CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«年末年始のお休み 2019 | Main | 【延期】ほっとけない子どもの貧困2020 シンポジウム»
アナログゲーム×療育 [2020年01月10日(Fri)]

代表の井ノ上です。

注目のアナログゲーム。居場所づくりのためにボードゲームをツールにしませんか、と呼びかけているN-Pocketですが、ゲームの活用法は多様。
浜松でも困難な環境にいる子どもたちの学習支援を行っている方々がいらっしゃいますが、そうした子どもたちとよりよいコミュニケーションぴかぴか(新しい)を進めるために、学習支援法の一つとして学ぶ機会になります。

講師の松本太一さんは、カードゲームクラブやボードゲームダイヤを用いて発達障害のある人のコミュニケーション能力を伸ばす「アナログゲーム療育」を開発。療育機関や就労支援機関などで引っ張りだこハートたち(複数ハート) その松本さんを浜松にお呼びしました。

学習支援のための「アナログゲーム×療育」研修会

日時:2020年2月2日(日) 13時半〜16時半
会場:浜松市あいホール 203(浜松市中区幸3-3-1)
参加費:無料

<お申し込み>
「アナログゲーム×療育」と明記して、お名前、所属、連絡先(TEL・E-mail)お知らせください。
1)ウェブサイトから https://forms.gle/tpa7hjnHfcs8XJCw9
2)メール info@n-pocket.jp
3)チラシの裏面(申込書)をFAX 053-445-3717
4)電話 053-445-3717
    
主催:認定NPO法人浜松NPOネットワークセンター
助成:公益財団法人ベネッセこども基金


ボードゲーム.jpg
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント