CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 子ども | Main | ICTによる社会参加支援»
触法障がい者と就労 [2021年03月18日(Thu)]

 2001年度からエヌポケットが県から委託されている事業の一つに障害のある人の雇用に関わる企業と、そこで働こうとする障害のある人の間にたって活動するジョブコーチ事業があります。当初からジョブコーチとなったメンバーにはスキルアップ研修が課せられ、多くのことを学んできています。テーマはその都度実際の支援で学びの必要性を感じるメンバーから希望があったものがほとんどで、今回は「触法障がい者と就労」をテーマに開いたセミナーについての投稿です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ジョブコーチ(JC)支援の現場で、対象者に前科があることがわかりJCとして企業にそれを伝えるべきかどうかを悩む事例がありました。弁護士の理事に相談し、罪を償った後、個人の不利益になる事は伝えなくてもよい、伝えなかった事でJCが法的に問われることはないとのアドバイスをいただきました。ただし、履歴書等の書類に記載欄がある場合は記載が必要であることも学びました。しかし、逮捕歴はなくても企業や同僚の金銭を何度か盗んだ事がある事を知っている場合など、企業に黙っていてよいものか悩むこともあります。そこで今回、認定NPO法人静岡司法福祉ネット「明日の空」の代表 飯田智子氏に講師を依頼し、「触法障がい者と就労」についてのスキルアップ研修を行いました。

◆検挙と起訴の状況
 検挙件数のうち刑務所に収容されるのは2%未満。弁償・引受・反省があれば起訴が回避できることが多いため、起訴が回避できないのは、貧困かつ身寄りがなく弁償できない、知的障害などにより反省の態度が示せない場合が多くなっているとのことでした。
刑務所に入ることで、社会から排除され孤立し一層社会性をなく弊害があります。しかし、刑務所に入らず、釈放・不起訴・執行猶予の場合には公的な支援がなく、障害者にとってどちらも厳しい状況であると言えます。

◆福祉の壁、就労の壁
 福祉に繋がっていない、手帳がない、申請後のスピード感がない、管理されるように感じる不信感等から福祉に関わりたくない、と拒否するなど福祉の壁が大きく立ちはだかっているとのこと。手厚い福祉や制度があっても、一人一人に向き合うやさしさが無ければ福祉への不信感となってしまう事があると思いました。
 雇用先が少なかったり、障害であるがゆえにブラック企業に搾取されてしまったりと就労への壁もまた高い現実があります。

◆就労支援を考える
 良好な対人関係を築く、相談できる場や人・力を得るための支援、再犯の可能性を減少させる、金銭管理、生活習慣を整えるなど支援の連携先を増やす、よりそい支援の実践が必要です。JC支援でも「関係機関と連携」が重要ですが、こちらの気持ちを押し付けることなく、対象者の気持ちをきちんとくみ取ったうえで繋げる事がさらに重要だと思いました。オープンかクローズかの選択は両方のメリットとデメリットを説明して本人に決めてもらう事、しかし途中で本人の気持ちが変わることもあるのでアドバイスが必要というお話でした。オープンにする場合は、現在頑張っている現状もしっかり伝える事が支援者としてとても大切であると感じました。
 JCとして企業への支援も重要です。ロッカーに鍵をかける、財布や現金を見える所に置かないなど犯罪を未然に防ぐための環境整備を企業にアドバイスすることが対象者を守ることにも繋がります。
浜井浩一著『日本の刑務所はなぜ、社会的弱者でいっぱいなのか』の中の以下の言葉が紹介されました。
「刑務所は、社会の中で唯一受入れを拒否したり、たらい廻しをしたり、途中で追い出したりできない施設。福祉を中心とするセーフティネットが十分に機能せず、社会が排他的になれば、居場所を失った人が最後に行きつく場所は刑務所である。(中略)社会の中に居場所が作れなければ、回転ドアのように受刑者は刑務所に戻ってきて、最後は刑務所で死を迎えるしかない。」
 社会が刑務所より厳しいところでない日本にしていかなければなりません。「判決」では終わらない司法ソーシャルワーク、支援のリレーというお話がありました。JCとしてできる事は限られますが、様々な社会資源を知り、活用し、関係機関と連携してリレーの一部となりたいと思いました。今回「明日の空」の存在を知ることができた事は何よりの力となりました。
(ジョブコーチ事業担当 島田江津子)
子ども支援団体訪問記3 「ゆうゆう友の会」 [2021年02月15日(Mon)]

