CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【子どもの居場所づくり人財養成】「居場所×ボードゲーム」 | Main | 食品の寄贈、ありがとうございました!»
障害のある方の訪問ICT講座 [2019年10月24日(Thu)]

IT事業担当の島田です。

今年も静岡県では障害のある方の自立と社会参加を目的として「障害者のための在宅ICT機器講習」を行います。
これは、重度の障害のため、講座に出向くことが難しい方を対象に、ご自宅などでICT機器の講習を実施する事業です。

今は、iPhoneやiPadのアプリで、様々な障害に対応した便利なアプリがあるんです。→こんなアプリ

視覚障害のある方には、文字や点字を音声で読み上げたり、字を読みやすくする機器やソフトがあります。声や筆談によるコミュニケーションが難しい人も、意思伝達装置を使うことで、会話が可能になります。
読み上げ名人 (1).jpg読み上げ名人

拡大読書器 (1).png拡大読書器

重度の障害があっても、ICT機器を活用することで、コミュニケーションや生活がサポートされる時代です。

何を買ったらいいか、どのように使ったらいいか、持っている機器を使いこなしたいなど、相談・講習に応じますので、まずはご相談ください。
こんな講座をやってきました(これは寄付金事業ですが)。

内容:パソコン、iPhone、iPadの操作(コミュニケーション支援:メール、インターネット、SNS等)、入力機器等の選択・相談

相談・申込み先:053-445-3717 または info@n-pocket.jp

mmc機器.jpg
ジョイスティック (2).jpgジョイスティック
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント