CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« サロン | Main
N-Pocketの活動は社会の変化に追いついているか [2019年08月16日(Fri)]

今年の総会は、日頃スタッフが事務局会議や日常の雑談で話していることを整理して発表。ソーシャルインクルージョンの理念を掲げ、市民社会創造を願うN-Pocketが今、何に悩み、困っているのかをお伝えしました。


本 活動の担い手探しに苦労しています

いつどこで地雷を踏むかわからないような現場が増えています。障害のある人の就労やICT支援、外国ルーツなど多様な状況にある子どもたちの教育支援などの現場を抱え、活動を続けるほどに高い専門性が必要になってきます。気持ちさえあれば誰でもどうぞと言いたいですが、そんなボランタリーな市民参加の理想に困難を感じています。

それでも社会のあり様に触れ、自分事として考えることができるよう、いろいろな人にNPO活動に関わってほしいと思っています。人を大切にできない社会にしたくありません。楽しく人を巻き込んでこちらも元気をもらえるよう、どうやって踏ん張ればいいのか試行錯誤中です。


本 協働という掛け声の中で

さらにNPOは現場活動だけでなく新しい資金調達の動きの中でその運営能力が試されている現実があります。

受益者からのコスト回収が難しい福祉や教育など、NPOが多く関わる分野への税金の投入が減少、NPOが行政の「協働相手」から「一事業者」の扱いに。いわゆる下請け化が進んでいます。振り返れば、NPOは「協働」という行政からのかけ声にのって公共サービスの民営化という流れを強めてきました。新自由主義と親和性がある動きだったと思います。それゆえに営利企業とNPOの社会に対して果たす役割の違いを明確にしていく必要があるのではないでしょうか。

社会では、経済的に自立した「稼げるNPO」が推奨されます。制度化されていない事業や市場に乗らない活動に取り組むNPOがどう持続可能な資金調達をしていくのか、「市民社会」の独立性をどう維持するのか悩みます。事業収入を増やすことに注力すると活動が商業化する恐れがあるからです。このままでは活動仲間であるボランティアが減ってしまうかもしれません。競争によりNPO同士のネットワークが困難になったり、コストに見合わない市民を排除したり、企業の限界と類似する限界をNPO自身がもってしまうことになりかねません。


本 評価って大切・・・だけど、

助成金や寄付などの資金と結びつく「評価」に現場が振り回される現実もあります。休眠預金の活用でも話題となった「評価」は成果をはかるために大切ですが、地道で長期的な活動は成果が見えにくいし、DV支援を行う団体は自分たちの名前さえ隠そうとします。犯罪者に関わる支援活動なども共感を得にくかったりします。目に見える成果をはかるための安易な評価基準はよい活動でも資金調達が叶わず、支援を受けられずに置き去りにされる人々を生むかもしれません。


本 NPOの役割「市民参加の促進」

N-Pocketは、NPOについて伝える機会があると、行政の行動原理が平等や公平性にあることとは対比的にNPOがもつ柔軟性や起動力などの強み、NPOの役割について話をしています。@市民参加の促進 A課題発見 B社会的サービスの提供 C提言 D新しい価値の創造の五つの役割です。これらの中には企業が担い始めた役割もありますが、今、社会が生き返るために必要なのは、@の「市民参加の促進」だと感じています。

N-Pocketは課題を抱えた当事者が自ら声を出し、周りの市民がその当事者を支えながら一緒に課題解決ができる社会を目指しています。そのためにNPOとしての役割を何とか果たしていきたいのですが、N-Pocketはこうした社会の変化をどう受け止めていけばいいのでしょうか。

(代表 井ノ上 美津恵)

浜松市市勢功労者表彰受賞のご報告 [2019年07月03日(Wed)]

N-POCKETの井ノ上です。
7月早々に開く静岡県労働者福祉基金協会委託のプレゼント講座や浜松市委託の ユニバーサルデザイン講座の準備で、エヌポケットは相変わらずの忙しさ。

そんな中、7月1日の市政記念日に、浜松市勢の進展に貢献したということで、 浜松NPOネットワークセンターの設立者である山口祐子元代表と 現代表の井ノ上の二人が市勢功労者表彰されました。
以下がプログラムに記載されていた紹介文です。

山口祐子:平成9年に浜松NPOネットワークセンターを設立し、代表理事に就任、平成19年1月まで代表理事として、特定非営利活動法人の分野や地域を超えた活 動基盤の強化に努め、地域活性化に貢献した。
また、平成16年の特定非営利活動法人クリエイティブサポートレッツの設立に関わり、平成24年4月から現在に至るまで副理事長として、団体の円滑な運営に尽力している。知的障がい者の様々な表現活動を実現するため、障がい福祉サービス事業所「アルス・ノヴァ」の運営事業などを行っている。

井ノ上美津恵:平成9年の浜松NPOネットワークセンターの設立に関わり、平成 13年4月に副代表理事に就任、平成19年1月からは代表理事を務め、現在に至るまで長年にわたり団体の円滑な運営に尽力している。この間、特定非営利活動法人や事業者、行政とのパートナーシップの確立を図り、市内外の特定非営利活動法人等の発展を支えてきた。
また、障がい者の就労支援や職業紹介、様々な家庭環 境にある子どもたちの支援、在住外国人との多文化共生の推進などを通じて、多様な人々の社会参加を支えることに貢献している。

今まで市勢功労受賞者は自治会等の役員を務めた方が多いと感じておりましたが、この紹介文はまさにエヌポケットの活動内容を表したものであり、NPOセクターへの初めての注目だと感じました。

祐子さんが社会に声を出し、NPOを立ち上げ20数年。やっとNPOの存在を認知されたと感じ嬉しく思いました。井ノ上指名でありますが、まさにエヌポケットが頂いた賞です。スタッフと共に楽しく活動していきます。 そして支えてくださる会員の皆様とともに、市民社会創造にむけてさらに活動を継続できるよう、頑張っていきたいと思います。

N-Pocket 2019年度総会のお知らせ [2019年04月08日(Mon)]

事務局長の小林です。

2019年度がスタートしました。
今年の総会は以下のように開催します。

正会員の方はもちろん、賛助会員や会員でない方もぜひご参加ください。ジョブコーチ、ICT、子ども・多文化、環境・まちづくり、市民活動支援…多岐にわたるN-Pocketの事業の全容がわかるチャンスです。

日時:2019年5月18日(土)15:30〜17:30
場所:クリエート浜松 21講座室(浜松市中区早馬町2-1)
議題:1)2018年度事業報告
   2)2018年度決算報告
   3)2018年度事業計画
   4)2018年度予算

*会員・スタッフの紹介
*永年会員への感謝状贈呈
*N-PocketとNPOの20年とこれからを考える(仮題)

申込:info@n-pocket.jp または 053-445-3717(TEL&FAX)までお知らせください。

※18:00から別会場で懇親会も予定しています。実費4000円(要申込)。

2017年度の総会&懇親会の様子
ブログ引っ越します [2018年12月19日(Wed)]

2011年6月から長年お世話になった「はまぞうブログ」から、こちらのCANPANブログへ、N-Pocketのブログをお引越しします。

前のブログ「エヌポケット・ぽけっとのなかみ」はこちら
http://npocket.hamazo.tv/

2019年からはこちらでよろしくお願いします!