るんるん浜松市内の子ども支援団体を訪問してお話を伺っています。
今回は、子どもの居場所づくり活動をしている「ゆう・ゆう友の会」のレポートです。


 「ゆう・ゆう」とは、大人見町にある新興住宅地「ゆう・おおひとみ」の「ゆう」と、遊や優や勇などの「ゆう」をあわあせたものです。昔あった空き地のように、学校から帰った子ども達の居場所として公民館(名称;ゆう・おおひとみコミュニティセンター)を開放し、会のメンバーが見守りをしています。

* はじまりは
 ゆう・おおひとみ自治会にあった「老人会」が、静岡県に「シニアクラブ ゆう・ゆう友の会」として認められたことで、『せっかくある公民館を拠点にして、せっかく出来た会のマンパワーを、地域の子ども達の為にも使おう』と活動を始めました。浜松市の「放課後子どもたちの居場所づくり事業」も追い風になり、現在も続けています。

* こんな思いでやっています
 共働き時代になり、生活パターンが昔と違います。学校から帰ってひとりぼっちでいる子どもがいるのなら、地域の中にある場所で、地域の人と接すればいいと思います。現在、コミュニティセンターでは、自由に子ども同士で宿題や遊びをするだけでなく、高齢者と会話をしたり、将棋の対局をする姿がみられます。そうすると、メンバーも見守りだけでなく、凧作りや焼き芋大会等行事を企画し、子どもと一緒になって楽しみ、結果ふれあいが生まれています。

* こんな活動をしています
 公民館=コミュニティセンターの管理、運営及び子ども関連の行事企画、活動
(開催日)月曜日から金曜日
(時間)コロナ禍の為15時〜17時 (コロナ禍以前は13時〜17時)
(対象)地域の子ども

* 団体からのメッセージ
 ゆう・おおひとみ自治会には、「子ども会」「婦人会あるいは女性部」のような会はなく、自治会全体で行事の企画や活動をしています。「ゆう・ゆう友の会」では、自治会行事ほどではない、小さいイベントを大切に活動しています。「老人会」でスタートした「ゆう・ゆう友の会」ではありますが、最近では、40代、50代の人が名簿に載るようになり、出来る人が出来ることを出来る範囲で動いています。決して、子どもの為だけの活動とは思っていません。メンバーの健康維持や生きがいづくりでもあると思って活動しています。

* 参加するには
地域の子ども対象ですが、基本、自由参加の場です
地域外や複数名で参加の場合、念のため、ご連絡ください

◆こんな団体です◆
活動分野
 福祉、子どもの健全育成、社会教育
活動対象
 子ども、一般
活動地域
 浜松市西区 ゆう・おおひとみ内 ゆう・おおひとみコミュニティセンター周辺
設立年
 2005年
主催
 ゆう・ゆう友の会
代表者名
 中村 勝信(なかむら よしみち)
連絡先
(住所)〒431-1112 浜松市西区大人見町1500-85
(電話)080-5150-3021

パブリックコメントに挑戦しよう! [2021年02月04日(Thu)]

先日の「議員と語ろうNPO円卓会議」ではパブリックコメントについての講演がありました。
さあ、パブリックコメントに挑戦!と思ったら、今出ているパブリックコメント募集事業
は、わからないカタカナ用語の羅列。SDGsの「だれ一人取り残さないまちづくり」に繋げたいのに、、、。
今回は、直近のパブリックコメント「浜松市デジタル・スマートシティ構想(案)」「浜松版MaaS構想(案)」に関する勉強会を開催します。
わからない事を、遠慮なく質問できる優しい勉強会です。
ぜひご参加ください。

日時:2021年2月10日(水) 19:00〜20:30
会場:浜松NPOネットワークセンター会議室+Zoom
定員:20名(会場参加5名+ズーム参加15名程度)
参加費:無料
内容:・SECURITY ACTION制度のご紹介
   ・パブリックコメント勉強会
講師:NPO IT静岡 西野直也氏
申込:ウェブ上で https://forms.gle/cJx8b8VVxrnLcYPn7
 または、メールでお名前、連絡先、所属をお知らせください。
   〆切は2月8日(月)
主催:認定NPO法人浜松NPOネットワークセンター
協力:SECURITY ACTION制度普及事務局
議員と語ろうNPO円卓会議 2020 NPO市民と議員でわくわくコラボ [2021年01月06日(Wed)]

恒例の「議員と語ろうNPO円卓会議」参加者を募集しますexclamation×2
テーマは、「浜松で取り残されているのは誰だ!? 何だ!?」
SDGsの「だれ一人取り残さないまちづくり」に繋がる話です。
今回は、会場でのリアル開催を予定しているので、残念ながら規模縮小もうやだ〜(悲しい顔)
互いに「近い!」という交流の場づくりで愛用してきたえんたくんは今回は使いません。
ワールドカフェ方式で少人数でぐるぐるいろんな人とお話しできる方式に変えましたぴかぴか(新しい)
ぜひご参加ください。

日時:2021年1月30日(日) 13:30〜16:30
会場:浜松市福祉交流センター 大会議室
定員:30名(議員の皆さん、NPOの皆さん等)
参加費:無料
申込:ウェブ上で https://forms.gle/jNSJJZ489qLrmZDfA
   または、メールでお名前、連絡先、所属をお知らせください。
   〆切は1月22日(金)

*コロナ感染状況によってはズームによる実施もあり得ます。1/20頃に判断します。

リモート(ZOOM)開催になりました! (1/7決定)

主催:(公財)静岡県労働者福祉基金協会
企画運営:認定NPO法人浜松NPOネットワークセンター

RIMG0057.JPG

<2019年度の円卓会議の様子>
・・・この時は密の状態で、盛り上がりました・・・

発達障害のある子どもたちの学びと育ちを支えるICT支援技術者養成セミナー [2020年11月19日(Thu)]

ICT支援技術者養成セミナー2回目は12月19日、ズームを使った講座になります。

 ❷ 学習・生活環境づくり講座
  12月19日(土)14時〜15時半 
 「学習・生活の困ったをお手伝いしてくれるやさしいICT」
  講師:櫻井 望氏(さくら眼科ICT支援コーディネイター)

★申込先 浜松NPOネットワークセンター
・電話&FAX  053-445-3717 
・メール info@n-pocket.jp
・WEB  https://bit.ly/3m5q6Rz
・申込の際に、お名前、参加セミナー番号、所属、連絡先(お電話番号とメールアドレス)をお知らせください。
・zoomで行いますので、申し込みをされた方には12月17日頃にzoomのURL等をお伝えいたします。
・定員:@15人 A30人 B10人    ・参加費:無料   
・助成 静岡県西部しんきん地域振興財団
・主催:認定NPO法人 浜松NPOネットワークセンター

ict支援者養成セミナーチラシ2.jpg


★1回目と3回目の企画は定員に達しましたので、受付締め切りました。ありがとうございました。
❶ 情報交換会 
★終了しました。
  発達障害のある子どもたちはどんなふうに学習や生活に関わる「困った」があるのか、その解決のためにICTは利用できるのか。浜松に暮らす子どもたちのための、その環境はどんなふうになっているのか、参加者の皆さんと一緒に様々な立場で情報交換しました。
話し手:発達障害児の保護者の皆さん、通級指導教室の先生、ICT支援者
聞き手:浜松NPOネットワークセンター
❸ タブレット・アプリ活用勉強会(第1回)
  1月23日(土)14時〜15時
★満員御礼(申込受付を〆切ました)
 読み書きに困難がある当事者が、自分の困ったをサポートしてくれるアプリについてどのように使っているのか紹介してくれます。 
きらきらBOXにあなたの団体の紹介記事を掲載します! [2020年09月18日(Fri)]

NPOプレゼント講座 第一弾
きらきらBOX掲載団体を募集します。

自分たちの活動をSDGsで発信してみよう
 SDGsの切り口で捉えた自団体の紹介シートを作成しましょう。そしてNPOの紹介サイトである「はままつ市民の力きらきらbox」(浜松市ウェブサイトからもリンク)に掲載しましょう。

きらきらBOX.png

認定NPO法人浜松NPOネットワークセンター理事が掲載希望団体の拠点を直接訪問(またはZOOMを使って訪問)、一緒に掲載記事を作成していきます。

●募集期間:2020年9月23日〜10月31日
●募集団体数:10団体       
●対象となる団体:
 ・法人格の有無は問いませんが、非営利団体を対象とします。
 ・活動実績があり、現在も活動継続している団体を対象とします。
 ・応募多数の場合は、こちらで掲載検討させていただきますのでご了承ください。

●申し込み方法:ご希望の団体は、団体名、代表者名、連絡先(お電話とメールアドレス)をお知らせください。「きらきらBOX希望」とお伝えくださいね。
 ・申込先:認定NPO法人浜松NPOネットワークセンター 
    電話1(プッシュホン) 053-445-3717  メールする info@n-pocket.jp

