CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年02月 | Main | 2019年04月»
3/3シンポジウム 分科会「高校のキャリア支援と校内カフェ」 [2019年03月15日(Fri)]

事務局長の小林です。
ほっとけない貧困の子ども2019シンポジウム、分科会Cは高校生の支援をテーマに、神奈川の校内居場所カフェの先駆者、NPOパノラマの石井正宏さん、地域若者サポートステーションかけがわで若者の就労支援に取り組む池田佳寿子さん、定時制高校でキャリア支援と校内カフェを実施している静岡県立新居高校の中村守孝先生が登壇しました。

石井さん:
ひきこもりの若者支援から、ひきこもる前の早期発見・予防支援として、県立高校でカフェを始めて8年。そこでは家庭環境に課題を抱える生徒が多く、中退や進路未決定になって格差の渦や貧困の連鎖に巻き込まれやすい。
週1回、図書室でひらくカフェには、生徒たちがお昼には胃袋を、放課後は心を満たしに来る。そこで多様な大人と出会うことで生きる価値観が広がる。サードプレイスで「役割のシャッフル」が起きることも大事。

人間の持つ資本は、文化資本、経済的資本、社会関係資本(人脈)と言われるが、お金がないと文化資本にアクセスできない。この高校では修学旅行に行けない子が3割もいて、飛行機やディズニーランドを知らないと、「あれ知ってる?」という文化資本がないことで社会関係資本が築けない。
家でDVを受けている子たちもいるので安心と安全の場を提供し、七夕には浴衣パーティーを企画するなど文化資本のシェアをして、ソーシャルワークにつなげていくのがカフェの役割。

RIMG0342.jpg


スタッフ人件費や食品などの経費は、いろんな助成金に申請してやりくりしている。本来教育行政が出すべきものと思うが、少ない予算で「成果」を求められたり、お金が出るとマインド抜きに群がる事業者という問題も起こる。また、人の入れ替わりが激しい学校現場で、教員や管理職の理解を得ることも大事。

ボランティアは、基本面識のある人を入れているが、地域の人を呼び込むためにボランティア養成講座を開いている。教えたがり屋、知りたがり屋、関わりたがり屋の「さんがり屋は場所を滅ぼす」のでNG。
高級住宅街にある課題集中校で地域の偏見や差別もあるが、地域のボランティアが生徒と出会うとほだされて高校を見る目が変わり、「高校もがんばっている」と学校のブランディングにもつながる。ボランティアにとっては学校がサードプレイスとなって社会関係資本が広がり、高校を使うことでコミュニティの再生も起きている。

池田さん:
今の若者たちが生きているのは、非正規が38%、年収200万円以下が30%、ハローワークで紹介状を切っても、就職できるのは全求職者の6%にすぎない厳しい社会。
高校を中退すると、情報の獲得の仕方がわからなくて情報の貧困に陥る。校内カフェで在学中に家族や教員以外の大人を知ってもらい、中退・卒業してからの人生に関われるように。困りごとを真ん中に置いたつながり、困ったと言える、みんなで応援できるしくみをつくりたい。

中村先生:
定時制高校の生徒の約半数は、進路未決定で卒業か中退してしまう。卒業すること、正社員になることを目標に、アルバイトを奨励して就職につなげるようにしている。他にも色々困難を抱えているので、外部の人たちに助けてほしいと思って、校内カフェを始めた。カフェには卒業生も来るし、学年が違う子の接点にもなる。また、先生と「出会い直し」で距離が近くなる。外の人たちとつながって、外のネットワークも使って生徒を支援していきたい。

新居高校ボランティアの方々の感想は、ジェネレーションギャップやカルチャーショックを感じつつも、普段出会わない高校生に教えてもらうこともあって楽しんでいるという話も。生徒の表情が変わった、意思表示ができるようになったという変化も感じていました。

参加者は学校や支援関係の方が多かったので、校内カフェのような取り組みがあちこちに広がることを願っています。

NPO法人パノラマ「校内居場所カフェ」
https://npo-panorama.com/cafe/

参考記事:田奈高校「ぴっかりカフェ」
https://soar-world.com/2017/12/21/panorama/

3/3シンポジウム 分科会「子ども食堂」 [2019年03月13日(Wed)]

副代表の大野木です。
ほっとけない貧困の子ども2019シンポジウム、分科会Bのテーマは「子ども食堂」。すでに子ども食堂を実施している人、やりたい人、手伝いたい人、興味がある人など、それぞれバランスのよい割合で16名の参加がありました。

前半は、子どもの未来サポートオフィスの米田佐知子さんの「子ども食堂の果たす役割と今後」と題した講話と、浜松で先進的に活動しているNPO法人サステナブルネットの渡邊修一さんのお話。

