CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ご近所みちあそび はじめの一歩 | Main | ほっとけない子どもの貧困2019 シンポジウム»
困難を抱えた子どもの学習支援を考える [2019年01月15日(Tue)]

子ども事業担当の小林です。

N-Pocketの貧困の子ども支援事業では、ここ2年余り、学習や生活の支援ペンを行ってきましたが、「なかなか成果が見えないバッド(下向き矢印)」「学習以前の問題がいろいろあって…たらーっ(汗)」といった声も多々あります。
そこで、経済的な問題だけでなく、外国ルーツや障害・病気、DVなど、様々なハンデや困難を複合的に抱えた子どもの学習支援について、考える機会をつくりました。

特に、発達障害や学習障害を抱えた子どもをどのように支援したら効果的ひらめきか、NPO法人浜松カウンセリングセンターの代表で、サポステ浜松で学びなおし支援を行っておられる内山春美さんを講師にお迎えして、参加者と対話形式で課題を共有し、よりよい支援の方法を考えます。

みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2019年1月29日(火)19:00〜21:00
場所:あいホール 302号室(浜松市中区幸3-3-1)
定員:25名
参加費:無料
申込:info@n-pocket.jp または 053-445-3717 
  までお名前と所属をお知らせください(要申込)

※ベネッセこども基金事業
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント