CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

banner_img
1500円のご支援でマラリアにかかった子ども10人分を治療する薬が買えます。

【お知らせ】
テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」に 代表名知の現地の活動紹介されました
放送局:テレビ東京
番組名:「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」
日時: 2015年6月15日(月)
詳しくは こちらです
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
検索語句
最新記事
プロフィール

NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
講演会での気付き [2019年11月12日(Tue)]


こんにちは。
ボランティアパートナーの仲野です。

前回、ブログに掲載させて頂いた、8月のミャンマー・ヤンゴンで開催されたイベントで、ご縁に恵まれた世界平和女性連合(Women’s Federation for World Peace: 以下WFWP)のシンポジウムが先日東京で開催されました。今回も、名知に講演の依頼があったので、私も参加させて頂きました。


前回のブログでは、イベントの内容に文字数を多く割いてしまったため、今回は先に同NGOを紹介させて頂きたいと思います。

WFWPは、「地球は一つの家族」をモットーに国内外で活動しているNGOです。海外の開発途上国では、1:女性の自立支援・地位向上、2:子供の教育(学校建設・里親)、3:医療・保健指導、4:エイズ予防教育のプロジェクトを展開しています。1992年に創設され、1997年に国連NGOとして認定されました。(参考:http://wfwp.jp/

そのWFWPが、「子どもたちの未来のために今、私にできること」というタイトルで国際協力シンポジウムを開催していました。名知が終始話されている、ミャンマーの成長はミャンマー人次第であること、そのための活動であることが、よく伝わっていたようです。

S__33095684.jpg

(撮影:WFWP)

ここで、参加者の声も紹介します。
・活動の在り方が、ミャンマーの人たちが自分の力で自分の国を守る方法を教えておられることが素晴らしいと思います。
・やっぱり、ミャンマー人として支援してくださるいろいろな方に感謝します。ただ、永遠に受身で期待するのではなく、自分たちで自立したいという意識を持たなければならないと思いました。(ミャンマーの参加者)

S__33095686.jpg

(撮影:WFWP)
新しい気付きや、新たな発見があるのが講演の良さなのでしょう。



私個人の話になりますが、前述した8月のイベントの際に歯磨き指導の重要性を伺い、ヤンゴンの学生の歯磨きの実態が気になりました。そして、名知にインタビュー項目を確認して頂き、ヤンゴン大学の学生を中心にインタビューをしました。出身地によって、学校での歯磨き指導が異なっていたことがわかってきました。やはり、都市部の方が、徹底されているようで、病院の先生による1年に1回の歯磨き指導があったと教えてくれた人が多かったです。少し都市から離れると、病院の先生ではなく、保健を担当する人達が、指導を行っていたようです。
また、指導があった地域の話になりますが、指導内容は、歯磨きの回数や、磨き方、交換時期の目安等でした。歯のことについて考えてから、今回再び講演を聞く機会があり、また新しく確認したいと思う事が出てきました。


普段、大学院でミャンマーの公衆衛生について考えているので、また新たな視点から考えていきたいと思います。







-------------------------------------------------------------------------------------------------

ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする

MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会

MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ

--------------------------------------------------------------------------------------------------


-------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 仲野 at 22:34