CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
【募集終了】公園経営の先進地 見学ツアー [2019年09月26日(Thu)]

オープンスペースや公園は、市民が自らのアイディアと行動で使い倒し、未来を切り開く時代に!
そのモデルとなる東京は八王子市の長池公園を視察し、これからの公園経営について学びます。

2019年11月13日(水)7:30〜20:00 
※台風などの場合の予備日 11/21(木)

行先:八王子市 長池公園(指定管理者 NPO法人フュージョン長池
対象:公園・緑地の使い方、公園経営に興味のある市民や NPO 団体、法人等
参加費:1人3,000円(保険代込、昼食は各自用意)  
定員:30名 
申込〆切:定員に達したので〆切りました

行程:浜松駅 7:30出発 ⇒(バス) 長池公園 11:30〜16:00 ⇒(バス) 浜松駅 20:00到着(予定)

<ツアープログラム> 
車中講座
「これからの都市公園、市民が使いたおす公園とは」
 講師:木村智子さん(有限会社フラワーセンター若草 代表)

長池公園の現地視察・昼食

講座「人が幸せに生きる公園づくり」
  講師:富永一夫さん(NPO法人フュージョン長池 創業者)
長池公園の運営における、地域との協働、教育機関との連携、障害者雇用や生きがい就労など、公園という場を最大限に活かした多面的な地域づくりについて語ります。

001.jpg

NPO法人フュージョン長池 とは
多摩ニュータウン南西部の八王子市長池公園を中心に、住民の暮らしをさまざまな角度から支援することを目的に、1999年12月に設立。
全国に先駆けて都市公園の指定管理者となり、2017年4月からは八王子市東由木地区81カ所の都市公園の指定管理者「ひとまちみどり由木」の代表団体として公園緑地の管理運営を担っている。緑の都市賞国土交通大臣表彰、総務省ふるさとづくり大賞、団体賞など受賞。

八王子市 長池公園 とは
面積20haの自然保全型公園。里山文化の継承と創造をテーマに活動している。

申込:定員に達したので〆切りました
浜松NPOネットワークセンター
 メールする info@n-pocket.jp 電話1(プッシュホン) 053-445-3717
1)お名前 2)所属 3)E-mail 4)TEL 5)参加動機 を明記してメールください。

主催:浜松市都市整備部公園課
企画運営:(認特)浜松NPOネットワークセンター

003.jpg

※写真は八王子市のwebサイトから
【こどもと遊び実践塾 公開講座】「あそび × まちづくり」 [2019年09月18日(Wed)]

孤立化が進むばかりの社会で、温かい大人のまなざしの中で安心して子どもが育つ居場所がなくなってきています。
そんな中、子どもの遊び場をまちづくりの視点にいれた注目の活動を続ける、焼津生まれの24歳の青年、土肥潤也さんにお話を伺います。

日時:2019年9月29日(日)10:00〜12:00
場所:浜松市南区役所 3F

みんなで遊び場をつくった焼津の様子
子どもたちが主人公できっと目がキラッキラ目ぴかぴか(新しい)になったでしょうねえ。浜松でもぜひこんな子どもたちの居場所があったらいいなぁ!

土肥潤也さんプロフィール
大学時代から若者の社会・政治参加に関する活動に参加。子ども・若者が主体的に参画するワークショップやまちづくり活動の経験を経て、2019年からコミュニティラボCoー°C(コード)を立ち上げ、まちづくり領域を中心に、すべての人が主人公になれるコミュニティづくりに取り組む。

※本講座は5回にわたる連続講座の一部になりますが公開講座として開かれます。

参加申し込みは、WEB上の申込フォーム か 浜松NPOネットワークセンターまで、
お名前、連絡先(電話1(プッシュホン)メールする)、託児のご希望などお知らせください。 

浜松NPOネットワークセンター
電話1(プッシュホン)&FAX: 053-445-3717 E-Mail:info@n-pocket.jp 
市民活動に使えるデータを読み解くコツは?! 講座レポート [2019年09月13日(Fri)]

市民活動支援担当の小林です。
9月7日は静岡大学の笹原恵先生を講師に、市民活動にデータを活用する方法を学びました。
ED1lkyAVUAA2t0Q.jpg

まずは「データの集め方」で、どこにどんなデータがあるのか。例えば人口に関するものでは、5年ごとの総務庁の国勢調査だけでなく、厚労省から人口動態調査が毎年出ています。
労働力に関するものは総務省の統計、経済に絡むものであれば経済センサスなど、様々なリソースを次々提示。

次に「データの読み方」で、実態についての客観的データに対し、意識についてのデータは、「考え」と「実態」は必ずしも一致しないし、調査の仕方やデータの収集方法によっては客観的と言えない場合があることに注意する必要があります。

ここでも人口関係の様々なデータを見ながら少子高齢化や外国籍住民の経年変化や今後の予測を見て行きましたが、割合(%)で示されているものは実数のデータを合わせて見る必要があることも注意ポイントです。
核家族化・小家族化・単独世帯化や、非婚化・未婚化の経年変化も、何を指数としてどのようなグラフにすればわかりやすいか、見て行きました。

ここで、内閣府の「社会意識に関する世論調査」を見てグループワーク。質問内容や選択肢が答えづらい、1968年から調査されているが、50年前と言葉の意味や受け取り方も違ってくる、対面調査だと本音で答えにくい、これで客観的と言えるデータが集められるのか??など多くの疑問が上がりました。
同じ内閣府でも「老後の生活設計と公的年金に関する世論調査」を見ると、もっと具体的な質問で絞り込まれた選択肢になっており、同じ世論調査でもずいぶん違うことが読み取れました。