米田さんからは、全国的な流れから具体的事例や統計、行政の情報も盛り込みながら子ども食堂の役割や今後の取り組みについて分かりやすい解説や情報を提供いただきました。
子ども食堂は出来始めてからすでに6年が経過し、全国で3000カ所以上になるが、「自発性」と「多様性」が重要。健全育成から要保護までの幅広い子ども支援のうち、子ども食堂は経済的貧困(措置型)、関係性の貧困(居場所型)、経験の貧困(食育型)の相当広い部分を担う事になる。子どもも大人も共に生きていく場であり、互いに弱さを持ちこめる関係が必要で、つなげたりつなげられたりの循環が強い連携となるとのこと。

また、月1回の開催で子どもの参加者が多くなくても、場が続いて関係を結ぶ機会があることが大事というお話には、大きくうなずく実践者が少なからずいました。子どもに関わる人が顔を合わせ、子どもを気にかける大人のネットワークづくりが重要であり、子どもの必要に合わせて居場所をじっくり育て、子どもが地域で愛着を持って育っていけば町が育つという広がりのある話になりました。

渡邊さんは、「やらまいか子ども食堂」を毎週開催する実践者で、すでに120回以上のべ4500人の利用の実績があり、「静岡西部子ども食堂ネットワーク」事業や静岡県社協からコーディネーター役も担っています。
ひとり親の家庭が8割を占める現場。食料配布会、相談会、学習支援、子ども食堂というそれぞれの活動の横の繋がりで支援の重層性があり、それは支援機関との連携があってこそで、一人では支援はできないことを強調しました。子ども食堂を広げる活動の次には、当事者が社会とつながって信頼関係を作っていくようなケアをゆっくりやりたいという計画も披露されました。

RIMG0317.JPG

後半は、5人の実践者の自己紹介も交えて、参加者から付箋で出された聞きたい事や困っていることを中心に全体で話し合いました。
活動のきっかけは、先に助成金が取れた、場所の提供があった、勧められたなどさまざまですが、いずれもやりたい!という強い思いが先行していたことは共通していました。
保健所への子ども食堂としての登録(浜松市の場合)、保険の掛け方など設置のノウハウから広報の仕方、献立作り、材料の調達、残り物の対応、資金のやりくり、ボランティアや見学者の受け入れなど質疑は多岐にわたりましたが、立地や会場の条件などで様々だが方針を持ってやってみるとなんとかなるものだといいます。

自分はどこの部分を担っているのか、足元でやれることをやって、制度改革などは力を合わせて声を出していくなどバランス感覚が必要、と米田さんのアドバイスもありました。自分ひとりでは何も変わらないかもしれないが、他人の関わりによって子どもが変わってほしいし、皆で連携してやっていくことで変革を期待したいという意見もでました。
子ども食堂に対する立ち位置が様々な参加者でしたが、それぞれに参考になる情報や意見が得られ、次へのチャンレンジや思考の助けになったのではないでしょうか。
3/3シンポジウム 分科会「学習支援」 [2019年03月12日(Tue)]

代表の井ノ上です。ほっとけない貧困の子ども2019シンポジウム、午後の三つの分科会でも子ども支援の先駆者である方々をお招きしました。

A分科会「学習支援」では「困難さを抱える子どもの支援 〜外国につながる子どもの個別多様性に向き合って〜」という題で、文科省総合教育政策局の外国人児童生徒等教育支援プロジェクトオフィサーの近田由紀子さんにお話を伺ったあと、5グループで支援者として抱える悩みや課題、自分たちにできることという内容で意見交換、最後に各グループで出た内容を全体で共有しました。

近田さんは、31年間浜松の小学校教諭として、CLD児(Culturally and Linguistically Diverse Children=外国ルーツを持つ子どもたち)の困難を現場で目にして支援を続けてきました。子どもたちの姿を具体的に紹介しながら、「子どもたちをサポートする中で思いもよらないトラブルが起こるが、そうしたことを通じて多様な見方考え方を学ぶことができた。日本を本当の意味で豊かに、強くしてくれる存在ではないか」というお話が心に残りました。

困難を抱えた子どもたちのために何ができるかを考えるとき、個別に多様な子どもたちを理解し、個々のつまずきがどこにあるのか、あらゆることに目を向けるために情報と想像力が必要です。

例えば「外国にルーツを持つ子」という括り方では間違いが起こります。来日年数・滞在期間・年齢、成育歴・発達特性・言語力、来日前の教科学習経験・基礎的学力・在籍学級での学習参加状況、家庭環境・保護者の願い(キャリアの多様な選択肢など)、言語・文化的背景、社会経済的背景、社会心理的側面…皆一人ひとり違うので、非常に多面的な情報が必要になってきます。

