設立年
 2005年
主催
 ゆう・ゆう友の会
代表者名
 中村 勝信(なかむら よしみち)
連絡先
(住所)〒431-1112 浜松市西区大人見町1500-85
(電話)080-5150-3021

子ども支援団体訪問記2 「子ども食堂ヒロ」 [2021年02月08日(Mon)]

るんるん浜松市内の子ども支援団体を訪問してお話を伺っています。
今回は、子ども食堂をしている子ども食堂ヒロのレポートです。


子ども達に癒されています。だからこそ、子どもや保護者の安らげる場所を提供したいと活動しています。

* はじまりは。。。
 自分自身の子育てがひと区切りつき、知人に子ども食堂を勧められて、2019年6月にスタートしました。働いていた時の職場の仲間(ゆかいな仲間たち)にも声をかけ、手伝ってもらいながら回を重ねています。

* こんな思いでやっています
 時間厳守、親(保護者)子で参加。この二つの原則がありますが、その上で、子どもも保護者も、楽しんで居られるような場所を提供したいと思っています。親子のコミュニケーションや、子育てなどの悩みの相談や解消の場としてアットホームな感じでやっています。そのためにも、気持ちもオープンにして誰でも受け入れたい。子どもがこの場所に慣れて成長していってくれたらうれしいです。何よりも子どもが喜ぶ場所にしたい。その姿をみて、保護者も一息ついて子育てに余裕ができると、ますますいい循環ができると思っています。そうして、子どもも保護者も私たちも互いに育ちあう三角の関係ができたらいいなと考えています。

喫茶店チームワークのよい受け入れ体制
代表とボランティアのメンバーは、互いに気心の知れた仲間なので、あうんの呼吸で、準備や受け入れ、後片付けなど、チームワークよく活動しています。なによりも、メンバー全員が子どもたちと会えるのを楽しみに来ています。その気持ちが居心地のよい空間を作っているのではないかと思います。

* こんな活動をしています子どもヒロ.jpg
・子ども食堂:毎月第一土曜日の昼(15から20人)。今は、新型コロナ感染症対策のため、11:20-12:00、12:00-12:40、12:40-13:20 の時間帯でそれぞれ2組ずつの予約制をとって開催しています。1家族300円。
・お楽しみ会:時期によって、夏祭り、秋祭り、ものづくり、豆まきなど

*  団体からのメッセージ
・予約制なので、ご参加の方は事前にご連絡ください。
・食品等(お米、お菓子など)の支援を社協をはじめ、個人の方からご協力いただいています。協力していただける方、大歓迎です。

こんな団体です
活動分野
 子どもの健全育成(子育て)、まちづくり
活動対象
 子ども、保護者
設立年
 2019年6月
運営スタッフ
 4名
代表者名
 太田 博子(おおた ひろこ)
連絡先
 (住所)〒430-0814 浜松市南区恩地町94テラスハウス太田
 (電話)090-1625-6241
 (ブログ)https://hiro8108.hamazo.tv/








パブリックコメントに挑戦しよう! [2021年02月04日(Thu)]

先日の「議員と語ろうNPO円卓会議」ではパブリックコメントについての講演がありました。
さあ、パブリックコメントに挑戦!と思ったら、今出ているパブリックコメント募集事業
は、わからないカタカナ用語の羅列。SDGsの「だれ一人取り残さないまちづくり」に繋げたいのに、、、。
今回は、直近のパブリックコメント「浜松市デジタル・スマートシティ構想(案)」「浜松版MaaS構想(案)」に関する勉強会を開催します。
わからない事を、遠慮なく質問できる優しい勉強会です。
ぜひご参加ください。

日時:2021年2月10日(水) 19:00〜20:30
会場:浜松NPOネットワークセンター会議室+Zoom
定員:20名(会場参加5名+ズーム参加15名程度)
参加費:無料
内容:・SECURITY ACTION制度のご紹介
   ・パブリックコメント勉強会
講師:NPO IT静岡 西野直也氏
申込:ウェブ上で https://forms.gle/cJx8b8VVxrnLcYPn7
 または、メールでお名前、連絡先、所属をお知らせください。
   〆切は2月8日(月)
主催:認定NPO法人浜松NPOネットワークセンター
協力:SECURITY ACTION制度普及事務局