後半は「データの使い方・見せ方・表現方法」で、出典元の明示では、サイトなどの利用は特に注意が必要で、孫引きでなく元データに当たることが望ましいと言われました。
表とグラフの使い方、数値と%の明示、単答と複数回答の扱いなど、大学の授業レベルの内容で「難しかった!」という人も。

最後に「社会調査の方法」で、量的調査と質的調査、調査の手順、インタビューの技法を大まかに紹介して終了。資料の量もたっぷりあり、短時間にぎっしり情報が詰まった講座でした。

様々なデータを集めて、比べて提示することで、課題がより明確に浮かび上がってくることは、市民活動の大きな武器となりえます。色々試行錯誤しながら、その武器を磨いていってください。またみなさんからの要望があれば、この続編も検討したいと思います。お疲れ様でした!
NPO/NGOバックオフィス基礎講座in浜松 [2019年09月02日(Mon)]

事務局の小林です。

今回はN-Pocketが協力している名古屋の「東大手の会」のセミナー紹介です。
NPO法人の運営、会計、労務を学べる、年1回のチャンスですよ〜。
ーーーーーーー

NPOの組織運営をする「バックオフィス」の側から、NPO/NGOを支える人材を育成します。

○プログラム ※単発での受講も可能です

1講 NPO法と法人運営実務
【日 時】9/29(日)10時〜11時30分
【会 場】クリエート浜松・特別会議室(浜松市中区早馬町2番地の1)
【講 師】矢内淳さん(弁護士)

2講 NPO法人の経理・会計(基礎)
【日 時】9/29(日)13時〜14時30分
【会 場】同上
【講 師】森建輔さん(バックオフィス業務オーガナイザー)

3講 給与計算・労務
【日 時】9/29(日)14時30分〜16時30分
【会 場】同上
【講 師】高木登茂子さん(社会保険労務士)、森建輔さん(バックオフィス業務オーガナイザー)

【定 員】30名
【参加費】2,000円(各講)

【参加対象】
・すでにNPO/NGOでバックオフィスを担当している方
・これからNPO/NGOでバックオフィスの担当となる方
・外部からNPO/NGOのバックオフィス支援に取組む方

★バックオフィスファームプロジェクトとは
NPO/NGOにおいて、会計・労務・届出事務等のバックオフィス業務を担う「バックオフィススペシャリスト」を育成し、バックオフィス業務の担い手が不足するNPO/NGO団体につなげるプロジェクト。税理士・社労士等の専門家からスーパーバイズを受けつつ、他のスペシャリストとも相互支援しながら、複数の団体のバックオフィスを担う人材を継続的に育成し、東海地域のNPO/NGOのバックオフィスを支える「バックオフィスファーム」の形成を目指しています。

【講師プロフィール】
矢内淳氏(弁護士・社会福祉士)
大学生のときに環境ボランティアに携わったのが市民活動との接点。2005年、公設民営のNPO支援センターに就職し、NPOスタッフになる。その後、福祉分野のNPOに移り、高齢者・障がい者への身元引受や成年後見の業務、人材養成研修、法人運営を担当した。NPO法人市民活動支援機構ぼらんぽ(2009年設立、2015年解散)の代表理事として、NPOや支援センターのスタッフ向け研修会等の企画運営に携わった。2010年社会福祉士登録、2018年弁護士登録(愛知県弁護士会)。

森建輔氏(バックオフィス業務オーガナイザー)
信用金庫勤務を経て、NPO・社会起業の世界へ。当初は起業家を志すも、自分には「一生をかけて取り組みたいと思うテーマがない…!」と気づく。一方で経理などの事務仕事は苦にならず、整理整頓・業務効率化などには「妙に燃える自分」にも気づく。2012年頃よりNPO等の経理支援を開始し、現在は複数事業所で経理・会計・給与計算・各種庶務の処理支援・処理代行、会員・顧客管理の仕組づくり等を行っている。実際の現場で確実に業務が回るための帳票・ツールのカスタマイズを得意とする。

木登茂子氏(社会保険労務士)
1966年名古屋市西区出身。52歳。2014年に27年間務めた丸川製菓株式会社を退職して独立。2014年から1年間、名古屋東労働基準監督署 労働相談員として勤務。現在は中小企業の経営を労務の側面から支援するため、労務相談、就業規則作成、助成金申請、昇給制度・人事評価制度の作成、社会保険手続き代行、給与計算などを行う。

★参加申し込みフォームからお申込みください★
https://forms.gle/QhbpAXveB1yJxCQR6

↓参加申し込みフォームの利用が難しい方は、下記内容を、FAX または Email で連絡ください
≪NPO/NGOバックオフィス基礎講座in浜松 申込書≫
●お名前:
●ご所属(ある方のみ):
●E-Mail:
●受講する回をお知らせください:
 ・9/29 1講
 ・9/29 2講
 ・9/29 3講
●特に学びたいこと、知りたいこと等:

<申込先>
東大手の会(ひがしおおてのかい)
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

↓チラシは、こちらからダウンロードしてください
https://blog.canpan.info/higashiote/archive/306

【主催】東大手の会
東海地域のNPO/NGOなどの民間非営利組織で職員として働く若手スタッフを中心に、2005年11月に結成しました。所属団体内では、悩みを共有できる同世代がいない、研修機会を持つことが難しい等の課題を抱えたスタッフが、団体を離れて自ら相互学習型ネットワークを形成し、現場で今困っているテーマを学習したり、同じ環境にいるスタッフ同士で交流する機会を提供しています。

【協力】認定NPO法人浜松NPOネットワークセンター

※独立行政法人環境保全再生機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。