CLD児への教育現状では、小・中学校の日本語指導が必要な児童生徒のうち、教科の補習など特別な指導を受けている割合は、外国籍で77%、日本国籍で74%であり、約1/4の子どもが支援を受けていない状況にいます。年々支援対象の子どもが増えて、支援が追い付いつかない現状ですが、平成29年度改定の学習指導要領には「日本語の習得に困難がある児童生徒には、特別な配慮が必要」と明記され、学校の中も意識が高まっているという嬉しいお話もありました。

支援者の姿勢として、CLD児の日本語習得には個別支援よりも、学級や地域社会の中でシャワーのように日本語を浴びると効果があること、そして勉強に限らず、人との関りの中で生きる力をつけていくことが大切なので、心の動きは社会の中、とりわけ人との関り合いの中で発達するという視点をもつこと、さらに子どもが情動のコントロール力を育むために、情動を抑える練習させてもダメで、自分のことを他者にわかってもらった経験があってこそ、ということも知っておかねばならないというお話もありました。

RIMG0332.JPG

意見交換では、既に子どものサポートをしている経験値の高い方が多く、発表内容はとても参考になりました。外国ルーツの子どもたちと一括りできない多様さやアイデンティティの不安定さからくる問題にどう対応するべきか、世帯状況も把握できず、民生委員として何が必要なサポートかわからないこと、それでも一番大事なのは信頼できる大人の存在で、さりげないアセスメントができる関係をつくっていくことの大事さが語られました。

現在は支援員で当事者でもあった参加者からは、サンズイが水をあらわすなど漢字の部首に意味があることなど、日本人にとっては当たり前のことも当たり前と考えず、そこから教えてほしいとか、学習定着については、宿題以外に勉強をしなかったが、高校受験の準備をしている周りを見て慌てて勉強して間に合った体験について語られました。
様々な立場で子どもたちに関わっている皆さんと出会える場にもなりました。ありがとうございました。
子どもの貧困 実態と課題 〜「貧」対策と「困」対策〜 [2019年03月08日(Fri)]

子ども事業担当の小林です。

3月3日は「ほっとけない!子どもの貧困2019シンポジウム」を開催しました。
基調講演は、公益財団法人あすのば 代表理事の小河光治さん。

自らもお父様の事故で「どん底」の生活を味わったという小河さん。あしなが育英会で当事者の若者たちと「子どもの貧困対策法」をつくる運動に関わり、できた法律に魂を込めたいという思いから、寄付を募って子どもの貧困対策センター「あすのば」を設立。「子どもがどまんなか」をコンセプトに、夏休みの高校生・大学生合宿などの直接支援や、調査提言活動にも力を入れている。

RIMG0287.JPG

子どもの貧困率は2012年の16.3%から2015年は13.9%と減少右斜め下したが、よくなったか?というと決してそうではない。非正規雇用の拡大とひとり親世帯の困窮は改善されていないと言う。母子家庭の母が働いている率は81.2%と高いのに、収入はOECD諸国の中で最下位もうやだ〜(悲しい顔)。一生懸命働いているのに、なぜ?と。

あすのばでは、寄付を集めて小中高校の入学時に「入学・新生活給付金ふくろを出しているが、その受給者に調査をしたところ、経済的理由で塾や習い事を断念した子は7割、保護者の健康状態がよくない子も4割。就学援助や高校給付金の利用は6割に止まり、制度を知らない、使い方がわからない。高校1年生の1/3がアルバイトの経験があり、その使途は学費や生活費という子も。見た目からではわからない、逼迫した実情が見えてくる。

「子どもの貧困」は、「所得の乏しさ」×「困りごとの多さ」であり、「貧」対策は行政が制度を拡充する役割が大きく、「困」対策は頼れる人を増やすという民ができる部分で、両方の対策が必要という説明がわかりやすかった。
また「選択的施策」では、貧困世帯をどこで線引きするかの難しさやスティグマの問題があり、誰でも使える「普遍的施策」だと財政負担が大きいが、ユニバーサルでどんな子ども漏れなく助けられるという利点もある。

たくさんの人が子どもを温かく見守り、世話を焼く「眼差しとおせっかい」が大事。社会全体で子ども・若者を育てることは、私たちの将来にとって最優先課題、だと熱く語られた。

ーーーーーー
中学や高校の入学時の出費は、貯金がない世帯には大きな負担で、毎年3月になると「〇〇高校の制服ありませんか?」という相談が来ます。大学の授業料も国公立は40年で授業料が15倍に跳ね上がり、多額の奨学金は貧困リスクになりかねません。
就学時の支援制度が欲しいと思う一方で、「就学援助や高校給付金の利用は6割」という数字に、制度があっても使われない、社会保障からもれてしまうという問題も解決すべき点ですね。
そして、データとエビデンスが大事!というお話には、N-Pocketも中間支援として、説得力のある調査提言活動をしていきたいと思いました。