CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年12月 | Main | 2019年02月»
ほっとけない子どもの貧困2019 シンポジウム [2019年01月31日(Thu)]

子ども事業担当の小林です。

昨年、一昨年に引き続き、今年も3月に子どもの貧困に関するシンポジウムを開催します。
ゲストが基調講演も分科会も超豪華ぴかぴか(新しい)です!!
午前は「総論・入門編」で、午後は「テーマ別・実践編」で企画しています。現状を知って、関係者でつながりましょう。

午後は会場が小さくて60名しか入れないので、お申込みはお早めにお願いします。関心のある方はぜひ予定に入れておいてくださいね!

「ほっとけない子どもの貧困2019 シンポジウム」

日時:2019年3月3日(日)10:00〜16:30
場所:午前 アクトシティ・コングレスセンター22・23 
   午後 アクトシティ・研修交流センター4階
定員:午前120名/午後60名 要申込 

午前の部:10:00〜12:00

基調講演「子どもの貧困 実態と課題〜「貧」対策と「困」対策〜」

小河光治さん(公益財団法人あすのば 代表理事)

1965年、愛知県生まれ。大学卒業後、あしなが育英会に専従。2015年3月、福島大学大学院地域政策科学研究科修了。同年6月、子どもの貧困対策センター「一般財団法人あすのば」を設立し、代表理事に就任。2016年4月「公益財団法人あすのば」に移行。内閣府「子どもの貧困対策に関する検討会」構成員(2014年)、内閣府「休眠預金等活用審議会」専門委員(2017年〜)、文部科学省「高校生等への就学支援に関する協力者会議」委員(2017年〜)。

午後の部:13:30〜16:30

<全体会> 浜松市の取り組み、N-Pocketの取り組み

<分科会> 14:30〜16:30

A:学習支援
近田由紀子さん(文部科学省 外国人児童生徒等教育支援プロジェクトオフィサー)

浜松市でもあちこちで取り組みが始まった子どもの学習支援。その中には、不登校や障害、外国ルーツなど、様々な背景や困難を持つ子どもがいます。そんな子どもたちに、どう寄り添い、どんな配慮や支援をしたらよいのか、長年小学校の先生をしておられた近田先生に伺います。

B:子ども食堂
渡邊修一さん(NPO法人サステナブルネット)

地域住民が主体となって無料または低料金で子どもたちに食事を提供するコミュニティの場「子ども食堂」。今、どんな食堂がどこにどれだけあるのでしょうか?静岡県、神奈川県の事例を基に、食堂から見えてくることや、子ども食堂の役割を考えます。

C:高校のキャリア支援&校内カフェ
石井正宏さん(NPO法人パノラマ
中村守孝さん(静岡県立新居高校定時制)
池田佳寿子さん(地域若者サポートステーションかけがわ)

高校卒業後の進路は自立生活への第一歩。安定した就労につなげるための支援とは?
定時制高校におけるキャリア支援や「校内カフェ」の取り組みを紹介し、地域と高校が連携してできることを探ります。

主催・申込:認定NPO法人 浜松NPOネットワークセンター(N-Pocket)
   こちらから、お名前、参加部分(午前/午後/分科会)、E-mail、TEL、所属団体をお知らせください。

共催:一般社団法人 みらいTALK、社会福祉法人 浜松市社会福祉協議会


QRsympo2019.jpg

img080.jpg
困難を抱えた子どもの学習支援を考える [2019年01月15日(Tue)]

子ども事業担当の小林です。

N-Pocketの貧困の子ども支援事業では、ここ2年余り、学習や生活の支援ペンを行ってきましたが、「なかなか成果が見えないバッド(下向き矢印)」「学習以前の問題がいろいろあって…たらーっ(汗)」といった声も多々あります。
そこで、経済的な問題だけでなく、外国ルーツや障害・病気、DVなど、様々なハンデや困難を複合的に抱えた子どもの学習支援について、考える機会をつくりました。

特に、発達障害や学習障害を抱えた子どもをどのように支援したら効果的ひらめきか、NPO法人浜松カウンセリングセンターの代表で、サポステ浜松で学びなおし支援を行っておられる内山春美さんを講師にお迎えして、参加者と対話形式で課題を共有し、よりよい支援の方法を考えます。

みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2019年1月29日(火)19:00〜21:00
場所:あいホール 302号室(浜松市中区幸3-3-1)
定員:25名
参加費:無料
申込:info@n-pocket.jp または 053-445-3717 
  までお名前と所属をお知らせください(要申込)

※ベネッセこども基金事業
ご近所みちあそび はじめの一歩 [2019年01月11日(Fri)]

「遊び」って何でしょう。大人はリラックスするために遊びますが、こどもの遊びは根本的に違う。
こどもの遊びは、その人間をつくる土台に大きく作用する。だから直結、生きる力!

「遊び」をキーワードにご近所も道で人が出会い、まちを魅力的にしていくぴかぴか(新しい)きっかけとして話題になっている「ご近所みちあそび」。そのしかけのノウハウをおききします。
全国で引っ張りだこの講師、浜松で聞けるチャンスですよ〜。
こどものための多様な居場所づくりの一歩を、一緒に踏み出しませんか?

日時:2019年1月19日(土)13時〜16時半
場所:浜松市南区役所(浜松市南区江之島町600-1)

講師:嶋村仁志さん(TOKYO PLAY代表)
対象:こどもの居場所づくりに関心がある方
   路上マーケット主催者、防災まちづくり関係者
   異年齢・多世代交流の場をつくりたい方
   こども会・コミュニティスクールに興味がある方  

●参加費:無料  
●託児:1回一人500円(現在、キャンセル待ち)
●お申し込み:以下のWEBサイトをご利用ください  
https://docs.google.com/forms/d/1DpWuwKCLcWCJm1YJ6_1IRTk_3MF7or_7-4S-hX4MDnA/edit

●主催:浜松市(南区・区振興課)
●企画・運営:認定NPO法人浜松NPOネットワークセンター
img072m.jpg
N-Pocket新年サロン「N-Pocketの未来を考えよう」 [2019年01月08日(Tue)]

事務局の小林です。
2019年はこちらのCANPANでブログを書いていきます。

昨年、一昨年は開けなかったN-Pocket新年会ですが、2019年は久々に復活します。
N-Pocketも20周年を迎え(ホントは20周年記念のイベントもやりたかったのです が手が回らず…)、これから何を目指してどう活動していくか、会員や関係者の みなさまと中長期展望について意見交換する場をつくります。
会員同士の交流の機会にもなれば幸いです。

N-Pocket新年サロン「N-Pocketの未来を考えよう」

日時:2019年1月27日(日)16:00〜19:00
場所:コミュニティカフェPAO(浜松市中区野口町358)
参加費:3000円(飲食代含む・アルコールあり)
申込:info@n-pocket.jp までお名前と人数をお知らせください。
〆切:1/23(水)

NPO法人ドリームフィールドのお店「いもねこ」の美味しいお料理レストランビールもありますの で、ぜひみなさまのご参加をお待ちしております。(要申込)
こんなお料理です♪
IMG_0493.JPG