なお、WEB頁作成作業はポケット工房(障害のある人の在宅事業http://kobo.n-pocket.com/)登録者に依頼いたします。

●主催:(公財)静岡県労働者福祉基金協会
●企画運営:認定NPO法人浜松NPOネットワークセンター

ステイホーム!ってどうよ!? [2020年08月19日(Wed)]

コロナ禍でじっと我慢の「新しい生活様式」という暮らし方は、人を分断する危険性もある一方、不要なものを減らし生活に調和をもたらす断捨離も可能にします。
このステイホームの暮らしぶりを見つめ、自分と社会のつながりや孤立、孤独の問題を考えてみます。

●第1回 2020年1018日(日)13時半〜16時半
 ≪座談会≫ 
 「新しい生活様式1ってドウヨ?! から考えるいろんなこと」
 1)こどもがずっと家にいるってドウよ?!
 2)多文化な南区・おうちに居て発見したこと
 3)おひとりさまの新しい生活様式
 4)若い人たちに伝えたい!高齢者にとっての新しい生活様式 

●第2回 2020年111日(日)13時半〜16時半
 ≪公開講座≫
  「人と人をつなぐ暮らしぶりってどんなもの?」
  講師:西川正さん(コミュニティワーカー)
  プロフィール:NPO法人ハンズオン埼玉理事。1967年滋賀県生まれ。NPO支援センター事務局長などを経て現職。趣味は「カブリモノ」の作製と道端に七輪やこたつを置いて遊ぶこと。
    *第一部(講演)のみZOOMでの参加も可能です。ZOOM参加ご希望の方は、申込の際にその旨お伝えください。

・会場:浜松市南区新津協働センター(ZOOMでの実施になる可能性もあります)
・参加費:無料
・申込方法 TEL&FAX:053:445:3717  メールする:info@n-pocket.jp
      web申込:https://bit.ly/3iQgS9l
     お名前、連絡先、参加希望日をお知らせください。
・定員:新津公民館での参加者が20名になり次第締め切りますが、11/1第一部でZOOM参加する人はこの定員枠に含まれません。
・主催:浜松市南区振興課
・企画運営:浜松NPOネットワークセンター

ブログ用南区2020チラシ.jpg

サポーター募集! 南区との協働事業で新しい動き方します [2020年08月07日(Fri)]

サポーター 4名 募集!         
エヌポケットと一緒にうごきませんか?わーい(嬉しい顔)

「子ども」の遊びや居場所をテーマに行ってきた南区のまちづくり人財育成プログラムの委託事業を今年もまた受けることになりました。

今年はコロナ禍むかっ(怒り)の中、@子ども A多文化 Bおひとりさま C高齢者 と様々な立場で、NEW「新しい生活様式と社会につながる自分」を考えたいと思います。

そのためにイベント座談会(10/18)や、コミュニティワーカーであるイベント西川正さんの講演会(11/1)を開きますが、エヌポケットではこのような行政との協働事業を行うとき、エヌポケットのスタッフではない外部の方々にアドバイスなどをいただく会議を開いて事業を進めてきました。
今年度はこの会議出席者(サポーター)グッド(上向き矢印)を募集したい!と思います。関心のある方、ぜひご一報ください。

サポーターになったら、

 1.@ 8/30(日)、A 9/13(日)、B 10/4(日)の14時〜16時に浜松NPOネットワークセンター(中区佐鳴台3-52-23)で開催する会議にご出席ください。

*ZOOMでの開催に変更になった場合は、皆様と日時ともにご相談し、変更する可能性があります。
*些少ではありますが、謝金をお支払いいたします。


 2.座談会の4つのテーマの一つを選択し、該当する人たちから意見等聞き取り、会議であげてください。

*10/18開催の座談会でも話題提供者ぴかぴか(新しい)としてお話していただく場合があります。

事業内容.png


サポーターに手を挙げてくださる方は、興味のあるテーマを以下の中から一つ選び、お名前と連絡先をお知らせください。

るんるん@子どもがずっと家にいるってドウヨ?!
かわいいA多文化な南区・おうちに居て発見したこと
ー(長音記号2)Bおひとりさまの新しい生活様式
ひらめきC若い人たちに伝えたい!高齢者にとっての新しい生活様式

応募締め切りは、8月20日(木)17時です。
なお、一つのテーマについて一人のサポーターを募集しますが、応募される方が多数の場合、面談等の方法で決めさせていただきます。

★お問合せ&申込先:浜松NPOネットワークセンター(N-Pocket)
電話1(プッシュホン)053-445-3717   メールする info@n-pocket.jp 
2020年度最初の事務局会議を開きました。ZOOM大活躍! [2020年04月02日(Thu)]

