CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ほっとけない子どもの貧困2019 シンポジウム | Main | 子どもの貧困 実態と課題 〜「貧」対策と「困」対策〜»
はままつ公園づくりフォーラム [2019年02月01日(Fri)]

公園づくり担当の小林です。
N-Pocketが支援している東区中郡町の「万斛庄屋公園(仮)」で市民協働の公園づくりに取り組んでいるNPO法人旧鈴木家活用保存会のイベント案内です。「こんな公園があったらいいなるんるん」を言葉にしてみませんか?

-----
公園は、誰がつくり、どう使われる場所?
これまでは行政が作って管理し、市民は行政に要望やクレーム…その結果、公園は禁止事項だらけに。でも、本当はまちのみんなのために作られた場所。
これからは地域の課題を共有・解決する場として、地域の人たち自身が「公園の潜在力」を見つけ、使いこなす時代に変わろうとしています。

中郡町に開園予定の公園で、私たちは「万斛庄屋公園メイキングプロジェクト」を立ち上げ、浜松市で初の地域住民発の公園づくりを始めました。高齢者や子どもの居場所、多世代交流のまちづくりの拠点として、様々な活動を展開し、これを浜松市全体の公園やまちづくりのモデルにしていきたいと考えています。

公園をどんな場所にしたい?一人ひとりがどんな関わり方をすれば実現できる?多くの人と一緒に考え、浜松のあちこちで、公園もまちも活き活きと輝く場所ぴかぴか(新しい)をつくりたい!そんな思いで、本フォーラムを開催します!

日時 2019年2月16日(土) 13時半〜16時半(開場13時)

場所 鴨江アートセンター301号室
   浜松市中区鴨江町1番地 TEL: 053-458-5360
   浜松駅バスターミナル3番乗り場から約10分
   9番 鴨江・医療センター行き 
   9-22番 鴨江・教育センター・大平台行き
   鴨江アートセンターバス停 下車
   ※駐車場スペースはありません。近隣の有料の駐車場をご利用ください。

対象 浜松や地域がもっと笑顔があふれて、活き活きと良くなったらいいなあと思っているみなさん

参加費 300円(資料代) 

内容 基調講演 「人が幸せに生きる公園づくり」
   講師 富永一夫 氏  NPO法人フュージョン長池 会長(創業者)

   浜松の先人たちからの事例紹介
  「もっと使おう!わたし達の公園」松島弘幸 氏 PPPデザイン
  「愛着があるモノがあることの意味」伊藤哲郎 氏 建築家 

  万斛庄屋公園メイキングプロジェクトの紹介

  ディスカッションタイム

申込み @お名前 A連絡先電話番号 B同行者人数(ご自身も含め)
    C連絡先ご住所またはE-mail(いずれか)
    をお書きになり、FAXかE-mailでお知らせください
    FAX:053-434-1877  
    E-mail:contact@mangoku-park.com 
※ご提出いただいた個人情報は、フォーラム開催に必要と思われる連絡にのみ使用し、他の目的に使用することはございません。

主催:NPO法人旧鈴木家跡地活用保存会

※H30年度みんなのはまままつ創造プロジェクト 採択事業

チラシ(クリックすると大きくなります)
公園フォーラムチラシ4_03縮小2.jpg 公園フォーラムチラシ4_04縮小3.jpg
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント