CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

banner_img
1500円のご支援でマラリアにかかった子ども10人分を治療する薬が買えます。

【お知らせ】
テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」に 代表名知の現地の活動紹介されました
放送局:テレビ東京
番組名:「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」
日時: 2015年6月15日(月)
詳しくは こちらです
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
検索語句
最新記事
プロフィール

NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
リレー投稿「ミャンマーの美しい風景」編★インレー湖 [2021年12月07日(Tue)]

こんにちは、今年4月からマンスリーサポーターで入会しました太田尋子と申します。
初めて旅した時から、どこか懐かしさを感じたミャンマー。
今回はミャンマーの美しい風景ということで、のどかなインレー湖で見た一場面をご紹介します。
澄んだ青空が湖面に映えて、遠くのボートのエンジン音、水中の生物がたてるポチャッという音、行きかう小舟の櫂の音・・
ここはインレー湖の小さな集落、なんとものどかな時間が流れています。

6-1.jpg

インレー湖はシャン州にある湖で、足漕ぎで小舟を操るインダー族の写真をご覧になった方も多いかと思います。
彼らの営む水上集落・水上畑や周辺の仏教遺跡、寺院が有名で、以前から観光客の絶えないところ。
しかし私が滞在している友人宅は入り組んだ水路の奥にあり、訪れる人もなくひっそりと・・・
と思いきや!
大音量のお経が流れてくるではありませんか。
独特の謳うようなのびやかな調べとともにやってきたのは傘を仕立てた賑やかなボート。

6-2.jpg

舳先についたスピーカーがエンジンに負けじとお経を唸っています。
それは得度式を迎える男の子のお練りでした。
出家前のお釈迦様に因んできらびやかな王子の衣装をまとう男の子、サングラスはオシャレの演出道具でしょうか。

6-3.jpg

ミャンマーでは仏教徒の習慣として一生にのうち必ず僧侶になり、一定期間(3日〜数週間と聞きました)僧院で過ごします。
功徳を積む人生で最も大切なイベントで、剃髪の前はこうやって親類縁者を回ってお披露目するのだそうです。
さて、ボートはとある家の前に留まり、男の子は抱きかかえられて歩くことなく家内へ入ります。
家の中では大勢が見守る中、儀式用の什器の前に鎮座ましまして堂々たる様子の王子。

6-4.jpg

そして年長者から順に、お金や贈り物の包みが手渡されます。
「ここポイント!」というふうに、何度もポーズを取って私が写真をせかされたのがこの場面でした。

6-5.jpg

こうして家々を回るのですが、面白かったのが叔父さんや従兄のお兄さんが差し出すお金をイヤイヤ、とするところ。
王子が頑なに腕を組んで受け取らないのです。

6-6.jpg

そうすると叔父さんは「参ったなあ〜」と苦笑いしてお札をもう一枚重ねます。
それでもイヤイヤと首を振るので周囲がどっと大笑い。
何回目かでやっと受け取ってもらえて叔父さんも周囲も一安心、王子は再び抱えられてボートに乗り込んだのでした。

6-7.jpg

残念ながらバッテリー切れで写真が無いのですが、集落の会所では大勢の人たちが立ち働いて、お振舞の準備をしていました。
私もお食事を頂きましたが、ご飯と豚肉の煮物、魚のスープがあったと記憶しています。
同じテーブルの人に聞いたところ、得度式にかかるこうしたお披露目はたいそうな費用がかかるとのこと。
(話してくれた女性は目をむいて、その金額の大きさを表現していました)
個々の事情で規模は異なりますが、どんな家でも周りの寄付や集落総出の働きで助けるそうです。
来年はうちの家、この子はあそこの家の子がする時に一緒にさせてもらうとか、どの家の得度式も集落中の一大イベントとして楽しみにされているようでした。
簡素な生活の中、功徳の意識と集落の結束で祝う得度式。
湖面を進むボートのお練りはとても美しい光景でした。


-------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする
MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ
--------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 鈴木 at 16:58
リレー投稿「ミャンマーの美しい風景」編★バガン [2021年12月07日(Tue)]

こんにちは!
今年の春からMFCGボランティアパートナーの一人として活動させていただいてます堤えなと申します。今回ミャンマーの美しい風景を紹介するリレーということで、バックパッカーでミャンマーを旅したときの思い出の場所をひとつご紹介したいと思います!ミャンマーを大好きになりMFCGを知るきっかけとなった旅でもあります虹にこにこ
ミャンマーにはたくさんの美しい風景がありますが、中でもバガンは素晴らしかったですきらきら世界遺産にも登録され、そこかい!とつっこまれそうなほどド定番の場所ではありますが!あの景色の美しさは唯一無二きらきら

5-1.jpg

昔は王朝があり、今も3000ほどの寺院やパゴダが残っています。昔の人はここでどういう生活をしてたのかな〜と想像が膨らみますてれてれ
陽が昇る瞬間から沈むまで様々な表情を見ることができ、特にバガンに朝陽が昇る姿を見たときは、ここにこうして生きていることに感謝の気持ちでいっぱいになりましたハート

5-2.jpg

3枚目の写真はバガン滞在中に出会った漆器を作っている現地の男性です。
バガンは漆器も有名でワークショップもあるようなので今度バガンに行ったら訪ねてみたいです!

5-3.jpg

5-4.jpg

5-5.jpg

5-6.jpg

写真の白い寺院はアーナンダ寺院。
白い壁に金色に輝く塔、とっても美しいです〜
寺院の中の仏像は見る角度によって表情が異なることで有名!必見です!

5-7.jpg

私はお寺が好きで日本でもよく行くのですが、
ミャンマーでは家族連れも多く、ピクニックのように寺院の中でゆっくり過ごす姿が多く見られ、仏教が根付いているミャンマーという国を肌で感じました。
今回、ミャンマーといえば!の場所をご紹介させてもらいましたにこにこ
すでに行かれた方もたくさんいらっしゃると思いますが、写真では伝えきれないほど美しい景色が広がるバガンきらきら
まだ行ったことない〜という方はぜひ!!


-------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする
MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ
--------------------------------------------------------------------------------------------------

Posted by 鈴木 at 16:52