今日は4月2日。コロナ問題かわいいもあってバタバタと2019年度が終わり、4月1日はどこへ行ったかあせあせ(飛び散る汗)のような幕開け。

長いことエヌポケットの顔でもあった小林事務局長が退職。今後はボランタリーな関りでエヌポケットの活動に登場してくれると思いますので、引き続きよろしくお願いしますね手(チョキ)

新しく事務局長に就任したのは、長くICT事業を引っ張ってきた島田ですが、ジョブコーチ事業担当者でもあるので、今まで以上に多様な活動を余儀なくされるNPO事情まるみえのエヌポケットです。どうぞよろしくお願いいたしますハートたち(複数ハート)

さて、今日はちょっと一段落しての年度初めての事務局会議。通算970回目となりました。
さて少し離れた町に住む新しいスタッフはZOOMで参加フリーダイヤル
ジョブコーチ事業、ICT事業、子ども支援事業、地域づくり事業、中間支援事業それぞれの進捗状況と新年度の動き方をどうするか共有しましたが、コロナ問題もあり、やはりスケジュールの見通しをつけるのは困難ですもうやだ〜(悲しい顔)

障害のある人の雇用や就労を支援するジョブコーチは企業に入っての活動なので、外部の人は入らないでという雰囲気がちらほら出ていますし、障害者福祉施設で行っているICT支援はもう早い段階から入ることが無理になっています。ふらふら
訪問型の学習支援は、まだ今まで通り行っていますが、エヌポケットの会議室を使って実施している授業では、入り口も窓も大きく開けて行っているので、先生と生徒、二人の楽しそうな笑い声が事務室まで響いてきます。浜松はまだこんな様子ですが、少しずつ感染者数が増えているニュースを見て不安を感じます。早く元気な街にもどってくれること祈っています。
content.jpg

2020年、静岡県内に社団、財団はいくつある?  [2020年03月23日(Mon)]

事務局長の小林です。

中間支援事業では、データを集める、解析するのも仕事の一つ。
ちょうど4年前の2016にこんな記事を書いてました。

「静岡県内に社団、財団はいくつある?」 

今はどうなってるんだろう?と、法人番号サイトの検索機能を使って、静岡県内に現存するいろいろな非営利法人を調べてみました。ちなみに、静岡県は人口360万人です。

        2016   2020(増加率)
NPO法人    1301   1390 (7%)
一般社団法人  723   1127(56%)
公益社団法人   87     88 (1%)
一般財団法人  115    130(13%)
公益財団法人  101    106 (5%)
社会福祉法人  452    467 (3%)

人口約80万人の浜松市では?

        2016   2020(増加率)
NPO法人    270   275 (2%)
一般社団法人  113   218(93%)
公益社団法人   9     9 (0%)
一般財団法人   14    17(21%)
公益財団法人   25    27 (8%)
社会福祉法人   89    95 (6%)
※NPO法人は「特定非営利活動法人」と「NPO法人」を合わせた数です。

一般社団の伸びが大きく、浜松市ではほぼ倍増。
公益社団や公益財団はハードルが高いようで、なかなか増えません。
NPO法人は横ばい。内閣府のNPOポータルサイトでも、全国のNPO法人数は、2016年の51,521から、2020年の51,572とほぼ同じ。

一般社団は設立に11万円〜かかりますが、手続きが簡易で短期間でできることから、法人格に一般社団を選ぶ団体が増えています。NPO法人は、情報公開が義務付けられているし、報告書提出や変更申請が面倒ふらふらと思われているかもしれません。

でも、そこにはNPO法を作った時に「情報を公開することで、市民の信頼を得る手(グー)という自治の意図を盛り込んであるんです。
だから、公開されている情報を見ることで、「あ、この法人はきちんと活動している団体だな」と信頼度も上がりグッド(上向き矢印)ます。(逆に「あれ?会計報告、手抜きしているなぁバッド(下向き矢印)」という団体もありますがたらーっ(汗)

そもそも、市民が主体となる「市民社会」を目指して1998年に議員立法でつくられたNPO法人の法律と、2008年に改正された一般社団・一般財団の法律は、コンセプトが全く異なるもの。
2015年に「どう選ぶ?NPO法人、一般社団法人、一般財団法人」という記事を書きましたが、そういう背景やメリット・デメリットも踏まえて、法人格を選択していただければと思います。

関連記事:市民活動をするのに「NPO法人」は必要か?
| 次へ