CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

banner_img
1500円のご支援でマラリアにかかった子ども10人分を治療する薬が買えます。

【お知らせ】
テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」に 代表名知の現地の活動紹介されました
放送局:テレビ東京
番組名:「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」
日時: 2015年6月15日(月)
詳しくは こちらです
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
検索
検索語句
最新記事
プロフィール

NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
リレー投稿「MFCGに出会ったあの頃」編★vol.2 [2021年11月21日(Sun)]

皆さんこんにちは!
ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)ボランティア・パートナーの、一宮ちなつです。前回の鈴木さんに続き、私が名知さんとMFCGに初めて出会った時のことを、お話ししますね。
▼▼▼
------------------- 
存在を知った2014年
-------------------
私は2014年から2020年3月まで、夫の仕事の関係でヤンゴンに住んでいました。
ヤンゴン生活を開始した当初より、名知さんの存在はなんとなく認識していた私。知人友人のSNSを通して、断片的に見聞きしていました。
「日本人コミュニティの集まりにも、気さくに参加するお医者さんがいるんだ、珍しいなー」、というのが印象でした。とはいうものの、当時は私の方がそういった集まりに全く参加しておらず、”名知先生”は遠い存在のまま。
-------------------
2019年の洪水支援がきっかけ
-------------------
それが一変したのが、5年後の2019年8月。
この時ミャンマーでは、モンスーン豪雨による大規模洪水が発生。避難民は、ミャンマー全土で約3万人にも及びました。
自分にも何かできるだろうかと考えていた折、Facebookでシェアされていた、名知さんの現地支援の投稿が目に止まりました。
メッセンジャーを送ると、数日後には用事でヤンゴンに来られるとのこと。お医者様とじかに連絡を取って会うことになるなんて!とても緊張したのを覚えています。
しかし、実際の名知さんは、大輪のヒマワリのような女性(ひと)でした。生命力に満ちていて、底無しにポジティブ。ゆるぎない信念。
私はこの時大いにその人柄に惹かれ、MFCGの活動にも共感したことから、ボランティアパートナーになり、現在に至ります。
下の写真は2019年9月1日、初対面のときに、ジャンクションスクエアというショッピングモールにて。この頃MFCGでは、診療車買い替えのクラウドファンディングが成功。名知さんはその車の件で、トヨタの店舗へ行くために上京したのだと言っていました。

201309436_1707565096112224_6064180979084958994_n.jpg

-------------------
実は私は、この時連絡を取り合うまで、名知さんがミャウンミャという地方の町に住んでいることを知らなかったんです。
ミャウンミャからヤンゴンまで、決して快適とも言えない長距離バスで片道6時間。他に移動手段の選択肢はありません。名知さんは、必要とあらば時には日帰りで、この移動をずーっと続けられています。
ヤンゴンではなく、支援が必要な地方の現地に拠点を置くMFCG。今振り返ってみれば、そんなMFCGの活動を知ってもらい支援の輪を広げるために、この名知さんのフットワークの軽さが欠かせないのだよなあと、実感しています。


-------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする
MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ
--------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 鈴木 at 21:15