CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«12月5日に決定!第2期 子育て家庭向け食料品無料配付会 | Main | 【2/6講演会案内】多様な性ってなんだろう? 〜互いの違いを受け止めあえる社会をめざして〜»
【12/19茂木先生講演会】子どもの「困った」には理由がある。子どもの苦手感への関わり方を深掘り [2021年11月11日(Thu)]

茂木先生の感覚統合についてのお話、また聞けますよexclamation
【感覚統合】というと「障がいに関わると思う人もいるかも」ですが、人の当たり前の育ち、力と感じていることこそ感覚統合が行われた結果ですよね。
茂木先生には、2019年の南区のプレーリーダー養成講座で『遊びと感覚統合』をテーマにお話していただき、「とても学びが大きかった」と多くの参加者の方がたがおっしゃってくださいました。
評判の茂木先生の講座です。再びエヌポケットで主催します。

・「じっと椅子に座れない、歩き回ってしまう」「集中して話が聞けない」「行事等に参加できない」等、困ったとされる行動を【感覚統合】から考えます。
・就学前、小学校低学年、小学校高学年、中学校等、子どものライフステージごとに、具体的な事例にそって考えます。
・適切な寄り添いの為の視点や声がけの仕方など、心配りや工夫を知ることもできます。
・参加者同士で交流できる時間もありますので、情報共有やネットワークづくりに役立てていただきたいです。

子どもの「困った」には理由がある。
子どもの苦手感への関わり方を深堀り 感覚統合×ライフステージ


かわいい日時  2021年12月19日(日) 
講 演 13:00〜14:30
交流会 14:30〜15:30

かわいい開催方法 オンライン ZOOM開催

● 定員  35名 
● 参加費 無料

ぴかぴか(新しい)講師のご紹介  茂木 厚子(もぎ あつこ)先生
発達支援「Kids Sense」 、Early Intervention & Parenting Support 主宰 (親支援)
早期発達支援士・保育士・自閉症スペクトラム支援士・発達支援相談員
予防医学 代替医療復興協会 学術委員。
著書「そうだったのか!子どもの行動」
米カリフォルニア州の早期療育学校で、発達が気になる子どもたちを対象とした早期介入セラピーを学び、特別支援教室の場で実践経験を積み帰国。
現在は「親支援」が重要との考えから、発達支援への理解を促す講座の開催や発達に課題のある子どもを育てる親が集う場の提供を行う。

申込 浜松NPOネットワークセンター
TEL&FAX 053-445-3717   
メール info@n-pocket.jp
@氏名 A住所 B連絡先;電話番号、メールアドレス C所属 
D講師への質問 
申込フォーム:https://forms.gle/StAo3FVnUJU3QSnd7

● 主催 認定NPO法人 浜松NPOネットワークセンター
● 助成 令和3年 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

ブログ原稿.docx_page-0001 (1).jpg


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント